fc2ブログ

『光る君へ』はメロドラマとしては良作

”黒歴史”というのは多くのひとの思春期の1ページ、もしくは数ページに渡って刻まれているものですが、おませなロマンチストだった私もろくに読みもしない『紫式部日記 紫式部集』(新潮日本古典集成)を座右の書と定め、雅な自分を気取っていた時期があったものです。
本当に内容を理解したいのであれば、図書館においてあるような本格的な本ではなく、わかりやすい現代語訳つきの文庫本にでもすべきでしたが、仰々しいハードカバーを本棚に並べるだけで満足していたのはまさに黒歴史といっていいでしょう。
とはいえ、年齢とともに知識がついてくると『紫式部日記 紫式部集』の資料的価値や人間観察の面白さがわかってきて、実はいまでも『紫式部日記 紫式部集』は自室の本棚のけっこういい位置に並んでいるのですから、いい本は早めに買っておいても損がないものです。
歴史は見事に修正されました!

という私ですから、この2024年のNHK大河ドラマ『光る君へ』はその製作が発表された当時から興味津々でした。
「紫式部が主人公」という第一報があったものの、宮仕えという狭い空間だけだとだと地味になりそうなので、おそらく劇中劇として『源氏物語』が描かれるのだろうと想定しつつ、しかし今現在、光源氏を演じられそうな俳優などおらず、一昔前に天海祐希さんが演じたような奇策や、いっそCGで作ってしまのもありか、などと妄想したものです。
ところが、少ししてNHKから正式に発表された作品概要は私の思いもよらぬものでした。

千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性
「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は
秘めた情熱と想像力 そしてひとりの男性への想い
その名は藤原道長
変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の
愛の物語

読んでいてちょっとさぶいぼが立ちましたし、変な冷や汗みたいなものも出たかもしれません。
いま読み返してもキーボードを打つ手が震えてきそうです。
ラブストーリー大河なんていままでなかったですし、歴史のダイナミズムという大河ドラマのテーマからも完全に外れていますし、NHKの正気を疑います。
大河ドラマの”黒歴史”にならないかと正直いってかなり心配になりました。

そしてついに放送が1月7日から始まり、昨日2月18日で第7話を迎え、すでに作品の全貌が明らかになっているわけですが、やはりこの『光る君へ』は純然たるラブストーリーでした。
特に第6話の藤原道長(演・柄本佑さん)から主人公(吉高由里子)への恋の漢詩・恋の和歌の2連発は強烈でした。
井上尚弥のワンツー以上かもしれません。
私の相方などはドン引きしていました。

そしてこれには多くの視聴者、大河ファンもちょっとついてこれなくなったのか、第6話は視聴率も11.0%というこれまでの底を記録してしまいます。
というか、初回の12.7%が最高でそれ以降は下がり続けているのですから、脱落者が続出しているのは明らかといっていいでしょう。
それが戻って来るかというと、戦国時代ものなんかだと本能寺の変とか関ケ原の戦いとかの有名な話で視聴率を盛り返したりもできますが、紫式部の生涯だとそういうのも難しいでしょうし、登場人物でのブーストも清少納言(ファーストサマーウイカさん)がまったく響かなかったことから今後も期待薄です。
このままだと平均視聴率の二桁割れもあるんじゃないでしょうか。
『いだてん』が記録した過去最低の8.2%を下回ることはさすがにないでしょうけど、ネットの意見などを見ると内容への評価も低いですし、挽回の可能性がまったく見えません。

そんな『光る君へ』ですが、実は我が家では毎週欠かさず視聴しています。
大河ドラマではなくメロドラマだと思えば、なかなか楽しい作品です。
メイン俳優が美男美女じゃないところはメロドラマっぽくないものの、それが変なリアリティになっていたり突っ込みどころになっていたりするのもこの作品の個性ですし、癖になるような味付けといってもいいでしょう。
脚本も複雑な権力争いと人間関係を丁寧に描いていると思いますし、キャラクター設定もわかりやすく、役者たちもいい感じで演じてくれているので、テレビドラマとしてのクオリティは十分確保していると断言できます。

もっとも、”大河ドラマとしての満足度”を満たしているかと問われると、かなり微妙です。
残念ながらストーリーにも演出にもスケール感はまったくといっていいほどありません。
そもそも平安時代の貴族社会の現実って賄賂政治ですし、それがベースになっている物語にスケール感が出るはずもないんです。
だからこそこの『光る君へ』もラブに舵を切っちゃったんでしょうね。
紫式部を主人公にした時点で黒歴史が確定していたのかもしれません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



『セクシー田中さん』を楽しみにしていたのに

相方が連ドラ好きということで私も新しいクールがスタートする度に何本か観始めるのですが、最近のドラマは粗製乱造がすぎるせいか完走できる作品はあまりありません。
先の2023年秋クールでも結局は『いちばん好きな花』と『セクシー田中さん』くらいでしたし、『いちばん好きな花』は惰性的視聴だったので積極視聴に限ると『セクシー田中さん』だけでした。
その『セクシー田中さん』も終盤の数話はいまいちでしたけど、原作漫画が連載中だということを考えると結び方が難しいのはわかっていましたし、むしろ漫画の方を読んでみたいと思ったので、私はまんまと導線に引っかかったのかもしれません。
ドラマは話が強引だったり、キャラクターの性格や思考にわかりにくい部分があったので、原作でそれを保管したいものです。

なんて思っていたらこの1月の26日頃に原作の芦原妃名子先生が自身のXにおいて実写化の際のトラブルを告発したんです。
その内容は、日本テレビ側とは”漫画に忠実に””あらすじからセリフまで原作者が用意したものを使う”と約束していたはずなのに上がってくる脚本のプロットがまったくそうではなかったため、仕方なく毎回芦原先生が手直しをすることとなった上に、最後の9話10話は手直しではすまないくらい酷いプロットだったせいで芦原先生本人が畑違いながら脚本を手掛けることになったというのです。
芦原先生が実写化を了承したはの6月上旬だったそうですけけど、漫画連載を抱えながら10月からの連ドラの脚本をチェックしたりオリジナルを2話作るなんて想像を絶する激務です。
それを成し遂げたることができたのは偏に自分の作品『セクシー田中さん』への強い愛情のせいでしょう。
これだけでも芦原先生が素晴らしい作家だということがわかるというものです。
(ますます漫画が読みたくなってきました。)

ただ、この芦原先生の告発は日本テレビ側の不義理を指摘するものだったため、ネットやSNSでは担当プロデューサーや脚本家を非難する声が大きくなり、さらにはメディアもこれをて取り上げ始め、大騒動に発展してしまったのは芦原先生も想定外だったかもしれません。
そもそも今回のトラブルを最初に世の中に発信したのは脚本を担当した相沢友子氏であり、「最後は脚本も書きたいという原作者たっての要望があり、過去に経験したことのない事態で困惑しました」(インスタ)といってまるで”芦原先生が我儘をいった”と受け取られかねない内容だったため、芦原先生が詳しく事情を説明することになっただけなのに、ことが大きくなりすぎたのですから、先生も大変な心労だったことでしょう。
芦原先生は28日のXに「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい。」と書き残し、告発文の方は削除してしまいました。

この手の騒動は非難の応酬にならないと収束するものなので、芦原先生が引き下がったおかげで今回もそういう流れになるかと思われたものの、29日にまさかの一報が流れます。
芦原先生が栃木県内のさるダムにて自らを儚くさせてしまっているのが遺書とともに発見されたというのです。
本当に信じられない事態ですし、信じたくなかったですし、こんな不条理が許されていいものかと、私も悔しさと怒りが沸いてきて仕方ありませんでした。
遺書の内容はわかりませんが、ことが起こった背景にあるのはドラマ脚本のトラブルだと考えるのが自然でしょう。
芦原先生も激務による心労のなか、Xへの世間とメディアの反応が思いがけないものだったせいで、なにかが限界に達したのかもしれません。
本当に残念です。

いうまでもなく、このことで日本テレビ側には過去に例がないほどの強い批判が集まりつつありますが、芦原先生がいうように我々は攻撃的になりすぎてはいけませんし、芦原先生がすべてを賭して告発したことを無にしないように未来へ繋がる議論をせねばなりません。
問題の本質は日本の漫画・小説原作の映画・ドラマ制作において、作者の意向を無視した原作改変が度々行われてきたことにあります。
『はじめの一歩』の森川ジョージ先生が「業界では幾度も繰り返されてきたことではあるが、今回の件はもう取り返しがつかない。とにかく残念だ」と嘆いているように、原作の”改悪”は業界関係者からしたらお馴染みのことなのでしょう。
有名な話ですが、『おせん』のきくち正太先生などは酷すぎる改変ドラマを観たショックで筆を折りかけたといいます。
日本のテレビ局や映画会社は自分たちに企画力が足りなく漫画・小説に頼りきりのくせに、原作を蔑ろにするのですからあまりにも傲慢です。

今後はとにかく実写化の際の契約をきちんとすることです。
そしてそれを誠実に履行しないテレビ局と映画会社があれば社会がそれを絶対に許さない、そういう日本になれば原作と原作者も救われるというものです。
コンテンツも作家も日本の宝だということを我々は強く意識せねばなりませんし、改悪によってそれを棄損することは日本の文化とその周辺産業の衰退に繋がるというくらいの危機感を持ってしかるべきです。
芦原先生はそれを我々に教えてくれたのです。

日本テレビはそんな芦原先生への最後の誠意を見せるためにも、制作の内情を明確に説明し、その上でトラブル防止対策を発表すべきです。
マスコミが他者にはよく強要する記者会見を開いてもいいでしょう。
なにもしないのであれば原作付きのドラマを手掛ける資格は未来永劫ありません。
人気ブログランキングへ

実写版『幽☆遊☆白書』に期待すること

「日本漫画の実写化」と聞くと多くの日本人が不安感と嫌悪感を抱くように、ドラマや映画で毎年数えきれないほどの漫画原作作品
が作られるなかで、成功と呼べる作品は年に1本あればいい方で、そこにたどり着くまでには死屍累々が横たわっているというのが実情です。
その原因については専門家や漫画ファンが喧々諤々と議論してきましたが、「原作にリスペクトのない配役」「映像や演出のチープさ」「ドラマ・映画の尺に合わせるためという言い訳のもとでのストーリー改変」といったところが目立った意見でしょうか。
逆に評価が高い実写化作品にはそういう部分がほとんどないので、”原作を尊重して手間暇をかける”というのが成功のカギなのだと思います。
これは日本の制作会社でも外国の制作会社でも同じことです。

実はその”原作を尊重する”の部分で今年(2023年)、『聖闘士星矢 The Beginning』『ONE PIECE』という興味深い2作品があったんです。
前者はハリウッド映画で後者はNetflix作品ですが、両者に共通していたのは”原作者”へのリスペクトです。
『聖闘士星矢』では製作者側が原作の車田正美先生にじっくりと話を聞いて聖衣のデザインについてのアドバイスを取り入れたそうですし、スタッフが『ONE PIECE』のスーパーファンだったというNetflix版では尾田栄一郎先生が製作総指揮として関わり、先生が気に入らなかったシーンは撮り直しまでしたといいますから、両作品とも原作者を神様のように扱っている感じです。
とはいえ、『ONE PIECE』は大ヒットしたものの、『聖闘士星矢』の方は聖衣のデザインが不評だったことがひとつの要因となって大コケしたのですから、原作を尊重するのと原作者を尊重するのは意味が違うのかもしれません。

つまり一番大切なのは”原作ファンが納得する原作らしさ”なのでしょう。
尾田先生もニューヨークタイムズのインタビュー記事で「マンガの読者が納得するよう、俳優がキャラクターを再現することが何より
重要なのです」とおっしゃっています。
映画『聖闘士星矢』の失敗は車田先生の納得を重視したせいかもしれません。
『聖闘士星矢』はハリウッド映画向きに舞台設定やストーリーをかなり変えてしまっているので、せめて聖衣だけは原作の香りを残すべきでした。

そんな2作品が公開・配信された2023年ですが、今年はそれで終わらず、同じ週刊少年ジャンプ作品である『幽☆遊☆白書』の実写版が12月14日からNetflixで世界配信されると先に発表されています。
そして10月には俳優たちが演じる主要キャラが画像とともに紹介されたのですが、それがかなりコスプレっぽかったため、SNSやネットではかなりの動揺が走っていました。
私も『幽☆遊☆白書』は実写化のハードルが高い作品だと思っていたので、この発表は不安しかありませんでした。
映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のときに似た感覚です。

しかし今日11月11日、第2弾のキャスト発表と予告映像が配信されたのを見て、私の受け止め方も大きく変わりました。
はっきりいって、かなりいい感じなんじゃないでしょうか。
サブキャラの配役はどれもイメージに合っていましたし(ぼたん以外)、予告映像もクオリティが高く、私はワクワクしてきましたし、SNSやネットでもポジティブな反応が多いように見えました。

私は特に幻海役の梶芽衣子さんが楽しみでなりません。
この配役はまさにピッタリですし、玄海は原作では一時的に若返って戦う場面があるので、それを梶さんでどのようにするのか、CGで”東映時代の梶芽衣子が”蘇ったらムネアツです。
梶さんは海外の日本映画ファンの間でも伝説の女優なので、『幽☆遊☆白書』にまた違ったファンを呼び込むかもしれませんしね。
この配役はほんと完璧です。

またこの『幽☆遊☆白書』はエグゼクティブ・プロデューサーに坂本和隆さん、プロデューサーに森井輝さん(長野市出身)という『今際の国のアリス』の実写を大成功させたコンビだというのも安心材料です。
ぜひ『幽☆遊☆白書』もヒットさせて、”日本制作の日本漫画原作作品”をブランディングさせてくれることを心から願っています。

そしてそのことによって、日本の悪習である”タレント事務所主導の作品作り”をぶち壊して欲しいものです。
日本で漫画が実写化される際、原作が蔑ろにされる主原因がそれでした。原作よりもタレントを重視してきたせいです。
タレントの売り出しのためにいくつもの原作が骨抜きにされ、ゴミのように捨てられてきたわけです。
それを頻繁にやってきたジャニーズ事務所も解体されるわけですし、後世のひとに、2023年は実写化作品の転換期だったといわれるといいですよね。
人気ブログランキングへ

『SHOGUN』を追い風に

2010年代半ばから続々と日本でのサービスが始まった動画配信サービスですが、2023年現在では「各家庭がひとつは契約している」といってもいいほどの普及率となり、レンタルDVD業界を圧迫し、地上波放送の視聴率を削り取っている状況は恐ろしいほどです。
シェア1位・2位のAmazonプライムビデオとNetflixが両方ともアメリカ資本であることから配信サービスが”黒船”にも例えられるように、日本も変革を迫られているといっていいでしょう。
さらに2020年からはあのディズニーがディズニープラスとして日本に上陸したのですからアメリカ資本が強すぎます。まるでアベンジャーズです。
日本資本ではU-NEXTが奮闘しているものの、やはり持っている資金力とコンテンツの量に差があるのでその背中を負うのはかなり難しそうですが、頑張って欲しいものです。

ただ、そんなアベンジャーズのなかでも後発のディズニープラスは日本での人気・シェアがあまり伸びていません。
ディズニー関連とかマーベル関連とかスターウォーズ関連の映画が好きなひとには打ってつけなのでしょうけど、全体の配信作品数が他のサービスに比べて少ないこともあって、幅広い日本人への訴えが弱いのかもしれません。
私は個人的には、ディズニープラスは日本(日本語・日本舞台)のアニメ・ドラマのラインナップが薄いように見えますし、全体的に洋物臭が濃いといった印象でしょうか。
ネットやSNSでのディズニープラスへの評価もそんな感じでした。

もちろんディズニープラスの方もそれを理解していて、最近では周防正行さんや宮藤官九郎さんというインパクトのあるクリエイターを招聘したり、日本のヒット漫画を実写化するなど、日本人向けの作品を強化しています。
いまのところシェア獲得には繋がっていないようですが、この方針は正しいはずですし、クオリティの高いコンテンツを作り続けて行けば、日本での地位も確固たるものになることでしょう。
ディズニー本体の業績悪化がプラスの方にどのような影響を及ぼすかは不透明ですが…。

そんなふうに思っていたら、昨日11月2日、驚きのニュースが飛び込んできました。
なんとディズニープラスがあの『SHOGUN』をリメイクするというのです。
主演はいまやハリウッド俳優となった真田広之さん、脇役にも澤井杏奈さんや浅野忠信さんや二階堂ふみさん、平岳大さんや金井浩人といった日本人俳優が顔を揃えていて、ぱっと見は日本のドラマのようですが、予告映像の迫力やクオリティはハリウッド作品そのものでした。
来年2月から全10話で独占配信されるこの『SHOGUN』は、日本でのディズニープラスを大きく飛躍させるかもしれません。
『SHOGUN』という作品と真田広之という俳優のブランド力にはそれだけの潜在力があるはずです。

そしてこの『SHOGUN』は世界でも配信されることになるのでしょうけど、そこで日本人俳優たちが評価されることを私は願っていますし、これからも日本人俳優たちどんどん世界に進出することを応援しています。
その点に関してちょっと嫌らしい話でいうと、実はいま、日本人俳優には大きな波が訪れているんです。
日本の漫画・アニメの実写化権は以前からアメリカ資本に買われていますが、それが”ハリウッドのネタ切れ”によっていっそう増えているといわれていますし、そこに”ポリティカルコレクトネス”が金科玉条のようになっているせいで、「日本人役は日本人が演じるべき」という声が高まっているのですから、これは日本人俳優にとってはチャンスとしかいいようがありません。
さらには英語の発音についても、それを誰かから「下手だ」と指摘されても、ポリコレ界隈が「差別だ!」と騒いで守ってくれるので、英語が苦手な日本人俳優もいくぶん気持ちが楽になるずです。

そんな感じで、たとえ制作や配信をアメリカ資本に支配されたとしても、日本人は話のネタや演じる俳優で稼いで行って欲しいものですし、たまに日本主体で制作した作品が世界でヒットしてくれれば嬉しい限りです。
世界中で動画配信サービスが定着した現在、日本人も籠城してばかりではいられません。
世界との野戦、海戦に打って出るのです!
人気ブログランキングへ

ジブリは伝統芸能のようなもの

「世界で日本人ほど性格診断が好きな国民はいない」、なんてよくいわれますが、血液型とか星座とかいう無茶苦茶大雑把な分類もあれば、好きな食べ物や好きな色といった当たっているかもしれないようなもの、また最近は心理学的な裏付けのあるものなんかも流行っていたり、日本人は”自分ではわからない自分”を知りたい欲求が強いのでしょう。
ちなみに私がこの夏、知人からけしかけられた性格診断は「好きなジブリ作品はなにか?」というものでした。
ちょうどテレビで夏のジブリ祭りをやっていたせいだと思うんですけど、私はジブリ作品は公開されたものの半数くらいしか観たことがないので(劇場では3作品ほど。あとはテレビやレンタル)、もうそれだけで診断の確実性が落ちるのに、知人がどうしてもと強要してくるので仕方なく「天空の城ラピュタ」と答えました。
我ながらいいチョイスです。
そうして「冒険心や勇気に溢れている」という友人からのポジティブな分析を待っていると、「心の奥底に破壊衝動がある」というとんでもない指摘が返ってきました。
いや、それって”バルス”のとこだけでしょ。それだってムスカ大佐の暴走を止めるためだし。
バズーもシータも平和主義者ですよね?間違っても父親の夢や一族の遺産を呪いのように捉えていて、それをぶっ壊さないと未来へ進めないと思っていたなんてことありませんよね?
わからなくなってきました…。

それはさておき、今日9月21日(2023年)、スタジオジブリと日本テレビが記者会見を開き、ジブリが日テレの子会社になるとの発表がありました。
ジブリの鈴木敏夫社長からの説明によると、「経営は日本テレビに任せ、我々は作品作りに集中するため」とのことであり、日テレも制作に口を挟まないそうなので、実質的な変化がないとすればファンも安心ですっよね。
ジブリ内部では宮崎駿監督の息子・悟朗さんに後を継がせたいという意見もあったようですが、ジブリが大きくなりすぎたこともあり、「個人(一族)が支配するのは違うのではないか」との宮崎親子の意見もあって、経営を日テレに任せることにしたようです。
ジブリの次期社長も福田博之さんという日テレのプロデューサーに決まりました。

ジブリは宮崎駿監督が41年生まれの82歳、社長兼プロデューサーの鈴木敏夫さんが48年生まれの75歳ということもあって、十年以上前から後継者問題が囁かれていたものの、それが上手く行かなかったせいか、2014年には一度、「アニメ制作を止めて関連グッズや版権の管理事業に移行する」といって宮崎駿監督は引退を宣言し、製作スタッフも泣く泣く退職せざるを得ないということがありました。
それが17年になると、宮崎駿監督に突如として制作意欲が沸いてきたとのことで、新作長編映画の制作をアナウンスしたのですから、日本も世界も驚かされたというものです。
その映画が今年7月公開の『君たちはどう生きるか』なのですが、宮崎駿監督には次回作の構想もあるとも漏れ伝わってきていて、大作家の生命力というのは恐ろしいほどです。

もっとも、宮崎駿監督や鈴木敏夫さんの年齢を考えればさすがに次が最後の作品になる可能性が高いはずですし、ひょっとすると完成にこぎ着けられないという最悪の未来もあるかもしれません。
そうなるとジブリの経営的にはやはり新たな看板監督や敏腕プロデューサーが必要になりますし、日テレのすべき最優先事項はその育成もしくは獲得になるといっていいでしょう。

そこで多くのジブリファンが真っ先に思い浮かべるのは、かつてジブリに所属していた米林宏昌監督と西村義明プロデューサーのはずです。
2人はジブリが制作を止めると宣言した翌年に、ジブリのスタッフらとともに〈スタジオポノック〉という新たなアニメ制作会社を立ち上げ、17年には『目ありと魔女の花』、2018年もは『小さな英雄-カニとタマゴと透明人間-』を劇場公開しています。
ポノックは「ジブリの後継」を高らかに自称し、宮崎駿監督らがそれを認めている素ぶりもあって、そのの作品は完全に”ジブリ風”です。
一般でも映画のテレビCMなどを見てそう思い込んでいるひとも多いことでしょう。地上波放送も日テレのジブリ枠である金曜ロードSHOWなのでなおさらです。
(ポノック作品の制作委員会の筆頭は日テレ。)

私はおそらく日テレはこのポノックも傘下に収めるのではないかと推測していますし、それが”ジブリ”を続ける最善策であることは間違いありません。
大衆が求めているのは”ジブリ風”の作品です。
ポノックの作品は宮崎駿作品のように高い評価を得ていないのが難点ですが、作風を継承することに重きを置けば、許容範囲ということができるのではないでしょうか。

過去の遺産を破壊して新しい未来を作るわけではないのですからね。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード