FC2ブログ

またもやジャンプ作者の性犯罪

今日8月8日(2020年)、『週刊少年ジャンプ』で連載中の『アクタージュ act-age』の原作者が「女子中学生への猥褻行為で逮捕」
というニュースですが、ただでさえ嫌悪すべき犯罪なのに、その加害者が”少年少女向けの漫画雑誌”で仕事をしているのですから、教師の性犯罪に似た胸糞悪さを感じます。
報道によると、マツキタツヤ容疑者は、路上を歩いていた女子中学生にそっと近づいて体を触って逃げるという下衆な行為を、少なくとも2度繰り返し、本人も概ねそれを認めているといいますから、擁護のしようもありません。連載の方も中止になることでしょう。
『ジャンプ』は看板に傷がついただけではなく、連載にも穴が開いたわけです。

ただ、”ジャンプ作者の性犯罪”というのは、そんなに驚くことでもありません。
02年には2度の未成年買春で『週刊少年ジャンプ』連載中だった島袋光年氏が逮捕されていますし、18年には『ジャンプスクエア』の和月伸宏氏が児童ポルノ禁止法(単純所持)で書類送検されたばかりです。
もちろん、連載も休止に追い込まれました。
マツキタツヤ容疑者だってそのことは知っているはずなのに、より悪質な強制猥褻に及ぶというのは、かなり異常です。おそらくは病気の類でしょう。
もちろんそれは減刑の要件にはなりませんけどね。

また、『アクタージュ』のファンが気になるのは、連載が再開されるか否かという点だと思われます。
島袋氏や和月氏は一定の期間を置いてから、別漫画を書き始めたり、連載が再開されたりしてますので、可能性はゼロではありません。
ちなみに、島袋氏は懲役2年・執行猶予4年という判決を受け、同じ集英社の他紙で復帰したのは逮捕から約2年後ですから、懲役の年数を謹慎期間としたのでしょう。
罰金20万円の判決の和月氏が連載中の作品を再スタートしたのは書類送検から約半年後ですが、児童ポルノの単純所持は「1年以下の懲役又は百万円以下の罰金」なので、集英社は半年くらいの謹慎期間が妥当と考えたのかもしれません。

そう考えると、「6月以上10年以下の懲役」が課せられる強制猥褻のマツキタツヤ容疑者は5年くらいの謹慎期間でしょうか。
ただ、島袋氏の連載作品は一度打ち切りになったあと、3年後に他紙で完結編として再開されましたけど、『アクタージュ』の場合はさらに長い期間を置かねばならないはずなので、ファンも関心が薄くなってしまうかもしれません。
もっとも、それはかなりましな方で、犯罪の悪質性からいうと、集英社は連載の完全な打ち切りだけではなく、既刊(単行本は12巻出てます)の絶版すら検討しているはずです。

私はマツキタツヤ容疑者の犯罪は絶対に許せないという立場ですが、絶版にも反対です。
白々しいいい方ですが、作品に罪はないと思うんです。
とはいえ、この『アクタージュ』が書店の棚や、オンラインの漫画販売サイトに、何事もなく並ぶのは、ちょっと受け入れられません。
販売するにしても何らかのレギュレーションをかける必要があるでしょう。

そして、もちろん連載だって、時間を置いた上で、少年誌以外であれば、再開していいと思います。
早目に再開したいというのであれば、同人誌という手もあるでしょう。
ファンのためにも完結させるのが義務というものです。
世間の理解を得るために(反感を抑えるため)、収益の多くを生活困窮家庭の子供たちに寄付するという手もあります。
マツキタツヤ容疑者はまだ若いのですから、罪を悔いて、新たな境地で活動を再開して欲しいものです。

また、その悔いるでいえば、『ジャンプ』の集英社は、過去の作者たちの性犯罪に対する処分が、正しかったのかどうか、もう一度よく考えてみるべきです。
少年少女が読む雑誌の作者が性犯罪で裁かれるということを軽視してきたようにしか思えません。
02年の島袋氏を集英社から追放し、2度と連載させないという厳しい姿勢を取るべきでした。
この3度目の事件は、泣いて馬謖を切らなかった結果です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



阿炎は親方になれるかな

相撲協会が武漢ウイルス対策として設けたガイドラインを無視し、7月場所中(令和2年)に何度もキャバクラに通っていたことばバレた阿炎は、師匠である錣山親方から場所を途中休場させられ、場所後に協会からの処分を待つ身でしたが、その前に自ら引退届を提出したという報道が、昨日8月5日にありました。
キャバクラで飲むくらいは去年の今頃は多くの力士がやっていたでしょうし、今現在だって刑法に違反しているわけではありませんから、引退届というのはさすがにやり過ぎとしか思えません。
協会がそれを受理しないと踏んでの”反省のポーズ”だと感じたのは私だけではないはずです。

そして今日6日、協会が下した処分は、引退届を”預かり”とした上での3場所出場停止+報酬減50%×3ヶ月”というものでした。
錣山親方も監督責任を問われ、報酬減20%×6ヶ月です。
この処分が甘いか厳しいかは意見の分かれるところでしょうし、私にもなんともいえませんが、ひとつだけいるのは、場所前ではあるものの(協会調べ)同じくガイドラインに違反し、飲食店で泥酔していた田子ノ浦親方が”けん責”という7段階ある懲戒で最も軽い処分、事実上の御咎めなしだったことと比べると、あまりに扱いに差があるということです。
2年前の春場所を制した白鵬が、優勝インタビューでのファンサービスで三本締めをしたときが同じくけん責でしたから、ガイドライン違反の重さというのがよくわかりません。

そもそも相撲協会の処分の懲戒規定は曖昧なものでしかなく、過去にも力士がなにかやらかしたあとに、後付けで処分を下したことが何度もありました。
しかも、力士によって処分に差があったり、世論の反応によって違いが出たりするのでもうメチャクチャです。
たとえば、協会は1985年から力士の自動車運転を内規で禁止していますけど、その後90年代から00年代に内規違反した上に交通事故を起こした関取が3人いたのに、それぞれ処分は”厳重注意””自宅謹慎(1場所出場辞退)””1場所出場停止”とバラバラなんです。

また、この内規違反+事故というのは、阿炎のガイドライン違反と比べて、どちらが悪質なのでしょう?
3関取ともいまは親方として協会に残っていることを考えると、阿炎の引退届が受理されなくて本当によかったと思います。
あまりにも差が大きくなりすぎますもの。

その差でいえば、08年の大麻問題のときもそうでした。
若ノ鵬が大麻所持で逮捕されたことに端を発し、相撲協会が「再発防止」といって力士の許諾も不明瞭なまま、人権無視の抜き打ち尿検査を実施すると、露鵬と白露山から陽性反応が出て、2人は「副流煙」と弁明するも(検査数値はけっこう高め)、協会は警視庁に報告し、警視庁が家宅捜索するも大麻は発見されず、もちろん逮捕も起訴もされなかったにも関わらず、協会は2人を解雇しました。

数回行った抜き打ち検査は、部屋によっては何日か前に報せていたという報道もありますし、力士によってはなんやかんや理由をつけて「後日受ける」といって拒否したケースもあったんです。
協会が露鵬と白露山にそれを許さなかったのは、若ノ鵬とともに彼らがロシア人力士だったためでしょう。
協会は最初から疑って、狙い打ちにしたわけです。

また協会のエゲツナイのは、抜き打ちで陽性っぽかった若麒麟を「よくわからないから後日再検査」として、身体をクリーンにさせる時間を与えて陰性にしたことです。
若麒麟は翌09年に大麻所持で神奈川県警に逮捕されているんですから、抜き打ち検査っていったいなんだったのでしょう?
もちろん若麒麟は日本人です。

こういう身勝手なことをやってきた組織がいまはご立派な公益財団法人になっていますけど(14年から)、その本質が変わらないからこそ、度々色んな問題が出て、力士も意識が変わらないのではないでしょうか。
国技を名乗るならば、公正で公平な組織であって欲しいものです。
人気ブログランキングへ

そろそろ両刀使いを捨てるとき

”二刀流”というのは、普通は両手で一振の太刀を扱うところ、片手に太刀、もう片手に小太刀(脇差)を持つ剣術の流派のことですが、我々が思い浮かべるのはやはり宮本武蔵の二天一流ですよね。
小説や映画や漫画で、武蔵が二刀を振るって敵をばったばったと斬り倒すシーンはお馴染みです。
また、宮本武蔵は日本を代表する”samurai”として外国でも人気があって、『五輪書』が哲学書として読まれていたり、創作物に登場する武蔵に憧れて剣道を、それも二刀流で始める外国人もいるそうです。
ちなみに、二刀流は英語では”two-sword style”や”two-sword samurai”と訳されています。

ということは、野球のシーズンになると日本のテレビが連日のように騒ぐ「二刀流」の大谷翔平は、アメリカでは「two-sword」といわれているのでしょうか?
答えは”no”です。
アメリカでは「two-way player」と紹介されています。
日本語でいうところの”二通り”という意味ですし、”ツーウェイ”はもう普通に使われている言葉ですね。

身近な道具でいうとなんでしょう、鋏とヤスリがひとつになった爪切り、ショルダーとハンドのツーウェイバッグ、ソファベッド、ラジカセ(骨董)、釘抜きハンマー、スト―レトとカールのヘアアイロンなんかがぱっと思いつきます。
いずれも二通りの使い方があって便利なものです。
ただ、ひとつの用途に絞った専門のものに比べれば性能がどうしても劣ってしまいますし、構造が複雑になっていたり、頻繁に使ったりするため、”壊れやすい”という特徴があります。
そしてまた困ったことに、ひとつの機能が壊れた場合、それを修理に出せば、もう片方もその間使えなくなってしまうのです。

今季(2020年)、腱移植手術から2シーズンぶりにマウンドに戻ってきた大谷翔平ですが、初登板でワンナウトも取れずに5失点KOという屈辱のスタートを切り、大きな不安のなか2試合目の登板となった8月2日は1回を三者凡退で抑えたものの、2回に四球を連発して2点の押し出しを献上すると、またもやノックアウト。
しかも、最後のバッターへの球速がガクっと落ち、手術した右肘を気にする様子を見せ、そのまま検査のため病院に直行したというのですから、ショッキングとしかいいようがありませんでした。

翌日判明した検査結果は「右屈曲回内筋群の損傷で、練習再開まで4~6週間かかる」というもので、武漢ウイルスのために60試合に縮小されたメジャーリーグでは今季の登板は絶望的ということになりました。
まあ、移植した腱が切れたり、剥離したわけではないとのことですから、そこは不幸中の幸いだと思いますけど、中6日開けてわずか50球しか投げていないのに、こうも簡単に痛めたところを見ると、復活への道のりはかなり険しいものと思われます。

大谷が投手としてメジャーでこれから何年も投げたいのであれば、残り少ない今季はリハビリにあて、少なくとも来季いっぱいはマイナーでじっくり調整するしかないはずです。
腱移植手術の予後が芳しくない投手はだいたいそうしています。
少しずつ投球の強度を上げ、球数・イニングを増やし、登板間隔を徐々に縮めてゆくというのが通常のやり方ですし、メジャーでプレイした日本人投手でいうと和田毅や藤川球児そうでした。
そして、メジャーに復帰できた場合でも、1年2年は登板間隔や球数を制限しながら、肘を大事にすることになります。

ただ、ここで問題なのは、大谷の肉体が恐ろしく”脆い”ということです。
”球数を絞り、登板間隔を長くする”というのが腱移植手術後の定番ですが、2018年シーズンの大谷は中6~7日・90~100球という怪我明けの投手みたいな起用のされ方をしていたのに、わずか10登板で肘を痛めてしまいました。
こういう先発投手が復帰した場合、制限をかけるとしあら中8日・80球くらいになるのでしょうか?
メジャーの先発は通常、中4日・100球なので、それでは笑い話です。
(※大谷は日本時代もまったく酷使されていません。松坂大輔やダルビッシュ有や田中将大が肘を故障したのとはまったく事情が異なります。)

大谷が本気でメジャーの先発をしたいのであれば、それに適った強靭な肉体を作らねばなりません。
故障をしにくいフォームや投球への考え方もそうでしょう(全力投球し過ぎだと思います)。
大谷はいま26歳(94年7月生まれ)ですけど、マイナーで2・3年かけてそれを作れば、20代後半から30代半ばくらいまでメジャーで投げられると思います。
日本からFAでアメリカに渡った岩隈久志や黒田博樹がだいたいそれくらいの活躍期間でしたし、その間メジャーでも高評価を受け、それぞれ63勝、79勝もしているのですから、大谷だって悲観することはなにもありません。

とはいえ、もちろん、これはtwo-wayを諦めた場合のことです。
壊れやすい肉体をしているのに壊れやすい使い方をするというのは、二通りではなく、道を閉ざすだけのです。
いうまでもなく、投手を諦めるという選択もあるでしょう。
いずれにせよ、一本に絞り、いっぱしのメジャーリーガーになってくれなければ、”日本野球史上最高の才能”があまりにももったいないものになってしまいます。
我々日本の野球ファンは彼の決断を応援しようではありませんか。

そうそう、two-wayを日本語でいうなら、二刀流ではなく、両刀使いですよね。
人気ブログランキングへ

照ノ富士の復活優勝に酔う

大相撲の横綱というのは、その腰にしめ縄を巻いていることでもわかるように、神様のようなものであって、ひととしての最高位は大関だともいわれます。大関はそれほど高い地位なんです。
実体的な横綱との比較でも、収入は少し落ちるものの待遇は遜色ありませんし、協会役員選挙の投票権があったり、引退後に相撲部屋を新設する権利があったりはもちろん、協会の理事長になれるのも現実的には元大関以上の親方ですから、関脇以下の力士とはその身分に隔絶したものがあるといっていいでしょう。

そういう特別な地位であるため、大関を経験した力士というのは、現役から退くタイミングも普通の関取とは違います。
まず、長く大関を守り、「名大関」などと呼ばれる力士であれば、大関陥落で土俵を離れるものですし、旬のときの大関に上がったものの落ちてからが長いような元大関であっても幕内に踏みとどまれなくなればそこが潮時です。
それが慣例であり、十両の土俵に上がった元大関はほとんどいません。
いわんや関取(収入のある力士)ではない幕下で相撲を取った元大関というのは、相撲協会が創設されてから90年以上、ひとりもいなかったんです。
そう、”照ノ富士”までは。

照ノ富士は23歳の平成27年名古屋場所で大関に昇進したものの(平成27年名古屋)、両膝の大怪我や糖尿病があって、その2年後に陥落すると、そこから休場に次ぐ休場で、十両、幕下、三段目をすっ飛ばすように転がり落ちて、平成31年大阪場所では序二段で午前中に相撲を取っていたんです。
これは本人も辛かったでしょうし、周囲も辛かったと思います。
陥落前は2場所連続で準優勝していて、歯車がかみ合っていたら横綱になっていたかもしれず、そうなっていればいくらでも休場できたわけですから、運命というのは残酷なものです。
(※すんでのところで優勝を逃した場所などは、膝の怪我もあっての変化をしただけで差別的な批判をされたり、本当に可哀想でした。)

大怪我をした膝は何度も手術をしたといいますし、番付が落ちる度に師匠の伊勢ヶ濱親方(横綱・旭富士)に引退の相談をしたそうですが、親方やおかみさんや同部屋の仲間たちが「まだやれる」と照ノ富士を励ましてくれたそうです。
まだ若いというのもあるでしょうし、その類まれな素質を惜しんだこともあるでしょう。部屋全体として復帰をサポートしてくれたと昨年(2019年)の雑誌インタビューで照ノ富士本人が語っていました。
そして、そんな部屋のみんなに報いるために、照ノ富士は大好きなお酒を完全に断ったというのです。

照ノ富士はもともと間垣部屋でしたが、親方の病気もあって間垣部屋が平成25年に閉鎖すると、伊勢ケ濱部屋に移籍し、四股名も若三勝から変更しています。
当時の間垣部屋は関取がひとりもいなかっただけではなく、力士も数名しかおらず、稽古相手のみならずなくちゃんこ番すら事欠く始末だったそうですが、大所帯の伊勢ケ濱部屋では安美錦や日馬富士といった厳しくしごいてくれる先輩がいたこともあって、照ノ富士はめきめきと力をつけていったとのことです。
伊勢ケ濱部屋は稽古が激しいことでも有名ですが、”チームとして戦う”という方針でもよく知られ、対戦相手の研究や分析も一緒に行い、誰かが優勝争いしていれば援護射撃にも必死になるという雰囲気みたいですから、部屋への愛着や忠誠心も生まれやすいことでしょう。

そういうチームの応援のなか、断酒で糖尿病が癒えた照ノ富士は番付を一気に駆け上がり、今年令和2年初場所には「新十両のときより嬉しい」という十両復帰を成し遂げます。もちろん元大関では初めてのこと。
そこで優勝して、次の場所も10勝を上げると、5月場所ではついに再入幕を果たしますが、これももちろん初めて。
5月場所は武漢ウイルスのせいで中止になるも、この7月場所の番付には幕尻の前頭17枚目に照ノ富士の四股名がはっきりと書かれていました。

その幕尻から再び三役に上がっても史上初ですし、できれば大関に再昇進した姿も見たいところでしたが、そう相撲は甘くない、膝の怪我もありますし、幕内相手に勝ち星を積み重ねるのはいくら元大関であっても難しいだろうというのが、場所前の大方の見方だったと思います。
私も今場所の照ノ富士には幕内に定着できるくらいの内容を期待していました。
ところが、そんな予想をあざ笑うかのように、初日から照ノ富士は持ち前の馬力で次々と旧敵たちを倒してゆくと、5日目の1敗(髙安)を守ったまま、中日を超え、後半戦に入り、13日目には同じく一敗で並んでいた優勝候補の新大関・朝乃山をがっぷり四つから寄り切りで撃破するという番狂わせ!
どっちが大関かわからない!

こうして照ノ富士が単独トップに立つと、にわかにメディアの注目が集まり、すわ史上初の快挙なるか、という雰囲気になってきたものの、それがプレッシャーになったのか、翌14日目は緊張したような相撲で正代にあっさりと敗北を喫してしまいます。
これで結びの朝乃山が勝てば再び2敗で両者が並び、優勝争いはわからなくなる、いや追いついた朝乃山に勢いが出て有利になる、というのが大相撲の流れというものです。

しかし、それを食い止めたのは伊勢ケ濱部屋の結束力でした。
同部屋の照強が立ち合いで”足取り”の奇襲を仕掛け、見事に朝乃山をひっくり返したのです!
「一発勝負だった。自分の星どうこうより照ノ富士関への援護射撃の気持ちが強かった。伊勢ケ濱軍団一丸となって優勝させたい」というのも泣けるコメントでした。
ちなみに、照強は照ノ富士より3歳年下なんですけど、中卒入門なので初土俵は1年2ヶ月早い兄弟子です。

そして千秋楽、”勝てば優勝”という照ノ富士の相手は難敵・御嶽海。
決して合口のいい方ではありません。
しかし、そんなの関係ない!ここで勝たなきゃ男じゃない!
照ノ富士はそういわんばかりの厳しい立ち合いで両上手を取ると、そのまま一気に寄り切って、奇跡の復活優勝!
武漢ウイルス禍という異常な状況で、両横綱が相次いで休場するという盛り上がりにかけそうになる場所でしたが、救世主は二度目の黒廻しから這い上がってきた元大関でした。

諦めない気持ちと、周囲との結束力があれば、陽はまた昇るんです。
ここ数ヶ月、日本中がくさくさしていましたけど、久々に気持ちが晴れやかになるような出来事だったと思います。
ありがとう、照ノ富士。
おめでとう、照ノ富士。

いまごろ祝勝会でしょうけど、お酒はあまり呑まないように!
人気ブログランキングへ

コロナの波を制御するリーダーは誰か

このところの感染者増で囁かれる武漢ウイルスの”第2波”ですが、日本政府はそれを否定しているものの、福岡市の高島宗一郎市長や岐阜県の古田肇知事のように、それを認めるような発言をする首長や専門家が出始めています。
第2波の定義はありませんが、緊急事態宣言が発出された4月の状況に似てきたと感じるか、そうでないかの違いでしょう。

ただ、ここで注意しなくてはならないのは、その”似てきた”というのは感染者の数ではなく、重症者や死者数であるべきということです。
いまは4月の頃に比べれば検査体制も拡充され、”繁華街で働く若者”といったピンポイントでの検査もしているので、必然的に感染者の数が増えるわけです。
7月の半ばから1日当たりの新規感染者数が4月のそれ以上になっているのは確かに怖いんですけど、重症者数は4月の半分以下なので、政府が「なんとか踏みとどまっている」といっているのもある程度は理解できます。

とはいえ、物事というのは、なにもしなければ踏みとどまり切れないものです。
特に東京都は6月の終わりからは”若者”と”夜の街”が注視されるようになり、7月9日からは1日の感染者数が平均200人を超えるようになっていたにも関わらず、具体的な対策をなにもしてきませんでした。
そうしていると、7月下旬からは感染者の世代も広がり、感染経路不明もよくわからなくなってきて、必然的に重症者数も増えてきてしまったわけです。4月上旬に近い状況といっていいでしょう。

その東京都では昨日30日に感染者数が過去最高の367人を記録したこともあり、臨時記者会見を開いた小池百合子知事は、酒類を提供する飲食店とカラオケ店について、8月3日~31日までの間、営業時間を午後10時まで短縮するよう要請すると発表していました。
応じた事業者には20万円の協力金を支給するとのことです。
これはある程度効果があるでしょうけど、遅きに失した感は否めません。
これは2週間前にも出来たことです。
世論調査を見ると、都民の方々は小池知事のコロナ対応を概ね評価しているようですが、フリップやら電飾やらで警報を発する以外になにかやってきたのでしょうか?

今日31日の東京は463人の陽性者が出てしまい、記者会見に臨んた小池知事は「状況が悪化すれば、都独自の緊急事態宣言を発することも考えざるを得ない」と述べていましたが、状況はもう悪化しているようにしか見えません。

また、東京から1・2週間遅れて似たような状況になってきているのが大阪府と愛知県です(福岡県もちょっと嫌な感じになってきました)。
感染者の増え方や上の世代への広がり方もそうですし、経路不明もそうです。
両方とも大きな都市圏を形成しているので、周辺の県も気が気でないはずですし、もっといえば東京も含めて日本の三大都市圏なだけに、国民的な懸念といってもいいでしょう。
それを受けてか、菅義偉官房長官も今日31日の記者会見で「一部地域で憂慮すべき状況がある」といういままでにないコメントを残しています。
4月の緊急事態宣言も、まず7日に1都1府5県を対象に発出され、17日に全国に拡大されたことを考えれば、政府も限定的な緊急事態宣言が年頭にあるのかもしれません。
逆に〈Go Toキャンペーン〉のことはもう忘れていたりして…。

全国の感染者数も29日からは1日平均1200人を超え、今日31日にはなんと1500人以上を記録してしまいましたし、もはや夏休みの旅行を楽しもうという雰囲気ではなくなっていると思います。
お盆の帰省についても、複数のリサーチ会社の調査で「しない」が7・8割ほどになっていますけど、7月23日からの4連休に田舎に帰省したひとの感染がいくつか確認されていることも「しない」に拍車をかけるかもしれません。
そんなわけで、我が家でも今年はオンライン帰省にしようかと話をしているところです。
両親も以前からスカイプを使って子供や孫とコミュニケーションを取っているので慣れたものですしね。

「コロナとの共存」だの「経済を回す」だのといっても、ウイルスの温床になりやすい業種や区域に根本的な規制をかけねば、波はまた繰り返します。
ほとんどの国民は危険な場所には近寄らないようにしているのに、そこから漏れたウイルスへの恐怖から、出来るはずのことまで自粛してしまっては、それこそ社会全体が錆び付いてしまいます。
はっきりいって、これは国というより大都市圏の問題ですから、そこの知事や市長が強いリーダーシップを発揮するしかありません。
東京都のカラオケや飲食店への施策や、大阪府の吉村洋文知事のミナミへの休業や営業時間短縮要請などはあくまで対症療法です。
そうではなく、武漢ウイルスによって変わってしまった世界に対応する原因療法こそがいま求められているんです。

どこの首長が真っ先にそれをやるのか、さあ競争です。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード