fc2ブログ

2024新設のスタジアムに幸あれ

昨日2月23日からいよいよ2024年のJリーグが始まるということで、その開幕戦たるサンフレッチェ広島×浦和レッズがNHKで中継され、多くのみなさんが視聴したと思いますけど、両チームともに代表クラスを複数抱える強豪とだけに試合はレベルの高いものでしたし、なによりもつい先ほどこけら落としをしたばかりの〈エディオンピースウイング広島〉が本当に素晴らしい球技専用スタジアムであり、そこに集った3万のサポーターたちの満足感と高揚感がテレビ画面から溢れていたのが印象的でした。
このピースウイングは1階観客席からピッチまでの距離がとても近く、2階席は傾斜角もほどよく急になっていて、どこからも観やすそうですし、声援もいい感じで響きそうです。
広島市(旧広島市)のスタジアム構想は70年以上前からあったものの、遅々として進まず、ようやくの完成になったわけですから、スポーツを愛する広島市民たちの喜びもひとしおだったことでしょう。
記念すべき開幕戦も2-0で勝利して最高の気分だと思います。
本当におめでとうございます。
私もいつか訪れてみたいものです。
我が長野パルセイロがJ1に昇格するのはいつになるかわかりませんが…。

また今年はこのピースウイングの他にもツエーゲン金沢の〈金沢ゴーゴーカレースタジアム〉がこの2月18日にオープニングマッチを行っていますし、秋にはV・ファーレン長崎の〈ピース スタジアム コネクテッド バイ ソフトバンク〉(通称ピースタ)が完成し、10月からはそこをホームに試合をすることになっています。
1年に3つの新スタジアムがオープンするというのは過去になかったはずなので、Jリーグ全体が活性化されそうですし、3つとも”市の中心部に近い立地の球技専用”という共通の特徴もあるので、それが今後のJリーグのスタンダードになって行く予感がします。
気軽に立ち寄れるというのは間違いなくファンの間口を広げますし、小中高生が親などを伴わず自分たちだけで公共交通機関もしくは自転車でも足を運べる迫力満点のスタジアムというのは本当に大きいと思います。
長野市のUスタはスタジアム自体は負けていないのに立地が…。

それにしてもここ10年ほどで球技専用(サッカー専用orラグビーも兼用)のスタジアムは本当に多くなりましたよね。
Jリクラブのホームも半数ほどが専用スタジアムになっているというのは90年代からすると夢のようです。
それに慣れてくると陸上競技場と兼用のスタジアムは気抜けしてしまいますし、自分のクラブが専用スタジアムじゃないサポーターは他のクラブを心底羨ましく思っているはずです。
観客席とピッチの間にトラックが挟まっていると、選手たちの声や息遣いが聞こえないのはもちろん、ボールを蹴る音や選手同士のぶつかり合いも遠くに感じられ、”生々しさ”というスタジアムならではの魅力はどうしても減退してしまいます。

さらにいうと、陸上兼用のスタジアムはだいたいが市の外れにありますよね。
その建設理由の多くが”国民体育大会のため”、つまりは数十年に一度のイベントにおける県のメンツを立てるための一過性のものだけに、それ以降も頻繁に市民・県民が利用するという考えが皆無となり、立地の優先順位が下がってしまうせいです。
国体をやるからには立派で巨大な競技場が要る、それには広い土地が必要だが市の中心部で探すのは難しいし金がかかる、どうせそのとき限りの競技場だしそれなら市の外れでいいだろう、国の国土計画にも「均衡ある発展」(国土利用計画法)というのがあるのだからなにもないところに新たに競技場を建設するのはそれに則っている、というわけです。
こうやって税金を無駄にしてきたのが日本のスポーツ行政です。
日本のスポーツのレベルアップにも、国民がスポーツをエンターテイメントとして楽しむためにも、まったく寄与していません。

その税金でいうとサッカー専用スタジアムの建設の必要性を疑問視する声があるのも確かです。
J2J3だと数千人が集まる試合が月に2~3回というのはあまりにも稼働率が低いというわけです。
それも真実のひとつでしょう。
しかし世界標準からいうと、スタジアムには商業的な価値だけではなく、市民の心の拠り所、地域のランドマーク、教育と連帯の場という意味があるといわれています。
これは確かにその通りでしょう。スタジアムはそこに存在するだけで価値があり、また利用したときには多くのひとが集まって交流を深め、そこで大人から子供になにかを伝えることもできるというわけです。
また昨今、天災の多い日本ではスタジアムには物資の備蓄と集積の場という機能が期待されていますし、そのためにもやはり市の外れよりはできるだけ中心部にある方がいいということになります。

とはいえ、私はやはりスタジアムは経済的利益を生むことを忘れてはならないと思っています。
WEリーグやなでしこリーグやラグビーでも会場にして稼働率を上げたり、商業施設やアミューズメント施設を併設して試合のない日でもひとを集めたり、国内外に向けた観光資源にしたり、とにかく使い倒さなければなりません。
「無駄だ無駄だ」とケチをつけている暇があったらアイデアを捻り出すべきなのです。
そのためには利用しやすい市の中心部に建てる、市の外れであれば交通インフラを整備するというのはお金がかかっても大切な投資です。
そうすれば20年後30年後にはレガシーとしての価値も出てきます。

私の住む長野市でも98年冬季五輪の会場だったMウェーブとビッグハットなどは競技だけではなく種々の催しでも頻繁に利用されていますし、ホワイトリングは棚ボタながらBリーグの信州ブレイブウォリアーズのホームになったことで市民は密かに喜んでいますし(千曲市のみなさんごめんなさい)、箱モノはしっかり使って行けば価値が出てくるんです。無駄にはならないんです。

とにかく箱モノで遊ぶこと、楽しむことです。
大人たちのそういう態度を次世代も見ているのです。
2024オープンの3つの新スタジアムが地域の宝物になることを私も願っています。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2023年9月の欧州遠征、トルコ戦は控え組のテストとなりました(後)。

(続きです。)
トルコの猛烈な逆襲によって点差はわずか1となりますが、このままトルコにしてやられてなるものかと後半18分、久保からのスルーパスを受けた左WGの前田大然が狙いすましたようなクロスをゴール前に供給、これに合せたのはセルティックのチームメイト・古橋亨梧!
しかしスコティッシュ得点王のシュートは惜しくもポスト!この日の古橋はツキがない!

このすぐあとの日本はトルコの勢いを殺すために伊藤敦樹→遠藤航の投入。
森保一監督からの”勝ちに行く!”というメッセージです。

後半20分にはトルコにゴール前でボールを回されてからヘディングシュートを食らうもシュミットダニエルががっちりキャッチ。
28分のトルコの8番がカットインしてからの左足はシュミットがパンチング。
そのすぐあとには17番に強引に左からPAに侵入され、右にパスを振られてから7番の強烈なシュートを食らうもシュミットが足でセーブ。
そして30分のトルコのカウンター、チャルハノールの浮き球スルーパスは町田浩樹のヘディングクリア。
このあたりの時間帯は完全に敵のペースでした。
我々日本の観客・視聴者は息が詰まりそうでしたけど、ヘンクのスタジアムの大半を占めたトルコサポーターはヤンヤヤンヤの大騒ぎ。
3-0の前半は自分たちのチームに大ブーイングをかましていたくせに、ドネルケバブのような手の平返しです。

しかしトルコが前掛かりになっているときというのは日本が得意とするカウンターのチャンスでもあります。
後半30分のトルコのCKを中央で弾き返すと、そのこぼれ球を拾ったのはIJ伊東純也。
前方に広大なスペースがあるのを見たIJは相手の16番と競り合いながら60mを爆走!
速い、速すぎる!
そしてPAに侵入し、古橋に決定的なパスを出そうかというそのとき、16番がたまらずIJを掴み倒し、もちろんPKの判定。
これをIJがGKの逆をついてしっかり決めて4-2に!
完全なる自己完結、さすがイナヅマ純也です!

これで一気に流れを掴みたい日本は後半34分に町田→冨安健洋で守備をがっちり固めに来ます。
ボランチに遠藤、CBに冨安がいると、テレビで観ていても安心感がハンパないです。

IJのスーパープレイでトルコもがっくり来ていた後半37分、シュミットのフィードを収めた前田が左サイドから中央に運んでスペースを作ると、そこに駆け上がってきた伊藤洋輝にパス、フリーでもらって余裕があった伊藤は狙いすましたクロス!
これにいいタイミングで合わせに行ったのはもちろん前田!大きなワンツーのプレイ!
…だったのですが、なぜか田中碧が前田の前に飛び込んできて無理な体勢からのシュートも枠の外。
完全に邪魔をされた前田はめちゃくちゃムッとした顔をしていましたけど、観客や視聴者も同じ気持ちだったことでしょう。
田中の状況判断は意味不明でした。

38分には日本の波状攻撃からいったん相手にボールを奪われかけるも、遠藤が奪い返して久保建英にパス、久保のシュートは相手DFにブロックされるも、分厚い攻めでした。
また守備では42分、左サイドの裏をロングボールで狙われ、冨安がキープしたボールを相手に奪われたのをまた冨安が奪い返し、そこからすぐさまカウンターを狙ったロングフィード。
これは前線に合わなかったものの、冨安のプレイのレベルが高すぎる。

終盤の日本は暑さもあって疲労した選手が多かったためペースを落とし、トルコも4-2という状況で戦意に乏しく、そのままゲームセット。
途中ちょっとハラハラしましたけど、終わってみれば要所を抑えた日本の完勝でした。
トルコは局面は強かったものの、チームの完成度は低かったので、いまの日本の敵じゃなかったですね。

この試合の日本はドイツ戦から10人ターンオーバーで控え組中心の構成ながら、久保の圧倒的存在感によって攻撃はある程度形になっていましたし、守備も個の能力の高い選手が揃うトルコ相手に2失点ならまずまずだったといっていいかもしれません。
初出場や初スタメンが何人もいて、いままでやったことのないメンバーだったわけですしね。
そういうメンバーをトルコという難敵相手に試せたというのは、選手層を厚くするという意味では大きな収穫でした。
特に伊藤敦樹と毎熊晟矢というJリーグ勢の奮闘は森保監督を喜ばせたんじゃないでしょうか。

勝利とテストを両立させた森保監督の手腕には脱帽です。
人気ブログランキングへ

罰こそが山川穂高選手を救う

現役プロ野球選手が強制性行罪で書類送検されるという前代未聞の騒動を起こしていた埼玉西武ライオンズの山川穂高選手ですが、8月29日(2023年)に東京地検が「不起訴処分」と決め、それを受けて今日9月4日には西武ライオンズから「山川選手を無期限の公式試合出場停止処分にする」との発表がありました。
山川選手もそれに粛々と従う旨のコメントを残しています。

これに対し、ネットなどでは「不起訴なのにどうして無期限停止処分なのか?」が散見されているようです。「無罪放免ではないのか?」ということですね。
そう思うのも無理はないかもしれませんが、”不倫とその相手との諍い”は事実ですから、おそらく西武ライオンズとしては起訴されれば解雇、不起訴ならば無期限停止というのが規定路線だったのでしょう。
不倫の上、相手からレイプされたと訴えられている選手を不起訴だからといって直ちにグラウンドに立たせるのは大人から子供までもが楽しむスポーツ興行としてはかなり難しいことです。

また、今回の山川選手の不起訴は”嫌疑不十分”が理由とのことですから、どうやら示談が成立しているわけでもなく、今後、相手方が検察審査会に審査の申し立てをする可能性もあり、騒動は終わってはいないのです。
ちなみに、過去のケースを見ると、申し立てから実際の審査までは1年ほどかかるようですし、そこで起訴相当と判断されれば裁判になり、不起訴相当となっても、次に相手方は民事訴訟を起こすでしょうから、山川選手は今後数年を法廷で縛られることになるはずです。

そんな山川選手を支援するために、不起訴が決まった翌日、日本プロ野球選手会は「メディア、ファン、西武ライオンズにおかれましては、不起訴処分が出されたことを前提に、客観的事実に基づく慎重な対応を求めたく存じます。選手寿命が限られているプロ野球選手にとっては1日1日が極めて貴重なものです。山川選手が再びグラウンドでプレイできるよう、静かに見守りいただきますようお願いいたします」との談話を発表しています。
ようするに”不起訴なのだから少しでも早く試合に出せ”ということでしょう。選手会は労働組合なので当然の主張です。

ただ、私はこの選手会のやり口には疑問を感じてなりません。
不起訴となった山川選手を擁護するのはわかりますが、”不倫と強制性行での書類送検”もまた客観的事実であり、それはひととしてはもちろん、華やかなスポットライトを浴びるプロ野球選手ならなおさら許されないことです。
むしろ選手会はプロ野球のイメージを棄損した山川選手に対し、”なんらかの罰”を提示する方が正しいのではないでしょうか?

いうまでもなく、罰というのは報いであると同時に罪を償うこともあります。
山川選手がなんの罰も受けなければ、彼を非難する声が今後も響き続けるのは確実です。
私は本来ならば日本野球機構が山川選手に一定期間の出場停止などの処分を下し、それを選手会が追認し、山川選手も平伏して従うことで”プロ野球選手としての禊”を済ませるべきだと考えます。
それが世論による私刑を止める定石です。
むろん検察審査会を経て、有罪になれば話はまた別になりますが、現状、山川選手を1日でも早く復帰させるには明確な罰が必要なのです。
それは替え玉出頭の松坂大輔投手が1ヶ月ほどで復帰した”無期限”なものではなく、1年、2年という明確な期間の停止処分が妥当でしょう。
”貴重な選手寿命”を償いに充てることによって、多くのひとの理解が得られるはずです。

山川選手を救うために、プロ野球界の良識に期待します。
人気ブログランキングへ

男子バスケ、掴めパリ五輪!

この2023バスケW杯のホーバスジャパンは試合後半(第3Q以降)に無類の強さを発揮していて、1stラウンドでは敗北したドイツ戦とオーストラリア戦でも後半のスコアは相手を上回っていましたし、あの手に汗握るフィンランド戦では前半で10点のビハインドを背負うも、第3Qをイーブンで凌いだあとの第4Qを35ー15、トータル98-88という大逆転劇でした。

ですから、順位決定戦に回った8月31日のベネズエラ戦の前半が5点のビハインドで終っても、私はなんの心配もなくどっしりテレビ観戦していたんです。
多くのみなさんと同じように、ここからだ!って気分でした。
ランクはベネズエラが17位、日本が36位なので向こうが格上でしたが、今大会の戦いぶりからすると、勝てない相手には見えませんでしたしね。

ところがこの日のアカツキファイブは第3Qに入ってもギアが上がらず、ビハインドは9点に拡大。
日本の大黒柱であるジョッシュ・ホーキンソンが連戦の疲れからか身体が重そうだったのと、審判の笛が微妙に不利だったことでチームがリズムに乗れず、シュートも枠に嫌われて、本当に嫌な雰囲気でした。
バスケの負け試合ってだいたいこういう流れですよね…。

このまさかの展開に私も椅子に座ってのんびり観戦というわけには行かなくなってきて、第4Qは立ち上がってテレビにかじりつくように応援していましたが、すぐにその不安は解消され、いつの間にか跳びはねるように応援していました。
いやあこの第4Qの比江島慎は本当に凄かった。
なんと第4Qだけで3Pを4本沈め、2Pシュートも2本+1FS決めて計17得点(トータル23得点)ですぜ。
神がかるとはこのことです。
沖縄アリーナもどんちゃん騒ぎのニライカナイになっていたことでしょう。
私も彼の3Pが決まる度に興奮して家族に文句をいわれちゃいましたよ。

終わってみれば86-77の大逆転劇です。
試合後に渡邊雄太が「いつも、(これくらい)やってくれ、マコ!」とからかっていたように、比江島が第1Qからシュートをビシバシ決めてくれていたらもっと余裕のあるゲームだったはずです。
極上のエンターテイメントだったとはいえ、観ていて本当に疲れました。

そしてこの試合の結果、日本は”アジア1位としてのパリ五輪出場”に大手をかけることとなりました。
今日9月2日のカーボベルデ戦に勝てば48年ぶりの自力出場です。
また万が一負けたとしても、僅差ならば他会場のアジア勢を上回る可能性が極めて高いので、とにかく最後まで勝利を目指して1点でも多く点を獲り、1点でも少なく相手の攻撃を抑えるだけです。
(試合のカギを握るのはホーキンソンの出来だと思います。相手の巨大センターに負けるな!)

順位の決定方法は大会公式サイトも間違えるくらい複雑なので、ひょっとしたら最終的に得失点差になるかもしれませんが、コートの選手たちはそんな計算はせずに一瞬一瞬に全力を尽くすだけでしょうし、沖縄アリーナの観客たちと一丸となって五輪の切符を勝ち取って欲しいものです。
テレビ観戦するひとたちはとにかく気持ちを送りましょう。
私も家族を巻き込んで応援するつもりです。

今日はすんなり勝ってくれ!アカツキジャパン!
人気ブログランキングへ

2023バスケW杯、劇的なフィンランド戦

2023バスケW杯1stラウンド、日本(ランク36位)にとって絶対に負けられない第2戦の相手は格上フィンランド(24位)。
日本は第1Qを22-15で終えて大いに盛り上がるも、第2Qでフィンランドの3Pが炸裂すると、あれよあれよという間に36-46と大逆転を食らいます。

そして第3Qの途中12点のビハインドになったところでチームを鼓舞するかのように捨て身でダンクに行った渡邊雄太がラウリ・マルカネンに弾き飛ばされ、逆にそのすぐあとにマルカネンに豪快なダンクを決められたとき、私は心底絶望的な気持ちになりましたし、そこから最大18点のビハインドになったときは日本中が諦めかけたんじゃないでしょうか。
しかし、トム・ホーバス監督に率いられる我らが日本代表は違いました。
アカツキの勇者たちは微塵もへこたれず、攻守に渡って粘り強くプレイして第3Qを63-73を終えると、勝負の第4Qでは富永啓生が得意の3Pでチームを勢いづかせ、ジョッシュ・ホーキンソンが疲れ知らずに暴れまくり、河村勇輝が神がかったプレイを連発しての大逆転劇。

最終スコアはなんと98-88!
10点ビハインドからの10点リード!
もう凄すぎて言葉がありませんし、この試合の沖縄アリーナはニライカナイだったかもしれません!

そんな試合のPOMは間違いなくジョッシュ・ホーキンソン。
出場時間は驚異の37分32秒で、28得点19リバウンドという数字が物語っているように、攻守に渡る奮闘は目を見張るものがありましたし、その献身性も含め、ドラマチックですらありました。
日本国籍を選んでくれてありがとう!

また前半だけで14得点を挙げた最年長33歳の比江島慎の存在も忘れてはならないところです。
彼の果敢なシュートによってチームに勢いが出ましたし、それがなかったらフィンランドに序盤から呑込まれてしまっていたかもしれません。
大一番で輝くベテラン、カッコよすぎます。

冨永啓生はタイトなマークにあいながらもそれを掻い潜って後半のいいところで3Pを決めて流れを手繰り寄せてくれましたし、彼の持つエネルギーと陽の雰囲気はチームを大いに盛り上げてくれました。
もうちょっとディフェンス力が向上したら代表のスタメンになるのはもちろん、NBAへの道も見えてくるでしょうね。
彼の変態的な3Pはまさにプロのプレイであり、お金が取れると思います。

そして河村勇輝のことをなんと説明したらいいかわかりませんが、とにかく第4Qの彼は人智を超えていました。
3P×4とレイアップ+1フリースローでの15得点に1リバウンドと2アシスト。
テレビで観ていても頭がおかしくなりそうでしたけど、こうやって数字で振り返ってもわけがわからないほどです(トータルでは25得点・1リバウンド・2アシスト)。
スピードで敵を翻弄し、巧みなステップからの3P、果敢なドライブはまさに河村劇場でした。
大ヒット映画や名作漫画を思い起こすような極上のエンターテイメントでした。
会場では感極まって涙しているひともいたようですが、河村は日本国民を完全に狂わせ、彼に恋をしたひともいるかもしれません。
日本バスケの夜明けとともにニュースターの誕生です。

こうして悲願の1勝を挙げた日本代表ですが、明日8月29日は運命のオーストラリア戦です。
ランク3位のオージーに勝つのは現実的にはかなり難しいとはいえ、負けるにしても出来るだけ点差を少なくすれば”パリ五輪出場の権利”を勝ち取ることができます。
他会場のアジア勢の試合を意識しながら、チーム一丸となって執念を燃やして欲しいものです。

雄太さんをまだまだ代表引退させちゃいけない!
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード