fc2ブログ

『セクシー田中さん』事件、不誠実すぎる日本テレビ

「原作に忠実に」という約束を日本テレビに反故にされた『セクシー田中さん』の芦原妃名子先生が悲しいことになってしまったのが昨2023年の12月29日。
その後、『セクシー田中さん』が連載されていた小学館とドラマ化した日テレは記者会見も開かず、簡単な追悼コメントを出すだけという冷淡な態度を示していたものの、2月8日になってようやくいたたまれなくなったように”小学館第一コミック局編集者一同”がドラマ化の経緯と状況を発信。
そこには「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」と書かれていたため、日テレ側が「原作に忠実に」という芦原先生の要求を了解していたと世間は認識しました。
ちなみに芦原先生はそれを単行本にもはっきりと記していたので、それをベースにドラマを制作していたひとたちが知らなかったはずもありません。

ではなぜ日テレ側は原作改変した脚本を毎回芦原先生に送り付けて手直しさせていたのか?
考えられる理由は2つです。
脚本家の相沢友子氏が”原作に忠実に”を守らずに暴走していた。
もしくはチーフプロデューサーの三上絵里子氏に芦原先生との約束を守る気が毛頭なく、脚本の相沢氏に改変を指示、または示唆していた可能性です。
いったいそのどちらだろう?と多くのひとが考えを巡らせていた矢先の2月8日、小学館第一コミック局編集者たちのコメントを受けるような形で脚本家の相沢氏が「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかり」とSNSで説明したのはちょっとした驚きでした。
相沢氏は自室の本棚に『セクシー田中さん』の単行本が並んでいた写真がSNSで確認できるので「原作に忠実に」という芦原先生の要求を知らなかったはずはないと思いますけど、それでも知らなかったといって責任をすべて日テレ、もっといえばチーフPの三上氏に押し付けたといっていいでしょう。

これですべての注目を集めることになったチーフPの三上氏ですが、相沢氏の言が正しいとすれば、三上氏は芦原先生の要望を脚本家に伝えていなかったことになり、これは大問題ですし、芦原先生に対しても相沢氏に対しても、三上氏は大きな責任を負うことになります。
ですから、とりあえず、本人、もしくは日テレからのなんらかのコメントが必要な状況でした。

ところが、待てど暮らせどなしのつぶてなのですから、日テレと三上氏の無責任ぶりはなかなかのものでした。
しかも、その間、4月から小学館の漫画を原作にしたドラマをまた日テレが放送予定で、そのチーフPが三上氏だという報道があり、芦原先生の悲劇をあまりにも軽視しているとネットで大きな批判が巻き起こったものです。
常識的に考えれば1月の段階で制作を止めるべきですし、三上氏の責任の有無を明確にしないうちに氏を現場に立たせる日テレも、なにごともなかったように通常業務をこなす三上氏もはっきりいって異常です。
人非人の所業といっていいでしょう。

そうした批判の高まりから、4月期の当該ドラマの制作中止が正式に発表されたのが2月23日。
すでに作業もかなり進んでいたでしょうし、代わりのドラマを作ろうにも時間はほとんど残されておらず、日テレにはかなりの痛手になったはずです。
とはいえ、これもテレビ局らしい傲慢さで原作者を蔑ろにし、世間の反応を軽く見ていたツケが回ってきた格好です。
もちろん、いまのままでは日テレの原作付きのドラマを楽しく視聴できるひとはいませんし、今後も原作付きドラマの制作には厳しい視線が注がれるのは間違いありません。

そこでようやく日テレはことの重大さに気がついたのか、26日の定例記者会見で「外部有識者から成る社内特別調査チームを設置して23日から調査をスタートさせた」とコメント。
日テレの石澤顕社長によると「このチームにより速やかに調査を進めて真摯に客観的に検証し、その上で全ての原作者、脚本家、制作者の方々がより一層安心して臨める態勢を構築できるように努めて参りたい」とのことです。
いきなり”やってる感”を出してきましたね。

ただ、この対応ははっきりいって頓珍漢です。
ドラマ『セクシー田中さん』のいざこざについては、チーフPの三上氏に聞き取りをすればいいだけのことなのです。
三上氏が芦原先生との約束を反故にしたのか、もしくは脚本家の暴走を制御できなかったかのどちらかであり、いずれにせよ三上氏にはなんらかの責任があるはずですから、それを明らかにし、処分するのが最優先です。
そして原作者軽視が”今回だけのことならば”これで話は終わり。
社内特別調査チームとやらいう仰々しいものは必要ありません。

それが必要になるとすれば、過去に今回と似たようなことがあったかどうか調査するときです。
その結果としてそういう体質が見つかったとき、日テレはそれを大いに反省し、改善する姿勢を会社として打ち出す。
それが正しい筋道というものです。
事情や責任をうやむやにするためにそれを改変してはいけません。

日テレは芦原先生を含むすべての原作者たちに誠実になって欲しいものです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



伊東純也はフェアに扱われるべき

リーグアン第22節、スタッド・ランスの伊東純也はRCランスとのホームゲームで1アシスト・1アシスト未遂の活躍に加え、激しいフォアチェックで相手を大いに苛立たせるなど、1-1の引き分けに大いに貢献していました。
例の不同意性交疑惑で2024アジアカップから事実上の追放処分という憂き目にあい、一時コンディションが落ちたようでしたけど、もうすっかり戻ってきたようです。
スタッド・ランスは”推定無罪の原則”に基づき、伊東と連帯しながらサポートすることを明言していたように、伊東にはとても居心地のいいクラブなのでしょう。
日本サッカー協会がスポンサーのクレディセゾンやテレビ朝日への配慮から、なんの原則もなく伊東を排除したのとは大違いです。
本人が疑惑を否定し、現行犯逮捕されたわけでも確たる証拠が示されたわけでもないというのに代表選手を罪人扱いするような組織に「サッカーファミリー」という言葉を使って欲しくありませんよね。

そんな伊東純也ですが、虚偽告訴で女性側を逆告訴したのに続き、2月19日には「女性側の虚偽の告訴によって社会的に抹殺され、選手生命も終わってしまいかねない」(担当弁護士)として損害賠償2億円を求める民事裁判を起こしました。
金額からも担当弁護士の態度からも”自分にはまったく非がない”という全面対決の姿勢というわけですし、女性側が正しいのだとしたならば、ば裁判での伊東側の心象はかなり悪くなりますから、純也にはそれなりの勝算があるのでしょう。
それを感じたのかクレディセゾンは”伊東純也のグッズが当たるキャンペーン”を復活させているので、伊東側からスポンサー側にもなにかしらの説明をしているのかもしれません。

刑事裁判は4月にも開かれると見られていて、私も一サッカーファンとして伊東純也の負けられない戦いを応援したい気持ちはありますが、性犯罪というナイーブな案件ですから、どちらのサイドにも立たないつもりでいます。
公平性こそが法の精神でありスポーツマンシップでもありますからね。

などと私は考えていたのですが、法の専門家である弁護士のなかには紀藤正樹氏のように「伊東純也側の提訴は典型的なスラップ類型の訴訟であり、市民活動を萎縮させる懸念があります」といって伊東純也の対決姿勢に否定的な意見を述べているひともいるのですから、私は少々困惑してしまいました。
”著名人は殴られ続けろ”という考えなのでしょうか?
そもそもスラップ訴訟は権力者や巨大組織が市民からの批判や反対運動を受けた際、それを妨害するために巨額の損害賠償の訴訟などを起こし、市民側のお金と時間を奪って干上がらせる戦略のことです。
それに対し、今回の伊東純也の場合は相手から不同意性交で告訴されたのを甘受せず、自分はやっていないといって受けて立ったにすぎません。
民事の賠償2億円も伊東がこの2月に被った実害からすれば法外というわけではないはずです。
一生のうちに数回しか出場できないアジアカップから退場させられたばかりか、プロ選手としてのブランドイメージも大いに傷つけられたわけですからね。

またそのスラップ訴訟批判に関し、紀藤正樹氏が矛盾しているのは、彼は伊東純也か逆告訴した2月上旬には「逆目に出るとかえって不利にもなりかねず、リスクもある」とテレビのワイドショーで解説していることです。
これはつまり、かりに刑事裁判で不同意性交が立証されれば、伊東は反省もせず逆告訴までしているということで実刑を食らう可能性もあるという意味ですが、一般的なスラップ訴訟というのは負けてもダメージが小さいからこそ起こすものなのですから、伊東のそれがスラップならばまさに本末転倒です。
紀藤氏の「かえって不利になる」という解説はスラップの否定に他ならないはずなのに、民事の2億円を見たら急に騒ぎ出すのですから、ちょっと理解に苦しみます。

我々社会の側が忘れてならないのは、伊東純也はスター選手ではあるものの、一市民の枠を超えた大金持ちでも権力者でもないことです。
彼の人権も女性たちのそれと同等に扱うべきなのです。
これから行われる両者の試合も公平な態度で見守りましょう。
人気ブログランキングへ

『セクシー田中さん』問題、最後に残ったのは日テレ

日本のマスメディアは独特の忖度文化やクロスオーナーシップのせいか、どこかの社が問題を起こしても他社はそれを追求せず、風化の手助けをするようなことが往々にしてありますが、この度の『セクシー田中さん』の芦原妃名子先生の惨い決断についても、当事者である日本テレビと小学館はお仲間たちに守られているのをいいことに、ダンマリを決め込んだままです。
組織との曖昧な契約のなか一個人の権利と人格が軽んじられ、過度な業務を負わされて精神的に追い詰められ、組織はそれを一切守ってくれないという事件が他業種で起きたならば、メディアは朝から晩まで大々的にその組織を糾弾するんじゃないでしょうか?
基準を同じくするならば、日テレの社長と番組プロデューサーと脚本家、小学館の社長と担当編集者は記者会見の場に引きずり出され、記者から攻撃的で狡猾な質問を浴びせられ、より一層極悪人に仕立てられるはずです。

私はそのような私刑じみた記者会見は望みませんが、日テレも小学館も対外的な説明会を開くべきだとは思います。
疑問点は”原作に忠実に”という芦原先生の意向が契約にきちんと盛り込まれていたかということと、それを制作現場が共有していたかどうかということだけなのですから、記者との質疑応答もほとんど必要ないのです。
誰かを吊るし上げるのではなく、なぜ芦原先生がやらなくてもいい脚本の手直しを毎回させられたり、最後の2話を自分で作らなければならなくなったのか、その経緯さえわかればいいわけです。
それがわからなければ業界や社会が議論を深めることはできず、再発防止だって叶わないのです。
日テレと小学館の沈黙は世間の疑念と不信を深めるのみです。

かくして、そんな状況に耐えられずに声を上げたのは”小学館第一コミック局の編集者一同”でした。
昨日2月8日(2024年)に発せられた公式プレスリリースにて、編集者一同は芦原先生を追悼し、先生をサポートできなかったことを強く悔いながら、「ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」「そして勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」として、問題は全面的に日テレ側にあったことを示唆していました。
これは日本的忖度からいうとかなり踏み込んだ発言です。日テレとの間に軋轢が生まれるのを覚悟しているわけですからね。
それを少しでも緩和させるために”小学館”ではなく”第一コミック局の編集者一同”からということにしたのでしょう。
そしてこれが編集者一同ができる精一杯の抵抗だったようです。

これによって日テレはなにかしらの対応をしなければならない状況に立たされたわけですが、その前にSNSに弁明のコメントを載せたのはドラマ『セクシー田中さん』の脚本を担当した相沢友子氏でした。
小学館編集者一同のそれと同じく8日だったのはおそらく偶然でしょうけど、その内容が編集者一同のそれとは違って言い訳じみていたので、世間からさらなる批判を集めています。
特に「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました」(※芦原先生が原作改変に悩み苦しんでいたことを知らなかったという内容)という一文には私も唖然としました。
相沢氏は”原作に忠実に”という芦原先生の要望を知らなかったというのです。

しかし、これはさすがにあり得ません。
相沢氏が1話~8話の脚本を上げる度に芦原先生が手直ししていたというのは小学館がそれを認め、日テレも公式HPにて「原作者である芦原さんのご意見をいただきながら 脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております」と書いているのですから、”事実”と見るのが適当です。
仮に相沢氏が”原作に忠実に”という芦原先生の要望を日テレのプロデューサーから伝えられていなかったとしても、何度も脚本のダメ出しを食らって、OK脚本が原作寄りになっているのを見れば、原作者の意向は理解できるはずですし、それを汲み取ることも脚本家の仕事のうちだと思います。
さらにいうと芦原先生は昨年10月10日発売の『セクシー田中さん』の第7巻の〈田中さんがドラマになりますよー。〉というお知らせのなかで「キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている」と書いているのですが、相沢氏がその第7巻を自分の本棚に並べていることは氏のSNSの写真でも明らかなわけですから、芦原先生の意向を知っているはずなんです。
それなのに「初めて聞いた」と薄ら惚け、SNSも閉じて逃亡するというのはあまりにも酷すぎます。

ただ、こうして相沢氏が知らぬ存ぜぬを決め込んだことで、日テレは責任をすべて押し付けられる形となりました。
小学館が「要望は伝えた」といい、脚本家が「聞いていない」といっているわけですから、その間に立っていた番組プロデューサーには明確な説明が求められるというものです。
そのプロデューサーは三上絵里子氏という日テレの社員で、現在放送中のドラマを2本プロデュースしていて、1本は原作改変、もう1本のオリジナル脚本の方はパクリ疑惑が発覚していてお忙しいでしょうけど、連載漫画を抱えながら連ドラの脚本を押し付けられた芦原先生に比べれば大したことないはずですし、自分の口ではっきりと事情を話して欲しいものです。
少しでもいいので誠意を見せてください。
人気ブログランキングへ

週刊文春は松本人志さんとがっぷり四つに組んで欲しい。

私の住む長野県のイメージといえば、大自然をベースにした観光やアクティビティ、そして多種多様な農畜産物といったものが挙げられる他に、昔から”教育県”としてもよく知られ、真面目な県民が多いともいわれています。
そしてそれだけを聞くと保守的な県かと思われますが、実は物凄くリベラル色の濃い土地柄なんです。
選挙でも左派が強いですし、県内メディアもかなり左傾化していますし、有名なところでいいうと”全日制の高校の半分に制服がない”というのも他県のひとから驚かれる特徴です。
多分、ひとの好い県民性なだけに、戦後民主主義をおかしな風に解釈する左派の言説を鵜呑みにしてしまった結果でしょう。
月極宅配新聞購読率が全国トップ3の一角(他は富山・福井)を占めるという真面目さと、一番売れている地元紙が”極左”という評価を受けているところにも長野県の実態が表れているかもしれません。
ちなみに現在の長野県は小中学生の学力調査や大学進学率では全国平均をやや下回っていて、教育県はもはや看板倒れとなっています。

そういう実態がありますから、長野県出身で長野高校卒(制服なしリベラル)の法曹関係者(リベラル汚染が酷い業界)と聞くと、かなり左に傾いた人物を想像してしまいますが、その3条件が揃った一番の有名人である北村晴男弁護士が良識派・保守派なのですから、私はときおりちょっとした感動を覚えてしまいます。
北村さんのXでの自己紹介の「日弁連が偏った政治的主張を続け、それが弁護士の総意であるかの様な誤解を社会に与えている事に抗議し、次世代の若者の為にまともな弁護士会を残そうとしてます。」も大好きです。
朱に交わっても朱くならない生き様はまるで泥に咲く蓮の花のようですらありますよね。

そんな北村弁護士が最近話題になっているのは、例の松本人志さんの騒動について、自身のYouTubeチャンネルのなかで、法と判例に基づいた理路整然とした解説を行っていたことです。
北村弁護士はテレビ番組で吉本芸人との絡みも多いのに、法律家として公平な態度を貫いているのもさすがです。
有名弁護士のなかには”好き嫌い”で話をするひともけっこういますからね…。
私も聞いていて本当にすっきりしましたし、「松本さんは報道番組のキャスターもされているので準公人扱いとなり、プライベートなこともある程度は公共の利害に関する事実に当たるという判例もあるが、個人的にはこんなプライベートなこと(合コン)をそういっていいのだろうかと思う。ただ単に一般大衆の興味の対象になっている事実ではないか」という部分にも大いに共感しました。

その”プライベートなこと”でいうと、『週刊文春』も当初は強制猥褻や強制性交を匂わせながら松本さんの記事を書いていたのに、このところは上納システムだの不倫だのを批判する方向に舵を切り、最新の記事では不同意性交を忘れたような内容になっています。
こういうところはゴシッップ誌の立ち回りの上手さとしかいいようがありません。
不同意は立証するのは難しいですけど、不倫は簡単ですし、飲み会自体があったことは松本さん周辺も認めていますからね。
松本さんが「不同意性交はなかった」という趣旨の名誉棄損で裁判を起こしたり、記事の差し止めを求めたりするのだとしても、文春が不倫と女遊びをバッシングするのは止められません。
そうなると今後のさらなる松本さんのイメージ低下は避けられず、裁判がどうなろうとテレビへの復帰はかなり難しくなるんじゃないでしょうか。
テレビ芸人松本人志は「終わった」のかもしれません。

しかし終わったのは松本さんだけなのでしょうか?
個人的には今回の週刊文春の報道姿勢には大いに疑問を感じています。
強制性交を匂わせながら、しかし記事の責任は被害を訴える女性におっ被せ、自分はそれを信じだけという建付けでバッシングを開始し、松本さん側が裁判に打って出るという態度を示すと、強制性交ではなく質の悪い女遊びを上げ連ねてゴールポストを動かすというのは、あまりにも卑怯です。
昨今の文春は既存メディアがスルーしている悪事を追求することが売りであり、そこにはブレることない一本筋が通っていたはずなのに、今回はそうでないのですから本当に残念です。
私はいまからでも”強制があったかどうか”について松本さん側と全面対決することを望みます。
そうでなければ週刊文春に価値はありません。

長野県は週刊誌も都道府県別トップ10に入るほど売れていますけど、松本批判が尻すぼみになれば買うひとも少なくなってしまいますぜ。
騙されやすいいからいいお客さんなのに!
人気ブログランキングへ

松本人志さんにはとことん闘って欲しいものです。

昨2023年末に『週刊文春』が報じてからネットで話題となってきた松本人志さんの不同意性交疑惑は、松本さんが所属する吉本興業が「客観的事実に反した記事であり、法的手段を検討している」という姿勢を見せていたもののの、松本さんが出演するテレビ番組のスポンサーが強く懸念しているとも囁かれるなか、松本さんの立場は日に日に厳しくなっていました。
それがこの1月5日に『週刊女性PRIME』が、被害を訴えている女性が松本さん側に合コンのお礼メールを送ったというのを写真付きで報じたことで、一転して松本さん側に有利な状況になってきたわけです。
そしたら今日8日、吉本興業から「裁判に注力するために松本人志は当面の間、芸能活動を休止する」というアナウンスがあったのですから、世間はびっくり仰天です。
この30年以上日本の芸能界のトップに君臨してきたお笑いコンビの片方が唐突にメディアから姿を消すのですからね。

この松本さんの判断について、松本さんに否定的なひとは「記事が本当だから事実上の謹慎であり、その後は引退なのだろう」と推測しているようですし、肯定的・もしくは中立的なひとは「本気で文春を潰す気だ」と今後の展開に興味津々なようです。
松本さんは8日夜に自身のXで「事実無根なので闘いまーす。それも含めワイドナショー出まーす。」とツイートしているので、14日放送の『ワイドナショー』で細かい説明があるかと思いますが、とにかく徹底抗戦することだけは確かなようです。
そうでなければテレビ番組に出ようとするはずがありません。

私の個人的見解をいうと、週刊文春の記事だけで違法性のある不同意性交が行われたと決めつけるのは、ちょっとできないかと思っています。
最近の不同意性交報道でいうと、プロ野球の山川穂高選手の強制性交事件も最初に報じたのは週刊文春でしたけど、その内容だけを読むとかなり違法っぽかっったものの、結果的には不起訴になりました(※今後検察審査会への申し立てがあるかもしませんし、民事訴訟はまだ起こされていません)。
このケースでは現場が個室バー風のホテルという女性を欺くような店舗であり、女性はすぐに警察に被害届を出し、しかも山川選手からの行為の最中に怪我をさせられ、そのことは山川選手も文春のインタビューで半ば認めていたのにも関わらず不起訴なのですから、”強制”とか”不同意”とかいうのを立証するのは本当に難しいことがわかります。

対して松本さんのケースは”8年”も前のことであり、”高級ホテルのスイートルームで行われる芸能人の飲み会”という一般的にはいかがわしく思われる合コンに誘われた女性が性被害を訴えているわけですから、これが不同意であったかどうかを判断するのはより一層困難なのではないでしょうか。
ちなみに強制性交等罪の時効は刑事で10年(怪我があった場合は15年)・民事は20年なので、この女性はまだ法に訴えることも可能ですが、それをせずに週刊誌に話をしたということは、女性本人も立証が難しいことをわかっているのかもしれません。
そうして玉虫色のまま週刊誌を使って松本さんに社会的ダメージを与える目的はなんなのか、復讐なのかそれとも…。

もちろん松本さん側にしたら一方的な主張で一方的に殴られ続けることに我慢がならないはずですから、週刊文春(+当該女性)と裁判で争って白黒つけたいということなのでしょう。
それに注力するために芸能活動を休止するというのは、おそらく出演番組からスポンサーが降板するのを抑えて共演者や番組スタッフを守るためとは思いますが、裁判ではその損害賠償も求めるはずですし、松本さんは大物芸能人ですからその額も計り知れず、文春は裁判に負けたら廃刊の危機に陥るかもしれません。松本さんは出演CMも多いですしね。

ただ、裁判の結果がどうなろう変わらないのは妻帯者の松本さんがいかがわしい合コンを開催していたという事実であり、女衒のようなことをやっていた小沢一敬さんも含めそのイメージダウンは避けられません。
また、こういう趣味の悪い遊びは他の芸能人や著名人のそれも度々週刊誌で報じられていますし、2022年から世間を騒がせた一連のガーシー事件の背景にあったのもそれですから、いい加減そういう風習を止めるときがきたということなのでしょう。
松本×文春の裁判ではその趣味の悪い遊びの実態も明らかになるはずですし、さらにはそういう場での不同意性交の定義が少しでも形になれば、今後の日本社会に少なからぬ影響を与えるはずです。
そういう意味でも私は松本さんがとことん闘ってくれることに期待しています。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード