福岡3億8000万円強奪から考える

昨日4月20日(2017年)、福岡市中心部で起きた3億8000万円強奪事件ですが、被害に遭った男性会社員は「金塊の買い付け」のために銀行から現金を引き出した直後の駐車場で襲われたというのですから、犯人は計画的に男性を狙っていたと見て間違いないでしょう。
考えられるのは男性の会社関係者、金塊の取引相手、そして当該銀行の関係者。
そのあたりを重点的に捜査すれば、犯人逮捕もそう難しくはない、…と思いたいところですけど、”福岡・金塊”といえば、警官に変装した犯人が6億円相当の金塊を奪い去った昨年夏の事件はいまだ解決されていませんから、今回もどうなることやら。

ところが昨日の夜、事件は大きく動きます。
福岡空港から”現金”約7億3500万円を無許可で海外へ持ち出そうとしたとした韓国人の男4人が、関税法違反で身柄を拘束されたんです。
その後(21日)、逮捕された容疑者たちは、「車を買うための金だ」といって強奪事件への関与を否定しているようですけど、ここは徹底的に取り調べてしかるべきでしょう。強奪に関わっていないとしても、7億3500万円の持ち出しは悪質すぎます。
関税法で上限とされているのは”100万円”ですからね。
国際常識でいうと、多額の現金を海外に持ち出す理由は、マネーロンダリングか税金逃れです。

その税金逃れでいえば、最近頻発する”金塊密輸事件”の遠因は2014年の消費税増税だといわれています。
金は関税がかからないものの、海外で金(20万円以上)を購入する際には8%の消費税がかかる仕組みになっているので、金を日本に密輸して売れば消費税分がお得になるというわけです。
その密輸ルートには香港ルートと韓国ルートがあって、福岡は韓国から近いこともあって、その窓口になっているために金塊がらみの事件が起こりやすいのでしょう。

昨年の金塊強奪といい今回の現金強奪といい、街の中心部で白昼堂々と犯罪が行われていることに、福岡市民は不安を感じているはずです。
私もニュースで見ていて日本の事件とは思えません。どこか治安の悪い海外の国みたいです。
対策としては、外国人、特に韓国人のビザ審査の厳格化でしょうね(中国人への数次ビザは大丈夫なんでしょうか?)。
両事件とも犯人が外国人と特定されたわけではありませんが、海外から違法適法含めて大量の金塊が流れ込んでこなければ起こらなかった事件のはずです。

ビザ審査の厳格化は市や県でできることではないので、国がその気にならねばなりません。
国の姿勢が甘いから外国人犯罪者がつけあがるともいえるでしょう。
7億3500万円もの現金を”法など知ったことか”といわんばかりに堂々と持ち出そうとするのもそのためです。
犯罪増と引き換えの地方経済再生や観光立国なんて国民は望んでいないはずですぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

NHKは強姦記者とはっきりいうべき

2月6日(2017年)に強姦致傷と住居侵入の容疑で逮捕されたNHK山形放送局の記者・弦本康孝容疑者ですが、本人が容疑を否認していることもあって、NHKは何の処分も下さずにきましたけど、8日に弦本記者が山梨県内で起きた性的暴行事件にも関与していることが明らかになると、NHKもついに観念したのか、今日9日に弦本記者の懲戒免職処分を発表しました。

そんなわけで私もちょっと気になってNHKの夜のニュースをチェックしていたのですが、この事件とその処分を伝える女子アナウンサーが「女性に乱暴して怪我をさせた」といっているのを聞いて、呆れるとともに怒りがふつふつと沸いてきました。
”女性に乱暴して怪我をさせた”は間違いではありませんが、決して正しくはありません。
正しくは”強姦致傷”と”住居侵入”です。
報道機関ならばそうはっきりいうべきです。
この事件は、20代の女性の家に侵入して、眠っていた女性に性的暴行を加え、怪我をさせるという”凶悪事件”ですよ。
しかも、警察の調べでは、弦本記者は山形県内で同じような犯行を何件か繰り返していただけではなく、2013年~14年にかけては当時の赴任地だった山梨県でも複数の性的暴行事件に関わっている可能性が高いということなんです。
このままいけば、日本で起きた強姦事件のなかでも極めて大規模なものになることは確かです。
それを”公共放送”NHKの記者が行っていたのですから、国民に与える衝撃もかつてない大きさのものになるはずです。

また、この事件には不可解なところがあり、弦本記者は被害女性と面識がなかっただけではなく、警察が弦本記者の自宅と勤務するNHK酒田支局を家宅捜索したところ、女性の下着と多数の合い鍵が押収されたとのことなんです。
被害女性宅の合い鍵が見つかったかどうかはいまのところ発表されていませんが、寝込みを襲ったことからも、合い鍵を使って玄関から入ってきた可能性が高いと思われます。
そうなると、”どうやって襲う対象者を見つけたのか””どうやってその合い鍵を手に入れたのか”という大きな疑問が残るわけです。

捜査が進んでいないのでここからは私の想像になりますが、NHKは受信料名簿というのを持っていますし、新人職員には赴任地での”受信料訪問の研修”があるといいますから、そこで知り得た情報を悪用したことは十分考えられます。
また、取材を装って若い女性が住んでいそうなアパートやマンションの下調べをしていたった不思議ではありませんし、その過程で鍵をコピーするチャンスがあったのかもしれません。
いずれにせよ、”NHK記者”を利用しての犯行という可能性は大いに考えられるわけですから、NHKは内部調査をするなど、全面的に捜査に協力すべきです。

事件をやんわりと伝え、凶悪性をごまかすというやり口は、いま流行りの”もうひとつの事実”を作り出そうとしているのと同じことです。
事実と真っ直ぐ向き合わないのであれば、公共放送としても、報道機関としても、その資格はありません。
人気ブログランキングへ

対馬仏像盗難事件への理解

「理解できない国が隣りにある」
対馬市・観音寺の前住職がこぼした、この諦めと憤りの入り混じった言葉に共感しない日本人はいないのではないでしょうか。

2012年に起きた韓国人窃盗団による〈対馬仏像・仏具盗難事件〉は、複数回に渡った犯行よりも、むしろ仏像と犯人が見つかった後の韓国側の対応が大きな問題でした。
本来ならば、日本も韓国も締結している〈文化財不法輸出入等禁止条約〉という国際条約があるので、速やかに仏像が対馬に返還されるのが国際ルールというものですが、観音寺の観世音菩薩像が高麗時代の朝鮮半島で作られたものであることから、韓国内で「日本の略奪によって持ち出されたものだ」という根も葉もない説が高らかに唱えられ、韓国世論が窃盗を正当化し始めたわけです。

韓国では専門家であるはずの大学の教授が何の証拠もなしに「豊臣秀吉が持ち去った」だの「倭寇が奪ていった」だのと主張して、それをメディアが拡散すると、国民が真実だと信じ込むのですから、まったく話になりません。
そして、今日2017年1月26日、韓国の地方裁判所は「仏像は韓国のプソク寺のもの」という常軌を逸した判決を下してしまいました。対馬に返す必要はないとのことです。
その理由がまた噴飯もので、「仏像が作られた後、プソク寺がある地域に倭寇が5回侵入したという記録が残っているため、略奪や盗難など正常ではない形で対馬に渡ったと見られる」というのですけど、これは”確たる証拠はない”といっているのと同じことです。
こういう判決を許していれば、日本にある朝鮮半島由来の品々はすべて”略奪”されてしまいますぜ。

ちなみに、観音寺の前住職いわく、「仏像は李氏朝鮮時代の仏教弾圧から守るために対馬に持ち込まれ、大切に守ってきたもの」とのことですが、これにも”受け渡し証明書”みたいなものはありません。お寺に伝わる由来です。
しかし、李氏朝鮮時代の仏教弾圧というのは韓国でも認められた歴史的事実ですから、前住職の言葉にはかなりの信憑性があります。
それに万が一”正常ではない形で対馬に渡った”としても、観音寺が直接仏像を奪ってきたとは考えづらく、いわゆる〈善意の第三者〉として仏像を手に入れたことは間違いありませんし、国際法にもある〈取得時効〉の考え方からしても、観音寺は数百年間どこからの抗議もなく平和裏に仏像を拝んできたのですから、どちらに所有権があるかは明白です。

このように韓国で法や常識を蔑ろにした判決や世論がまかり通るのは、かの国が実証主義ではなく、”こうあって欲しい”という妄想主義を本質にしているからです。
日帝による過酷な植民地支配だの慰安婦問題だのとでっちあげたり、日本からの支援をハンガンの奇蹟とかいって悦に入っているのもそのためです。
我々日本人にとって、まさに”理解できない国”なんです。

また、今回の判決でその妄想はさらに広がり、プソク寺の住職などは「日本には他にも違法な形で流出した7万点の文化財がある」といって、窃盗を促すようなコメントを出しているのですから、これは恐ろしいことです。
韓国人は、日本から仏像を盗むだけではなく、神社に火を点けたり、お地蔵さんを破壊したりしていることも忘れてはなりません。
彼らは”日本になら何をしてもいい”という異常な思想に支配されているんです。
その韓国人の犯罪者たちが”旅行者”を装っていることを考えれば、事件を未然に防ぐのは非常に難しいといっていいでしょう。
一番適切なのは”入国させない”ことです。
日本政府はいますぐ韓国人の来日を制限するよう検討すべきです。

我々はもう彼らが異常だということだけは理解しました。
人気ブログランキングへ

漫画編集者を平等に

昨日1月10日(2017年)、妻を殺害したとして逮捕された講談社で『モーニング』の編集次長の事件ですが、一部のメディアが「『進撃の巨人』の編集者」との見出しを打ったことでよりショッキングなものになると同時に、「その見出しは必要なのか?」という疑問がネット上で囁かれています。
確かに、どの作品を受け持っていたかというのは事件とは直接関係がないでしょうし、新聞記者やテレビ局職員などによる事件では、容疑者が何を担当していたかなどは報じられませんから、それに比べるとかなりおかしな感じがします。
しかも、この朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者は、どうやら『進撃の巨人』の編集者ではなく、それが連載されている『別冊少年マガジン』の創刊の中心人物であり、その後は編集長待遇にあった人物だというのですから、報道そのものが間違っている可能性が高いわけです。
ちなみに、『進撃の巨人』の編集者は別にいて、ネットメディアの取材も受けているのですぐにわかります。
朴鐘顕容疑者は、編集長として『進撃の巨人』の連載の最終判断を下したという意味で、一部のメディアは「編集者」としたのだと思いますけど、これは見出し作りのための”誇大広告”といっていいでしょう。セコイやり口です。

また、”漫画と殺人事件”でいえば、捕まったのが少年だったりすると、「容疑者の自宅には何々という漫画が置いてあった」というような報道もよくありますよね。
その漫画はたいてい暴力的であったり猟奇的だったりして、マスコミは”漫画の影響を受けた”というムードを作ろうとするわけです。
今回の『進撃の巨人』も残虐描写が特徴といわれる漫画ですから、マスコミからしたら格好の獲物だったことでしょう。自分たちが巨人になって人間を捕食しているつもりかもしれません。
しかし、報道を名乗るならば、より詳細な取材をするべきですし、犯人の人格形成について何かを語りたいのならば、家に置いてあった漫画だけではなく、取っていた新聞、よく観ていたテレビ番組、定期購読していた雑誌なども平等に追及すべきです。

それに、この朴鐘顕容疑者の事件は、彼がどんな漫画を担当してきたのかということよりも、去年の8月に起きた事件がなぜこの1月まで逮捕を待たなければならなかったのかということのほうが重要だと私は思います。
報道によれば、まず朴容疑者は「妻が自宅の階段から落ちた」といって119番通報したものの、その後、「階段で首をつって自殺した」と説明を変え、警視庁が調べたところ、事故・自殺を示す形跡が見つからず、周囲の防犯カメラでも第三者が侵入した様子が確認できなかったことから、夫である朴容疑者を殺害の犯人と断定して逮捕に至ったというのです。
直接の証拠は見つかっていないようですが、状況証拠は十分に思えるので、逮捕まで5ヶ月もかかったことは「長すぎる」としかいいようがありません。

なぜこんなに時間がかかったのか?
私でなくとも、朴容疑者の”バックグラウンド”が影響したと誰しもが思うはずです。
朴容疑者の経歴や立場はかなりナイーブなものだと思いますけど、もし警視庁がそれにびびっていたとしたら大問題です。
”捜査対象者”とみなされた人物が、その”バックグラウンド”によって”容疑者”になりにくいというのであれば、法の下の平等も何もあったものではありません。
マスコミはショッキングな見出しを考えている暇があったら、警察の対応について追及すべきです。

…まあ、マスコミもまた朴容疑者の”バックグラウンド”に気を使って、あまりつつきたくないのかもしれませんけどね。
人気ブログランキングへ

ASKA騒動、笑ったのは

11月25日(2016年)に「覚醒剤使用で逮捕へ」というニュース速報があってから逮捕されたのも異例なら、昨日12月19日に「尿ではなくお茶」という言い訳で釈放されたのも異例。
今回のASKAさんの騒動っていったい何なんでしょうねえ。

ASKAさんといえば、2013年から薬物疑惑が週刊誌で報じられ、本人はそれを否定していたものの、2014年5月に逮捕されると、本人も覚醒剤とMDMAの所持・使用を認め、裁判で懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けたのが記憶に新しいところですし、当時はファンだけではなく、その歌に親しんでいた多くのひとが大いにがっかりしたものです。
そして、それがまた覚醒剤で逮捕されたわけですから、本人がいくらブログで「無実」を訴えたところで信じるのは簡単ではありません。
私ももちろん起訴されて有罪になると思っていました。
何しろ”100%正しい”という科捜研の鑑定によってASKAさんの尿から覚醒剤の反応が出たというのですからね。

ところが、19日に東京地検が下した判断は”不起訴”。
地検によると「任意提出された液体がASKAさんの尿だと立証するのが困難だった」とのことですけど、ASKAさんはブログで「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう」と思ったと書いているので、おそらく警察や検察の取り調べでもそう主張していたのでしょう。
しかし、メディアに出ている専門家によると、「お茶に覚醒剤を混ぜたものと、体内を通った覚醒剤では代謝物に差がある」とのことで、「ASKAさんから提出された液体に覚醒剤反応があったことは確か」らしいんです。科学的にも論理的にもその説明は正しいと思います。

それなのに立件できなかったというのは、その尿が本人のものであるかどうか、任意提出の際の確認が不十分だったということが考えられます。
「お茶と尿をすり替えた」という臍が茶を沸かすような言い訳に対して、毅然と否定できるだけの手順を踏んでいなかったということでしょう。
起訴したとしてもその尿が証拠として弱いとなれば、公判が維持出来ない可能性があります。
これはまさに警視庁の大失態としかいいようがありません。
そもそも、自宅で任意提出させた”液体”から覚醒剤が検出されたわけですから、ASKAさん(もしくはその家族)が覚醒剤を所持していたことは確かなんです。
これはもいうまでもなく犯罪です。それを立件できなかったということについて警視庁は厳しく非難されるべきです。

また、「逮捕へ」という速報が出たように、警視庁は逮捕前にマスコミに情報をリークしているのですから、こちらも大いに問題です。
これによってマスコミがまだ逮捕もされていない人間を犯罪者扱いしたのです。ASKAさんの言葉を借りれば、まさに「人権問題」ということができるでしょう。
しかも、不起訴決定後の警察はここまで”尿なのかお茶なのか””提出時の確認作業は正しかったのか”などの説明を一切していませんし、マスコミも一切報じていない、つまり取材していないんです。
これを見ればわかるように、警察は自分の都合のいい情報だけを漏らし、マスコミはそれを漫然と聞いて垂れ流すという、不適切な仕組みが出来上がってしまっているわけです。

東京湾岸署から出てきたASKAさんの勝ち誇ったような笑みは、そういう警察とマスコミを小馬鹿にしているようでもありました。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード