桐生祥秀、笑顔と涙の9秒台

桐生祥秀という高校生3年生が日本中の注目を集めたのは、2013年4月の織田記念男子100mで10秒01という日本歴代2位の記録を叩き出したときでした。
笑顔にあどけなさの残る無名の高校生が、あの朝原宣治(,02)や末續慎吾(,03)よりも速く100mを駆け抜けたことに日本中が衝撃を受けたわけです。
しかも桐生が通っていた洛南高校のグランドは狭く、100mのレーンもなかなか確保できなかったというではありませんか。
高校を卒業し、より良い練習環境になれば、すぐに伊東浩司(,00)を捉え、夢の9秒台の扉をこじ開けると、誰もが確信に近い期待を寄せたものです。

そうして東洋大学を進学先に選んだ桐生はその年の日本選手権で初優勝、世界ジュニアでも3位になるなど結果を残したものの、14年のベストタイムは10秒05というじれったいもので、終盤は左太腿の怪我で欠場してしまったこともあって、本人も悔しさを吐露するシーズンになってしまいました。

翌15年シーズンは、いきなり3月に追い風参考ながら9秒87を計測し、9秒台がすぐそこに見えたかに思われたものの、またもや左太腿を傷め日本選手権を欠場、世界選手権に行くこともできないという悲劇的展開。
ただ、シーズン終盤に復帰し、10秒09(SB)を出して翌年のリオ五輪の参加標準記録を突破したのはさすがでした。

その左太腿の怪我があったせいか、16年シーズンは低調な感じでシーズンに入ったものの、6月には自己ベストである10秒01を久しぶりに叩き出し、これがリオ五輪派遣設定記録だったことから出場が決定。
しかし、日本選手権では足の痙攣があって3位に終わり、人目もはばからず悔し涙。
そして、期待されたリオ五輪では10秒23で予選敗退。
リレーでは銅メダルに大きく貢献したものの、個人としては”大舞台への弱さ”を印象付けるシーズンになってしまいました。

この16年シーズンは、山縣亮太が10秒03まで自己ベストを更新し、ケンブリッジ飛鳥が全日本を制すなど、日本短距離界も群雄割拠の様相を呈し、桐生の存在感は相対的に低下。
そして今年17年シーズンになると、多田修平というニューヒーローが現れ、大器といわれていたサニブラウン・ハキームもいよいよその本領を発揮し始め、「日本人初の9秒台のチャンスはみんなにある」という、国民的にはとってもワクワクする状況になったわけです。
ですが、もちろんこれは桐生とその陣営にとっては面白くない状況だったに違いありません。
ちょっと前までは、「日本人初の9秒台は桐生のもの」という認識でしたからね。

しかも今年6月の日本選手権では、1位サニブラウン(,05)、2位多田、3位ケンブリッジに先着され、桐生はまさかの4位。
世界選手権に個人で出場できないという屈辱的な結果に桐生はまたしても悔し涙を流すはめになりました。
その世界選手権でもサニブラウンが活躍し、桐生はリレーで銅メダルメンバーになったものの、”主役交代”は誰の目にも明らかでした。
多くの日本国民は、初の9秒台はサニブラウンのものになると予想しましたし、サニブラウンが2020東京五輪の顔になると期待し始めたわけです。
逆に桐生は10秒01という日本歴代2位の記録を持っていても、もはや”頭ひとつ抜けた存在”とは見なされないようになってしまいました。
もっといえば”過去のひと”になりかけたといっていいでしょう。

こうやって見てくると、高校3年生のときの輝きが年々色褪せていったことがよくわかります。
桐生祥秀の大学生活は、”伸び悩み”という評価を受けても仕方ありません。
一般的には大学時代というのは”記録が伸びる時期”であって、高校時代の記録を更新できない選手というのはかなり珍しいケースです。
もちろん、そうなれば批判と疑いの視線は”東洋大学陸上部”と”土江寛裕コーチ”に向けられることになりますよね。
(※土江コーチは桐生が入学する際に東洋大学がヘッドハンティング。)
「いったいどういう指導をしているのか?進学先を間違ったのではないか」
陸上界でもそんな声が聞かれたかもしれませんし、一般の我々だってどうしてもそう感じてしまいます。
サニブラウン・ハキームが高卒後にアメリカの陸上チームに所属してメキメキ実力をつけている姿をみればなおさらです。
桐生祥秀という日本陸上史上でも稀に見る逸材は進む道を間違えてしまったのでしょうか…?

その答えは否。

昨日9月9日、日本学生選手権100m決勝に進んだ桐生祥秀は、追い風1.8mという好条件のなか、スタートを綺麗に決め、先行する多田修平を終盤で捉えると、そのスピードを保ったまま1着でゴール!
速報タイムはなんと9秒99!出た9秒台!
…しかしこれで喜んではなりません。
あの伊東浩司のときは写真判定の後、10秒00になったではありませんか。
そういうドキドキのなか、出てきた正式タイムは9秒98!
ついに日本人が初めて”10秒の壁”を破ったのです。
桐生祥秀は日本陸上界の伝説になりました!

このタイムが出たときの桐生の笑顔の晴れやかなこと。
やはり彼に涙は似合いません。
かわりに泣いたのは土江寛裕コーチ。
土江コーチにとってこの3年数ヶ月は本当に苦しかったと思います。
桐生を預かったプレッシャーとの格闘の日々だったと思います。
そこから解放された男泣きに、私も胸がじーんとしました。
本当に良かったですね、”東洋大学の桐生”としての9秒台。
本人だけではなく、陣営にとっても最高の一日だったと思います。
おめでとう!

そしてこの9秒台は間違いなく連鎖してゆくことでしょう。
桐生が破った壁は”無意識のそれ”でもあるはずです。
これからの日本はドバドバと9秒台選手が誕生し、東京五輪のメンバーは全てそうなっているに違いありません。
アジアのスプリント王国誕生はすぐそこにある!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

奥原希望、バドミントン世界女王に!

2017バドミントン世界選手権・女子シングル決勝は、奥原希望(長野県大町市)×シンドゥ・プサルラ(インド)。
この2人は昨年のリオ五輪準決勝でも対戦し、そのときは奥原さんが惜しくも敗れ、我々も一緒になって悔し涙を流したものですが、そのリベンジの機会が世界女王を決める最高の舞台でやってきたわけです。
その決勝は歴史に残るような大激戦。
第1ゲームは奥原さんが21-19で奪い、第2ゲームはプサルラが序盤からリードするも奥原さんが粘り強く追いすがって逆転し、先にマッチポイントを握るも、73回にも及ぶラリーに競り負けると、プサラルに再逆転を許し、第2ゲームは20-22でプラルラ。
そうしてちょっと嫌な流れのなか迎えた運命の第3ゲームでしたけど、奥原さんの精神的・肉体的タフさはこういう我慢比べのなかでこそ発揮され、ポイントが入る度にお互いが膝に手をついて息をするような死闘になるも、執念で上回った奥原さんが22-20で制して見事な初優勝!
日本人初の女子シングル女王という快挙達成!
おめでとう奥原さん!信州のヒロインが日本のヒロインになった!
(※長野県出身者で初めて夏季五輪の個人種目メダリストになったのも奥原さん。)

リオ五輪後は怪我もあって、苦しい時間を過ごしていた奥原さんですが、この世界選手権に照準を合わせて調整していたんでしょうね。
昨年12月の全日本総合で途中棄権したときは、右肩の怪我は長くかかるかと思いましたけど、そこからの華麗な復活は本当にドラマチックでした。
奥原さんはほんと逆境に強い。
どんなときも我々に”希望”を見せてくる本物のスーパーヒロインです。

これで奥原さんが定期的に開いてくれている長野県でのバドミントン講習会もより一層盛り上がることでしょう。
この快挙に対して長野県としても何か表彰すべきですね。
知事も議会も頼みますぜ!

長野県のオリンピアンでいうと、リオ五輪の50km競歩で銅メダルを取った荒井広宙選手(小布施町)も今月の世界陸上で銀メダルを獲得し、いまの日本スポーツ界を引っ張っているのは信州人といっても過言ではありません。
奥原さんと荒井さんは2020東京五輪でも”大会の顔”になることは確実ですし、長野県内での期待と注目も想像を絶するほどに高まることでしょう。
3年後の2人の競技の時間、信州では屋外から人影が消えると思います。
もし、いたとしてもスマホの画面に釘付けになっているはずです。
そして、手に汗握る興奮の後、歓喜の叫び声が信州の山々に木霊する。
楽しみですねえ。

また、この東京五輪に向けて、長野県では有力な若手選手に対して練習環境面などでサポートする〈オリンピアン育成支援事業〉という制度を導入しています。
今年度それに指定された選手のなかには、リオ五輪のシンクロ銅メダルメンバーである箱山愛香選手(長野市出身)と同じ〈長野シンクロクラブ〉に所属する選手が2人いて、信州人オリンピアンの系譜が受け継がれようとしていることも嬉しい限りです(2人ともジュニア五輪で結果を出している好選手)。

2020年は”信州五輪”になるかも!
人気ブログランキングへ

期待の若者をそっと見守る

2013年にあのレアル・マドリードの下部組織(カンテラ)と契約したことで話題になった当時9歳の天才少年・中井卓大くん(2003年10月生まれ)ですが、そこからすくすくと成長し、この8月(2017年)にはU15に昇格したとのことです。
この先はU17、U19、Bチーム、そしてトップチームですから、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウのピッチに立つ姿が見えてきた…、といいたいところですけど、カンテラからトップまで真っ直ぐ進むのは4%ほどの割合だそうなので、現実的にはかなり難しいでしょう(しかも日本国籍なのでEU外枠)。
ただ、レアル・マドリードで上のカテゴリーに勧めなくても、他クラブに移籍して、そこからヨーロッパで活躍している選手もたくさんいるので、U15まで行けばかなり期待は出来るんじゃないでしょうか。
”出戻り”で白いユニフォームに袖を通す選手もいますしね!

それにしても中井くん、通称”ピピ”は、いまどんな選手になっているのでしょう?
外国のアンダーカテゴリー所属だけに日本の我々には情報がほとんど入ってきません。
地元の新聞で少し取り上げられた記事や、乾貴士(リーガのバイエル所属)が中井くんと一緒に映した写真をSNSに載せたのを見ながら、「大人になってきたねえ」「背も伸びた」といって成長を確認するくらいです。
しかし、今後はおそらくU15日本代表に選ばれるでしょうから、そこで実際のプレイを観ることもできるはずです。
情報が少ないだけに虚像だけが独り歩きしている感もありますが、それが”巨像”(白い)であることを楽しみに待ちましょう。

そしてそのアンダーカテゴリーの情報でいうと、それが多すぎてもまた違った意味の虚像を作り出すような気がしてなりません。
サッカーではなく、日本野球ですが、高校3年生の清宮幸太郎選手が、本塁打の高校通算記録を昨日25日、今日26日と連続で更新したという話を新聞やテレビが大々的に報じていますけど、それはそんなに大事なのでしょうか?
聞けば、その通算記録というのは公式戦だけではなく、練習試合も含み、昨日今日はU18野球日本代表としての練習試合で、対戦相手は千葉工業大学と日本大学だったというではありませんか。
対戦相手が大学生でも高校通算なのでしょうか?中学生でもいいんでしょうか?なんだかよくわかりません。

この清宮くんは、リトルリーグの世界大会で優勝しただけではなく、お父さんが早稲田ラグビー部の監督を務めていたこともあって、小さな頃から頻繁にメディアに登場してきました。
それが高校に進むと報道はより過熱し、公式戦で成績を出す前からスター扱いを受け、1年生の夏の甲子園大会ではそれなりに活躍したものの(2本塁打)、その後は甲子園の土を踏むことがなく、実力のほどは一般には未知数といっても過言ではありません。
それをメディアが”高校通算”という基準もへったくれもない記録でもって脚色しているのですから、まさに虚像の独り歩きです。

これまで高校野球では数々のスターやアイドルが生まれましたけど、彼らはみな甲子園で結果を残してその地位を手に入れたのです。自然発生的なものといっていいでしょう。
それなのになぜメディアは清宮くんだけを例外的に扱うのか私には理解ができません。
西東京大会の「今日の清宮くんの打席」が全国ニュースで流れたのを観たときは私も頭が混乱しそうになりました。
日本のメディアは、まだ結果を出していない18歳のうわべを飾り立てていったい何がしたいのでしょう?
野球人気回復の起爆剤にしたいのかもしれませんが、利用するだけ利用して、今後清宮くんがどうなろうが知ったこっちゃない、という具合にしか見えません。
未来ある若者に対しては、じっと見守ることが一番の応援だと私は思います。

スペインの中井くんの取材へは絶対に行かないでくださいね!
人気ブログランキングへ

飛ぶも飛ばぬもあってなきが如し

今年2017年の夏の甲子園大会(99回)は今日8月23日に決勝が行われ、花咲徳栄高校(埼玉)が広陵高校(広島)を14-4で下し、埼玉県勢初優勝という記録で幕を閉じました。
埼玉は強豪のイメージでしたけど、初優勝というのは意外でしたね。
今年の大会は大阪桐蔭の春夏連覇が見所といえば見所でしたけど、「プロ大注目!」という選手がおらず、当初は地味な雰囲気でしたけど、総本塁打数が異常なハイペースで積み上げられてゆき、最終的には”68本”という新記録になったこと、そして広陵高校の中村奨成捕手が”6本塁打”という凄まじい新記録を打ち立てたことで、終わってみれば歴史的な大会でした。
テレビや新聞も中村捕手に大いに助けられたことでしょう。
(仙台育英の選手による相手一塁手の足蹴り問題ももっと報じるべき。)

しかし、今大会の本塁打数はやはり異常です。
なにしろ、14年が36本、15年が32本、16年が37本だったのに、いきなり68本になるのですからね。
その要因について、野球解説者なるひとたちがメディアで語っていたところによると、「選手の体格がよくなった」「フルスイングを意識するようになった」「今年は投手のレベルが低い」とのことですけど、体格や意識というのは1年で大きく変わるものではありませんし、投手のレベルが低いといったって、普段の年もレベルの高い投手は数えるほどしかいません。ましてや今年は打者にも目玉が少ない大会だったんですぜ。
しかも、今大会は下位打線の打者の本塁打も多く、なかには地方予選で0本塁打の6番打者(2年生)が甲子園で2打席連続本塁打を放つという珍事まであったのです。
テレビ中継のメイン視聴者である高齢者だって、「体格がー、レベルがー」で納得するわけがありません(私の父もめちゃくちゃいぶかしんでいました)。
ちなみに地方予選の総本塁打数は、昨年と比べて少し増えたといった程度です。
試合後の複数の打者が「甲子園はボールがよく飛ぶ」といっているように、これはこの99回大会だけの問題なのです。
(※中村奨成捕手の広島県予選の成績も打率.176・2本塁打。)

ずばり、最も疑うべきは”ボール”といっていいでしょう。
インターネット上では早くから”飛ぶボール疑惑”が囁かれていますしね。
ただ、その疑惑については、スポーツ紙が運営側に取材したところ、「毎年同じものを使っている。反発係数もきちんとチェックしている」という答えが返ってきたと報じられています。
しかし、ここにはしれっとした嘘があります。
事実でいえば、甲子園で使うボールは定期的に反発係数やメーカーが変わっているんです。
たとえば、かつてプロ野球でも問題になった”飛ぶボール”は甲子園でも使われていて、06年大会で60本という異常な記録が出てしまったので(前年は32本)、翌年には低反発のものに変えて24本に激減しているんです。
ただ、その翌年にはいきなり49本というV字回復を見せているのですから、「反発係数のチェック」というのはどこまで信じていいのかわかりません。

そう、実はそのチェックは信じなくていいんです。
野球規則の既定では、「150センチの高さから大理石板に落として」「85.0センチ~105.0センチ」弾んだボールが公式球になるとあるんですけど、それをなんと”目視”で計るんです。
ですから、”同じメーカーの同じボール”といったって、かなりの誤差が生じるわけですし、大会運営側とメーカーが共謀してわざと誤差を生じさせる可能性も否定できないわけです。
しかも、野球規則には、反発係数を計る際に使うボールの乾燥具合も、大理石の種類も、その場の海抜(気圧)も基準がないのですから、こんな規定はあってなきが如しですよ。
野球というスポーツにとって、ボールの反発係数というのは試合を左右するだけではなく、記録という面でもとても重要な要素であるのに、それをあやふやにしているというのは、野球自体の価値まであやふやにしてしまうと私は思います。

ただ、最後にこれだけは書いておきます。
中村奨成捕手の今大会の打撃成績は、打率.679(28打数19安打)6本塁打17打点という驚異的なものです。
本塁打記録がなくてもずば抜けているといっていいでしょう。
しかも彼は捕手なんです。
昨今、「日本野球界には強打の捕手がいなくなった」という嘆き節が聞かれるなかで、彼の存在はひとつの光明といっていいでしょう。
広陵高校の中井哲之監督も、教え子であるジャイアンツの小林誠司捕手(広陵OB・WBC代表)を例に出し、「中村の方が全然上です。比べちゃいかん。ものが違う」という小林捕手が可哀想になるくらいの評価をしていますし、我々野球ファンも大いに期待していいはずです。

プロになっても、キラキラした目で「10割バッターを目指す」といい続けて欲しいですね。
ドラフト会議が楽しみです!
人気ブログランキングへ

2017世界陸上ロンドン大会を振り返る

8月4日(~13日)に始まった今年2017世界陸上は、我々日本にとっては2020東京五輪を見据えた大会ということで、陸上関係者も、ファンと国民も前途に光明を見出したかったわけですが、序盤の成果は男子100m準決勝に3選手が進出したというものくらいで、人気のマラソンでは男女ともに入賞なし(22年ぶり)、他の種目でも予選通過者が出ないという寂しい状況でした…。
そういう悪い流れのなかで我々に希望を届けたのは200mのサニブラウン・A・ハキーム。
9日の準決勝を通過すると、翌10日の決勝では足を痛めたなかでも7位という健闘を見せてくれたのです。
18歳5ヶ月での決勝進出は史上最年少であり、世界のひとびとにもこの日本の若者が将来のスター候補であることを認識させたといっていいでしょう。サニブラウンは東京五輪の”顔”になるかもしれません。
(※選手への親しみを込めて敬称略。)

そして12日は、この大会で最も期待されていた男子4×100mリレー。
この種目は昨年のリオ五輪で銀メダルを獲得していますから、そのメダルのバトンも繋いで欲しいところです。
午前中(現地ロンドン)の予選1組を多田修平・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥というメンバーで3位で通過した日本ですが、タイムは全体の6位ということで、メダルは遠くに霞んでいました。
そこで苅部俊二短距離コーチが下した決断は、調子が上がらず、バトンも上手く繋げられなかったケンブリッジを外し、ベテランの藤光謙司を起用するという思い切った策。

しかし、不調といえどもケンブリッジは昨年の五輪の銀メダルメンバーであり、100mのベストタイムは10秒08で、藤光の10秒23とはかなりの差があります。
これでもし順位を落とそうものならば、選手たちと苅部コーチとの信頼関係は崩壊するでしょうし(ケンブリッジとは特に)、世間からも大きな批判が巻き起こったはずです。
苅部コーチはそれをわかった上で職を賭した決断を下したわけです。

そして結果、日本は見事な銅メダル!
ハムストリングを痛めたウサイン・ボルトのジャマイカが失格したことが大きかったとはいえ、38秒04という好タイムで中国やフランスといった手強いチームを置き去りにしたのですから(4位の中国は34)、世界の表彰台に相応しい走りだったといっていいでしょう。
日本らしい淀みのないバトンパスはもちろん、多田のロケットスタート、飯塚の安定した走り、桐生のコーナーワーク、隣でボルトが倒れるのにまったく動揺しない藤光の落ち着きという個人の力強さも目立ちました。
このリオ五輪に続くメダル獲得で、”日本人はかけっこが速い”ということを世界に認識させたといっても過言ではありません。
これは日本陸上界の自信になるだけではなく、あらゆる分野の日本人アスリートが世界に出てゆく上での精神的アドバンテージになるはずです。なんといってもかけっこはスポーツの基本ですからね。

また、今回の400mリレーは、当初はサニブラウンが起用される予定だったものの、個人種目で足を痛めたためにメンバーから外れ、それでも日本は予選をしっかり通過し、決勝では不調のケンブリッジを藤光に代えてもメダルを獲ったのですから、”選手層の厚さ”には驚くばかりです。
しかも、リオ五輪メンバーの山縣亮太は怪我からの回復が遅れて今回の世界選手権には出場できませんでしたし、そのリオ五輪の頃の多田修平は一般にはまったく知られていなかったわけですから、”第2の多田”だってまだまだ国内にいると思うんです。
男子4×100mは今後も日本の得意種目になってゆくに違いありません。

そしてその新たなる得意種目でいえば、男子50km競歩(13日)は興奮しましたねえ!
リオ五輪銅メダルの荒井広宙が2位、世陸初出場の小林快が3位、同じく初出場の丸尾知司が5位ということで、日本勢の強さを世界に見せつけました。
長野県の我が家では荒井選手(小布施町出身)に大注目していましたから、ゴールの瞬間には私も思わず相方とハイタッチ!
終盤に4位のウクライナ選手がひたひたと近づいてくるのが怖かったですけど、荒井と小林が息を合わせてギアを上げて振り切ったのは今大会の名場面のひとつですよね。
これで荒井さんは東京五輪の顔のひとりになりそうですし、長野県ではもはや押しも押されぬ大看板です。
県は昨年贈呈したスポーツ特別栄誉賞を上回る賞の創設を検討すべきですね!

そのようにリレーと競歩の活躍でなんとなく明るい感じで終わった2017世界陸上ですが、大会を終えた伊東浩司強化委員長は「厳しさの方が大きい」という感想を述べていました。
結果としては”銀1・銅2・入賞2”ということで、前回大会の”銅1・入賞1”、リオ五輪の”銀1・銅1・入賞2”を上回ったわけですが、五輪開催を控えた国としては物足りないということなのでしょう。
確かに入賞者(決勝進出種目)がもうちょっと増えてゆかないと、国民に対しても成果を語れませんよね。

しかし、私は今大会を眺めていて、結果とは別なところで光明を見た思いがします。
それは銅メダルを獲得した直後に藤光が、「予選を走ってくれたケンブリッジと、サポートしてくれたハキームの分まで走りたかった」と語ったチームとしての団結。
今回の藤光は個人種目には出場せず、リレーの補欠メンバーとして、走るかどうかもわからないなか、コンディションとモチベーションを維持していたのもフォアザチームの精神を体現していました。
そして50km競歩でも、兄貴分の荒井が練習でも本番でも若手2人を引っ張り、世界と戦えるチームを作っていたのも印象的でした。
陸上は基本的には個人種目ですけど、国や所属クラブというチームがベースにあり、そこでの団結が力になることを再認識させられたといっていいでしょう。

その団結の力があれば、日本陸上はもっともっと強くなるはずです。
そして、現代スポーツを支えるのは成熟した社会であり、その団結に我々国民ひとりひとりが繋がっていることも忘れてはなりません。
それが東京五輪に向けての光明を描く!
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード