fc2ブログ

東京15区補選、江東区のひとたちが羨ましい

国会議員の補欠選挙は当該選挙区だけの話題で終わることが多く、その争いや結果に全国的な注目が集まることは稀ですが、この2024年4月16日に公示される衆院東京15区補選は、各党の思惑が入り乱れる混沌とした状況となっていて、ネットやメディアでも関心が恐ろしいほど高まっています。
この補選は自民党の柿沢未途元議員が江東区長選挙における買収事件で辞職したために行われることになっただけではなく、その後に自民党のパーティー券キックバック問題が持ち上がったため、自民党に強烈な逆風が吹いているなか、どこの党がその批判票を集めるかで今後の政界の流れを左右しかねないような雰囲気になっています。
立憲民主や維新といった既存野党が受け皿になるのか、それともまったく新しい政党が芽吹きのチャンスとするのか…、非常に興味深い展開です。

またこの補選が注目を集めていたもうひとつの要素、それは小池百合子東京都知事の鞍替でした。
自民党の足元がおぼつかなくなっているのを察した小池知事が”初の女性総理”の密約のもと、自民党と組んで出馬をするのではないかという憶測です。
東京で圧倒的人気を誇る小池知事に与党自民党が支援に回れば鬼に金棒・虎に翼ですから、小池知事が決断すれば勝利は確定的ともいわれていましたし、幾人かの専門家は出馬の可能性をことさらに主張していました。
しかし、小池知事は立ち上がりませんでした。

その理由は様々考えられますけど、キーワードは”アラビア語”だったのでしょう。
保守党から立候補を予定のイスラム思想研究者の飯山陽さんが”アラビア語対決”と要望していたことに加え、9日に『文春オンライン』が小池知事の学歴詐称、つまりカイロ大学を卒業していないのではないかという疑惑を、小池知事の最側近だった小島敏郎氏の手記とした発表したのです。
小島氏は環境省を退官してからは東京都や愛知県の顧問、そして都民ファーストの会の幹部を務めた大物ですから、それが顔出し名前出しで告発したインパクトは相当なものありました。

小池知事は12日の定例会見で「卒業はカイロ大学が認めているものだ」といって反論していましたが、これは2020年6月に駐日エジプト大使館がフェイスブック上に「カイロ大学が小池氏の卒業を証明する旨の声明文」を掲載したことを意味しています。
ただ、今回の小島氏の告発はその駐日エジプト大使館の声明文が出された過程における小池知事の政治工作を匂わせているわけですから、小池知事の反論はほとんど意味がありません。
卒業証明にしても”カイロ大学からではなく駐日エジプト大使館から”というのはかなり不自然です。
ちなみに、小池知事は過去に自身の卒業証書を公表したことがあるものの、ロゴやスタンプやアラビア語の文章に偽造疑惑が指摘されていたため、現在はそれを証拠として使わなくなりました。
小池知事がエジプト側に声明文を依頼したのはその卒業証書に自信がなかったからかもしれません。

そもそもアラビア語は習得がかなり難しい言語といわれていて、日本育ちの小池知事が19歳でカイロ大学に入学し、それを4年で卒業、しかも主席卒業するのは現実的ではないため、多くのひとがそれを疑っているわけです。
私は疑いを晴らすなら、証明書などではなく、小池知事が流暢なアラビア語を披露したり、学生時代の論文の内容を語ったりすることが一番のような気がしますけどね…。

さて、こうして疑惑が疑惑のまま残ったことで小池知事はレイムダックと化したといっていいでしょう。
71歳という年齢や最近の体調不良のせいか独特の妖力みたいなものは失われたようにも見えますし、7月の都知事選への出馬も
不透明になってきました。
いまのところ検察が公職選挙法違反(学歴詐称)で動く可能性は低そうですが、世論が沸騰すればどうなるかわからないので、小池知事もひっそりと政界から去るかもしれません。
もし学歴詐称が本当ならば、これまで積み上げてきたキャスターや政治家としての華々しい人生がすべて嘘だということになってしまいますしね。

そしてそんな小池知事の代役(?)としてファーストの会から15区の補選に立候補予定なのがタレントの乙武洋匡氏です。
ファーストの会は小池知事が特別顧問を務める地域政党・都民ファーストの会から国政を目指して派生した政治団体です。
4月8日に行われた乙武氏の出馬会見は、小池知事の顔写真のポスターを背景に本当に派手なものでした。
それに加え、自民党と公明党、それに国民民主も相乗りするという情報も流れていたため、マスコミの扱いも”大本命”という形でした。
ただ、その会見で乙武氏はきりっとした表情で「無所属で出馬します!」と大見得を切ったものですから、多くの都民・国民はずっこけたのではないでしょうか。
誰がどう見たってファーストの会からの出馬ですし、そこの副代表に就任したという発表もあったのですから、わけがわかりません。
政党色は出したくないけど支援は受けたいというのであれば、それはあまりにも身勝手というものです。

それに天罰が下ったわけではないでしょうけど、翌9日に小島氏の告発があって小池知事が疑惑で雁字搦めとなり、さらには創価学会婦人部が乙武氏の過去の五股不倫(本人曰く時期はかぶっていないので五股ではない)を問題視しているという報道、それに自民党内でも推薦するかどうかで揉めていて結局12日に見送りを決定。
大本命だったはずの乙武氏ですがあっという間に梯子を外されてしまいました。

これで東京15区の補選はさらに混沌としてきたわけですが、小池劇場にならなかったことで有権者が冷静に各候補者の声を聴けるようになったことは選挙としては正しい状況です。
お金の力による大規模な選挙戦や人気投票ではなくなるはずです。
そうして主張や人柄を見て決めるというのであれば、青色のひとたちに勝ち目が出てきました。
東京15区、江東区の方たちには、日本を豊かに強くしてくれるのはどの候補者なのか、よくよく見定めて欲しいものです。
そうすれば江東区から日本の政治を変えることができます。

将来、子や孫に自慢ができる選挙がすぐそこまで来ているのです。
長野県に住む私は、はっきりいってかなり羨ましいです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



飯山陽さんの出馬会見に恥じ入る

著名な放送作家でありベストセラー作家でもある百田直樹さんとジャーナリストの有本香さんが昨2023年9月に立ち上げた日本保守党。
その最初の選挙になるであろう4月の衆院補選・東京15区に百田さんらが誰を候補者として送り込むのか、ネットでは大きな注目を集めてきましたが、この3月5日の記者会見でついに発表されたのは、イスラム思想研究者の飯山陽さんでした。
これには多くのひとが驚くと同時に、やっぱりそうか…と思ったかもれません。
日本保守党の看板を背負って最初に世に出て行く候補として、哲学・経歴・属性・知名度・パワーなどの要件を兼ね備えているのは飯山さんくらいですしね。

ただ、私は正直いって飯山さんほどの研究者が政治家になるなんて”もったいない”と思ってしまっています。
飯山さんは中東関連の著書がアマゾンなどで断トツで売れているように、現在、多くの日本人が最も信頼を置いている中東の専門家であり、17万以上の登録者を誇るYouTubeの〈飯山陽のいかりちゃんねる〉ではその高い知見を教示してくださっているだけではなく、日本の中東学会やメディアの問題点を厳しく指摘し、我々の感覚がそちらに引っ張られないように警策で叩いてくれる稀有な存在として知られているわけです。
私も個人的に、自分が前々から持っていた中東に関する見方や日本の専門家へのもやもやを言語化して晴らしてくれたのが飯山さんなので、大きな信頼と敬意を抱いています。

そんな飯山さんが選挙に出るとなれば、書籍の刊行のペースも鈍るでしょうし、YouTubeチャンネルの更新だってどうなるかわかりません。
イスラム研究者として飯山さんに代わるひとはおらず、出馬は日本全体に対する損失なのではないか。
日本保守党に協力するにしても外交顧問程度でよいのではないか。
政治家なんて代わりがいるのだから。
それが私の偽らざる思いでした。

しかし、飯山さんの記者会見での話を聞いていて、私は自分自身が恥ずかしくなってきたんです。
「いま日本は貧しくなっている。若者は将来に希望を持てない。それは政治のせいです。与党も野党も、みな自分のこと、お金のことばかり考えて、国民の生活や国の未来、国益を考えているひとが誰もいないからです。いま日本に必要なのはクリーンで豊かに強くする政治です」
「私は家事と子育てをしながら忙しく働いてきました。でも、だからといってそれを理由に政治に参加しないというのであれば、普通の女性は政治に参加できないということになる。政治が特権階級のものになってしまう」
「私は大学院のときの国費留学によって専門家としてのいまがある。だから国に恩返しがしたい。私を育ててくれた日本のため、日本を愛するみなさんのため、がんばって行きたい」
「立ち上がったばかりの日本保守党にとって国政選挙は非常に厳しい戦いになるが、ノルマンディー上陸作戦のように、誰かが先陣を切らなければ後続部隊が続かない。たとえ傷つき倒れたとしても私がそれをやる」(百田代表代弁)
飯山さんの口から出てくる言葉にはどれも真心がありました。
日本を愛し憂う気持ち、日本女性に選択肢を与えようとする姿勢、百田代表らへの義理人情、それらが詰まっていて視聴者の胸を打つような出馬会見でした。

本来、こういう志の高い人物こそが国会議員になるべきなのです。
専門分野で一等の評価を受け、”国会議員にするにはもったいない”ようなひとこそがバッジを付けるべきなのです。
私はどこか日本の政治を低く見ていたのかもしれません。今後もよくならないと思っていたのかもしれません。
それがいまは飯山さんや百田さん、有本さんのおかげで目が覚めたようになっています。
東京15区(江東区)の有権者のひとたちも、この出馬会見の映像をYouTubeの〈ニュースあさ8時!〉などで見たら、きっとなにかが変わるはずです。
自分たちの代表として国会に送り込むべき人物が誰なのかすぐにわかります。

まだ会見の映像を見ていないというひとがいたら、私もぜひ教えたいです。
江東区に住んでいる親戚や知り合い、誰かいたかなあ…。
人気ブログランキングへ

派閥を辞めたはずのひとが解散を宣言するという不可解さと不快さ

岸田文雄総理といえば、総理に就任する前の2019年のテレビ番組で「総理になったらなにをしたいか?」と問われ、「人事」と即答して視聴者を大いに戸惑わせたように、政治信念ややりたい政策というものがなく、就任後もLGBT法や減税案など、その場の思いつきで突っ走るという理解困難な人物として知られています。
その岸田総理は昨2023年11月からの政治パーティー券問題でも、自ら会長を務める宏池会にも闇キックバックがあることがわかってくると12月に突然「派閥を離脱する」と宣言したのですから、本当にいつも思いつきです。

そうして自身を責任の外に置いた岸田総理は、最もパーティー券の闇金が多かった清和会の大臣・副大臣の計9名を更迭すると同時に、羽生田政調会長も辞任に追い込み、岸田政権をクリーンアップしたように装うという人事の岸田ならではの荒業を慣行。
しかし年末に調査された内閣支持率は一向に回復していなかったので国民は評価しなかった模様。

闇キックバック問題は今年に入っても国民の疑念だけが膨らむなか、国会議員も続々と逮捕されるかとも思われましたが、1月7日の池田佳隆衆議院議員(清和会)の逮捕で一区切りをつけた東京地検特捜部は「他の議員の逮捕は断念」との情報をマスコミにリークし、”事件”としては尻すぼみに終わりそうです。
しかし”問題”としては大きなものが残されていたため、岸田総理は自民党総裁として〈政治刷新本部〉とかいう看板だけは立派な組織を立ち上げ、収支報告書を慌てて修正したような議員も集めて党内改革に向けた議論を始めようというのですから、さすが人事の岸田です。呆れてものがいえません。
そもそもパーティー券の闇キックバックはそんな大きな話ではなく、収支報告書にきちんと記載すれば合法なのです。
パーティー券を匿名で買えることや、外国人も買えることの方が大問題といっていいでしょう。

またその初会合が11日に行われると、「派閥解体論」が噴出し、岸田総理はそれをふむふむと聞くだけでなんの意見もしなかったようですが、特捜部による宏池会の会計責任者の逮捕が囁かれ始めてきた18日、突如として「宏池会の解散を検討している」と表明して記者たちを大いに驚かせます。
思いつきの岸田はブレませんね。

ただ、ここで誰もが首を捻るのは、岸田総理は去年12月に「宏池会を離脱する」と述べていたことです。
会員でもないひとがリーダー面して解散を叫ぶというのはどう考えても筋が通りません。
それとも離脱するといっていたのは言葉だけで席は残ったままだったのでしょうか?
それならそれで国民に対して嘘をついていたことになります。

ちなみに岸田総理が宏池会の会長に就任したのは2012年のことです。
それから10年以上に渡って会を仕切っている間に発生した闇キックバック、いまのところ2018年~20年の3000万円の不記載で会計責任者は立件されようとしているのです。
岸田会長から会計責任者に指示を出したという証拠がないため岸田会長に捜査の手は及ばないようですが、会のトップとしての道義的責任が消えるわけではありません。
その責任は自らが粛清した清和会の大臣らのそれと比べてどちらが大きいのでしょう?
自らに対する人事で”人事の岸田”を発揮して欲しいものです。

他派閥をスケープゴートにし、国民に嘘をつき、派閥の仲間たちを思いつきの独断専行で切り捨てる。
しかも政治信念もやりたい政策もない。
そんな人物が総理大臣なのですから、我々日本人は不幸すぎます。
人気ブログランキングへ

嫌われ過ぎて解散できない岸田内閣

10月と11月の各社世論調査による内閣支持率が”過去最低”となる30%前後を記録するなか、今日11月9日(2023年)、岸田文雄総理が年内の解散総選挙を見送る方針だということが一斉に報じられました。
先月の参院補選は与党が野党に押され気味の1勝1敗でしたし、このところは閣僚の不祥事も相次いでいるので、さすがに勝負はできませんよね。

また、岸田内閣への国民からの評価で特徴的なのは、前の安倍晋三内閣や菅義偉内閣に比べ、”不支持率”が高いことです。
これは発足時からの傾向でもあるのですが、この1年ほどでいうと、4月5月を除いては、不支持率が支持率を上回っていて、しかも各社の直近の世論調査では不支持率が軒並み過去最高の60%強を記録しているので、はっきりいって国民からは完全にそっぽを向かれています。
それが如実に表れているのが国民から岸田総理に付けられているあだ名で、総理就任時は「きっしー」という親しみが込められたものだったのが、その優柔不断さがばれ始めると「検討使」と揶揄されるようになり、さらに最近では「増税メガネ」と憎しみが込められたものに変化しているのですから、簡単にいうと国民から嫌われているといっていいでしょう。

そうしてどんどんと不支持率が上昇し、支持率が下降するという流れが完全に出来上がったのは6月・7月の世論調査からです。
4月・5月はウクライナ訪問によって支持率が回復していたのにそこから一気に状況が悪化したわけです。
その原因をマスコミのみなさんは「主にマイナカードのトラブル」と分析していましたし、その頃テレビ・新聞がそれをネタに岸田内閣をバッシングしていたのは記憶に新しいところですが、岸田総理がすぐに総点検を命じたことでマイナトラブルは激減し、それとともにバッシングも下火になりました。
ここ最近はまったく聞きませんよね。
それなのに支持率は回復せず、不支持率ばかりが伸びているわけですから、マイナトラブルの影響が最も大きいというのはちょっと無理があります。

マスコミのみなさんは意図して避けているのでしょうけど、不支持の主原因は岸田内閣が6月16日に無理やり成立させた〈LGBT理解増進法〉ではないでしょうか。
この法律自体、国民の多くが望んでいるものではないというのに、岸田総理は国民の不安を払しょくするような説明もないまま、「広島サミットでG7各国と足並みを合わせたい」という自分の面子のみを理由に押し切ったのですから、国民が納得するはずもありません。
また、自民党内の議論では反対の声が多数だったというのに、岸田総理(総裁)がそれを無視したというやり方も独裁的でした。

これによってもともと岸田総理を評価していなかった保守層がさらに離反したという世論調査もあり、それが岸田内閣の現状に繋がっていると考えるのが自然です。
長期政権で安定した支持率を維持していた安倍内閣が岩盤支持層である保守層に寄り添っていたいたのとは対照的だといっていいでしょう。
岸田総理は”減税”によって支持率を取り戻したいようですが、それだけで保守層が戻って来るはずもなく、解散総選挙を来年春に行うとしても、岸田内閣は悲惨な結末を迎えそうです。
人気ブログランキングへ

楽しみな日本保守党

作家の百田尚樹さんが6月に本人のYouTubeチャンネルで「LGBT法案が成立したら保守政党を立ち上げます」と宣言したときは私も百田さん一流の冗談かと思い、あまり気にも留めていなかったのですが、それからすぐにジャーナリストの有本香さんが協力者として加わり、あれよあれよと話が進んで行くと、この10月17日(2023年)に2人は本当に〈日本保守党〉を立ち上げ、結党記者会見を開いたのですから、そのパワーには心底驚かされます。
先に発表された規約と綱領、そして37の重点政策項目も納得感のあるものですし、保守という看板ながら、決して右派ではなく、多くの日本人が当たり前だと感じる価値観を提示するとともに、減税に重点を置いているところなどは、幅広い有権者に訴えるのではないでしょうか。

ただ、いまのところ党としての方向性が見えておらず、国政にいきなり打って出るのか、それとも地方議会から始めるのか、そのあたりを百田さんらははっきり語っていません。
結党メンバーのなかで政治家の肩書があるのは小坂英二荒川区議会議員くらいで、いまのところ素人の集まりといった感じです。もちろん党としての組織もありません。
それを補うために河村たかし名古屋市長の〈減税日本〉との友党関係が示されたものの、減税日本は19人の地方議員からなる小さな政治団体なので、その助力は過大に評価できないところでもあります。
個人的には結党会見で”次の国政選挙の立候補予定者”を発表してもらいたかったですし、その顔ぶれによってより”注目”が集まったかと思います。

なにしろ、その注目こそが現段階での日本保守党の”組織”なのです。
驚くことに、記者会見の時点で日本保守党は、31万を超えるツイッター(X)のフォロワー数と、年6000円の党費を出す4万7000人超の党員数を抱えているというのです。
これがとてつもない数字だということは、立憲民主党が21年に発表した党員・サポーター数10万267人、日本維新の会が23年に発表した党員・党友数4万800人と比べるとよくわかるというものです。
もちろん国政選挙では支持団体や地方組織も重要になるので、党員数=国会議員の数にはなりませんが、それでも4万7000人もの党員がいれば、間違いなく幾人かの国会議員を誕生させることは可能です。
ツイッターのフォロワー数もどの既存政党よりもすでに多いので、それを支持者に変えることができれば、より可能性は広がります。

そうなるとやはりこれから党に加わるメンバーや協力関係を結ぶ政治団体が大事になってきます。
おかしなひとたちと手を組むと一気に人気が落ちてしまう危険性がありますし、かといってあまり選別していると党が大きくなりませんし、本当に難しいところです。
私はそうして日本保守党の真の形が見えてくるまで6000円を握り締めて待つことにします。
この党にはいまのところ期待しかありません。

結党会見や街頭演説の動画を観ていると、百田さんと有本さんの漫才のような話しぶりのなかに真心と誠実さが感じられます。
一般的な政治家の話ぶりというのはその真逆になるわけですが、2人には国会議員バッジをはめることになったとしても、いまと変わらない雰囲気であって欲しいものです。
そのとき、本当に日本の政治が変わるんじゃないでしょうか。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード