FC2ブログ

2018スケートアメリカ・女子FS 期待膨らむ日本女子

SPが終わり、1位宮原さん(73.86)、2位坂本さん(71.29)、3位サモドゥロワ(64.41)、4位本田さん(62.74)、5位テネル(61.72)という並びになって、日本勢表彰台独占の可能性も見えてきた2018スケートアメリカ・女子FS。
女子フィギュア人気回復の足がかりにするためにも、GPS初戦から結果が欲しいところです。

地元アメリカのブレイディ・テネルはSPで出遅れたとはいえ実力的には最も怖い存在。
今季のプログラムは振り付けもジャンプの難度も高く、”いま自分が出来るちょっと上”に挑んでいる形ですが、このFSでは回転不足(UR)気味ながらも3Lz+3Loと3Lz+3T+2Tを着氷させ、大きなミスなくまとめたのは立派。
終盤はかなり疲労していましたけど、志の高さを感じさせる演技でした。
FSは131.17(TES65.86・PCS65.31)、合計192.89。

本田真凜さんが表彰台に立つにはテネルを超えねばならぬわけですが、過去の本人のスコアからするとほぼノーミスが求められます。
まずは序盤をしっかり揃えたいところでしたけど、3Lz+3TがURかDGの転倒、続く3FもURでのステップアウトで早くも白旗。
その後のジャンプも抜けたりURだったりの全滅状態。
冒頭の転倒で足を痛めたのか、精神的に参ってしまったのかわかりませんが、演技全体にも精彩を欠き、悲嘆に暮れる『LOVERS』になってしまいました。
FSは95.30(37.66・58.64・減点1)、合計158.04。
スケートの上手さや、身ごなしやスピンのポジションなどには見惚れるような美しさのある本田さんですが、いかんせんジャンプが決まらなければ競技会で結果を出すことはできません。
ジャンプは昨季からの課題で、それを克服するためにアメリカに拠点を移し、ジャンプ指導に定評のあるラファエル・アルトゥニアンに師事を仰いだはずなのに、ネーベルホルン杯といい今大会といいジャンプに進歩が見られないのは本当に残念です。

本田さんが冷やしてしまった空気のなか、お馴染みのパントマイムでスタートした坂本花織さんは迫力のある助走から度肝を抜くような3F+3T!男子並み!これで一気に会場が温まった!
繋ぎのように2Aを跳び、苦手の3Lzも集中して乗り越えた後は前衛的な振り付けのステップで『ピアノ・レッスン』の世界を広げる坂本さん(振付師は昨季の『アメリ』と同じブノワ・リショー)。集中したいい滑り。
そこから大きな3Sを降り、後半の見せ場にもびっくりするような2A+3T+2T!男子以上!
続く3F+2Tもしっかり決め、スピンからコレオも息切れすることなく加速し、その流れからの3Loもお見事!
最後はどっしりとしたコンビネーションスピンで演技を締めくくり、ノーミスの演技に坂本さんらしい逞しいガッツポーズ!
滑りの重厚感とジャンプの大きさという誰にも負けない個性を存分に発揮する素晴らしい内容でした。
パントマイムや身のこなしも昨季からさらに上達していますし、坂本さんの成長曲線はまだまだ右肩上がりです。
FSは142.61(75.41・67.20)、合計213.90。
ロンバルディア杯やジャパンOPではミスが多かっただけに心配でしたけど、大事なGPSで実力を出すのはさすがです。
ジュニア時代からそうですけど、坂本さんは大きな舞台になればなるほど結果を出す”本番型”ですよね。
こういう選手はチーム日本としても本当に頼りになります。
また、今回の”75”を超える技術点というのは、世界の表彰台を争うひとつのラインですから、そこに達したというのも自信に繋がるはずです。
表現面での伸びしろはまだまだたくさんありますし、今季も大注目ですね。

坂本さんの好演とハイスコアを目の前で見たエース宮原知子の心中はいかに。
フギュアスケートではひとつの負けが序列の変更を産みかねないだけに、エースへのプレッシャーは計り知れないものがあります。
しかしエース宮原は泰然自若とした風情で演技をスタートすると、3S、3Lz+3Tを的確に決めて坂本さんが起こした熱気を消し去り、会場を『冬』の世界に包みます。ジャンプ改造は本当に上手くいっていますね。
そこから鋼がたわむような力強い振り付け、得意の両回転スピン、びしっと決めた3Lo、的確なキャメル、左右の動きに卓越したバランスを感じさせるステップは新鮮。
課題の”演技の大きさ”も、上半身の動きがより大胆になり、リンクもより広く使えるようになったことで、もうそんなことは忘れそうなほど。
後半の勝負を分ける3Lzもしっかり決め、得意の2A+3T、曲調の変わったコレオでもさらに『冬』の支配を加速させ、その勢いのまま3F+2T+2Lo!
2Aも気を抜かずびしっと決め、完璧なレイバックスピン、会場をねめまわすように滑ってからフィニッシュ!
貫録十分の堂々たる演技でした。GPS開幕戦とは思えぬ完成度も素晴らしかったですね。
FSは145.85(75.00・70.85)、合計219.71!まだまだ若手にエースは譲りません!
それにしても今季の宮原さんからは凄まじいモチベーションを感じます。普通は五輪後のシーズンでちょっと気が緩みそうなものですけど、ジャンプと演技の大きさという課題に真向から挑み、早くもそれを克服しつつあるのですから、心から敬服します。
おそらく、五輪4位と世界選手権3位(ベストが出ていれば金もあり得た)の悔しさがバネになっているのでしょう。
完成度が売りの機工の女王がさらにそこを追及し、この4年間でどこまで進化するのか、図形を意味するフィギュアにおいて、宮原さんの挑戦はまさにその本質を探る行為かもしれません。
我々はそれを存分に堪能しようじゃありませんか!

最終滑走のソフィア・サモドゥロワは5種のトリプルジャンプを含むプログラムをノーミスで滑り切っての134.29(72.07・62.22)、合計198.70。
天才少女ばかりのロシア勢のなかでスペシャルな才能を持つ選手ではありませんが、シニアデビューでSP・FSともにノーミスだったのは本当に素晴らしかったです。顔つきもきりっとしていてメンタルの強そうな選手ですね。
ジャンプにちょっと癖があるのと(上に上がり過ぎ)、表現面がまだまだ雑なところが課題でしょうけど、スタミナとパワーがありそうなので、今後の成長にも期待したいですね。
美人ですし日本でも人気が出そう。

この結果、優勝は宮原さん!格の違いを見せつけた文句なしの勝利でした。
2位の坂本さんも他の大会なら優勝に値するような内容だったと思いますし、伸びしろも十分です。
3位のサモドゥロワは強豪ひしめくロシア女子にあってこの結果は嬉しいでしょうね。
3選手とも満足そうで清々しい表彰式でした。
みなさん、おめでとう!

いまの日本女子は宮原さんが横綱として君臨し、そこに樋口さんと坂本さんと三原さんという大関が挑み、さらには紀平さんという新星もシニアに上がってきて、ロシア女子と争ってゆくための戦力が整ってきました。
今回のルール改定では、後半ジャンプボーナスの制限と完成度の評価という部分では日本女子に有利ですし、覇権を取り戻すときがきているかもしれません。

日本のメディアをザギトワに支配されたままではいけない!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2018GPS開幕、日本女子復興へ

アマチュアスポーツというのは五輪を一区切りに新しい時代が幕を開けるのが常ですが、とりわけフィギュアスケートでは五輪の次のシーズンにルール改定があるので、選手もファンも手探り状態でのスタートになります。
しかもこの2018-19はこれまでのスコアがリセットされほどの大幅改定ですから、選手によって有利不利があるのではないかという疑心暗鬼も手伝って、今シーズンは開幕前からちょっとした緊張感に包まれているといっていいでしょう。
チャレンジャーシリーズ(序盤のB級大会)では大きな混乱はありませんでしたけど、これがシーズン本番といえるグランプリシリーズともなれば、各陣営の思惑が絡み合って想定外のことが起きるかもしれません。

そんななかいよいよGPS初戦となるスケートアメリカが開幕(10月18日~21日)。
男子は4回転を2種類に抑えたネイサン・チェンがトータル280.57で優勝。
GOE(出来栄え点)が3→5段階(6→10とも)になった影響を考えての手堅い構成が功を奏した格好です。
同じアメリカのクワドジャンパー、ヴィンセント・ゾウが3種に挑んでぐだぐだになっていたのとは対照的でした。
今季はやはり完成度とリスクコントロールが勝負を分けそうです。
(※男子はFSの時間が4分30秒→4分、FSのジャンプが8→7になるなどかなりのルール変更。)

そういう意味では女子は先々シーズンくらいからそういう時代に入っていたので、チャレンジャーシリーズを見ても影響は少ないように感じられました。スコアも以前のものとそんなに変わりません。
新ルールは主に男子のルール改定ですからね。
女子に影響があるのは、3回転の基礎点が少し減ったのと、後半ジャンプボーナスの回数に制限がかかった部分(SP1、FS3)になりますけど、数字すればわずかなものです。
このスケートアメリカのSPでもルール変更がわからないくらいのスコアでした。

日本勢でまず登場したのは第1グループの本田真凜さん。
今季から活動拠点をアメリカに移し、私も大いに期待している選手です。
このSPでは技術要素に大きなミスがなく、終盤のステップでも持ち前のしなやかで大胆な動きと美しいスケートで見せ場を作り、まとまった内容。本人も演技後に大きなガッツポーズを作っていました。
しかし、採点では3Lo+3Tのセカンドとステップからの3Fに回転不足(UR)がついたせいで62.74(TES30.38・PCS32.36)。
このジャンプの質もそうですけど、終盤に息切れする部分も昨季とあまり変わらず、残念ながら成長は見られませんでした…。FSに期待しましょう。

第2グループでは地元アメリカのブレイディ・テネルが、その特徴である安定感という名の地味さを打破する3Lz+3Loに挑むも+1Loになっての61.72(29.68・32.04)。
ホームの声援の前で悔しかったでしょうけど、後半にミスを連鎖させなかったことは立派でしたし、この粘りがあるからFSは強い選手です。まだまだ表彰台のチャンスはあると思います。

チャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯ではひどいSPだった坂本花織さんですが、この日は代名詞ともいえるおっきな3F+3Tでスタートすると、2Aもよし、しっとりとしたボーカル曲を丁寧な身ごなしと吸い付くようなスケートで表現するステップでは新境地を開き、その流れのまま跳んだ3Loはハッとするような出来栄え。
演技全体の集中力といい、素晴らしい内容でした。
SPは71.29(37.92・33.37)。
次の五輪に向け、洗練された大人のスケーターにならねばならぬ段階に入った坂本さんですが、上々の滑り出しといっていいでしょう。
この選手のポテンシャルは底が知れない!

そんな坂本さんの好演の余韻が残るなか、普通なら最終滑走はかなり滑りにくいはずなんですけど、宮原知子さんにはそんなのまったく関係ありませんでせんでした。
まずはジャンプコーチを変えた成果がはっきり出たような力強い3Lz+3T、相変わらずの的確なスピン、丁寧な2A。
演技の方では、上半身の動きが昨季に比べてより大胆になり、氷を押すスケートの力も増していて、全体に迫力を感じました。
後半課題の3Fはやや踏み切りが浅かったものの上手く収め、勢いのあるスピン、小柄な体を忘れるような堂々たる風情のステップ、余力満々のレイバックスピンでフィニッシュ。
『小雀に捧げる曲』でしたけど、大空を駈ける大きな翼が見えるようでしたね。
SPは73.86(39.42・34.44)。
GPS初戦にしてこの完成度は圧巻でしたし、”4年後”を目指す宮原さんの強いモチベーションもはっきりと伝わってきました。
新時代に入っても、日本女子のエースの座は譲るつもりはなさそうです!

こうしてSPは宮原さんと坂本さんが他の選手を大きく引き離しての1位2位。表彰台もかたそうですし、FSも本当に楽しみです。テレビ放送だって大いに盛り上がると思うんです。
…ただ、そのテレビ放送の時間、FSは22日月曜の”午前10時”。これでは多くのひとが観ることができません。
せっかくGPS開幕戦で複数表彰台になりそうだというのにちょっとがっかりですよね。
ただ、これが現在の日本女子の人気ともいえるので、仕方ない部分もあります。
こうなれば各選手が結果を出し続けるしかありません。
この新時代を日本女子復興の時代にするのです!
人気ブログランキングへ

沢田研二ドタキャンの矛盾

「昭和を代表する歌手は誰か?」
この問いの答えはひとによって様々で、秋の夜長でも議論は尽きぬほどですが、レコード総売り上げという数字だけでいうと、”ジュリー・沢田研二”こそがナンバー1なんですよね(※ザ・タイガースのそれも含めればさらに)。
しかもこのひとは若い頃はビジュアルも際立っていて多くの女性を虜にしたのはもちろん、バラエティでは打って変わったコントを披露して性別や年齢を超えた人気を博していたのですから、まさに大スターです。
平成になっても沢田研二は毎年のように全国ツアーを行い、安定した集客を維持したまま今年2018年には古稀を迎えました。
昭和を代表するというより、日本歌謡史を代表する歌手といっていいでしょう。
敬称などかえって失礼なスーパースターです。

そんな沢田研二が世間を賑わす大騒動を起こしたのがこの10月17日のことでした。
予定していたさいたまスーパーアリーナでのライブを開場時間ギリギリでのドタキャン。
しかも理由が「契約上重大な問題」という漠然としたものだっただけに様々な憶測が飛び交い、なかには「反原発活動のせいではないか」という政治的なものもあって、騒動はきな臭さを増すばかりでした。

それを鎮静化させるためか、18日には沢田さん本人が記者会見を開き、理由を説明。
「観客が7000人しか集まっておらず、座席が潰されスカスカになっていた。イベンター(興行主)は9000人と嘘をいってた。そんな状態で歌えというのは僕には酷なこと。ファンには申し訳ないことをしたが意地を通させてもらった。責任は事務所と僕とイベンターの3者にある」
沢田さんはそういって頭を下げていました。

この説明にはネット上では賛否両論巻き起こり、「アーティストとしてそういう考え方もある」「観客がひとりでもいれば歌うべき」と様々ありましたけど、どちらも間違ってはいないと思います。アーティスト本人の判断でしょうね。
しかも今回の沢田さんのケースでは多くのファンは「さすがジュリー」と納得しているみたいですし。

ただ、少し気になるのは、沢田さんが「イベンターが約束を破った」といっていた点です。
これは”チケットが一定枚数売れていなければライブを中止するという約束をしていた”ということを言外に匂わせていたわけですが、本当にそういう契約があるのならば中止の責任を負うのはイベンターになるはずです。
それなのに沢田さんは「責任は事務所と僕とイベンターの3者」にあると説明していたのですから矛盾が生じます。

一説には今回の損害は3000万~4000万円ということでかなりの額です。
今後はそれを誰が負担するかが問題になるでしょうけど、”どういう契約だったのか”が争点になるはずです。
沢田さんがいう”約束”が本当ならばイベンターでしょうし、そんな約束がなければ意地を通した沢田さん側が背負うことになるのが契約というものでしょう。

ですから、本来ならばマスコミはジュリーに群がるのではなく、イベンターの方にもしっかり取材をするべきなんです。
大スターが”アーティストとしての誇り”を理由にしたことで、今日19日のテレビでは概ね沢田さん側に好意的に報じ、、芸能人などが気色悪い擁護をしていましたけど、一方の意見のみを垂れ流すのは報道機関として正しいことではありません。
私は騒動よりもむしろそっちが気になります。
人気ブログランキングへ

森保ジャパン、衝撃のウルグアイ戦

いやあそれにしても昨日(18年10月16日)のウルグアイ戦の森保ジャパン、めちゃくちゃ強かったですねえ。
世界ランク5位を相手に4-3というスコアはもちろん、内容でも完勝に近い形というのは想像もしていませんでした。
相手のウルグアイはこのアジア遠征で、長時間移動や油断もあってか初戦の韓国戦を1-2で落としていましたが、2戦目となる日本戦ではコンディションも上がると同時に、負けられないという気持ちも強くなっていたでしょうから、日本の苦戦が予想されましたけど、それを日本は大きく覆したわけです。
負けたウルグアイが握手とコメントを拒否したように、彼らはかなり”本気”でしたし、この勝利は日本サッカーにとって大いに自信になるものでした。世界にも衝撃を与えたことでしょう。

特に2列目の中島翔哉・南野拓実・堂安律の攻撃力は凄まじく、敏捷性とテクニック(堂安はフィジカルも)でウルグアイの堅牢なディフェンスを切り崩してゆく様は圧巻でした。
南野は3戦連続となる2ゴール、堂安は嬉しい代表初ゴール、中島はゴールこそなかったものの2つの得点に絡み、左サイドを完全に支配(大迫勇也が1ゴール)。
ネットではこのトリオに”NMD”や”新ビッグ3”といったあだ名がつけられ、早くも森保ジャパンの象徴のようになっていますけど、今後も我々にたくさんの夢を見させてくれそうです。

そして9月からのキリンカップ3試合で森保ジャパンの哲学も見えてきました。
素早い攻守の切り替えとともにピッチの11人が常に縦を狙い、ゴールへの意識が強いこと。
その攻撃は中が基本で、中がダメならサイド、無駄な横パスが一切ないというのもとてもアグレッシブです。
このサッカーのためには前線と中盤の集中した守備が必須で、それがあってこそ誰かがボールを奪ってからみんなが一斉に攻めにかかる爆発的な連動性が生まれるというわけです。
堂安がパスカットから酒井宏樹とワンツーでゴールを挙げた3点目、柴崎のねちこい守備からのボール奪取&スルーパスから始まった4点目などはまさにそれですね。

また、この日の中盤では遠藤航が阿修羅のようにボールを追い、日本の流れを作っていたのも忘れてはなりません。
運動量やボール奪取はもちろん、攻撃のスイッチを入れるパスもお見事でした。
前の代表ではユーティリティというだけで個性が発揮できなかった遠藤ですが、ベルギーに渡ったことで一皮も二皮も剥かれたようです。リスクもあった移籍のなかでボランチとしての自分を確立させたのは本当に立派です。

このようにいいところ尽くしのようなウルグアイ戦ですが、失点場面はいただけないものばかりでした。
最初のは相手セットプレイからファーへのハイボールを簡単に折り返され、中央のマークも甘く、あっさりと失点。
2失点目はCB三浦弦太(23歳)の不用意なバックパスをカバーに奪われるという凡ミス。
3失点目は柴崎→青山敏弘への交代直後で集中力が落ちていたのかもしれませんが、相手左アタッカーへのマークが甘く、角度のないところからのシュートだったのにGK東口順昭がセーブできなかったのも残念(東口本人からも反省コメント)。
この試合の東口はビッグセーブも多かったものの、たったひとつのプレイで印象はガラッと変わってしまします。

日本の守備のもろさというのはもはや驚くものでもないわけですが、これは戦術的なものというより、局面、それも最終局面の問題が大きいといわざるを得ません。ようするにCBとCKの問題ですね。
これはもう個々人のレベルアップに頼るのみです。このポジションには若い選手も多いですしね。
親善試合は鍛錬の場でもありますし、応援する我々もある程度我慢して若手を見守る必要がありそうです。

いまの代表は世代交代の時期ですし、NMBだってまだまだ若いですし、森保ジャパンの伸びしろは半端ないです。
ワクワクが止まりませんね!
そしてその半端ないといえば、大迫は決定機を外さないように!
人気ブログランキングへ

救国の英雄

国家的英雄の条件はなにか?
一般的には”国土を広げること”と”国土を守ること”だといわれ、前者ではナポレオン・ボナパルトやヴィクトリア女王やピョートル1世が有名ですし、現在でもその祖国では一定の尊敬を集めているものです。
しかし、国土を広げた英雄というのは他方から見ると”侵略者”ということになりますから、全面的に賛美されるわけではありません。現代的な価値観からいうとなおさらそうなることでしょう。
その点、”救国の英雄”というのはどこからどう見ても英雄です。祖国では永遠の人気が約束され、外国からも賞賛される(敵国からは憎まれている場合も)国の宝ともいうべき存在です。
ネルソン提督やマンネルヘイム元帥や岳飛といった有名どころになると世界的にその名言が知られていたり、創作物になっていたりもしますよね。

そんな救国の英雄ですが、日本にももちろん存在します。
それは元軍を退けた北条時宗です。
大河ドラマになったこともあるのでご存知の方も多いことでしょう。
日本は他国から侵略にあった経験そのものがとても少ないので救国の英雄自体も数少ないわけですが、元という国家は人類史上でも最大級の帝国ですから、そこから日本の独立を守った時宗の功績というのは計り知れないものがあります。
冷静に考えると日本史上最大の英雄かもしれませんし、世界に自慢したら欧州人などは腰を抜かすかもしれません。

ただ、日本での時宗の評価ってそんなに高くありませんよね。知名度も低いし。
その理由は様々考えられますが、おそらく北条執権体制が源氏将軍を傀儡にしていたせいでしょう。
その後の足利幕府や徳川幕府(源氏を自称)の時代ではその功績が称えられるはずもありません。
近代でも主家乗っ取りはイメージが悪いでしょうね、楠正成が再評価されたことを考えればわかるというものです。
しかし、現在の我々にはそんな時代背景はありませんし、思想背景もありませんので、もっと公正に評価すべきです。
その決断と行動を見れば、間違いなくワールドクラスの英雄ですぜ。

ちなみに、時宗が撃退した元軍というのは元主力軍+属国となっていた高麗軍です。
また、元主力軍といっても、大元(元王朝)は蒙古国から起こったものの、蒙古人自体の数は少ないので、中国大陸にいた色んな民族で構成されていたことでしょう。
いまでいえば中国軍+南北朝鮮軍のようなものです。
”侵略”といえば中国や南北朝鮮は”被害者”という一面ばかりを強調しますが、”加害者”としての歴史もあるわけです。

しかし、未来志向の我々日本は”被害者”を強調しません。
私はそういう日本が好きです。
自衛隊が観艦式で北条氏の三つ鱗の旗を掲げるなんて、考えるだけでも恥かしすぎます。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード