旭日旗を元気に振れる日本に

昨日4月26日(2017年)、ACLを戦う川崎フロンターレが韓国に乗り込んでスウォン・サムソンに勝った試合ですが、勝敗よりも大きく報道されていたのはフロンターレのサポーターが掲げる”旭日旗”を見た韓国人サポーターが激怒し、騒動になったという一件でした。

ここ数年、韓国人は旭日旗を「軍国主義の象徴だ」とかいって批難し、世界中のあらゆるシーンにおいて、この意匠が用いられると、それを扱っているのが日本人だろうがなんだろうが、狂ったような攻撃を繰り返しています。
おそらく、日本と旭日旗のイメージを低下させ、世界から抹消しようという異常な考えなのでしょう。
記憶に新しいところでは、2013年にはイタリアのメーカーが旭日旗をあしらったライターを販売しているのに対し、韓国人が大量の難癖メールを送り付けたことがありました。
しかし、そのメーカーが、「ドイツの旗はナチスがいたから、アメリカの星条旗は原爆を投下したから、それぞれ使ってはいけないということなのか?我々はいまを生きている」といって、軽くあしらったのは痛快でしたよね。

ところが日本ではどうなのか。
日本サッカー協会は、2012年に「FIFAからの要請」があったと嘘をいって旭日旗の持ち込みを禁止し、それに抗議の声が挙がると何の説明もないままに禁止を書いていたHPを削除しました。
今回もNHKなどは、今月16日の試合でガンバ大阪のサポーターが”ナチス親衛隊のマーク”に似た旗を振っていたことに対し、ガンバ側が謝罪をするとともに当該サポーターを入場禁止にしたことと合わせて伝えていたわけです。
これでは旭日旗とナチスのマークを同列に語っているのと同じことです(韓国人の主張と一緒)。
マスコミはほとんどがNHKと同じニュアンスで伝えていましたけど、彼らは旭日旗に悪のレッテルを張りたいのでしょうか?
まさに悪質な印象操作であり、世論誘導といっていいでしょう。

いまさら説明は不要かもしれませんが、”ナチスを連想する意匠”というのは、当のドイツが法律で禁止しているんです。
これはナチスドイツとの断固たる決別を表していますけど、その意味合いというのは侵略戦争の否定ではなく、人種差別や人権弾圧への反省です。
ですから、ドイツの指導者は日本の指導者のように戦争について謝罪したことはありませんし、国としても賠償をしたこともありません。
そして、いうまでもなく、人種差別や人権弾圧は国際常識として”悪”ですから、公の場でナチスを連想させる意匠を用いることは世界的にも批判の対象になるわけです。
これが”戦争への否定”であったら、列強と呼ばれた大国はみな国旗を変える必要があるでしょう。

そして旭日旗です。
日の丸から光線が放射されるこの印象的な意匠は、”日足”とも呼ばれ、古くから日本各地で親しまれてきたものです。
大漁旗でもよく用いられるように、”元気のいい日の丸”という受け止め方でいいでしょう。
そのため、勢いが大切な軍用にももってこいで、帝国陸軍と海軍でも旗章になりましたし、いまも自衛隊旗として使われ、国際貢献の場でも堂々と輝いています。
つまり、日本政府も海外諸国も、旭日旗を”何の問題もない正しい旗”として認知しているわけです。
そういう意匠をナチスのそれと並べるなど、韓国人のやっていることはまさに難癖としかいいようがありません。

そして、軍旗といっても、私ももちろん侵略戦争を肯定しませんが、”軍=侵略戦争”ではないので、それを拒絶することはありません。
たとえば、ロシアの軍旗(ソ連とほぼ同じ)がサッカーの試合で掲げられていたとしても、それを没収しろとまでは思わないでしょう。イラッとはするでしょうけどね。

また、この旭日旗否定というのは、そんなに昔からのものではなく、一説によると2011年1月のアジア杯で、日本と対戦した韓国のキ・ソンヨンが人種差別として知られる”猿まねポーズ”をし、それが世界中で問題になると、「スタンドに旭日旗が見えたから、その仕返しにやった」という言い訳したことから始まったといわれています(私もそれくらいだと思います)。
韓国人はそれ以前も(それ以降も)スタンドに「竹島は韓国の領土」というイカレタ政治メッセージを掲げて注意されていましたから、「日本の旭日旗も政治的だ!」といって、「自分たちだけが悪いんじゃない」という立場を作りたかったのでしょう。
以前の日韓戦ではスタンドで旭日旗が振られることもあったのに何もいっていなかったのですから、めちゃくちゃ自分勝手な話です。

我々日本人はこういう韓国人の異常な思考を断固として否定せねばなりません。
彼らのトンデモ理論を許していたら、旭日旗だけではなく日章旗すら狙われてしまいます。
今回の川崎フロンターレの一件は、主催者であるスウォン・サムソン側が、「騒動を起こしかねない行為」として、試合中に旭日旗を取り上げたそうですけど、客観的に問題のない行為を一方が毛嫌いしているからといって禁止してしまえば、クラブとクラブ、国と国との正常な関係は築けません。

”たかがサッカー”と思わずに、こういうところから筋を通してゆきましょう。
まずは日本サッカー協会の適切な対応を待っています。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

時代と村上佳菜子

昨日4月23日(2017年)、姉貴分である浅田真央に殉じるようにして引退発表をした村上佳菜子さんですが、報道陣に語った「すべてにおいて限界だった」という言葉は、心技体のすべてという意味なだけにとても重たいものでした。

ここ3シーズンの村上さんは国際大会や全日本でも目立った活躍がなかっただけではなく、まとまった演技をすることも難しくなっていました。
そこに下の世代からの突き上げがあり、日本国内での序列も徐々に下がっていったというわけです。
その不調の原因としては怪我もあったでしょうし、体型変化もあったと思いますけど(94年11月生まれ)、何よりもまず、いまの若手たちに比べて”ジャンプの種類”が少なかったことが大きかったはずです。
若手たちが4~5種類のトリプルジャンプを安定的に繰り出すのに対し、村上さんは不安定な4種類でずっと戦ってきました。
これでは勝負になるはずはありません。

ただ、だからといって私は村上さんがいまの若手たちと比べて劣った選手とは思いません。
これは”時代の差”です。
女子のジャンプというのはジュニアの頃に構成が定まり、シニアに上がった後に種類が増えるということはほとんどありませんけど、村上さんがジュニアだった時代のフィギュア界の潮流は、ジャンプの難度を上げたり種類を増やすのではなく、手持ちのジャンプを安定的に綺麗に跳ぶことでした。

なぜそうなったかというと、村上さんのジュニア最終年である2009-10シーズンまでは、ジャンプの回転不足(1/4回転以上1/2回転未満)はすべて”ダウングレード判定”というルールだったんです。
たとえば、基礎点5.0(当時)の3Loを少しでも回転が足りないと判定されれば、2Loにグレードが下がり、わずか1.50の基礎点となるばかりか、そこからGOE(出来栄え)もマイナスされてしまったわけです。
トリプルトリプルなどはハイリスクの代表格といえるでしょう。
現在は回転不足でも基礎点の70%はもらえるので、選手が受けるプレッシャーはまったく異なるものだったと思います。
このルールは2004-5シーズンからのものですから、村上さんなどは直撃世代といっても過言ではありません。
ノービスやジュニアをこの時代で過ごしていたら、ジャンプの種類を増やすよりも、跳べるジャンプを磨くという方向性になるはずです。
しかも、この時代はFSで3回の2Aが許されていたばかりか(いまは2回)、GOEの係数もトリプルジャンプと同じ値だったんです。
ISU(国際スケート連盟)が「複数のトリプルジャンプを跳ぶな」といっていたようなものです。

ですから、村上さんに近い世代というのは世界的に見ても修得ジャンプの種類が少ない選手が多いですし(トリプルトリプルなどは稀)、シニアに上がってからの体型変化によってジュニアの頃に跳べていたジャンプの回転不足に苦しむ選手も多くいました。
そして、そのせいか、あまり活躍した選手もいませんし、悲しいことに活動期間もとても短い…。
村上さんは同世代のなかでは最も活躍した選手だと思います。

そして10-11のルール改正によって3回転以上のジャンプがが跳びやすくなると、女子のレベルは一気に上がってゆきました。
私は毎年全中フィギュアを観にいっていますけど、国内でもそれは加速度的といっていい進歩です。
それまでのシングルスケーティングは進歩の止まった停滞期、まさに冬の時代といえるでしょう。
ですから、その時代に育った選手を”いまの視点”で評価することを私は好みません。
ジャンプの種類が少なくったっていい選手がたくさんいましたし、そのなかでも村上さんはFSの4分間を最後まで強度の高い演技で滑り続けられる類稀な選手でした。
そういう選手をいまの若い選手に比べて実力が劣ると簡単にいいたくありませんし、そういう意見に私は真っ向から反論したいと思っています。

また、村上さんといえば、バンクーバー五輪の翌シーズンに”ジュニア女王”としてシニアデビューしたことから、”次世代エース””ポスト浅田真央”としてメディアに取り上げられると同時に、日本スケート連盟からも熱心に応援された選手でもありました。
あの頃、スケ連やメディアが”次のスター”を作ろうとしていたのもまた”時代”です。
しかし、村上さんは実力がそこまで高い選手ではありませんでしたから(世界のトップを狙えるわけではなく)、世間の期待や注目というのが徐々に重荷になっていったのは想像に難くありませんし、ソチ五輪後は日本女子を引っ張る立場になったことでメンタル的にも「苦しく」なっていったのでしょう。
ファンに愛された選手も、時代には愛されなかったということかもしれません。

我々は村上さんから学んだことが2つあります。
ひとつはルールがどうあれ常に技術を追求しなければならないこと。
もうひとつはジュニア選手に過度な期待と注目をしないこと。
村上さんも今後は育成の方に進むそうですけど、きっと自分の色んな経験を生かしてくれるのではないでしょうか。

まずは『THE ICE』での最高の笑顔と元気な滑りを待っています!
人気ブログランキングへ

お好み焼きの旬

春というのは色んな食べ物が育ち始める季節ということもあって、新何々や春何々といった食べ物が多くありますよね。
私はそのなかでも春キャベツが大好きなので毎日のようにこれを食べていますけど、このところはお好み焼きにはまっています。
春キャベツは水分が多いので焼くのがちょっと難しいですけど、その分、食感も柔らかく、甘みも強いので、この時期ならでは、といった味わいがあります。

そうして家で豚玉を焼いていたのですが、豚玉の豚バラ肉って、みなさんどういう使い方をなさっているでしょうか?
お店なんかだと長いままのをお好み焼きの表面にイカダのように並べて、カリカリに焼きますけど、これってけっこう食べにくいですよね。
お店だと鉄板の上のお好みをコテで思いっきり切ることができますけど、普通のお宅ではそれはできません。
ですから、3~4センチにカットしてから表面に並べて焼くという方もいらっしゃいますよね。
ただ、それだとひっくり返すときにバラ肉が文字通りバラバラにはがれ落ちることがあるので、これはこれで難しいんです。
なので、私は豚肉は生地に混ぜ込んじゃいます。表面に貼り付ける方法だと豚肉に火が入り過ぎてしまいますからこっちの方が美味しいと思うんです。

そもそも、昔ながらの豚玉って、肉は生地に混ぜ込んでいたはずです。
それもバラ肉ではなく、小間肉なんじゃないでしょうかね。
表面にバラ肉を張り付けたスタイルというのはけっこう新しいと思うので、これがいつから定番化したのかを調べてみるのも面白いかもしれません。

ちなみに豚玉の”玉”は、”玉子(卵)”の意味です。
これは小麦粉だけで生地を作る一銭洋食やどんどん焼きと区別するためのものでしょうし、いまより高価だった卵を使うということのプレミア感もあったはずです。
そしてもうひとつ、一銭洋食やどんどん焼きとお好み焼きの違いが”キャベツ”なんです。
お好み焼きというのは、一銭洋食やどんどん焼きが進化した食べ物と考えられていますが、その歴史は案外新しく、1930年~40年代に誕生し、戦後にいまの形で広く普及したといわれていますけど、なんとキャベツも同じ時期に普及しているんです。
また、卵が”物価の優等生”と呼ばれるようになったのも戦後だということを考えれば、お好み焼きは戦中と戦後を分ける象徴的な食べ物といっても過言ではありません。
2大派閥である関西風でも広島風でもキャベツと卵が欠かせないことからも、その重要性がわかるというものです。

そして、あまり知られていませんが、卵というのは春が旬なんです。
ですから、旬の卵と新キャベツを使えるこの時期こそ”お好み焼きの旬”というわけです。
熱々のお好みをふうふういいながら食べて、冷たい飲み物で一気に流し込む。
いい季節になってきましたね!
人気ブログランキングへ

福岡3億8000万円強奪から考える

昨日4月20日(2017年)、福岡市中心部で起きた3億8000万円強奪事件ですが、被害に遭った男性会社員は「金塊の買い付け」のために銀行から現金を引き出した直後の駐車場で襲われたというのですから、犯人は計画的に男性を狙っていたと見て間違いないでしょう。
考えられるのは男性の会社関係者、金塊の取引相手、そして当該銀行の関係者。
そのあたりを重点的に捜査すれば、犯人逮捕もそう難しくはない、…と思いたいところですけど、”福岡・金塊”といえば、警官に変装した犯人が6億円相当の金塊を奪い去った昨年夏の事件はいまだ解決されていませんから、今回もどうなることやら。

ところが昨日の夜、事件は大きく動きます。
福岡空港から”現金”約7億3500万円を無許可で海外へ持ち出そうとしたとした韓国人の男4人が、関税法違反で身柄を拘束されたんです。
その後(21日)、逮捕された容疑者たちは、「車を買うための金だ」といって強奪事件への関与を否定しているようですけど、ここは徹底的に取り調べてしかるべきでしょう。強奪に関わっていないとしても、7億3500万円の持ち出しは悪質すぎます。
関税法で上限とされているのは”100万円”ですからね。
国際常識でいうと、多額の現金を海外に持ち出す理由は、マネーロンダリングか税金逃れです。

その税金逃れでいえば、最近頻発する”金塊密輸事件”の遠因は2014年の消費税増税だといわれています。
金は関税がかからないものの、海外で金(20万円以上)を購入する際には8%の消費税がかかる仕組みになっているので、金を日本に密輸して売れば消費税分がお得になるというわけです。
その密輸ルートには香港ルートと韓国ルートがあって、福岡は韓国から近いこともあって、その窓口になっているために金塊がらみの事件が起こりやすいのでしょう。

昨年の金塊強奪といい今回の現金強奪といい、街の中心部で白昼堂々と犯罪が行われていることに、福岡市民は不安を感じているはずです。
私もニュースで見ていて日本の事件とは思えません。どこか治安の悪い海外の国みたいです。
対策としては、外国人、特に韓国人のビザ審査の厳格化でしょうね(中国人への数次ビザは大丈夫なんでしょうか?)。
両事件とも犯人が外国人と特定されたわけではありませんが、海外から違法適法含めて大量の金塊が流れ込んでこなければ起こらなかった事件のはずです。

ビザ審査の厳格化は市や県でできることではないので、国がその気にならねばなりません。
国の姿勢が甘いから外国人犯罪者がつけあがるともいえるでしょう。
7億3500万円もの現金を”法など知ったことか”といわんばかりに堂々と持ち出そうとするのもそのためです。
犯罪増と引き換えの地方経済再生や観光立国なんて国民は望んでいないはずですぜ。
人気ブログランキングへ

学芸員さんたちがんばって

山本幸三地方再生大臣から、文化財で稼ぐための「一番のガン」と名指しされ、「一掃しなければならない」とまでいわれた”学芸員”ですが、タイミングがいいのか悪いのか、ここ最近、学芸員に関するなんとも間抜けな話が伝えられていますよね。

そのひとつが4月17日(2017年)に神奈川県が発表した棟方志功のコピー版画。
これは県が1974年に本物を300万円で購入したものが、いつの間にかカラーコピーとすり替えられていて、2014年に鎌倉市の現代美術館に展示していたところ、”観客”からの指摘でそれが発覚したというのです。
そらから指定管理者である〈神奈川芸術文化財団〉が血眼になって探し回ったものの、結局本物は見つからず、今回の発表になったそうです。
報道では”いつ”すり替わったかは伝えられていませんが、本物と見紛うようなカラーコピーみたいなので、何十年も前というわけではないでしょう。
その間にこの偽物は県内外の色んな展覧会に貸し出されていたと思うんですけど、普通はその度に財団の学芸員と借りる側の学芸員が状態をチェックするはずです。
そうでなければ何か問題があった際にどちらの責任かわからなくなってしまいますからね。
それなのに偽物と気付かないということは、学芸員の能力が甚だしく低いか、怠慢からチェックを蔑ろにしたかのどちらかということです。
いうまでもなく、作品は県民の財産ですから、神奈川県のひとは怒っていいと思いますぜ。

そして、もっと怒りたいのは高知県香南市の市民たちでしょう。
2010年に地元の宝である絵師・金蔵作の『鎌倉三代記 三浦別れ』など5点を熊本市現代美術館に貸し出したところ、防虫処理処理のミスで緑色の部分が黒く変色し、それから今年2017年まで熊本市美術文化振興財団が努力の限りの修復作業をしたものの、ほとんど直っていないんです!
香南市といえば毎年夏に行われる〈絵金まつり〉で有名ですが、それを彩る絵金の屏風を台無しにされ、しかも6年以上も戻ってこなかったのですから、地元のひとびとの悲しみと憤りは想像を絶します(祭りの様子は細野不二彦先生の『ギャラリーフェイク』がわかりやすいです)。
しかもその変色の理由がお粗末で、熊本の学芸員が防虫業者に使用してはならない薬品を伝えていなかったのみならず、何が禁止薬物かも知らなかったというのですから、衝撃的な事実といっていいでしょう。
日本画もそうですけど、油絵だって化学反応で変色してしまいますから、細心の注意をするのは学芸員なら当然の知識だと思うんですけどね…。

山本大臣の発言にもあるように、日本はいま、国と地方を挙げて文化財を観光資源にしようとしていますが、その前に学芸員のレベルを上げる必要があるのかもしれません。
もちろん、人手不足がミスの原因かもしれませんから、もっと予算をつけてもいいでしょうし(観光で賄って)、学芸員ひとりひとりの給与や待遇の改善も必要だと思います。そうでなければ優秀な人材は集まりません。

そして問題となっているカラーコピーや変色した屏風ですが、コピーと本物(見つかれば)を並べて展示すればいい教訓になりますし、観客にすればその差を楽しむのも一興というものです。コピー技術に感心するかもしれませんが…。
また、屏風もそのままお祭りで使って、「きちんと管理せねばこうなってしまう」というのを未来を担う子供たちに教えるのも大切だと思います。曰くがついたことで話題にもなるでしょうしね。

何事も、間抜けではなく、抜け目なく。
西洋人が自分たちの文化を上手いこと金に換えるのを見ていると、本当にそう思います。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード