分断と英雄の歴史

アメリカの南北戦争が”黒人奴隷解放”の是非を理由にしたものというよりも、農業地帯の南部と工業地帯の北部による経済的・社会的立場の違いだということは日本の我々も知っているくらいですが、当時の南部は綿花の輸出が主な産業だったので”自由貿易賛成”であり、逆に工業地帯の北部ではヨーロッパの優秀な製品が入ってきて欲しくないので”保護主義”を求めていたというのは、アメリカ合衆国の歴史が”分断”の上に成り立っていることを教えてくれているような気がします。
そしてその分断でいえば、現代でも形を変えて存続していることはいうまでもありません。
それがトランプ大統領の誕生によって顕在化したのか、顕在化してきたからトランプ大統領が誕生したのかはよくわかりませんが。

「我々は何もしないことから生じる損害と行動して発生するリスクとの間で決断しなければならない」
これは南北戦争で南軍側として指揮を振るったロバート・リー将軍の名言ですが、戦略的な意味というだけではなく、奴隷制に賛成というわけでもなかったリー将軍がバージニア州出身という”郷土愛”で南軍についたことを考えあわせると、とても深い言葉に思えます。
トランプ大統領というひとは、マスコミ不信からツイッターばかりを使って、その内容がしばしば批判を受けているわけですが、リー将軍にいわせれば”行動して発生するリスク”に寄り過ぎなのでしょう。

8月12日(2017年)にバージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者とそれに反対するグループによる衝突は、そのリー将軍の像を撤去するかどうかが発端だったわけですが、白人至上主義者のひとりが運転する車が反対派に突っ込み(理由はまだ不明)、1人の死者と複数の負傷者を出す惨事に繋がってしまいました。
それに対して、リベラル層とアメリカメディアは白人至上主義者たちを厳しく非難したのはいうまもでありません。
ところがトランプ大統領は、15日の記者会見で「双方に責任がある。オルト・レフト(反対派)も棍棒を持って突進していった」といってしまったのでさあ大変。
確かにデモ隊同士の衝突動画を観ると、反対派の方が圧倒的に数が多く、デモ行進している白人至上主義者たちの前に立ちふさがって、近づいて来たら殴り掛かっていますから、好戦的なのはどちらかといえば反対派でしょう。
しかし、それとは別の映像で、猛スピードの車が反対派に次々と轢いていったのは紛れまない事実です。
故意かどうかも、犯行動機もいまだわかっていませんが(18日現在)、はっきりとした映像が残っているだけに、観たひとは許せない気分になるはずです。

それなのにトランプ大統領は17日のツイッターで、「偉大なる我が国の歴史と文化が、美しい彫像や記念碑の撤去によって引き裂かれるのを見るのは悲しい」「歴史を変えることはできないが、そこから学ぶことはできる」と発言。
リー将軍も慌てふためくようなリスクチャレンジです。
ただ、アメリカ人ではない私からすれば、トランプ大統領のいっていることも一理あると思うんです。
彫像を撤去することで歴史が変わるわけではありません。
むしろ思想信条よりも郷土愛を取ったリー将軍の英雄的態度こそ私には”アメリカ人らしさ”に見えて仕方ありませんし、またそこにリンカーンが黒人奴隷を所有していた矛盾を合わせて考えると非常に興味深いものがあります。

アメリカ人はヒーローへの憧れが強すぎるのと同時に、誰かを飛び切りのヒーローにしたがる癖もあるのではないでしょうか?
リンカーンが”人種差別”に反対する真の解放者ならば、1950~60年代の公民権運動など起こらなかったはずです。
いまのアメリカでのリンカーンの評価は聖人君子すぎて、本人も草葉の陰で驚いているかもしれません。
もちろん、白人至上主義の象徴扱いになっているリー将軍も草葉の陰で激しく否定している思いますがね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

8月15日の静けさのなかで

日本で最も厳粛な1日といえる8月15日、戦没者追悼式での天皇陛下のおことばは、毎年その静けさのなかで我々国民の胸に染み入るわけですが、退位特例法案が成立した今年平成29年(2017年)は特に感慨深いものがありました。
少なくともあと2~3年で、戦争の時代を生きた天皇から平和の時代に生まれた天皇へと御代がかわるのです。

「本日,「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来既に72年,国民のたゆみない努力により,今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが,苦難に満ちた往時をしのぶとき,感慨は今なお尽きることがありません。
ここに過去を顧み,深い反省とともに,今後,戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」
これは今年平成29年の今上陛下のおことばですが、その内容は平成元年から大きな違いはありませんし、締めの「全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」はほとんどかわっていません。
つまり、世界の平和と日本の発展を目指すことが戦没者の御霊を慰めることだと陛下はおっしゃっているのでしょう。

その”世界平和”といえば、8月15日が近づくと新聞やテレビは”反戦”という言葉とともにこれを大きく取り上げていますよね。
しかし、彼らは、どうすれば世界が平和になるのか、戦争が少なくなるのかはまったく語りません。
彼らが語るのは戦争の悲惨さのみといっていいでしょうし、もうひとつ加えれば、当時の日本がいかに悪かったかということです。
ようするに反戦ではなく、厭戦や嫌戦なのです。
しかし、厭うても嫌っても戦争はなくなりません。
むしろ、厭うことで引き起こされたのが第2次世界大戦なのです。

1938年、ドイツがチェコスロバキアに侵攻した際、イギリスとフランスは融和政策を取り、ドイツがチェコスロバキアのズデーテン地方を領有することを認めてしまいました。
これは第1次世界大戦で疲弊したイギリスとフランスの国民的厭戦気分が背景にあったと考えられています。
ドイツはそこに漬け込む形で次々と領土を拡張し、のっぴきならないところまできて、イギリスとフランスはようやく立ち上がったわけですが、もはや戦線は”大戦”という規模に膨らんでいました。
それを終わらせるためには、世界中が大きな犠牲を払わねばならなかったわけです。
当時のイギリスの首相、ウィンストン・チャーチルは回顧録のなかで、「ドイツを早目に叩き潰しておくべきだった」という後悔の言葉を綴っています。

いうまでもなく、厭う、嫌うというのはものごとから目を背けることです。
対して、”反戦=戦争に反対する”というのは、戦争を起こさせないようにすること、戦争が拡大しないようにすることなわけですから、常にそこと向き合ってゆかなければなりません。
そのためにも我々は過去を教訓にすべきなのです。
日本の大東亜戦争も、なぜ起きたのか、なぜ拡大したのかを学び・考えることが真の反戦であり、目を背けていては平和に繋がるはずはありません。

しかし、残念ながら日本の学校教育では、その”なぜ”を教えてくれませんし、マスメディアもそれを伝えようとしません。
彼らはただただ国民の目と耳を塞ぐのみです。
教えると戦前の日本が完全なる悪ではなかったことがバレてしまうからでしょう。
ですから、我々日本国民が真に平和を求めるためには、自ら学び・考える必要があるわけです。
8月15日の静けさは、それにもってこいです。
人気ブログランキングへ

2017世界陸上ロンドン大会を振り返る

8月4日(~13日)に始まった今年2017世界陸上は、我々日本にとっては2020東京五輪を見据えた大会ということで、陸上関係者も、ファンと国民も前途に光明を見出したかったわけですが、序盤の成果は男子100m準決勝に3選手が進出したというものくらいで、人気のマラソンでは男女ともに入賞なし(22年ぶり)、他の種目でも予選通過者が出ないという寂しい状況でした…。
そういう悪い流れのなかで我々に希望を届けたのは200mのサニブラウン・A・ハキーム。
9日の準決勝を通過すると、翌10日の決勝では足を痛めたなかでも7位という健闘を見せてくれたのです。
18歳5ヶ月での決勝進出は史上最年少であり、世界のひとびとにもこの日本の若者が将来のスター候補であることを認識させたといっていいでしょう。サニブラウンは東京五輪の”顔”になるかもしれません。
(※選手への親しみを込めて敬称略。)

そして12日は、この大会で最も期待されていた男子4×100mリレー。
この種目は昨年のリオ五輪で銀メダルを獲得していますから、そのメダルのバトンも繋いで欲しいところです。
午前中(現地ロンドン)の予選1組を多田修平・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥というメンバーで3位で通過した日本ですが、タイムは全体の6位ということで、メダルは遠くに霞んでいました。
そこで苅部俊二短距離コーチが下した決断は、調子が上がらず、バトンも上手く繋げられなかったケンブリッジを外し、ベテランの藤光謙司を起用するという思い切った策。

しかし、不調といえどもケンブリッジは昨年の五輪の銀メダルメンバーであり、100mのベストタイムは10秒08で、藤光の10秒23とはかなりの差があります。
これでもし順位を落とそうものならば、選手たちと苅部コーチとの信頼関係は崩壊するでしょうし(ケンブリッジとは特に)、世間からも大きな批判が巻き起こったはずです。
苅部コーチはそれをわかった上で職を賭した決断を下したわけです。

そして結果、日本は見事な銅メダル!
ハムストリングを痛めたウサイン・ボルトのジャマイカが失格したことが大きかったとはいえ、38秒04という好タイムで中国やフランスといった手強いチームを置き去りにしたのですから(4位の中国は34)、世界の表彰台に相応しい走りだったといっていいでしょう。
日本らしい淀みのないバトンパスはもちろん、多田のロケットスタート、飯塚の安定した走り、桐生のコーナーワーク、隣でボルトが倒れるのにまったく動揺しない藤光の落ち着きという個人の力強さも目立ちました。
このリオ五輪に続くメダル獲得で、”日本人はかけっこが速い”ということを世界に認識させたといっても過言ではありません。
これは日本陸上界の自信になるだけではなく、あらゆる分野の日本人アスリートが世界に出てゆく上での精神的アドバンテージになるはずです。なんといってもかけっこはスポーツの基本ですからね。

また、今回の400mリレーは、当初はサニブラウンが起用される予定だったものの、個人種目で足を痛めたためにメンバーから外れ、それでも日本は予選をしっかり通過し、決勝では不調のケンブリッジを藤光に代えてもメダルを獲ったのですから、”選手層の厚さ”には驚くばかりです。
しかも、リオ五輪メンバーの山縣亮太は怪我からの回復が遅れて今回の世界選手権には出場できませんでしたし、そのリオ五輪の頃の多田修平は一般にはまったく知られていなかったわけですから、”第2の多田”だってまだまだ国内にいると思うんです。
男子4×100mは今後も日本の得意種目になってゆくに違いありません。

そしてその新たなる得意種目でいえば、男子50km競歩(13日)は興奮しましたねえ!
リオ五輪銅メダルの荒井広宙が2位、世陸初出場の小林快が3位、同じく初出場の丸尾知司が5位ということで、日本勢の強さを世界に見せつけました。
長野県の我が家では荒井選手(小布施町出身)に大注目していましたから、ゴールの瞬間には私も思わず相方とハイタッチ!
終盤に4位のウクライナ選手がひたひたと近づいてくるのが怖かったですけど、荒井と小林が息を合わせてギアを上げて振り切ったのは今大会の名場面のひとつですよね。
これで荒井さんは東京五輪の顔のひとりになりそうですし、長野県ではもはや押しも押されぬ大看板です。
県は昨年贈呈したスポーツ特別栄誉賞を上回る賞の創設を検討すべきですね!

そのようにリレーと競歩の活躍でなんとなく明るい感じで終わった2017世界陸上ですが、大会を終えた伊東浩司強化委員長は「厳しさの方が大きい」という感想を述べていました。
結果としては”銀1・銅2・入賞2”ということで、前回大会の”銅1・入賞1”、リオ五輪の”銀1・銅1・入賞2”を上回ったわけですが、五輪開催を控えた国としては物足りないということなのでしょう。
確かに入賞者(決勝進出種目)がもうちょっと増えてゆかないと、国民に対しても成果を語れませんよね。

しかし、私は今大会を眺めていて、結果とは別なところで光明を見た思いがします。
それは銅メダルを獲得した直後に藤光が、「予選を走ってくれたケンブリッジと、サポートしてくれたハキームの分まで走りたかった」と語ったチームとしての団結。
今回の藤光は個人種目には出場せず、リレーの補欠メンバーとして、走るかどうかもわからないなか、コンディションとモチベーションを維持していたのもフォアザチームの精神を体現していました。
そして50km競歩でも、兄貴分の荒井が練習でも本番でも若手2人を引っ張り、世界と戦えるチームを作っていたのも印象的でした。
陸上は基本的には個人種目ですけど、国や所属クラブというチームがベースにあり、そこでの団結が力になることを再認識させられたといっていいでしょう。

その団結の力があれば、日本陸上はもっともっと強くなるはずです。
そして、現代スポーツを支えるのは成熟した社会であり、その団結に我々国民ひとりひとりが繋がっていることも忘れてはなりません。
それが東京五輪に向けての光明を描く!
人気ブログランキングへ

乾蕎麦も夏の季語に

今年2017年の夏は、梅雨入り前や梅雨明け直後は全国的にもかなりの暑さでしたけど、8月に入ってからは割と落ち着いてきて、甲子園大会をテレビで観ていてもあまり心配せずにすむというものですよね(松商17年ぶりの勝利!)。
ただ、もちろん暑くないわけではなく、我が家でもみな食欲が落ちていて、あったかいご飯よりも冷たい麺ばかりを選ぶようになってしまっています。
俳句でも冷やし中華や素麺は夏の季語になっていますしね。

そんな夏の麺ですが、我が家では蕎麦が定番です。
長野市に住んでいるということもあるのか、乾麺の蕎麦をよくもらうんですよね。
それを茹で、冷水でキリッとしめたやつを戸隠で買った蕎麦笊に盛って、松本で買った蕎麦猪口ですする。
トッピングは松代産の長芋(春掘り)。
そこに八幡屋磯五郎の七味唐辛子をぱらり。
これも信州の夏です。

素麺や冷やし中華、冷やしうどんももちろん美味しいですけど、私はお蕎麦を勧めたいですね。
何しろ蕎麦粉は小麦粉に比べて栄養成分が豊富です。
ミネラル分はもちろん、ビタミンB群は小麦粉の3倍の量を誇り、若さと健康の源ルチンも含まれているんです!
また、蕎麦粉は消化吸収が良く、暑さに弱った胃にも優しいのですから、まさに夏の麺!
しかも、乾蕎麦は暑さで傷んだりしないので便利!

そんな乾蕎麦ですが、我が家で食べるときのちょっとしたポイントは、袋に表示されている時間よりも、少し長めに茹でること。5分とあれば6分ですね。
乾蕎麦は芯が残っていると美味しくありません。茹で過ぎた方がいいくらいです。
そして”つゆ”は、自分で作るというひとはあまりいないでしょうし、面倒ですから、市販のものを買ってきて、昆布と削り節をつけておきます。
出来れば一晩くらいそうして冷蔵庫に入れておくといいんですけど、急に食べたくなることも多いので、昼食べるなら朝、夜食べるなら昼にそうしておいて、食べる直前に濾して使っても風味は十分です。
市販のつゆは少し甘いので、私はちょっと生醤油をたらしてやるのが好きです。

夏の蕎麦、本当にいいですよねえ、悪いところが見当たりません。
消費量でいうと素麺に遠く及びませんけど、もっともっと食べられてもいいんじゃないでしょうか。
毎日だって食べたいくらいですよ…といいたいところなんですけど、なんだか乾蕎麦って食べている途中で飽きてきちゃうんです。
人間というのは贅沢なものです。
そんなとき、私がお勧めしたいのはトマト。
湯むきして粗みじんにしておいて、それをつゆに入れてやると、まあ美味しい。
トマトの酸味と旨味が蕎麦によく合いますし、乾麺独特のクセみたいなやつも消えてなくなっちゃうんですから、あら不思議。
栄養バランスでいっても、麺料理のときに不足しがちな野菜を取れますし、これで隙はなくなりました。

しかも、そのトマトも、ご近所や知り合いから「いっぱい取れたのよ」といって頻繁にもらうんです。
夏の蕎麦は胃腸だけではなく家計にも優しいというわけです。
”乾蕎麦”も夏の季語に入るかも!?
人気ブログランキングへ

THE ICE 2017(後その2)

(続きです。記憶を頼りに振り返ってゆきます。)
『THE ICE』ではあまり聞かない黄色い声援のなか、”D1SK”のタオルが揺れる。
大阪公演に参加することはあっても、名古屋公演では珍しい高橋大輔の登場です!
披露したのはジャズミュージカルの『Caravan』。
このエキシビションは14年にも滑っていると思うんですけど、当時に比べて全身の動きや表情の作り方が大胆になっていて、ダンス&語学留学が伊達じゃなところを見せつけました。たったひとりで踊っているというのにゴージャスでしたね。
そして、”フィギュアスケーター”としても3Fをしっかり決め、3Lzは途中で開いちゃったものの、代名詞のアップライトスピンでは美しい体のライン。
私も久しぶりに高橋くんのスケートを観ることが出来て、ちょっと興奮しちゃいました。
一瞬で自分の空間を作って、観客の視線を釘付けにする、それも「やってやる!」って感じじゃなくて、自然とそうなるのが高橋大輔の凄味ですよね。
そのように満足したわけですけど、ただひとつ、ストレッチ不足が気になりました。
舞台でもリンクでも、怪我防止のために柔軟だけはしっかり頼みます!

高橋大輔が終われば、もうこのひとしか残っていない。
白い衣装の上に黒のシースルーをまとい、割れんばかりの拍手と歓声に包まれてリンクインした浅田真央が、しなやかかつ軽やかに舞い始める。
曲はラフマニノフの『エレジー』。
ラフマニノフといえば、浅田真央が2度の五輪で用いた『鐘』とピアノ協奏曲第2番を忘れるわけにはゆきません。
両方とも人間の内面をどこまでも深く追及してゆくことでひとつの小宇宙に出くわし、それが大爆発を起こすという、”個にして全、全にして個”という仏教の世界感にも通じる荘厳な曲であり、それが浅田真央の個性とぴたりと合うことで無限の広がりを見せる歴史的な名プログラムでした。
その曲が浅田真央に与えてくれたパワーというのは本当に大きなものがあったはずです。
現役引退直後のエキシビションに『エレジー』を選んだのも、浅田さんからラフマニノフへの感謝の印なのかもしれませんね。
それにしても浅田真央の滑りの洗練されていること。
近年の浅田さんは股関節の動きを意識しているように思いますけど、そこが誰よりも柔らかく使えるので、どのような体勢でも身体の軸がぶれず、ブレードに体重がしっかり乗るのはもちろん、方向転換も驚くほどスムースで、動きにまったく無駄がないんです。まるで伝統芸能の名人のようです。
そんな浅田さんを見つめる観客の集中力は恐ろしいほどで、その一挙手一投足を見逃すまいという気迫が会場に充溢していました。
リンクに煌めく浅田さんの滑りの一瞬一瞬が観客にとっての宝なのです。
今年の『THE ICE』は浅田さんの引退興行ということでチケットの売れ行きが凄まじかったわけですけど、ファンの思いのなかに「『THE ICE』も終わってしまうかもしれない…」という恐れと不安があったことは想像に難くありません。
07年から続く夢の祭典、その夢がいつまでも覚めないで欲しい、それこそが観客の偽らざる本音でしょう。

しかし、この日の浅田さんの『エレジー』に、私は”迷い”のようなものを感じました(一緒に行った相方も同意見)。
動きや滑りの質は高いのに、どこか気持ちが乗り切れない、そんな印象です(ジャンプは2A成功、3Loミス)。
もしかするとフギュアスケートとの関係に迷っているのかもしれませんね…。

そんなことを考えているうちに『エレジー』が終わり、場内が暗転。
アンコールを求める手拍子が地鳴りのように会場を震わせると、髪を下した浅田さんが白いドレス姿でリンクイン。
彼女らしい浮遊感のある滑りで『愛は翼に乗って』を魅せ、観客を高揚させたかと思うと、途中で立ち止まり、モニターに手をかざします。
すると、そこに浅田さんの七五三のときの家族写真から、これまでのフィギュア人生で出会ったひとたちとの思い出の写真が映し出されたんです。
本当に多くのひとたちが浅田さんを支えてきたんですねえ…。
そしてその写真集の最後は愛犬のエアロ。
…え、エアロ?
最大の功労者はエアロ!?
浅田さんのなかでのエアロの序列高っ!

そうして写真を眺め終わった浅田さんは、曲の盛り上がりに合わせて、天駆けるような連続バレエジャンプ!竜巻のようなツイズル!
この圧倒的な滑りに会場は度肝を抜かれていました。
そこからは優しい振り付けと、柔らかいイーグル、美しいスパイラルで舞い納め。
うっとりしすぎて腰が抜けました。

これでいよいよ『THE ICE 2017』もフィナーレです。
再び登場した鈴木羊子さんが『I Got Rhythm』を奏でるなか、まずは黒竜江省雑技団が驚愕の空中回転で会場を盛り上げ(鈴木羊子さんもここまで)、続いては舞さんと無良くん、長洲さんと高橋くんによる『カルメン』。4人とも気合入っていました。
『踊るリッツの夜』はウィーヴァー&ポジェ、パン&トン、そして小塚くん(ここは宮原さんとのペアだったのかも)。この5人のダンスはかなりカッコよかったです。
ここまでくればもうおわかりのようにフィナーレも”浅田真央メドレー”!
ハンガリーの民族衣装に身を包んだ宇野くんとソトニコワ、織田くんと明子さんが演じるのはもちろん『チャルダッシュ』。宇野くんの衣装がめっちゃ可愛くて会場では大人気。
そして締めくくりは浅田さんとバトルによる『蝶々夫人』。
浅田さんの気持ちの籠った演技はもちろん、バトルの海軍士官衣装似合いすぎ!
10年もペアプログラムをやっているだけに2人の息はぴったりですし、見せ場の並列2Aでも、個人プロでこのジャンプを失敗したバトルがしっかり決めるのですから、これぞまさに相乗効果。
それにしても、この『蝶々夫人』の浅田さんはスケートだけではなく、”芝居”という意味でも本当に素晴らしかったです。
芝居っ気のあるプログラムはほとんどやっていない選手ですけど、こういう才能もあるのんだとあらためて瞠目しました。
浅田真央主演の日本版『オペラ・オン・アイス』が観たい!

ブラヴォ!ブラヴォ!
観客たちが痛いほどに手を叩き、歓声を上げ、大興奮に包まれる愛知県体育館。
グランドフィナーレでは恒例の『Can't Take My Eyes Off You』に合わせてみんなでダンス。
ソチFSのフィニッシュポーズには笑いがこぼれていました。
最後は『THE ICE』Tシャツに身を包んだ出演者たちが次々とリンクを回ってゆく、華やかで、ちょっと寂しい時間。
今年も本当に楽しかったあ、来年もよろしく!
観客たちはそんな思いで演者たちに手を振ります。
そして誰もいなくなるリンク。
けれども観客からの拍手は止みません。
すると、それに応えるように鳴り響いたのは『メリー・ポピンズ』!
あの特徴的なドレスを身にまとい、傘を手にした浅田さんがリンク狭しと滑り回り、チム・チム・チェリーでは舞さんとの可愛らしい姉妹ダンス、最後は出演者全員が加わっての大団円!
Supercalifragilisticexpialidocious!

『THE ICE』は浅田真央の笑顔に会いに行くショーであり、観客の大人たちが子供のような笑顔を見せるショーなんです。
まさに夢の舞台、夢の時間。
そしてその夢にもいつかは終わりがくる。
その終わりから目を背けるように、今年の私は記事をダラダラと書いてしまいました。
でも、私は子守りのミス・ポピンズにまだまだ家にいて欲しい。
我々を子供にする魔法とともに。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード