FC2ブログ

イチローコールはやまない

〈エリア51〉。
メジャーにやってきたイチローの守備を見たアメリカの野球メディアが、彼の守るライトをそう命名し、いつの間にか日本でもその呼称が定着しましたが、この〈エリア51〉というのはもともとネバ他州にあるアメリカの空軍基地のことで、多くのアメリカ人が「宇宙人の研究をしている施設」と信じ込んでいる場所です(映画『インデペンデンス・デイ』でもネタになっています)。
ようするにイチローという存在が、アメリカ人には”宇宙人”のように特異に見えたというわけです。
それはそうでしょう。
メジャーリーガーというのはとにかくデカい。そこに一般人のようなイチローが混ざったときの違和感といったらありませんでした。
しかし、そんな選手がスピードとテクニックと創造性で、八面六臂の大活躍をする。
アメリカ人はさぞ驚いたでしょうし、日本人からしたらまさに痛快でした。

そんなイチローは現役の長さも常人離れしていましたけど、この2019シーズン、齢45歳を迎え、ついに引退のときがやってきました。
所属するマリナーズの日本での開幕シリーズ2連戦(相手はアスレチックス)を終え、スタンディンゴオベーションとともに稀代の野球小僧は華々しくグラウンドを去ったのです。
試合後の記者会見で本人が「スプリングトレーニングのときに決めていた」と語ったように、日本での試合は”引退興行”だったといっていいでしょう。
日本のファンが喜び、イチローも満足し、マリナーズも2連勝。
結果は大成功でした。

そんな引退試合から一夜明け(3月22日)、日本政府も国民栄誉賞の検討に入ったようです。
これまで2度打診があり、そのつど”現役”を理由に遠慮していたイチローですから、引退したとなれば、笑顔でそれを受けるに違いありません。
平成最後か、新時代最初の受賞者になることでしょう。
どちらにしろ、彼はまさに平成を代表するスポーツ選手でした。
現役時代もほぼ平成と重なり、多くの日本人とともに時代を歩いてきた、いや、みんなの先頭を走っていたといっていいでしょう。

むろん、彼ほど日本人に愛されたスポーツ選手はそうそうおらず、アンケートの類でも常にトップをキープしてきました。
ところが、この19日に発表された笹川スポーツ財団の好きなスポーツ選手ランキングでは、ついにイチローが1位を明け渡していたんです。
まあそれも仕方ありません。
ここ数年のイチローはスタメンではありませんでしたし、昨季は5月で選手契約を解かれ、マリナーズのスペシャルアシスタントアドバイザーに就任していましたからね。
かわって1位の座に輝いたのは五輪連覇の羽生結弦でした。
納得の1位といっていいでしょう。彼もまた国民的ヒーローです。

そんな新旧のナンバー1ですが、偶然にもイチローの引退試合と羽生結弦の世界フィギュアSPのテレビ放送がかぶっていたんです。
ちなみに視聴率はイチローが12.6%、羽生が16.6%。
数字で見ても時代が変わったことがわかります。
イチローの引退は平成の終わりだけではなく、人気スポーツとしての野球の終わりも感じさせるといっていいでしょう。

しかし、イチローが一時代を築いたことは確かです。
偉大な功績は永遠に色褪せません。
特に30代・40代のひとにとってのイチローは別格の存在だと思います。
笹川財団のランキングでも30代・40代はイチローが一番でした。
また、20代でも羽生に次ぐ2位です。

しかし、このランキング、”関西”限定ならば、イチローがダントツだったはずです。
イチローは2000年まで神戸のブルーウェーブの選手でしたが、当時のパ・リーグはテレビ中継がほとんどないにも関わらず、イチローだけは凄まじい人気でした。
グリーンスタジアム神戸は試合よりもイチローを観たいお客さんで溢れ、ライブ会場のような熱気に包まれていました。
天気のいい日には子供連れのお客さんもたくさん来場し、ライトスタンドからの「イッチロー!」コールにも可愛い声が多く混じっていたのもイチロー人気の特徴だったかもしれません。
アメリカでもそうだったみたいですけど、子供は大男より普通のお兄ちゃんの方が親しみが持てるのでしょう。
”近所のお兄ちゃんが楽しそうに野球をやっている”みたいな感じだったのかもしれません。
子供にとっての〈エリア51〉は近所の公園です。

その子供たちはいま、20代・30代になっているはずです。
近所のお兄ちゃんが白髪交じりのおっさんになったいまでも、やっぱり野球が大好きな姿を見て、どう思っているでしょう?
その答えにこそ、イチローの価値があるような気がします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

おしらせです

事情があって、しばらく家を離れるため、数日間は記事を更新できなくなりそうです。

今日3月20日(2019年)から埼玉で世界フィギュアが始まりますが、テレビも観れそうにありません。

すべての選手が笑顔で終れる大会になることを祈っています。

男女シングル、日本人選手アベック優勝に期待!
人気ブログランキングへ

野球は平成を代表しない

シアトル・マリナーズが今季(2019年)の開幕戦を日本で開催するということで、事実上の引退から復帰したイチローですが、今日3月17日に行われたジャイアンツとの調整試合でも東京ドームを満員にするのですから、やはりその存在感は抜群です。
この遠征が日本での最後の試合になることはもちろん、現役そのものも最後になる可能性が高いので”その雄姿を一目見ておこう”という思いのファンも多いのでしょう。

それにしても、45歳で28回目のシーズンだというのは本当に凄い。
野球は割と現役時代が長いスポーツですが、それでもこんなに長いキャリアというのは、アメリカでも日本でもめったにありません。
ただ、イチローも寄る年波には抗えず、バッティングはなかなか上向かないようですが、それでも軽快な守備や一塁までのダッシュ力はまだまだ若さに溢れています。体型もスリムですから憧れる同世代も多いのではないでしょうか。
もちろん世代を抜きにしても、イチローの28年間の素晴らしい記録と記憶は、多くの日本人の記憶に燦然と輝いています。
その活動期間がほぼ平成とかぶっていることもあって、”平成を代表する野球選手”というアンケートでは、どこでもイチローが一番です。

ただ、私からすると、イチローの場合、メジャー生活がずっと長いので(平成13年)、”平成”って感じがあまりしません。
やっぱり日本にいないと。
そういえば、先月、今上陛下の即位30年記念茶会が催され、平成時代に活躍したアスリートたちが招待されていましたけど、野球界を代表して出席した王貞治と野茂英雄、王さんは昭和の選手、野茂もNOMOって印象です。
じゃあ国内で国民的スターだった選手がいるかといえば、ちょっと思いつきませんし、平成は野球の時代ではなく、ベースボールの時代だったのかもしれません。
日本が連覇したWBCもワールド”ベースボール”クラシックですしね。

そもそも、プロ野球と元号って、そんなに近しい関係にはないんです。
なにしろ、〈天皇杯〉に関わっていませんからね。
それは高校野球も同じことです。
もうすぐ春の甲子園ということで、テレビでは「平成最後、平成最後」といって喧しいですけど、全国高校野球選手権は大会の正式名称に元号を加えておらず、”第~大会”とだけ付けて自己完結しているのに、こんなときだけ急に元号を叫び出すのは失笑を禁じ得ません。
大相撲の本場所では、必ず元号が冠になるではありませんか。

これはあまり知られていないことですが、硬式野球にも天皇杯はあるんです(軟式野球全国大会にも天皇杯が下賜されています)。
それは〈東京六大学野球〉です。
他競技の天皇杯はほぼすべてオープン参加の大会なのに、野球はアマチュアの、それも大学の、それも東京にあるたった6大学だけで競っているのですから、こんなに奇異なことはありません。
(プロ野球が”天覧試合”を歴史的出来事のようにいうのは、天皇杯を握る六大学への嫉妬だと思いますし、プロ野球や高校野球と癒着するメディアが「六大学が天皇杯だ」といわないのは、自分たちの方が後発で格下だということを隠すためでしょう。)

この理由はいうまでもなく、日本の野球が早慶戦から始まり、草創期は六大学のみで行われていたからです。
その後、色んなカテゴリーが出来たのですから、普通はオープン大会に移行すべきだったと思いますが、そうはならなかったわけです。
もちろん原因は日本に”統一の野球組織”がないからです。
たとえば、サッカーの天皇杯は日本サッカーリーグと大学のみで争っていたのを72年からオープン化して、日本全体のサッカー熱がより高まりました。
これも統一の組織があったからです。

私は野球もひとつの組織になって、天皇杯をオープン大会にしたら、さぞ盛り上がると思うんです。
プロ・アマ対決になればどのアマ選手がプロで通用するかよくわかりますし、独立リーグ対NPBの下剋上もドラマチックなものになるに違いありません。
野球人気の回復、新時代のヒーローの誕生…。
そのためにも野球にも真の天皇杯を!
人気ブログランキングへ

マルコメのんさんCM、次こそは

早いもので、私と相方が長野市に越してきて今年(2019年)で10年になるのですが、その10年というのはAC長野パルセイロの歴史とほぼかぶっているんです。
その間、パルセイロはライセンスの問題で昇格見送りが何度かあったものの、北信越リーグ優勝、JFL優勝、入れ替え戦での惜敗、J3発足に伴う参加と、それなりの足跡を刻んできました。
その間、15年に現在の長野Uスタジアムが完成(本当に素晴らしいスタジアム)、同年にはパルセイロ・レディースがチャレンジリーグを制し、なでしこリーグへの昇格を決めました。
この10年は歓喜と悲劇の繰り返しですね。

そんなパルセイロですが、初めて試合を観に行ったときから気になっていたことがあるんです。
それはユニフォームのスポンサー。
どこのクラブだって普通はその地域の有力企業がロゴを入れるじゃないですか。
〈HOKUTO〉さん、〈信濃毎日新聞〉さん、〈長野都市ガス〉さん。
なるほど、という感じの名前が並びます。
しかし、ないんです。あの会社が。
全国的にも有名な、日本一の味噌メーカーが。

いうまでもなく、それは〈マルコメ〉です。
売り上げが300億、400億という大企業で、長野市を代表する会社だというのに、なぜ地元のクラブの大口スポンサーにならないのか、本当に不思議でした(後援会には入っています)。
それでも私は「北信越リーグだからだろう」と10年前は自分を納得させていたんです。
ところが、JFLに昇格しようと、J3に参入しようと、レディースがなでしこリーグに昇格しようと、マルコメはまったく動きません。

味噌を含む発酵食品といえば、近年では業界全体が”健康食品”というイメージで売り出していますし、パルセイロのチームカラーは”オレンジ”ですからちょっと味噌っぽいですし、HOKUTOさんと一緒に試合前にきのこ汁でも振る舞えば地元観客にもアウェイ観客にもアピールできそうなのに、なぜパルセイロを頑なに無視するのかわけがわかりませんでした。
それで人伝に軽く話を聞いたところ、マルコメは”スポーツのスポンサーはしない方針”とのことだったので、それなら仕方ないと、私も諦めていたんです。

そしたらそのマルコメが18年1月にJリーグクラブのスポンサーになるというじゃないですか!
よっしゃああ!
…と思ったら、「川崎フロンターレとスポンサー契約。味噌や甘酒などの発酵食品を通じて選手やサポーターを支援する」との報道。
ちょっと意味がわかりません。
地元のクラブを横目に、とおーく離れたクラブを支援。
J1優勝クラブだから、知名度が高いから、結局は経営効率か!
フロンターレのユニフォームを着たマルコメ君のなんとも憎たらしいこと!
そう憤ったパルセイロサポーターも多いはずです。
マルコメには男気ってものはものはないんでしょうか、私も心底失望したものです。

そんなマルコメですが、この3月15日から始まる〈料亭の味〉の味のアニメーションCMで、のん(能年玲奈)さんを声優起用するという発表があったのは、正直かなり驚きました。
のんさんといえば事務所の移籍トラブルで”干されている”といっていい状況のタレントさんですから、有形無形の妨害・圧力・示唆があったはずです。
それらを乗り越えてマルコメが起用に踏み切ったのは男気としかいいようがありません。
これはマルコメさんを大いに支持したいですね。

私はこの”のんさん起用”を吉兆のように見ています。
近年、味噌や発酵食品の海外輸出が急増するなかで、マルコメさんもミランダ・カーを広告起用するなど、海外展開を意識した動きを見せていますよね。
いずれは”世界のマルコメ”になるかもしれません。
しかし、グローバルな食品メーカーというのは、その多くが地域貢献をしているものです。
口に入れるものを売るにはイメージが大事というわけです。
地元クラブを熱く支援することは、海外での評価に繋がります。

そして、サッカーは地元だけに留まらず、その先に世界があるんです。
マルコメさんは創業115年・法人化70年ですけど、次の100年をパルセイロと共に歩んではいかがでしょう。
人気ブログランキングへ
追記:マルコメの麹甘酒とお味噌を1対2で合わせたものは万能調味液になります。お勧め!

ピエール瀧逮捕、欧米を真似ればいいというわけではない

ピエール瀧さんといえば、90年代の初め頃に〈電気グルーヴ〉の一員として世に出てきたと思ったら、00年代からは役者としての活躍が目立ち始め、さらに10年代からはバラエティ番組の露出が増えたことで、最近ではすっかり売れっ子マルチタレントとしての地位を確立していました。
CMも含め、テレビで観ない日がないといっていいと思います。
そんな人物が”コカイン使用”で逮捕されたのですから、3月12日(2019年)の夜はメディアがひっくり返るような大騒ぎでした。
天国から地獄というのか、とにかく一夜にしてその立場が一転したといっていいでしょう。

日本では芸能人の犯罪が発覚した際は、出演中の作品の放送・公開が中止になったり、販売されているものが出荷・配信停止になったりするのが定例になっていますから、いままさにピエール瀧容疑者はメディアから姿を消しつつあります。
見られるのはワイドショーとニュースだけといっていいでしょう。
ピエール瀧容疑者は出演中のバラエティやドラマがたくさんありますし、公開を控えた映画や電気グルーヴとしてのツアーもあるので、逮捕の影響は計り知れません。
作品やツアーを待っていたファンが心底ガッカリしたというだけではなく、中止や撮り直しによる経済的損失もかなりの額になりそうです。
今後、ピエール瀧容疑者は罪を償うと同時に(本人もコカイン使用を認めているとの報道)、その損害を賠償せねばならなくなることでしょう。

そんななか、一部の有識者や芸能人がピエール瀧容疑者の作品が”お蔵入り”することを強く批判しています。
「薬物使用には被害者がいない」「作品に罪はない」というわけです。
まあ、そういう考え方もあるかもしれません。
しかし、犯罪は犯罪ですし(薬物使用から他の犯罪に繋がるケースも)、逮捕されたばかりの人間の姿や声が、メディア、特にマスメディアで普通に露出していたら、倫理的におかしいと感じるひとが一定数いるのもまた事実です。
むしろそちらの方が正論といっていいでしょう。

むろん、正論をいうひとたちだって、永遠にお蔵入りにしろとまでは思っていないはずです。
日本語には”ほとぼりが冷める”という絶妙ないい回しがあります。
ある程度の時間、たとえば刑期や執行猶予期間が終われば許してくれるひとも増えるのではないでしょうか。
ただ、テレビやラジオといった、不特定多数に向けた一方的なメディアの場合は、かなり長い時間の封印が必要かもしれません。
”見たくない人物”を突然見せられるというのはある意味暴力ですからね。

もちろんこのことはピエール瀧容疑者から仕事や居場所を奪うわけではありません。
音楽にしろ芝居にしろ、ファンを対象とした会場で行う分には誰も文句をいわないはずです。
芸能というのは、演じるひととお金を払うひとで成り立っているわけですしね。
もっとも、その公演の宣伝にマスメディアを使ってしまえば話は違ってきます。
ピエール瀧容疑者のケースでも、「映画は観たいひとが観るだけだからいいじゃん」という意見があるようですが、マスメディアでの宣伝や街中の看板やポスターというのは、不特定多数に向かってしまうので配慮が必要です。
表に立つ職業いうのは、高い地位や報酬の代わりに、重い責任が伴うのを忘れてはなりません。

ところが、マスメディアではそういう責任感が希薄のようです。
テレビの情報番組などではピエール瀧容疑者を擁護する雰囲気が強いように感じられます。
その理由はおそらく、ピエール瀧封印による経済的損失でしょう。
日本ではドラマだけではなく、映画の制作にもテレビ局が絡んでいますからね。

そして、そんな擁護のなかでちょっと気になるのは、有識者や薬物専門家なるひとが、「日本では薬物使用者は犯罪者として裁かれるが、欧米では被害者や病人として扱われる」と話していることです。
薬物使用者は逮捕するのではなく保護すべきであり、日本も欧米を真似るべきいうニュアンスです。
優しくて、もっともらしい意見ですね。

ただ、ここに見落とせない事実があります。
大麻・覚醒剤の生涯経験率でいうと、”先進的”な欧米諸国のそれは日本の10倍~20倍もあるんです(厚労省調べ)。
欧米と比べると日本は麻薬使用者が少なく、”奇跡の国”と呼ぶひともいるくらいです。
これは”使用者を犯罪者として取り締まっていること”と無関係とは思えません。

麻薬は世界的な問題ですが、日本が欧米を真似るのではなく、欧米が日本を真似た方がいいのかもしれません。
それにあわせて、ピエール瀧容疑者も瀧正則か畳三郎に改名して再出発したらどうでしょう。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード