FC2ブログ

2019年はやらせの当たり年

「テレビ番組に立て続けに”うそ”が見つかると、視聴者は「これ、うそか」「他のももしかしたらやってんじゃないの?」っていう感じで信頼関係が失われちゃう」
バナナマンの設楽統さんは8月13日(2019年)のラジオ番組でそう嘆いていたみたいですけど、自分が司会を務める2番組にスタッフ主導の”やらせ”が発覚し、放送中止になってしまったのですから、本当にやるせない気持ちでしょう。
昨年は相方の日村勇紀さんの過去の未成年淫行が発掘され(条例がない時代)、紅白歌合戦の副音声などいくつか仕事がおじゃんになっていますし、いまの設楽さんの運気は最悪かもしれません。

さて、その”やらせ”ですが、まず11日に明らかにされたのがTBSの『消えた天才』。
これは色んな理由で若くして表舞台から消えた才能を紹介する番組ですが、リトルリーグで活躍した少年ピッチャーの投球映像を加工し、2割増しで速く見せていたといいます。
制作者からすると番組を盛り上げるための”演出”なのでしょうけど、なんともセコイ。
ですが、過去の試合や練習の映像を交え、ドキュメンタリーの要素を加えることで、番組にリアリティを出していただけに、視聴者に対する裏切り行為なのは間違いありません。
過去にも3件、スピード2割増しを行っていたそうですし、常習といっていいでしょう。
そこそこの天才を驚くような天才に仕立て上げねば成立しない番組だったということです。

そしてお次は私もショックだった『クレイジージャーニー』。同じくTBSの番組です。
この番組は紀行バラエティと銘打っていますが、クレイジーとしか思えない冒険家やジャーナリストやカメラマンなどが、普通のひとが決して近づかないような世界中の危険地帯や未開の地域に喜々として乗り込んでゆく、痛快リアルアドベンチャー番組でした。
私もファンのひとりですし、DVDもよく売れる人気番組であり、ギャラクシー賞(放送批評懇談会賞)をもらうような質の高い番組でした。

そんな番組で発覚したやらせは、メキシコの稀少爬虫類を探す企画で、番組中では悪戦苦闘の末、6種類を発見したといって放送しながら、そのうち4種類は番組スタッフが事前に用意していたものだったということです。
メキシコくんだりまで行って、「いませんでした」では盛り上がらないので、スタッフが気を利かせたのでしょう。
この〈爬虫類ハンター企画〉では、過去6回(10回中)も似たようなやらせを行っていたそうですし、こうなるともはや懐かしの『川口浩探検隊』のようですが、あちらは子供でもわかる”やらせ風”を売りにしていたので、事情はまったく異なるといっていいでしょう。
設楽さんとともに司会を務める松本人志さんが「番組の性質上ウソだとしたらアカンなー」とツイートしているように、リアリティを売りにしていた『クレイジージャーニー』ではあってはならない”演出”でした。

また、TBSによると、このやらせは現場ロケ担当スタッフの一存であり、番組や局が組織的に行っていたものではなく、企画の主役たる加藤英明氏(生物学者・静岡大講師)も知らなかったとのことですが、この言い訳を信じるひとがどれだけいるでしょう?
まず、希少なトカゲをあらかじめ用意するにはそれなりの予算が必要のはずです(日本で数十万する個体も)。プロデューサーなりがそれをチェックするなかで、わからなかったですむとは思えません。
5月に発覚した日テレ『イッテQ』の捏造偽祭りでも、現地に予算のかかる大規模セットを作っていながら、「現場スタッフがやった」で押し通していましたし、テレビ局というのは”尻尾切り”が常なのでしょう。
現場スタッフが真実を暴露すれば面白いのに。

そしてもうひとり正直になって欲しいのは加藤英明氏です。
他のバラエティ番組でもお馴染みの名物生物学者さんで、かなりの知識や経験を有しているはずなのですから、あらかじめ用意してあった爬虫類に気が付かないというのはちょっと信じられません。それこそ生物学者失格です。
むしろ”わかっていて過剰演出の手助けをした”といった方が将来のためになるはずです。
感じがよくてノリのいいひとだけに、それくらいのサービスをしそうですしね。
正直になってくれれば世間は加藤氏を責めません。
悪いのは番組サイドなのですから。

ここ15年ほどでガクッと力の衰えたテレビ業界ですが、視聴者が求めるキーワードは”ためになる””役に立つ”だといわれています。
わかりやすいのはバラエティ番組で、さる調査では情報・教養系が人気4位なのに対し、お笑い系は6位なんです。ポイントにもかなりの開きがありました。
さらにはドキュメンタリーが2位に入っていることからも、視聴者がテレビに対して、一過性の娯楽以上のものを求めていることがわかります。
(1位はニュース。)

そういった傾向のなかで、やらせ・捏造があった上記の3番組はそれぞれドキュメンタリー風のリアリティを売りにしていました。視聴者のニーズに合わせた番組作りなのは間違いありません。
だからこそ今回の不正は、テレビにとって大打撃になる可能性があります。
求めに応じるふりをした嘘ほど失望は大きいものです。
2019年は、テレビというメディアの曲がり角になるかもしれませんね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



千葉の台風と停電、想定外に備えるには

この9月8日(2019年)、関東地方を襲った台風15号は、観測史上最高の瞬間風速を記録し、多くの被害をもたらしましたが、なかでも千葉県は倒木によって広い範囲の送電線が破壊され、58万7800戸もが停電してしまったというのですから驚きです。
東京電力による復旧作業も予定より大幅に遅れ、今日12日まで停電が続き、その間、台風一過で気温が上がったこともあり、熱中症で体調を崩されたり、亡くなった方がいたりしたというのですから、千葉県が本当に心配です。
病院や施設の非常用電源だって限界がありますしね…。

そんななか、メディアや一部のひとたちが悪役にしているのが東電と政府です。
確かに東電の対応には問題がありました。
当初、「11日朝までに復旧する見通し」と説明していたのに、11日になると「倒木による被害が想定以上に大きく、復旧の見通しが立たない」といって、千葉県民を不安のどん底に陥れたのですからね。
ただ、今回の台風が”観測史上最高の風速”だったことを考えれば、想定外のトラブルが起こり、対応が後手に回ったのも理解できないではありません。
送電線に覆いかぶさる倒木を取り除くために現地に行こうとしても、それまでの道路にも倒木や土砂崩れがあるというのですから、作業が遅れるに決まっています。

そして、政府への批判ですが、大きな天災に見舞われると責任を国に押しつけたくなるひとが一定数いるものです。
なかには普段からなにがあっても「安部がー」みたいなひともいるでしょう。
ちょうど改造内閣と重なったこともあり、そんなことをするなら千葉県をどうにかすべき、と吠えている野党議員もいました。
一見正論のようにも聞こえますが、もちろん完全なる間違いです。
日本の法律では、災害対応の一義的責任を負うのは”市町村”です。
まずは市町村で対応し、手に余れば県にお願いする、という仕組みになっているんです。
かりに県でも無理ならば国にお願いするわけです。
そういう仕組みも知らないひとが国会議員だなんて、しかも、党の要職に就いているひともいるのですから、本当にがっかりします。

復旧が遅々として進まない原因が、東電が倒木被害の規模を掴みそこねたことにあるのは間違いありません。
森田知事は災害時の切り札である”自衛隊”の派遣を10日未明に要請していますが、自衛隊が10日に行ったのは住民への給水支援だけでした(水道ポンプが停電で動かないため)。
倒木や土砂の撤去支援が始まったのは翌11日からでしたし、隊員数の振り分けでも、給水が約225人に対し、撤去作業は45人しかいなかったようです。
倒木のことがわかっていれば、もっと早く、もっと大規模に自衛隊を投入できたことでしょうけど、今回の台風がもたらした被害はやはり想定外だったということです。
私は東電も森田知事も全力を尽くしていると思います。

災害時の停電に備えるには、やはり電力網の変革が必要です。
切れない電線も倒れない鉄塔もないんです。
ならば、複数の供給源を持ち、なにかあった際に切り替えられるようにすればいいわけです。
経産省が試験を進める〈分散型のエネルギー融通システム〉などはまさにそれでしょうね。
今回の台風被害を見て、各都道府県でも自主防災のためになにか考えるところが出てくるはずです。

誰かのせいにしているだけでは被害は防げません。
人気ブログランキングへ

わらえない独裁者

ムン・ジェイン政権に代ってからの韓国が、あらゆる面で”反日”を強化したことにより、日本でも”嫌韓”が広がった昨今、これまで”親韓”だったメディア、特にテレビは嗤韓(韓国をわらう)にシフトしています。
狂ったような親韓コメンテイターが反発していますが、この流れは変わらないでしょうね。

その嗤韓でいうと、最新のターゲットはタマネギ男の異名を持つチョ・グクです。
ムン大統領の最側近であり、後継者とも目されているチョ氏は、ムン政権発足直後から大統領府民情首席秘書官として侍っていましたが、この2019年9月から法務部長官(日本でいう法務大臣)のポストに就くことが確実視されていました。
ところが、そこでチョ氏に数々の疑惑が浮上したのです。
家族が絡んだ私的ファンドのインサイダーや官製談合、相続税脱税、法学修士論文のパクリ(日本の研究者から)、娘の大学入学での経歴詐称、息子の兵役延長などなど、韓国の特権階級がよくやるセコイ不正のオンパレードです。
こうして、むいてもむいても疑惑が出てくるところから、韓国メディアが”タマネギ男”と命名したのを、日本のメディアも面白がって伝えているわけです。

特に娘の大学入学の不正は、前のパク・クネ政権が躓いた一連の〈チェ・スンシル事件〉でも似たようなことがありましたから、日本のメディアも強い関心を寄せています。
ひょっとしたらムン政権も倒れるのではないか、という危機感を煽るのはもちろん、不正の手口があまりにも杜撰なので、テレビではそれを面白おかしくいじっています。
高校生のときに医科学研究所で2週間のインターンを経験している間に、病理学の専門誌に乗せる論文の第一著者になって、その実績で難関大学に入学するとか、確かにアホな話です。
ワイドショーのネタにもぴったりです。
加えて、超学歴社会の韓国では、世論が大学入試不正を蛇蝎のごとく嫌っているため、その反発もまた凄まじく、その姿もテレビ的には画になるのでしょう。
そういう韓国社会もまた嗤韓の対象というわけです。

そのように世論もチョ氏の法相就任にはかなり否定的でしたが、ムン大統領は指名を強行しました。
テレビでは「チョ氏を守るため」と説明している番組が多かったはずです。
指名を見送れば疑惑を肯定することになってしまいますし、法相に就任した方が検察に圧力をかけやすいという論法です。
まあ、それはそれでわかります。
しかし、わからないのは、なぜムン大統領がそこまでしてチョ氏を守るのか、ということです。
報道番組でもワイドショーでもそれを教えてはくれません。
そもそも、ムン大統領はなぜチョ氏を法相にさせたいのかもいいませんしね。

ムン大統領が就任時から公約として掲げていたのは、検察改革と選挙制度改革でした。
韓国の政治というのは、保守と革新が交互に政権を獲ってきたわけですが、任期が終わると大統領を始めとした前政権の人間が逮捕されるのが常となっています。
これは前政権に批判的なひとたち(多くは現政権)が”疑惑”をメディアにリークし、それを知った世論が沸騰し、検察がそれに動かされる形で捜査を強行するからです。
それは法的に正しい場合がほとんどですが、ときには世論に押され、パク・クネ前大統領の案件のように法を超えた形になってしまうこともないわけではありません。
それが「国民情緒法の国」と揶揄される所以です。
そこで検察が暴走しないよう政治でコントロールしようと考えているのが、ムン大統領の改革なのでしょう。

そして選挙制度改革。
まずは大統領の任期。現在の5年1期は軍事独裁政権時代の反省から権力が集中する期間を短くしたものだそうですが、これだと長期の政策が打てませんし、レームダック化が早く来てしまうので政権が仕事をする時間が短すぎるのか、4年2期(再選1回)という世界標準の形にしようとしているようです。
また、これと同時に、国会議員選挙でも比例代表の議席を増やし、与党が安定多数を握りやすくなるよう制度を大きく変えようとしてます。
ある程度長期の政権の方が国内的にも外交安全保障的にも混乱が少ないというのは確かです。
韓国にとってはその方がいいのかもしれません。

しかし、冷静に眺めて見ればわかるんですけど、上記が実現すると、ムン大統領の権力はとてつもなく増大します。
これは日本のメディアではほとんど報じられていませんが、
ムン大統領は、政権人事や司法人事を独断で進め、政策に関しても与党とすり合わせをせず、かなり独裁的な人物といわれています。
その独裁者が”長期政権”を強く望み、世論の反発のなか、自分の最側近をその改革の旗頭にしようとしているのですから、その意志は強固といっていいでしょう。
ムン大統領はチョ・グク氏を守ったのではなく、自らの決意を守ったのかもしれません。

では、そんなムン政権が目指す未来の韓国とはいったいなんなのか、それは”ワン・コリア”です。
韓国と北朝鮮がひとつになり、世界に冠たる国になることだそうです(日本に勝つともいっていました)。
その理想実現のためには、まずは自らが韓国を完全に掌握し、どのような反対があっても北との統一を押し進めるということなのでしょう。
そうやって誕生するワン・コリアとはどういう国なのか、それは現代の小中華です。
中国のように独裁政権が支配し、自らの欲を最優先させる国です。
ワン・コリアというのもそもそもワン・チャイナのパクリにしか思えません。
一国二制度や南北の経済格差も、独裁政権ならば国民を黙らせることができますしね。

日本のメディアは”独裁者”が大嫌いなはずですけど、隣国で新たに危険なそれが生まれようとしているのに、わらって眺めているのですから、おかしなものです。
チャップリンなら映画にしたかもしれませんね。
人気ブログランキングへ

吉本とEXIT、常識を知っているのは

「非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけない」
これは志村けんさんの名言として広く知られている言葉ですが、ドリフターズの頃から非常識極まりないナンセンス・コントを繰り広げている背景に、そのような冷静な分析があることに驚かされます。
一般人とのズレを作ってを笑わせるには”まともな感覚”が必要ということなのでしょう。
非常識によって作られたコントでは、一般大衆は笑わないということです。

これは『Mr.ビーン』で知られるローワン・アトキンソンさんも同じような姿勢ですね。
作品の外ではとても知的で真面目な印象を受けます。
インタビューで自らの作品を語る様子は、まるで大学の教授のようです。
やはり、彼の笑いも常識をベースに計算して作られたものなのでしょう。
コメディアンというのは、作品のなかで、大衆に求められるキャラクターを演じるのが仕事というわけです。

しかし、コメディアンのなかには、作品や舞台を活躍の場にせず、私生活もひっくるめた存在そのものを売り物にしているひともいます。
日本のテレビによくいるお笑い芸人がそれですね。
わかりやすく個性を作り、それを大衆に認知させ、偽りの親近感のようなものを武器にポジションを築いているひとたちです。
こういうひとたちはときとして「芸なし、芸NO人」などと批判されることもありますが、自己存在をそのものを笑いのネタにし、四六時中それを演じなければならないのですから、これはこれで大変な仕事だと思います。

そんな彼ら・彼女らにとって一番大切なのは、”自分のキャラ”を守るということです。
大衆の認識から外れることだけは許されないのです。
キレ芸のひとはいつもキレ気味じゃなければなりませんし、食いしん坊は常にぽっちゃりしていなければなりませんし、スベリ芸は受けてはなりませんし、情けないキャラは上手く失敗しなければなりませんし、運動できないキャラはぎくしゃくした動きを意識しなければなりません。
また、最近では”ワイルドじゃないけどワイルド”みたいな、”実は~”というひねったキャラ作りもありますから、演じるハードルは上がっているといっていでしょう。

その”実は~”でいうと、いま一番人気といっていいのは、お笑いコンビの〈EXIT〉(よしもと)だと思います。
チャラ男風の衣装とメイクの2人がパリピ口調で行う漫才は、”渋谷で騒ぐ若者”という抽象的なイメージを具現化し、自虐的といっていい笑いを作り出し、幅広い年代から注目が集まっていました。
時代を捉えた鋭い笑いともいえるでしょう。
もっとも、メンバーのりんたろー。さんと兼近大樹さんは、それぞれ静岡県と北海道出身で渋谷とはなんの関係ありません。
持ちネタ以外では真面目そうな好青年といった感じなのです。
そのギャップもまた魅力になっていたのは間違いありません。
テレビでは2人の”いいひと”エピソードも多数紹介され、それも人気の秘訣となっていました。
まさに、「非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけない」を地で行くようなコンビに見えたわけです。

ところが、このコンビにはもうひとつの”実は”があったんです。
この9月4日(2019年)、週刊文春が報じたところによると、兼近大樹さんは2011年に売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕され、10万円の罰金刑を受けていたそうなんです。
本人もツイッターやラジオでそれを認めているので事実なのでしょう。
事件の内容は、高校3年女子生徒に複数の客(100人とも)を取らせ、上前を撥ねていたというものですから、刑罰の重さよりも印象はかなり悪いといわざるをえません。
これはテレビに出て笑いを取るひとが絶対にやってはならない犯罪のひとつといっていいでしょう。
”いいひとキャラ”を作っているならなおさらです。

ただ、これは兼近さんがお笑い芸人になる前のことですから、それを週刊誌が暴露することには一部から批判が上がり、所属の吉本興業も「前科を報道するのは公益性がない」といって週刊文春を訴える構えを見せています。
一方、当の本人である兼近さんは、いくつかの番組が中止になるも、出演を許可してくれたラジオで「いちから頑張ります」といって前向きに振る舞い、前科を自虐ネタにするなど、隠そうという素振りは微塵もなかったようです。
相方のりんたろー。さんも「いまのあいつを肯定してやりたい」といって、こちらも過去を直視しています(コンビ結成時に知らされていたそうです)。
こうなると隠そうとしている周囲の方がバカみたいです。
というより、吉本興業はその前科を知りつつ、”実はいいひとキャラ”でEXITを売り出していたのですから、これもまた社会に対する大きな罪のような気がしてなりません。
吉本は文春を訴えるより先に、そのあたりを説明して欲しいものです。

政府と一緒に事業をやるような大事務所よりも、チャラ男芸の兼近さんの方がずっと常識人だというのは、なんだか皮肉めいています。
人気ブログランキングへ
EXITは今後が難しくなりましたが、前科者ならではの芸に期待します。

寸言を守る

丸山穂高衆議院議員といえば、5月(2019年)の北方領土へのビザなし交流の最中に酒乱による大失態を犯し、〈日本維新の会〉を除名されるも、7月には夏の参院選で一躍メディアの寵児となった〈NHKから国民を守る党〉に加わり、ますます目立った存在になっているわけですが、この8月31日のツイッターでまたしても世間を騒がせることになりました。
「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね? 戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」
韓国の国会議員が竹島に不法上陸したことを受けてこうツイートした丸山議員は北方領土のときも似たようなことを主張していましたから、その第二段といったところでしょう。

この「戦争」というワードには、当然のように、それを毛嫌いする左派系のひとびとが一斉に噛みついてきました。一部の国会議員もそうです。
メディアもそういうひとたちに支配されているので袋叩きです。
「戦争」と一言でもいえば問答無用で極悪人、それが日本のメディアです。
5月の「北方領土を戦争で取り返す」のときとまったく同じですね。
(※ビザなし交流のときの丸山議員の発言や行動は、北方領土のロシア人との親睦を深める事業においては完全に不適切ですし、大酒して元住民に絡むなども恥ずべき行為です。)

同じといえば、丸山議員は今回も「問題提起であって憲法上も法律上もなんら問題ない。言論封殺の圧力には屈しない」といって徹底抗戦の構えを見せています。
所属するN国党の立花孝志党首も「問題提起をしているのではないか。表現の自由で処罰の対象にならない。うちの党は自由な発信を可としている」として、”タブーなし”という姿勢を貫いていました。
丸山議員を除名した維新の会は、これと比較するとちょっとカッコ悪い感じがします。
N国党はいずれ〈NoTaboo党〉に改名するかもしれませんね。

公平にいって、この件には関しては、丸山議員やN国党のいっていることが正論です。
武力によって奪われた領土を武力によって取り返すというのは、国際法で認められた”自衛権”です。
これの行使を否定すれば、その国は明日にもこの地球上からなくなってしまうでしょう。
ですから、自衛権を主張する国会議員を袋叩きにする社会の方がおかしいわけです。
しかも、日本は思想や発言の自由が保障されている国ですぜ。
たとえば、私は皇室を敬愛していますが、共産党が天皇制反対を主張しても、その口を塞ごうとは思いません。
自由と民主主義を尊重する立場から、議論の芽を摘むことには大反対です。

むろん、だからといって、すぐに自衛権を行使せよ、というわけではありません。
北方領土や竹島は相手国の実効支配が長く、攻撃をしかけるにしても国際社会の理解が必要ですし、全面戦争になる危険性も高いのですから、簡単に決断できるわけがないんです。
大事なのは、常にそういうオプションを用意しておくことです。
”好機”はいつくるかわからないんです。
そして、そういう姿勢こそが、相手国にプレッシャーをかけるんです。

自分が気に食わない主張や発言があったとき、それに難癖をつけて封殺しようとするのは左翼の常套手段です。
たとえば、いま、『週刊ポスト』の『韓国なんていらない』という記事が”ヘイト”だとかいって批判され、発行する小学館はずいぶん困っているみたいですけど、ここで折れたら自由な言論を放棄するようなものです。
左翼のひとたちは、日本人がヘイトされたときにはダンマリを決め込んでいるのですから、彼らは常に自分勝手なのです。
しかも、週刊ポストの記事はヘイトスピーチやヘイトクライムとも思われません。事実をベースにした分析と紹介です。
嘘をベースにしたプロパガンダである〈あいちトリエンナーレ〉などは真のヘイト(日本と日本人への)なのですから、左翼のひとたちはそちらを批判すべきです。

「寸土を失えば全土を失う」という言葉がありますが、言論の世界にもそれはあてはまります。
独断的なひとびとというのは、相手が一歩でも下がれば、さらに押し込んでくるものです。
自由というのは存外脆く、常に徳俵に足がかかっているという覚悟がなければ、守れないものだと思います。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード