横文字には気をつけましょう

2017年7月の東京都知事選挙といえば、前任の舛添要一氏が公私混同問題で辞任したことから始まって、小池百合子氏の立候補による自民分裂、四野党が乗っかった鳥越俊太郎候補の過去のパワハラ疑惑という作り話のような展開で、東京だけではなく日本中が大いに盛り上がりましたよね。
そしてその結果、小池百合子新都知事が誕生したわけですが、まだあれから1年も経っていないというのに、ずいぶん昔のことのように感じます。

ただ、1年近くはあったわけですから、公約のいくつかは実現しているのかなあ、と当時の小池さんのスローガンを見直してみました。
そこには
・都政の透明化
・五輪関連予算・運営の適正化
・行財政改革の推進
・都知事報酬の削減
・特区制度の徹底活用
という5つの方針とともに、”新しい東京”に向けて、
・セーフ・シティ(もっと安心、もっと安全、もっと元気な首都・東京)
・ダイバー・シティ(女性も、男性も、子どもも、シニアも、障がい者もいきいき生活できる、活躍できる都市・東京)
・スマート・シティ(世界に開かれた、環境・金融先進都市・東京)
という3つの大きな柱が書かれていました。
私は東京都民ではないのでよくわかりませんけど、これらは少しでも実現しているのでしょうか?
都民のみなさんに感想を聞いてみたいですね。

また、上の公約を見てもわかるように、現在一番の課題となっている〈豊洲移転問題〉というのは知事選の争点ではなかったんです。
これが大問題となったのは、当選後の小池さんが、「安全性に疑問がある」「費用がかかりすぎている」「情報公開がきちんとされてない」といって、11月に予定されていた豊洲移転の延期を発表してからです。
”豊洲移転の見直し”は、都民が求めたものではないことを我々は憶えておかねばなりません。

そこからすったもんだの末、昨日6月20日(2017年)、小池さんが出した結論は、「市場は豊洲に移転するが、築地を食のテーマパークとして再開発し、築地ブランドを残す」というものでした。築地には市場機能も一部残し、両立を目指す構想のようです。
”決めないことを決めた”という、移転派にも反対派にも優しいどっちつかずの名裁きは、大岡越前の時代ならば評価されたかもしれませんね。

しかし、当初の計画では豊洲移転にかかる6000億円の大部分を4500億円と試算される築地売却益で賄うことになっていましたから、築地再開発となれば、その4500億円をどこかから別に捻出せねばなりません。
当然、記者会見でもそこは突っ込まれたわけですけど、小池さんの答えは「ワイズスペンディング」の一言。
得意の横文字で煙に巻いた格好です。

ちなみにこの”ワイズスペンディング”は、かのジョン・メイナード・ケインズが生み出したとされる経済用語で、直訳すると”賢い支出”になります。
まあ、”支出”ですから小池さんも税金を投入するつもりなのでしょう。
しかし、ここで騙されてはいけないのは、このワイズスペンディングというのは、”不況下にあって、行政が景気対策のための財政支出を行う際、その後の利益や利便性を考えて事業や分野を賢く選択する”という意味なのです。
対して豊洲移転というのは築地の老朽化によって必要に迫られた事業ですし、築地再開発にしても、東京は不況でもなんでもありませんから、無理に景気対策をする必要もないんです。

また、この横文字で誤魔化すテクニックでいえば、公約にあった”ダイバー・シティ”もそうです。
これが”diversity=多様性”ならば、人種や信仰、年齢や学歴といった違いに縛られず、広く人材を活用することによって生産性を高めようとする考え方ですけど、小池さんの公約を見ると、「待機児童ゼロ」「残業ゼロ」「満員電車をゼロ」「ペット殺処分ゼロ」「英語教育を徹底」といった文言も紛れ込んでいるのでちょっと意味がわかりません。
”ダイバー・シティ”という表記も、”diversity”には”・”はいらないので、私たちの知っている言葉とは意味が違うのかもしれません。
東京都の採用試験案内にも”対象年齢”がしっかり書かれていましたしね…。

というわけで、横文字には気をつけましょう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ステマが主食

みなさん、2012年に起きた〈ペニーオークション詐欺事件〉を憶えていらっしゃいますでしょうか?
ペニーオークションというのは入札手数料(額を上げる度に発生)がかかるかわりに開始価格の値段が安く、”いいものを思わぬ安さで手に入れられる”ことが売りのインターネットオークションなのですが、事件を起こした〈ワールドオークション〉という会社は、Webボットを用いた自動入札で、入札手数料が一定額以上集まらない限り、落札されない仕組みを作っていたんです。
ようするに、何も知らない利用者に競るだけ競らせて、入札手数料をがっぽり頂いていたというわけです。
そうしてワールドオークションの役員や社員が有罪判決を食らったのはいうまでもありませんが、事件は思わぬ広がりを見せました。
それはワールドオークションがネットメディアに書かせた宣伝と、芸能人によるステルスマーケティングです。

なかでも芸能人によるステマは大きな問題となり、ペニーオークションサイト(ワールドオークション以外も)から金品などで依頼され、落札もしていないのに、「いいサイトがあります」とか、「安くゲットできてラッキー!」などと自分のブログに書き、”隠れた宣伝”をしていた複数の芸能人が活動自粛に追い込まれました。
詐欺の片棒を担いでいたわけですから当然といっていいでしょうし、私などはこのひとたちにも何らかの刑事罰が下されてもいいのではないかと思ったほどです。
ただ、残念ながら日本にはステマを取りしまる法律はなく、消費者庁のガイドラインで禁止を訴えているだけなので罰することはできません(※景品表示法や軽犯罪法に抵触する可能性があるといってはいるものの適用例はなし)。
イギリスではステマを禁止する法律があるそうなので、日本も考えた方がいいのではないでしょうか。

…というちょっと古い話題ですが、私がいまさらこの〈ペニーオークション詐欺事件〉のことを書いたのは、6月7日(2017年)の『文春オンライン』が、〈食べログ〉の著名レビュワーである〈うどんが主食〉という人物が、「高評価をした飲食店から過剰な接待を受けていた」と報じたことがきっかけです。
食べログでは、レビュー数などによってレビュワーの”食通度”が設定されていて、著名レビュワーの評価はその店の”点数”に大きく影響する仕組みになっているそうです。
そしてその点数はお店の売り上げを大きく左右するそうなので、お店側も著名レビュワーを囲い込みたくなるのでしょう。
ましてやこのうどんが主食さんはテレビに出たり、グルメ本を出したりしているのですからなおさらです。

ただし、食べログではガイドラインにおいて、「金品またはそれに相当するサービスを受けることを目的とした口コミの投稿は禁止」しています。
文春の報道後にうどんが主食さんのレビューも一部が閲覧できないようになりましたから、報道内容は真実なのでしょう。
もちろん、過剰な接待を受けたことを内緒にして書いたレビューは”ステマ”を疑われても仕方がないので、これは消費者庁が禁止している事案です。
しかし、いまのところ(6月17日段階)、食べログからこの問題に関する説明はまったくありません。
食べログは日本で最も大きいグルメサイトなのですから、それ相応の責任があると私は思うんですけどね。

またその責任でいえば、うどんが主食さんをテレビの世界に引っ張り出し、その著作の帯にも紹介文を寄せているアンジャッシュの渡部建さんもそうです。
ステマをした人物の片棒を担いでいるわけですから、ペニーオークション詐欺のときの芸能人に近い立場にあると感じているひとも多いでしょう。
今回のケースは刑事事件ではありませんが、メディアに出る人間としての責任は問われてしかるべきだと私も思います。
そんな人物が情報番組で何食わぬ顔でMCをやっているのをちらっと見て、もやもやした気分になりました。

そしてうどんが主食さんといえば、東洋水産とコラボしたカップうどんです。
これまた何食わぬ顔でコンビニに並んでいるのを見て笑っちゃいました。
撤去すべきなのかどうかは私にも判断がつきかねますが、”ゴシップ”が宣伝になって売れてしまうとなれば、東洋水産のブランドに傷がついてしまいますぜ。

うどんは喉越し、などといいますが、今回の問題は色んな所に引っかかってしまって仕方ありません。
テレビでは今回の問題を「レビューサイトなんて信じなければいい」といって、話をすり替えようとしていますし、”ステマ”は見逃す方向なのでしょう。
日本のメディアは、ステマが主食ですね!
人気ブログランキングへ

橋爪功はつらいよ 2世役者も実力勝負で

芸能人(有名人)が自分の子供を芸能界入りさせたいとき、簡単なのは役者かバラエティタレントで、歌手やお笑い芸人をやらせてはダメだ。
などという話をどこぞで聞いたことがありますが、ここでいう役者やバラエティタレントというのは出演欄の上の方にあるそれではなく、下の方、もしくは欄外にいるようなそれだそうです。
つまり、出演作の質や視聴率(興行収入)に影響しない、”誰がやってもいいポジション”というやつでしょう。
歌手やお笑い芸人だと、音源の売り上げやライブの売り上げという”結果”が出てしまうので、”誰でもいい”というわけにはゆきません。
確かに2世芸能人には役者やバラエティタレントが多いですよね。
わけても役者は、名前と顔が一致しないひとが親が主演級をやっている2時間ドラマの小さな役に潜り込んでいるのをしばしば見つけます。
「この2人、ちょっと顔が似てるなあ…」と思いつつ、調べてみたら「やっぱり!」というのもドラマを観るひとつの楽しみかもしれません。

そんななか、私は知らなかったんですけど、橋爪功さん(75歳)に役者をやっている息子さんがいたんですねえ。
写真を拝見すると、顔もよく似ていらっしゃる。
デビューは2004年ということで、今年は2017年ですから、けっこうな期間活動しているのに私もなぜ気がつかなかったのだろう…、と思ったのですが、Wikipediaで確認すると、ほとんどの仕事が出演欄の下か外の役者さんでした。
それは気づかないわけです。
私の家族もみなそうでしたし、世間の多くもそうなんじゃないでしょうか。

その橋爪遼さん(30歳)が一躍有名になったのは、昨日6月2日、覚醒剤取締法違反の現行犯(所持)で逮捕されたというニュースからでした。
本人も使用を認めているということなので、罪は確定しているといっていいでしょう。
そして、この橋爪遼容疑者、大きな役はやっていないのに、小さな仕事はたくさんこなしていて、現在放映中のドラマや公開中の映画、公開予定の映画にも出演しているので、その現場は大童のようです。
ドラマは出演部分だけをカットするようですけど、公開中の映画だとそうはいかないでしょうし、対応は難しいものがあると思います。
過去に出演した作品の再放送の問題も含めて、影響は多岐に渡ることは確実です。

もちろん、その影響が最も大きく受けるのは父親の橋爪功さんに間違いありません。
最近の高畑淳子さんもそうですし、少し前は中村雅俊さんがそうであったように、橋爪さんもまずは活動自粛を発表しました。
橋爪さんはちょうどいま、主演する『家族はつらいよ2』という映画が公開中ですけど、笑えないタイトルになっちゃいましたよね…(映画はそのまま公開を続けるみたいです)。

この橋爪功さんの活動自粛に関しては、「30を過ぎた息子の不祥事で父親がそこまですることはない」という意見の大物芸能人もいるようですけど、橋爪遼容疑者のキャリアを見れば、「橋爪功の息子でなければ、こんなに仕事はないだろうなあ」というのが、おそらく一般的な受け止めでしょうから、そういう息子を役者にしてしまった親父の責任というのは当然問われることになるでしょう。
ただ、橋爪功さんは息子をこれ見よがしに引き回したり、自分の出演作にねじ込んだりはしていないので、世間も高畑淳子さんのときのような厳しさはないのではないかと思います。
私もファンなので個人的にもそう望みます。

こいう連帯責任は最近多いですけど、子供を芸能界に入れるということのリスクですから、それを負うのは仕方ありません。
逆に子供が活躍してその余波で潤う場合もあるわけですから、リターンだけを得るのは卑怯というものです。
リスクを負いたくなければ、三國連太郎さんと佐藤浩市さんのような関係を真似ればいいんです。

”実力勝負”になっちゃいますけどね。
人気ブログランキングへ

藤井四段と義務教育

難関私立中学に合格したことが話題になった芦田愛菜さんもそうですし、この5月26日(2017年)に惜しまれつつも引退会見を開いた宮里藍さんもそうですけど、日本人は天才子役とか、天才中学生とか、ほんと大好きですよね。子供のときから応援して、その成長を見守るというのがたまらないのでしょう。
そしていま、その系譜の最先端を行くのは将棋の藤井聡太四段です。

昨年14歳2ヶ月という史上最年少記録でプロ棋士となった藤井四段は、デビュー戦で勝利を飾ったことで史上最年少勝利記録を更新しただけではなく、中学3年生となった今年4月にはデビューからの11連勝という新記録も達成。
今日5月6月にはその連勝が20まで伸びたのですから、将棋に疎い私などでもその凄さがわかるというものです。
中学生でプロになった棋士は過去に4人いて、それぞれが歴史に名を残すような活躍をしているのですから、おそらく藤井四段もそうなってゆくのでしょう。棋界の未来は明るいですね。

ただ、この藤井四段について、私はちょっと引っかかるものを感じているんです。
テレビなどが盛んに「中学生棋士」といって囃しているように、藤井四段はまだ中学3年生なわけですけど、これまでの対局のほとんどが平日で、しかも一日中やっているのですから、学校をかなりの日数休んでいるのは間違いありません(遠征もあります)。

みなさんご存知のように、日本国憲法第26条には、「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。」と明記されているので、藤井四段の保護者はこれを堂々と無視していることになります。
ちなみに学校について藤井四段本人がどう考えているかといいますと、5月7日のイベントの際に「中学は義務教育で出席日数は関係ないので安心です。ただ、来年は高校なので…」といって会場の笑いを誘っているのですから、これまた堂々としたものです。

このイベント出演についてはメディアでもたくさん報じられていましたけど、どれも面白おかしく伝える好意的なものでしたよね。
私はそのメディアの姿勢に大きな疑問を感じますし、藤井四段のもうひとりの保護者といっていい将棋連盟の姿勢にも大きな疑問を感じています。
彼らはいったい憲法や教育基本法をどう考えているのでしょう?
その規範意識の低さに唖然としてしまいます。

憲法や教育基本法に義務教育が明記されているのは、子供の権利を守るためです。
学びたい子供を保護者が労働で縛るのを防ぐためといっていいでしょう。最近では虐待という問題もあります。
むろん、藤井四段は自分の意志で将棋を指しているように見えるので、無理やり教育を奪われているわけではないと思いますけど、それでも義務教育の理念を否定していることに違いはありません。
そもそも、”子供本人がやりたいからやらせる”の”やりたい”が自由意志であるかどうかを確認するのは難しいんです。

…と、こうして否定的に書いてきましたけど、私ももちろん藤井四段の才能を潰そうというのではありません。
保護者と学校と将棋連盟が話し合って、対局を放課後や学校が休みの日に設定するべきだと思うんです。
たとえそれで出場できる棋戦が減ってしまっても仕方のないことです。
子供にも人気のある藤井四段ですから、憲法違反と後ろ指を差されるよりも、その方が正しい見本になれるはずです。
棋界の宝である藤井四段に傷をつけてはなりません。

将棋連盟は例のスマホ不正疑惑でも悪手を踏み、世間の信頼を失いました。
将棋を指すことしか知らず、法律や道徳や常識よりも、内輪での判断を優先するひとたちだと思われたわけです(スマホ持ち込み禁止といった組織内ルールを作るのも遅い)。
将棋はいま、コンピューターに勝てない時代に入ってしまったのですから、これからの棋士たちは”人間”であることを売りにせねばなりません。
そのためにも順法精神は大切です。
人気ブログランキングへ

カールはみんなのもの

「カール、東日本での販売終了へ」

今日5月25日(2017年)、テレビの全国ニュースで一斉に報じられたこの話題ですが、明治の〈カール〉といえば、1968年発売の定番スナック菓子ですから、ちょっとした驚きがありました。
ひとつの製品の販売終了をここまで大々的に伝えるのは異例でしょうけど、カールならば仕方ないといったところでしょうね。

明治によると、最盛期は190億円ほどあったカールの売り上げも現在は60億円ほどに低迷し、当初は販売の完全終了を検討したものの、50年もの歴史ある銘菓をなくしてしまうのも忍びないとのことで、西日本のみで販売を続ける決断を下したそうです。
しかし、味の種類は〈カールチーズあじ〉と〈カールうすあじ〉のみに絞るそうですから、今後はもう伝統の〈カレーあじ〉を頬張ることはできません。
タイムリミットは”8月”いっぱいだそうです。
お好きな方はお早めに!

それにしても、カールってそんなに売れていないんでしょうか?
私もよく知りませんでしたから、ちょっと調べてみると、各種のお菓子ランキングやスナック菓子ランキングの上位にはカールの名がまったくないんです。
というか、上位はほぼ〈ポテト系〉で占められていて、カールが属する〈コーン系〉は、〈うまい棒〉くらいしかありません。
つまり、今回の販売終了という悲報は、カールの敗北というより、コーン系の敗北なのでしょう。明治では〈ピックアップ〉も販売を終了するそうです。
350億円を誇る〈じゃがりこ〉を筆頭に、各種ポテトチップスが上位を独占する〈カルビー〉が、コーン系を粉砕したのです。

今後の明治はスナック部門そのものを縮小し、もともと強いチョコレートやキャラメル、クッキー・ビスケット、グミやガムやキャンディに選択・集中してゆくことでしょう。
カールも将来的な完全終了が視野に入っているはずです。
お菓子部門全体の売り上げを考えればその方がいいというわけです。
しかし、50年もの歴史があるお菓子を、それもいまだ60億もの売り上げがあるお菓子を、企業の理屈のみによってなくしてしまうのは、はたして正しいのでしょうか?
私はカールほどのお菓子となれば、すでに公共の財産だと思います。
明治がカールを作りたくないというのであれば、他の会社にスナック部門ごと売ればいいのです。買いたいところはいくつもあるはずです。
”わたくしのもの”とすることは決して許されません。

ちなみに、〈菓子〉というのは、もともと〈果物〉と同じ意味ですから、”甘いもの”だったわけです。
しかし、現在の日本では〈スナック菓子〉や〈米菓〉などといった使われ方もしているように、”しょっぱいもの”もそこに含まれるようになりました。
一説には、その”しょっぱいお菓子”が定着したのは、68年のカールの発売と、69年の〈かっぱえびせん〉のCMの大ヒットだといわれています。
この2つが切り開いたのがスナック菓子の歴史といっていいでしょう。
そしてその歴史は、日本人にとって、味の記憶というだけではなく、家族や友達とのおしゃべりの思い出でもあるわけです。
それを守れないお菓子メーカーが消費者の信頼を勝ち取ることができるのでしょうか?

明治さん、”カールが存続させること”だけを考えての決断をよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
最後に正直なことをいうと、個人的にはカールの食感が苦手で、もう長い間食べていません…。
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード