時代と村上佳菜子

昨日4月23日(2017年)、姉貴分である浅田真央に殉じるようにして引退発表をした村上佳菜子さんですが、報道陣に語った「すべてにおいて限界だった」という言葉は、心技体のすべてという意味なだけにとても重たいものでした。

ここ3シーズンの村上さんは国際大会や全日本でも目立った活躍がなかっただけではなく、まとまった演技をすることも難しくなっていました。
そこに下の世代からの突き上げがあり、日本国内での序列も徐々に下がっていったというわけです。
その不調の原因としては怪我もあったでしょうし、体型変化もあったと思いますけど(94年11月生まれ)、何よりもまず、いまの若手たちに比べて”ジャンプの種類”が少なかったことが大きかったはずです。
若手たちが4~5種類のトリプルジャンプを安定的に繰り出すのに対し、村上さんは不安定な4種類でずっと戦ってきました。
これでは勝負になるはずはありません。

ただ、だからといって私は村上さんがいまの若手たちと比べて劣った選手とは思いません。
これは”時代の差”です。
女子のジャンプというのはジュニアの頃に構成が定まり、シニアに上がった後に種類が増えるということはほとんどありませんけど、村上さんがジュニアだった時代のフィギュア界の潮流は、ジャンプの難度を上げたり種類を増やすのではなく、手持ちのジャンプを安定的に綺麗に跳ぶことでした。

なぜそうなったかというと、村上さんのジュニア最終年である2009-10シーズンまでは、ジャンプの回転不足(1/4回転以上1/2回転未満)はすべて”ダウングレード判定”というルールだったんです。
たとえば、基礎点5.0(当時)の3Loを少しでも回転が足りないと判定されれば、2Loにグレードが下がり、わずか1.50の基礎点となるばかりか、そこからGOE(出来栄え)もマイナスされてしまったわけです。
トリプルトリプルなどはハイリスクの代表格といえるでしょう。
現在は回転不足でも基礎点の70%はもらえるので、選手が受けるプレッシャーはまったく異なるものだったと思います。
このルールは2004-5シーズンからのものですから、村上さんなどは直撃世代といっても過言ではありません。
ノービスやジュニアをこの時代で過ごしていたら、ジャンプの種類を増やすよりも、跳べるジャンプを磨くという方向性になるはずです。
しかも、この時代はFSで3回の2Aが許されていたばかりか(いまは2回)、GOEの係数もトリプルジャンプと同じ値だったんです。
ISU(国際スケート連盟)が「複数のトリプルジャンプを跳ぶな」といっていたようなものです。

ですから、村上さんに近い世代というのは世界的に見ても修得ジャンプの種類が少ない選手が多いですし(トリプルトリプルなどは稀)、シニアに上がってからの体型変化によってジュニアの頃に跳べていたジャンプの回転不足に苦しむ選手も多くいました。
そして、そのせいか、あまり活躍した選手もいませんし、悲しいことに活動期間もとても短い…。
村上さんは同世代のなかでは最も活躍した選手だと思います。

そして10-11のルール改正によって3回転以上のジャンプがが跳びやすくなると、女子のレベルは一気に上がってゆきました。
私は毎年全中フィギュアを観にいっていますけど、国内でもそれは加速度的といっていい進歩です。
それまでのシングルスケーティングは進歩の止まった停滞期、まさに冬の時代といえるでしょう。
ですから、その時代に育った選手を”いまの視点”で評価することを私は好みません。
ジャンプの種類が少なくったっていい選手がたくさんいましたし、そのなかでも村上さんはFSの4分間を最後まで強度の高い演技で滑り続けられる類稀な選手でした。
そういう選手をいまの若い選手に比べて実力が劣ると簡単にいいたくありませんし、そういう意見に私は真っ向から反論したいと思っています。

また、村上さんといえば、バンクーバー五輪の翌シーズンに”ジュニア女王”としてシニアデビューしたことから、”次世代エース””ポスト浅田真央”としてメディアに取り上げられると同時に、日本スケート連盟からも熱心に応援された選手でもありました。
あの頃、スケ連やメディアが”次のスター”を作ろうとしていたのもまた”時代”です。
しかし、村上さんは実力がそこまで高い選手ではありませんでしたから(世界のトップを狙えるわけではなく)、世間の期待や注目というのが徐々に重荷になっていったのは想像に難くありませんし、ソチ五輪後は日本女子を引っ張る立場になったことでメンタル的にも「苦しく」なっていったのでしょう。
ファンに愛された選手も、時代には愛されなかったということかもしれません。

我々は村上さんから学んだことが2つあります。
ひとつはルールがどうあれ常に技術を追求しなければならないこと。
もうひとつはジュニア選手に過度な期待と注目をしないこと。
村上さんも今後は育成の方に進むそうですけど、きっと自分の色んな経験を生かしてくれるのではないでしょうか。

まずは『THE ICE』での最高の笑顔と元気な滑りを待っています!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

浅田真央、桜のように

「これだけたくさんの方が集まってくださってびっくり」
400人を超える報道陣の熱気に浅田真央本人が目を丸くしたように、今日2017年4月12日に行われた彼女の引退会見は国民的関心事でした。
テレビ各局は特別編成を組み、NHKまでもが午前11時半から生中継するなど、異例中の異例といっていいでしょう。

そこに「晴れやかな気持ちなので」といって輝くような白いブラウスとジャケットで現れた浅田真央の表情は、その言葉通りに一点の曇りもないものでした。
そして、冒頭の挨拶が終わり、質疑応答で、引退を決断したきっかけを聞かれると、「身体や気持ちの面で復帰前より辛いものがありました。いまのスケート界についてゆけるかなっていう思いも強くなってゆき、全日本選手権で、もういいんじゃないかなって」と語った上で、「気持ちも身体も気力も全部出し切ったので悔いはありません」と明言。
12月の全日本から引退発表まで時間がかかったことについては、「次の五輪を目指すといって復帰したので葛藤があった」とのことでした。
具体的に引退を決めたのは2月だそうですけど、全日本の演技直後も辞める雰囲気はなかったので、今回日本中がびっくりしたわけですよね。

その”葛藤”した理由については、「自分がいったことはやり遂げる、決めたことは貫く」という信念でやってきたからだと説明し、それは「母」から授かったものでもあり、自分の「頑固」さだと自己分析した浅田さん。
また、その最初の達成体験として挙げたのが「トリプルアクセル跳ぶと決めて長野県の野辺山合宿に行き、初めて跳べたこと」でしたけど、私の地元・長野県の地方ニュースではこれをとりわけ大きく扱っていました。
野辺山に〈浅田真央トリプルアクセル生誕の地〉とかいう石碑が建ったりして…。

その代名詞であるトリプルアクセルについては、「伊藤みどりさんみたいなトリプルアクセルが跳びたいと思ってやってきました。自分の強さでもあったけれども反面悩まされることもあった」と率直な思いを吐露し、その前の質問には「自分は試合にそこまで強いタイプではないので、そういう言葉(ノーミスやパーフェクト)をあえて自分にかけていた」と語っていたのは印象的でした。
浅田真央といえば、競技会を”試合”と呼ぶ唯一の選手ですが、それだけに”勝つこと””一番になること”へのこだわりが強かったのは間違いなく、いまの自分が世界のトップで戦うことが出来ないと感じたのが引退の理由ということなのでしょう。
フィギュアスケートはスポーツと芸術の中間のような競技ですけど、浅田さんはどちらかというと自分自身をアスリートでありファイターだと既定しているのだと思います。
だから、戦えないとわかったとき、潔く身を引く。
この引退のタイミングも、会見での晴れやかさも、浅田真央らしいのかもしれません。

そして会見も終了の時間となり、最後の挨拶をするために椅子から立ち上がった浅田さんでしたが、そのとき感極まったのか、初めて眼に涙が浮かび、言葉を詰まらせたままくるりと後ろを向くと、指でそれを拭い、「スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で前に進んでいきたいと思っています。みなさん応援どうもありがとうございました」といって笑顔で会場をあとにしました。

この散り際の美しさ。
日本人が浅田真央を愛してやまない理由が分かるというものです。
いまの桜の季節こそ、彼女の引退会見に相応しかったのだと思います。

そして、桜はまた咲く。
新たな人生にも幸あれ!
人気ブログランキングへ

浅田真央、引退

”現役引退”というのはどんなスポーツ選手も通る道ですし、その現役生活が晩年に差し掛かれば、ファンの側も”そのとき”を見据えながらの応援になるものです。
その意味で浅田真央の引退発表は衝撃的でした。
私も含め、多くのひとが五輪のある来季こそが”そのとき”だと思っていたはずです。
五輪への出場権を得て本当の意味での集大成の演技で現役を終えるのか、それとも出場争いで涙を呑んでリンクを離れるのか…。
そんな最後のシーズンへの覚悟はみんな出来ていたんです。
それだけに、昨日2017年4月10日午後10時51分、公式ブログに本人から投稿された引退メッセージには虚をつかれました。
日本全体がそうだったことでしょう。
一夜明け、私も少し落ち着いたつもりですが、何かがずれているような感覚が抜けません。

しかし、これは受け入れなければならない現実です。
稀代のスーパーヒロインが自ら下した大きな決断なのですから、我々はそれをしっかり受け止める必要があります。
これまで浅田さんが与えてくれた大いなる興奮と歓喜を考えれば、我々は感謝と労いの言葉を贈るしかないのです。

浅田真央という選手は、おかしなルールと政治によってフィギュアスケートが抑圧されていた時代、選手たちが自分の限界を伸ばせなった時代、挑戦が否定されていた時代にあって、ただひとりその理不尽に抗い続けた選手でした。
また、その理不尽を際立たせる選手でもありました。
ちょうど日本の国も閉塞感に包まれていた時代だっただけに、彼女の存在は競技を超えたものになっていったのかもしれません。
彼女は暗闇のなかの希望、泥に咲く美しい一輪の蓮の花、我々にとって光そのものだったのです。

そして、その光は我々を暖かく照らすだけではなく、力強く導く光でもありました。
競技会を「試合」と呼んで、真剣勝負に臨む姿。
無謀といわれようと限界への挑戦を止めなかった姿。
どんなに不利な状況にも泣き言をいわなかった姿。
そんな彼女に感情を揺さぶられなかった日本人はいないはずです。

もちろん彼女はフィギュアスケーターしても稀有の存在です。
トリプルアクセルという夢のジャンプを操るだけでなく、氷が彼女を運んでくれるような滑らかなスケート、強靭かつスタイルのいい身体を自由自在に躍らせる美しい演技、そして無尽蔵のスタミナ。
男子選手のような競技的興奮と女子選手らしい柔らかな美しさの融合こそが浅田真央の世界です。
そこにどんなプログラムをも自分のものにするセンスと器の大きさをもって、「フィギュアスケートにこんな表現があったのか」と我々を驚かせ続けてきたのです。
そしてもちろん、試合での厳しい表情と、リンクを降りたときの朗らかな表情のギャップも彼女の人気のひとつでした。
そんな選手を我々は”かじりつく”ようにして応援した。
実際の会場でもテレビでも、”浅田真央”を前にしたとき、ひとびとは期待と興奮、ときには不安に息を呑みながら、静かで熱い祈りを捧げていました。
会場全体、いや日本全体をピンと張り詰めた空気にするのもまた浅田真央の世界でした。

そういう浅田真央の魅力というのはフィギュアスケートが本来持っている魅力そのものです。
だから小さな子供がフィギュアスケートをアサダマオと呼ぶ現状が起きたのでしょう。
子供が「今日はテレビでアサダマオをやるよ!」、なんていうのを大人は笑ったわけです。
でも、私はそれを笑いません。
そして、おそらくいまではもう大人たちも笑ってはいないはずです。
日本人にとって浅田真央=フィギュアスケートなんです。

これからも我々は彼女のいないリンクにその幻を追い続けることでしょう。
最高に幸せな記憶とともに。
人気ブログランキングへ

2017世界フィギュア、男子FS(後) 最高の2人

(続きです。)
SPでのリードがあるものの、羽生結弦の321.59を超えるためには、FSのパーソナルベストを19点ほど上積みしなければならない宇野昌磨。
これは普通に考えれば現実的な数字ではないので、金博洋の303.58を捉えての暫定2位、すなわち”表彰台”を確実にしたいところです。宇野くんはまだ世界選手権のメダルを取ったことがありませんし、これは”五輪メダル候補手形”にもなりますからね。
しかし、その暫定2位のために必要な約199点も宇野くんのPB198.55よりわずかに上なんです(直前のB級大会では199.37)。
いまの宇野くんのFSはノーミスならば210点以上が期待できるものの、新時代の男子シングルは4回転や3Aでミスをすればあっという間に10点20点と削り取られるのですから、表彰台に届かなくたってなんの不思議ではありません。
ジュニア時代からのライバルに勝って五輪表彰台候補になるか、はたまた昨年のように悔し涙を呑むか、ここが宇野昌磨の分水嶺です。

そんなふうに私も演技前から手に汗握っていたのですが、リンクインした宇野くんは気負った様子もなく、タンゴと時計の針のリズムを融合させた動きですぐさま『ブエノスアイレス午前零時』の世界を作ると、冒頭の4Loをしっかり決めた!シーズン後半から導入したとは思えぬ完成度!
続く4Fは身体の開きで上手く着氷し(ドキッとしまたした)したものの、3Lzは踏み切りがずれたようなステップアウト。
さすがの宇野昌磨も緊張があるかと思いましたけど、スピンやステップでは体もよく動き、滑りはいつもに増して攻撃的。
その気持ちの強さが栄光に向かう時計の針を加速させる!
安定のスピンで前半を締め、後半冒頭のイーグル3A+3Tを豪快に決めると、しっかりした振り付けで一端間合いを取り、勝負のジャンプパートは4Tの降りでターンが入ったものの、最も重要な4T+2Tは見事に成功!よっしゃああ!
そこからイーグルで氷を切り裂き、天駆けるような3A+1Lo+3F、最後の3Sも力強く決めた!
この終盤の強さに痺れる!
ジャンプが終わってほっとした笑顔をこぼした宇野くんは、そこから代名詞のクリムキンイーグルで会場を沸かせ、コンビネーションスピンで演技をまとめると、片手を突き上げ、勝利のポーズ。
大事なジャンプで食らいつく執念、最初から最後まで音楽表現を途切れさせなかった集中力、本当にお見事でした。私も観ていてぐいぐい引き込まれました。
暫定1位は「現実的ではない」なんて書きましたけど、宇野昌磨はてっぺんが取れる男です。
FSは214.45(TES・120.03・PCS94.42)でPB、トータルも319.31でパーソナルベスト!
わずかに羽生結弦に届かなかったものの暫定2位!表彰台確保!
思ったより点が伸びましたけど、点数など関係なしに情熱溢れる演技でした。気迫でひとつひとつビッグジャンプを乗り越えてゆくからこその男子フィギュアであり、心技体を揃えて成功に向かう姿にこそ競技としての興奮があるのです。
宇野昌磨はそれを完璧に満たしていました。
そして、”演技の力強さ”という課題も、そんなものあったなあ、という感じで、すでに世界のトップと比べてなんの遜色もありません。
4回転を次々と修得してゆくなかで、演技全体の質と完成度も決しておろそかにしない姿勢、これは王者の資質といっていいでしょう。
宇野昌磨は間違いなく新時代の旗手だ!

そして、残るは最終滑走のハビエル・フェルナンデス(スペイン)。
羽生結弦のスコアは観ていないかもしれませんが、直前の宇野昌磨のスコアと会場の爆発的な盛り上がりを目にした現王者の胸中やいかに。SP1位(109.05)とはいえ優勝は容易ではありません。
そんな状況のなか、百戦錬磨の男は表情ひとつ変えずに『エルビス・プレスリー』になりきると、ロケットがついているような4T!圧倒的な迫力!
これで一気に会場を味方につけたフェルナンデスですが、4S+3Tはしゃがみ込むような着氷、次の3A+2Tはしっかり決めるも、やや不安な立ち上がり。
深いシットスピンの後のコレオシークエンスでは悪の香りを漂わせるイケメンな滑りで会場を魅了し、振り付けの巧みさで休息を取ると、そこからは勝負の後半、伸びあがるような4S!…でしたけど豪快な転倒。
しかし、そこからすっくと立ちあがったフェルナンデスは何食わぬ顔で3Aを決め、降りにイーグルをつけたところに王者のプライドが溢れていました。
そうして続く3Lzは伸びやかに跳んだものの、3連続が2F+1Lo+3Sになると、3Loはステップアウト。
こらえるジャンプや転倒から足にきていたのかもしれませんし、4Sの大きなミスで「優勝はない」という諦めから、集中力が落ちたのかもしれません。
終盤での勢いががっくり落ち、燃え尽きたような演技になってしまったフェルナンデス。会場が欧州ヘルシンキだっただけに悔しさの残る世界選手権になってしまいましたね。
それでも表彰台は確保するかと思いましたけど、出てきたスコアは192.14(98.62・94.52・減点1)、合計301.19。金博洋にわずかに及ばず4位。
この悔しさは五輪で晴らせ!

この結果、優勝は空前絶後の大逆転劇を演じた羽生結弦、2位は嬉しい初表彰台の宇野昌磨で、日本男子のワンツーフィニッシュ!
本当におめでとう、最高の気分です!
それにしても2人が歌う君が代の美しいこと。来年の五輪でもこれが見たいものです。
もちろん、そのワンツーの順番はどうなるかわかりません。宇野昌磨の爆発的な成長力ははっきりと羽生結弦を捉えています。来季の我々は嬉しい悲鳴を上げながら男子シングルを楽しむことになるでしょう。
金博洋が見事なスコアで3位になったように、この2017世界選手権は新4回転時代到来とともに世代交代の気配も感じさせるなか、日本の2人が男子シングルを引っ張っている、これは本当に誇らしいことです。
そんな2人が切り開くフィギュアスケートの未来は想像不可能、限界はまだまだ見えません。
わかっているのは、そこに素晴らしい興奮と歓喜が待っているということだけです。
2人には我々がどれだけ期待したって、それを叶えてしまう力がある。
私も最高の気分のまま来年の冬を待つことにします。
ありがとう、最高の2人!
人気ブログランキングへ

2017世界フィギュア、男子FS(前) 英雄の凱旋

ヘルシンキで行われた2017世界フィギュアを期待を通りワンツーフィニッシュで制した羽生結弦と宇野昌磨が、今日4月4日、晴れがましい笑顔で日本に帰ってきました!
空港はまさに”凱旋”といった雰囲気で大騒ぎだったようですけど、それだけ今回の2人の演技がひとびとの心を震わせるエネルギーに満ちていたということです。
2人はスポーツの素晴らしさ、フィギュアスケートの素晴らしさを我々に再認識させ、その興奮を勝利につなげることで、最高の喜びをもたらしてくれたのです。
彼らは我々の英雄であり、宝物です。

みなさんご存知のように、2017世界フィギュア男子シングルは、複数種類の4回転が飛び交う、稀に見るハイレベルな激闘でした。
しかも、SPでは羽生結弦にミスが出てまさかの5位(98.39)。宇野昌磨はPB104.86を叩きだすも、それを前年王者のハビエル・フェルナンデスに109.05で軽々と捲られるという厳しい展開。
フェルナンデスの実力を考えれば、FSではひとつのミスも許されない、そんな状況に追い込まれたわけです。

そうして始まったFS最終グループ、抽選で一番滑走を引いたのは羽生結弦。
逆転のためにプレッシャーをかけるという意味では”引き当てた”といっていい順番。”運”はある!
自分を信じきったように素晴らしく集中した表情で滑り始めた羽生結弦は、さも当たり前のように4Loを決めると、このところミスが頻発する4Sも完璧な飛翔!
2つのビッグジャンプで沸騰する空気を柔らかなビールマンスピンでなだめ、ステップシークエンスでは軽やかで繊細な足さばきで氷を煌めかせながら希望を紡いでゆきます。
その流れのまま繋ぎのような3Fをずばりと降り、自分の思いとひとびとの応援を心に収めるような振り付けから、勝負の後半冒頭は4S+3T!これを豪快に決めた!SPでミスがあったジャンプを乗り越えた!
続く4Tも目が覚めるような軌道を描くと、そこからは3A+タノ2Tと3A+1Lo+3Sで畳みかけ、足の疲労を厭わない深いシットスピン、会場のボルテージがマックスを振り切るなかのコレオシークエンスは森を吹き抜ける一陣の風。会場の声援が羽生結弦の翼に力を与える!
そうして、みんなの祈りが通じた3Lz、パーフェクトを確信した最後のコンビネーションスピン、そこには人間の域を超えた演技がありました。
これはまさに『Hope & Legacy』。
羽生結弦そのものの世界です。
それにしても、いま思い出しても指が震えます。
人間ってこんなに凄いことが出来るんだ、フィギュアスケートってこんなに素晴らしいんだ。
世界にはフィギュアを知らないひとがまだまだたくさんいると思いますけど、すべてのひとにこの羽生結弦の演技を見せてあげたい。いや、ぜひ見て欲しい。価値観が変わる一撃です。
そんなFSのスコアは223.20(TES126.12・PCS97.08)でPB!合計も321.59まで伸びた!
これは後続にとって十分なプレッシャーになる!

羽生結弦が作った異様な雰囲気のなか、ネイサン・チェン(アメリカ)は6本の4回転に挑むも、2度の転倒があって、193.39(110.61・84.78・減点2)のトータル290.72。転倒や4回転の負担から演技全体にスピードがなく、残念な内容でした。
もちろん、全米王者の重圧もあったかもしれません。SP・FSともに演技に硬さが目立ちました。
4種の4回転を操るとはいえ、彼はまだシニアデビューの17歳なのですからね。
しかし、とてつもない才能のある若者ですから、来季はまた我々を大いに楽しませ、恐れさせてくれることでしょう。
怪我だけは気をつけて!

羽生結弦の進化のきっかけとなった金博洋(中国)は、4Lzを含む4回転4本と3A2本の構成をノーミスで仕上げる圧巻の内容。この大会では課題だったジャンプの質もずいぶん向上していました。
FSは20494(118.94・86.00)でPB!合計303.58もPB!
SPもノーミスでしたし、この安定感もこの選手の大きな武器です。
今季は表現の部分も含め、演技の質を上げることを意識してやってきたみたいですけど、それが最後の試合でものになったのですから、かなりの手ごたえを得たことでしょう。
2022年冬季北京五輪までの『道』はまだまだ長い。がんばれクワドモンスター!

若手たちのジャンプの進化に「芸術性で対抗する」パトリック・チャンですが、今季ちゃっかり導入した4SをこのFSでも決めた!ものになってきましたねえ。
しかし、苦手の3A(コンビ)と後半4Tにミスが出て、FSは193.03(98.11・94.92)、合計295.16。
今季は4回転3本・3A2本という構成に挑み、それに苦しんだパトリックですが、ジャンプに集中するために”つなぎ”が少なくなっていること、後半にスタミナが切れてジャンプや滑りの質が落ちてしまうことが気になります。
ビッグジャンプで気持ちと体のスタミナを消費しているうちは”芸術性”も上がってきませんよね。
彼の口から「ジャンプが大切」という言葉が出てくるとき、あの絶対王者が帰ってくるはずです。
他の選手の4回転バトルを「高みの見物」などといっている姿は見たくない!
(長くなってきたので後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード