善光寺は長野市民の宝

ヨーロッパから長野市に観光にいらしたひとが、善光寺を見て、「自分たちの聖堂に似ている」といったという話を耳にしたことがありますが、おそらく丘の上から街を見下ろす大伽藍がそう感じさせたのでしょう。
私はヨーロッパを旅したことがないので実際にはわかりませんが、映像や文献などでそういう都市をいくつか見たことがあります。ぱっと思い浮かぶのはイタリアのジェノヴァでしょうかね。
また、その”似ている”はロケーションの問題だけではなく、善光寺の本堂の印象が「他の日本のお寺とは違う」ためだというのです。
これは私にもなんとなくわかるような気がします。

まず、一番の違いは本堂に”本尊”が見当たらないことでしょうね。
善光寺の本尊は”絶対秘仏”として有名ですが、数百年もの間、厨子の奥にしまわれ、住職に位置する歴代の貫主さまや上人さまでさえ拝んだことがないといわれていますし、本尊の身代わりである”前立本尊”ですら6年ごとにしか開帳されないため、普段の善光寺はいわば主不在の状態なんです。
こういうお寺は日本にも世界にもほとんどありません。
そもそも、お寺の本堂というのは”本尊を拝むためにあるお堂”のことをいうのですからね。
善光寺というのはその点でも”お寺らしくないお寺”ということができるでしょう。

もっとも、この”本尊がない”という状態は仏教寺院では珍しいものの、偶像崇拝を禁じるキリスト教プロテスタントやイスラム教ではそれが当たり前のことですから、外国人目線でいえば、こちらの方が慣れ親しんだ寺院(教会)の様子であり、それでもって「自分たちの聖堂に似ている」という感想が漏れたのかもしれまえん。
また、善光寺の本堂は普通のお寺とは違って、外陣までなら誰でも入れるので(法要は内陣)、そこでいつも多くのひとが手を合わせているのですが、目の前に本尊がいないので、なにかに向かって拝んでいるわけではなく、その信仰は手を合わせるひとの内面にあるわけです。
その様子もまた西洋の教会に似ているのかもしれません。

そのように仏教寺院らしくない善光寺ですが、もうひとつの特徴があって、実は”宗派”というものがないんです。
普通のお寺は浄土宗だとか真言宗だとか曹洞宗だとか宗派が決まっているわけですが、それがないんですから本当に変わっています。
でも、だからこそ、どんな宗派の方でも受け入れてくれますし、さらにその考えが発展し、いまではどんな”宗教”の方でもウェルカム!といっているのですからなんという度量の大きさなのでしょう。
善光寺本堂は総檜皮葺の建物としては日本一の規模だそうですが、その度量こそが真の日本一だと私は思います。

…しかし、誰にでも門戸を開く善光寺の大らかさというのは、性根の腐った人間にとっては、格好の餌食なのかもしれません。
昨日10月8日(2017年)、善光寺の本堂や宿坊、その周辺に100ヶ所もの落書きが見つかるという事件が発覚しました。
”善光寺の落書き”といえば、チベット弾圧を理由に北京五輪の聖火リレーのスタート地点になることを断った08年に、その報復としか思えないタイミングで本堂の柱などが汚されましたが、その犯人はいまだに捕まっていません。
今回は広範囲の犯行なので、どこかの防犯カメラにも映っているでしょうし、長野中央署はその威信にかけてこの不心得者をしょっ引いて欲しいものです。

長野市民は善光寺ほど大らかではありません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

日本列島も日本人の声も消させはしない

オリンピックシンボルに使われる青・黄・黒・緑・赤の五つの輪は、それぞれヨーロッパ・南北アメリカ・アフリカ・アジア・オセアニアの5大陸を象徴し、それが連なって描かれていることは世界の連帯を表現し、世界平和への祈りが込められているわけですが、そのことがわからない国が五輪を開催しようというのはとても滑稽なことです。

今日9月27日午前、来年(2018年)2月に開催が予定されているピョンチャン五輪のHPに記載されている世界地図から日本列島(樺太を含む)がすっぽり抜け落ちている問題について、菅義偉官房長官は「スポーツ庁から韓国大使館を通して、早急な是正を申し入れた」と話していました。
これを受けて、午後には地図が修正され、日本列島が浮かび上がっていましたけど、このような無礼が許されていいはずがありません。
世界地図をHPで使う際には、一般的に流布している世界地図画像をベースに、縮めたり、縦横比を変えたりして加工するわけですから、そこから一部が抜け落ちるということは常識的には考えられません。
しかも日本は開催国・韓国の隣国なんです。
我々が天気予報図などで朝鮮半島をよく見ているように、彼らだって日本列島は身近なはずで、気がつかないはずはないんです。
ようするにこれは”わざと”です。
子供じみた嫌がらせです。
韓国は五輪招致活動の際の世界地図でも、日本列島を削除したものを使っていましたからまさに確信犯といっていいでしょう。
五輪という平和の祭典でも、隙あらば日本を攻撃しようという姿勢には、強い憤りと同時になんともいえない悲しさを覚えます。

ちなみにこの世界地図が載っていたコーナーのタイトルは『Dream Program』。
冬季競技と縁遠い国の子供たちをピョンチャンに招待し、ウィンタースポーツを体験してもらって、夢を膨らませようというものです。
そういうコーナーの世界地図から日本列島を消し去るというのは、それこそが韓国民の夢ということなんでしょうか?
そういえば少し前に北朝鮮が「核兵器で日本列島を海に沈める」と脅してきましたけど、それと呼応しているのかもしれませんね。

このようなことをする韓国ですから、来年2月の五輪本番でも日本選手たちがどういう扱いをされるのかわかったものではありません。
平和や友好とは無縁の”アウェイの洗礼”が降り注ぐことでしょう。
ソウル五輪の再現です。
我々は「日本選手団や日本観客が不当な扱いを受けた場合、大会途中であっても我々はピョンチャンを去る」といって釘を刺しておく必要もあるでしょうね。

今回、日本政府は間違いを”指摘”するに留めていましたけど、本来は強く”抗議”すべきでした。
公式HPでは竹島を韓国領のように表記したり、日本海ではなく”EastSea”などと書いてあるのも大きな問題です。
日本オリンピック委員会(JOC)と日本政府は、いまのうちからボイコットも辞さない姿勢で臨まねばなりません。
五輪といえども、竹島や日本海と引き換えに参加する価値はないのです。

北朝鮮同様、韓国に対しても”圧力”が大切です。
そしてそれはJOCや政府からだけではなく、”国民の声”としても発するべきなのです。
しかし、今回の日本列島削除問題は、テレビや新聞で大きく取り上げられる気配がありません。
本来ならば、マスコミが事実を報せ、その事実を知った国民の反応をマスメディアに取り上げることで”国民の声”が形成されるわけですけど、日本ではマスコミが”報道しない自由”を駆使するので、”国民の声”が大きくなりません。
それどころかマスコミとマスメディアは”外国の声”の方を大きくしますからね。

我々は小さな声を連帯させてゆくしかありません。
人気ブログランキングへ
(※世界地図に日本列島がないとEastSeaは太平洋になってしまうので、あそこの海は日本列島があって初めて固有の名称がつくことがよくわかります。日本列島あっての”日本海”なのです。)

呑気は損気

トランプ大統領が北朝鮮を完全に破壊する可能性を示唆し、安倍総理が圧力強化を求める演説をした今回の国連総会ですが、一番の当事者である韓国のムン・ジェイン大統領は「世界各国が制裁決議の徹底履行すること」を求めたものの「過度に緊張を激化させたり偶発的な軍事的衝突で平和が破壊されたりしないよう求める」といって、あやふやな態度を示していました。
しかもムン大統領は「制裁」を謳いながら、北朝鮮への食料と医薬品支援(9億円相当)を決めるという二枚舌なのですから、なにを考えているのかさっぱりわかりません。

その国連総会でちょうど日米韓の首脳が揃ったということで開かれた3者会談(9月21日)でも、トランプ大統領と安倍総理はムン大統領に北への支援を止めるよう迫ったそうです。
トランプ大統領は”激怒”していたという報道もありましたけど、この緊迫した情勢でグループの足並みを乱す人間がいれば、一喝したくもなるというものです。
民間人への食料や医薬品の支援といたって、それは本来北朝鮮政府が行わなければいけないものであり、彼らはそれをせずに、その分の資金をミサイルや核開発に回してきたわけです。
韓国はもう何十年も北にいいように踊らされて”人道支援”を行ってきましたけど、それが”兵器開発支援”だったことを忘れてはなりません。
韓国という国は本当に呑気なものです。

その呑気でいえば、来年2018年2月には韓国・ピョンチャンで冬季五輪が開催される予定になっていますけど、本当に大丈夫なのでしょうか?
競技施設は五輪のレベルに達しているのか、交通や宿泊で観客に困難はないのか、韓国民の関心度が高まり(夏の調査で
35%)大会は盛り上がるのか、そして、最も大切な”雪”は降るのか。
そんな”当たり前のこと”が不安視されているというのに、北朝鮮問題まで抱えてしまっているのですから、誰だって不安になるというものです。
実際、フランスのスポーツ担当相は「安全が担保されない場合、フランス選手団は派遣しない」と発言し、オーストリアも同じような立場を取っていますし、ドイツも「不参加については適切な時期に検討する」といい始めています。
韓国のピョンチャン五輪組織委員会は「安全と安心は常に大会の最優先事項だ。最新の政治状況については政府とともに厳重に監視している」と語っているみたいですけど、監視は抑止にはなりません。
ようするに北の出方次第であり、まったく予想がつかないということです。
いまの状況を鑑みれば、日本政府とJOCも有事を想定すべき段階にきてるといっていいと思います。
選手やスタッフ、応援に行く日本人の安全を第一に考えねばなりません。

加えていえば、ピョンチャン五輪組織委員会は、HPで竹島を韓国領のように書いたり、日本海を東海(East Sea)などと表記したりして、完全に五輪を”政治利用”しているわけですが、日本政府が今年の初めに抗議したというのに、まったくそれを直していません。
本来なら、それだけでも日本選手団は参加すべきはないのです。

そのように様々な問題を抱えるピョンチャン五輪ですが、韓国と仲のいい日本のマスコミはそれを真摯に伝えようとはしていません。
”ボイコット論”を提起した新聞やテレビはあるのでしょうか?
”ものごとを正す”というマスコミとしての役割よりも、韓国の立場や五輪関連で収入が増える方が大切なのかもしれませんね。
本当に呑気なものです。
我々国民はそれに付き合わないようにしたいですね。
人気ブログランキングへ

自分らしさを名前に

「差別や偏見がなく、誰でも自分らしく生きられる世界」

美しい言葉です。
世界の多くのひとびとが共感する言葉です。
そしてこれは誰も否定できない強い言葉です。
しかし、そういう世界を本気で目指すひと、本気で目指したひとは本当に少ないと私は思うのです。

その少ないなかで、まず最初に思い浮かぶのはモハメド・アリです。
公民権運動のシンボルだったアリは、1960年、名前をそれまでの”カシアス・クレイ”から”モハメド・アリ”に変えます。
その理由は、「奴隷だった先祖が白人から与えれた名前だから」というものでした。
これは、”自分らしい名前”で、ひとりの人間として白人社会に立ち向かうという強いメッセージでもあります。
ちなみに、日本人ボクサーで、アフリカ系アメリカ人と日本人のハーフであるカシアス内藤はカシアス・クレイを尊敬してリングネームに”カシアス”を使っていたのですが、アリ本人から「その名前は白人からもらったものだぞ?」と念を押されたというエピソードが残っています。

このアリの改名は、ネーション・オブ・イスラム(NOI)というアフリカ系アメリカ人のイスラム組織とそこの活動家だったマルコム・Xから影響を受けたものです(※2人ともその後、伝統的イスラムへ改宗)。
マルコム・Xももともとはマルコム・リトルという名前でしたが、”未知なるもの、わからないもの”を意味する”X”を選んだところに、自らのルーツがわからないアフリカ系アメリカ人の悲哀を見ることができるのではないでしょうか。
むろんそこにはアフリカ系であることへの誇りが詰まっていることはいうまでもありませんが。

そのように彼らが”名前”にこだわったのは、「差別や偏見がなく、誰でも自分らしく生きられる世界」を目指すためだったのでしょう。
自分を偽らないことで、世の中と真向から対峙し、それを変えようとしたわけです。
それは当時の白人中心のアメリカ社会から大きな反発を招き、公権力という名の暴力から常に狙われることを意味していました。
それでも彼らは戦いを止めなかった。
その勇気に現代の我々は深い感銘を受けるのです。

…ところで、いま、日本でちょっとした騒動を起こしている女性タレントがいますよね。
彼女はアメリカ人と韓国人のハーフであり、国籍もアメリカであるにも関わらず、日本名を名乗り、日本人のように振る舞っていることで、ネット上では「偽日本人だ!」という非難を受けることも多いようです。
それに対し、その女性タレントは「みんな地球人である事には変わりません。」「人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。」「世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように」などといって、SNSで反論をしていました。

しかし、私には彼女への批判が差別や偏見だとは思えませんし、彼女のいう「自分らしく」の意味がまったくわかりません。
モハメド・アリやマルコム・Xは”自分が何者であるのか”を突き詰めてゆくことで差別や偏見と闘っていましたが、2人は自分を偽ることをしませんでしたし、美しい言葉で他者を騙そうとしませんでした。
そういう姿に我々は真実を見るのではないでしょうか。
人気ブログランキングへ

暴走・北朝鮮を少し冷静に考える

8月29日の弾道ミサイル実験で日本を騒然とさせた北朝鮮ですが、昨日9月3日にはさらなる追撃とばかりに「水爆実験」で世界を震撼させ、もはや無法者国家路線はとどまることを知りません。
アメリカと日本を中心とした国際社会がいくら圧力をかけても、路線変更の気配は一切ないといっていいでしょう。

そんな北朝鮮の目的について、メディアでは「アメリカとの国交正常化」と説明されていますけど、これは要するにアメリカに”合法的な国家”であることを認めてもらい、”金王朝による独裁”も見て見ぬふりをして欲しいということです。
しかし、アメリカは当然のようにこれを拒否し続けています。
いま現在の大きな理由は、北が”核兵器”を手放さないことですけど、北が核を持っていないときからアメリカは国交正常化交渉をしていないのですから、もともとの理由はそうではありません。

第2次世界大戦が終わってすぐの朝鮮半島は、南はアメリカが、北はソビエト連邦が実効支配し、その後、南北が独立する際も、南はアメリカの支援を受けた民主主義国家(実質は軍事独裁国家)、北はソ連の支援を受けた共産主義国家国家(実質は軍事独裁国家)として歩み始めました。
これによって朝鮮半島は米ソ冷戦の最前線となったわけです。
そこでアメリカは韓国(南朝鮮)を”朝鮮半島唯一の合法政権”として承認する立場を取り、北朝鮮を国家として認めませんでした。
そして、アメリカは韓国が掲げる”朝鮮半島統一”を支持しているのですから、アメリカにすれば北朝鮮は打倒すべき敵ということになります。

つまり、米朝の国交正常か行われなかったのは、”反共”と”韓国による朝鮮半島統一路線”がもともとの理由なんです。
しかし、アメリカは79年に中国”共産党”と国交樹立していますし、89年に冷戦も終わっているわけですから、すでに反共はその理由ではなく、いまはそれと”核”が入れ替わり、”朝鮮半島統一”という問題は変わらずに残ったままというわけです。

私は朝鮮半島問題というのは、まずこの”統一”を考えるべきだと思うんです。
当事国の人間でない私がいうのもなんですが、統一ってしなければいけないものなんでしょうか?
朝鮮半島の歴史を見ても、ひとつの独立国家が統治しているという時間はほとんどありませんし、2つに分かれていることになんの問題があるのか私にはわかりません。
むしろ、統一には当事者にも関係国にもデメリットしかないような…。

その統一でいうと、北を朝鮮半島唯一の合法政権とみなしているのは、世界中にキューバとシリアとマケドニアしかありません。
このうちマケドニアは敵対しているギリシャと韓国が友好国なので、韓国と距離を置いているだけですから、実際はキューバとシリアだけです。
ここであれ?と思うのは中国ですよね。
北の同盟国であり、朝鮮戦争では米韓と戦った中国は韓国と国交があるんです(92年から)。
韓国は、かつて北の親分であったソ連とも90年に国交を結び、当然それはロシアとも継続しています。
つまり、中国やロシア(ソ連)は北による朝鮮半島統一を支持していないということでしょう。

逆に韓国を唯一の合法政権と認める国(北と国交なし)は30ヶ国ほどありますけど、ほぼすべてがアメリカの息のかかった国です。
中韓関係や露韓関係に比べると、米朝関係は頑なに映ります。
2000年の南北共同宣言(平和的統一路線)を「歓迎」したアメリカですが、韓国による統一を完全に放棄、つまり朝鮮半島分断を認めると明言したことはありませんよね?

それをすっきりさせてからの核・ミサイル問題だと私は思います。
もちろん、日本も朝鮮半島の今後について、自分たちの見解を持たねばなりません。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード