3人に代わりはいない

昨日6月18日(2017年)、SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が、9月8日をもってジャニーズ事務所を離れることが発表されました。
独立騒動、解散騒動を経て、ついにこの日が来てしまったわけです。
5人が同じ事務所にいる限り、何となくまだそこにあるように思えなくもなかったSMAPが、遠くに霞んでいったような気分です。
これでもう5人(6人)が揃って同じ舞台に立つことは、かなり難しくなってしまいました。
むろん、フォーリーブスの例があるので、可能性がゼロというわけではありませんけど…。

しかし、こうなると気になるのは独立する3人の今後です。
3人ともいまはレギュラーMCのテレビ番組を持っていますけど、それがこのまま放送されるのか、そして役者としてキャリアのある3人がいままでのようにドラマや映画や舞台で活躍できるのか。
一部スポーツ紙が香取さんの『SmaSTATION!!』が9月いっぱいで終了すると報じたことで、ファンや視聴者はかなり動揺しているようです。

日本では法的(税制)にいうと、タレントは個人事業主であり、事務所がそのマネージメントをしているという形になっているはずなのですが、実際のところ、事務所がタレントを雇用しているような形になっているところがほとんです。なかには事務所から決められた仕事と決められた月給をもらっているケースもあるわけですからね。
ですから、テレビ番組に出るとしても、テレビ局とタレントが出演契約を結んでいるように見えて、実際はテレビ局と事務所が契約を結んでいるケースが多いわけです。
わかりやすい例でいうと、『所さんのニッポンの出番!』にパネラーとして出演していた田口淳之介くん(KAT-TUN)がジャニーズ事務所を退所すると、次の週から田口くんがいた席に何の説明もなく中丸雄一くん(KAT-TUN)が座っているわけです。
これは”パネラー席の契約権”をジャニーズ事務所が持っていることの証拠です。
ジャニーズ事務所はタレントをひとつの個性として見ていません。ジャニーズ○○号といった認識なのでしょう。いつでも代わりはいるのです。
(※共演者たちが何もいわないのもまた情けない。共演者たちもまた田口くんをジャニーズ○○号としか見ていなかったのでしょう。)

しかし、稲垣くんや草彅くん、香取くんほどの国民的タレントとなれば、その契約は彼らの個性があってのものだと思いますし、そう思いたいものです。
我々は彼らのマネージメント会社がどこだってかまわないんです。
ずっと楽しんでいた番組を観続けたい、これまでのように彼らの芝居や歌を楽しみたい、それだけのことです。
ジャニー喜多川社長も、公式コメントで、「(S)すばらしい (M)MEMORIES (A)ありがとう (P)POWER」という3人への労いと感謝とともに、「別々の道を歩むことにはなりますが、今後とも稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾を、そして弊社所属タレントへご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。」といって、あくまで3人を守る姿勢を表明しているのですから、テレビ局もジャニーズ事務所(ジュリー&メリー)に気兼ねすることなく3人を起用すべきです。

もしもテレビ局が3人と干すとしたら、それは日本のタレントが事務所の奴隷だと認めることであり、ブラック企業撲滅を推進する社会との逆行です。
3人の行末は、芸能界とテレビ業界が国民から見捨てられるかどうかの試金石ということができるでしょう。
私もまずは『SmaSTATION!!』を見守りたいと思います。

それと香取くんがサッカー日本代表応援団長の仕事をしなくなってから、日本代表の成績が振るいません。
8月31日のオーストラリア戦にはぜひ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

小出恵介とお蔵入り

このところ芸能人が刑事事件や反道徳的な行いによって”活動停止”に追い込まれるケースが多々ありますけど、昨日6月8日に発表があった小出恵介さんの「未成年との不適切な交友」は、10日からNHKで主演ドラマが始まる予定だっただけに、かなりの騒動になっています。
不祥事のあらましは今日発売の『フライデー』に掲載されるとのことで、内容の詳細はわからないものの、小出さん本人が「今後は、全てのご批判や処罰を真摯に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたいと思います。」とのコメントを出しているので、報道は本当なのでしょう。刑事事件になる可能性もゼロではないようです。
品行方正なイメージの役者さんだっただけに、裏切られたと感じているファンも多いかもしれません。復帰できたとしても茨の道が待っていることでしょう。

この小出恵介問題の影響はNHKのドラマだけに留まらず、夏の民放連続ドラマの脇役は降板、現在放送中のCMは打ち切り、すでに撮影が終わって公開を待っている映画(脇役)は公開中止を含めた検討に入っているそうです。
これらの金銭的損害は小出さんとその所属事務所がかぶることになるのでしょうけど、かなりの額になることは間違いありません。
民放や企業が相手ならば、”事務所との今後の付き合い”もあって割り引いてもらえるかもしれませんが、ことNHKの場合は受信料で成り立っているだけに、ビタ一文まかることはないでしょう。
放送直前だっただけにNHK側も怒り心頭でしょうしね…。

そしてまた問題なのが小出さんが過去に出演した作品群です。
ドラマならば再放送やオンデマンド、映画ならば地上波での放映がかなり難しくなってしまいました。
小出さんは主役はそう多くない役者さんですが、重要な脇役が多いので、出演部分だけをカットというのも現実的ではありません。
経歴を見ると、人気ドラマやヒット映画にも多々出演しているので、テレビ業界全体にとっても大きなダメージです。
コンテンツ(過去作)は財産なのですから、それが目減りしたようなものです。
(地上波放送が待たれる『シンゴジラ』の出演シーンは数秒ほどしかないので、削ればなんとかなるかも。)

もちろん私も不祥事を起こした人物が出演している作品のテレビ放送には反対です。
しかし、”過去作”を永久にお蔵入りすべきかどうかはまた冷静に考えなければならないと思うんです。
出演者が刑事事件を犯していても、その刑期(執行猶予期間)+数年くらいで再放送してもいいのではないでしょうか?
『ひとつ屋根の下』や『やまとなでしこ』、『のだめカンタービレ』などはこれからのひとたちにもぜひ観て欲しい名作です。

ただ、そんな私も”不祥事の質”によっては、その人物の”新作”をテレビで観たくありません。
映画や舞台ならば出演者を選べますが、テレビではわからないままに襲い掛かってきますからね。
私はあまり知らなかったんですけど、昭和の頃には執行猶予期間中にドラマや映画に復帰した役者もいて、そのひとは猶予期間が明けるとすぐにCMに出たり、名作ドラマ『北の国から』にも出演するようになったんです。
そんな時代に比べれば、杓子定規といわれても、いまの方がずっとましかもしれません。

小出さんは昭和に活動したかったでしょうけどね…。
人気ブログランキングへ

プロレスも選手ファーストで

いま、日本のスポーツ興行といえば、サッカーの日本代表戦が頭一つ抜けた存在になっていますけど、昭和の2大スポーツといえばプロ野球とプロレスでした。
プロ野球はまだしも、プロレスというのは若いひとには想像がつかないのではないでしょうか。
プロレスは地上波テレビ放送もほとんどなく、新日本プロレスが土曜のすごい深夜にやっているくらいですからね。
しかし、昔は力道山が街頭テレビに群衆を生み、それに続いたジャイアント馬場の全日本プロレスとアントニオ猪木の新日本プロレスもゴールデンタイムに毎週放送されていたんです。
ちょっと信じられないくらいです。

そこから比べると天国から地獄へ突き落とされたようにマイナー化してしまったプロレスですが、業界ナンバーワン団体である新日本プロレスの観客動員はここ数年とても好調です。
深夜のテレビ放送を観ても、現場での盛り上がりは伝わってきますし、ようするに、”コアなファン”はがっちり掴んで放していないわけです。
これは地上波中継がなくなっても球場にはたくさんのお客さんが詰めかけるプロ野球と似ているといっていいでしょう。

しかし、コアなファンの要求に応え続けるというのは大変な努力が必要です。
ファンになればなるほど、”もっともっと”になりますからね。
そしてその”もっとの方向性”について、新日が出した結論は”選手の見た目も技も派手”なプロレスでした。
2012年に親会社がブシロードになった影響も大きかったことでしょう。

選手の身体がみな引き締まっているのはもちろん、それぞれがキャラクターに応じて髪型や眉毛・髭、衣装を工夫し、マイクパフォーマンスも磨かれました。
そして肝心のレスリングはスピーディーかつ華やか。大技を連発し、観客を飽きさせません。
勝ち負けを超えたエンターテインメントがそこにあります。

しかし、その派手なプロレスも、いま曲がり角に差し掛かっているようです。
今年2017年に入って、新日本プロレスでは、試合中の大きな事故が2件続けて発生しました。
まずは3月3日、本間朋晃選手がDDT(頭部をマットに叩きつける技)を食らって、そのまま意識不明となり、病院に緊急搬送。
中心性頸髄損傷という重傷で、意識が戻ってからも首から下が麻痺している状態とのことです。
本間選手といえば、独特のしゃがれ声を生かしてバラエティ番組でも活躍していたので、ショックを受けた方も多いのではないでしょうか。

そして4月9日には40分近い激しい戦いの後、柴田勝頼選手が急性硬膜下血腫で緊急手術。
新年度のスタートを飾るIWGPの大一番で、試合も大いに盛り上がったにもかかわらず、そこに冷や水を浴びせるような事故でした。
手術は上手くゆき、麻痺の症状も回復に向かっているそうですけど、今後リングに戻って来られるかどうかは不透明な状況のようです…。
(他団体ですが、高山善廣選手も5月4日の試合で頸椎の損傷。)

この2つの事故について、2016年にアメリカのWWEに移籍した新日の元エース・中邑真輔選手は、「トレンドが危険な技の応酬になったところで、本間さんしかり、柴田さんしかり、重傷者が出てきているので、考えたり、変えていくことが必要な時期なんじゃないかと思う」(デイリースポーツ)と語っていました。
中邑選手といえば、そのトレンドではなく、伝統的な”ストロングスタイル”の継承者として名を馳せているだけに、そのスタイルの違いが親日を離れた理由かと勘ぐってしまいますよね。

それにしても、この”危険な技の応酬”、特に頭部や頸部にダメージを与える技ですが、これは本当にファンが求めているものなのでしょうか?
危険性を下げても”派手な大技”というものがありますし、たとえばAJスタイルズ選手の〈スタイルズクラッシュ〉などがそうだと思います。
日本にもかつては〈ハッスル〉というファイティング・オペラが人気を博していましたし(興行成績ではなく、親会社の問題で運営が難しくなりました)、アメリカのWWEが選手の身体を財産のように扱っていることを見ても、危険な技はなくても人気は保てるはずです。

日本のプロレスも”選手ファースト”にならなくては!
人気ブログランキングへ

2017年アカデミー賞に呆れる

私も映画をよく観ていた頃は、毎年のアカデミー賞発表を心待ちにしていて、最優秀作品賞などは何年も遡ってタイトルを憶えていたものですし、日本で授賞式がテレビ放送されるようになってからは、受賞者のスピーチも楽しみのひとつになったのはいうまでもありません。
もちろん、ビリー・クリスタルの司会も!

そんなアカデミー賞授賞式ですが、今年2017年(現地2月26日)のそれは少し、いや、かなり異様でした。
民主党支持のハリウッドは昨年の大統領選挙中から”反トランプ”を鮮明にさせていたわけですが、その姿勢はトランプ大統領が誕生してからも変わらず、授賞式でものっけから司会者のトランプ批判で始まり、それからも合間合間にトランプ大統領への皮肉を織り交ぜるという粘着ぶり。
こういうのをアメリカでは”いじめ”といわないんでしょうかねえ。
”映画”を楽しみたいひとにとっては余計な演出だったようにしか思えません。
この影響か、授賞式翌日にわかったテレビ視聴率は前年の10.5%から9.1%に下がり、視聴者数も13%減ってしまったというのですから、きっと多くの視聴者が呆れてしまったのでしょう。

また、その”呆れた”でいえば、授賞式のハイライトである最優秀作品賞の発表で、プレゼンターが封筒のなかから作品名の書いてあるカードを取り出し、『ラ・ラ・ランド』の名を高らかに告げ、万雷の拍手を浴びて登壇した作品関係者がオスカー像を手に喜びのスピーチをしているそのとき、突然割り込んできたスタッフがそれを止めさせると、封筒が間違っていて、本当の受賞作は『ムーンライト』たとの説明があったのは映画にもないようなハプニングでした。
かつてアカデミー賞でこんな失礼なミスと混乱があったでしょうか。
私も本当にがっかりしました(この1年に亡くなった映画関係者を偲ぶコーナーでも別人の写真を用いる失態が)。
授賞式の陰の主役だったドナルド・トランプ大統領も、ニュースサイトのインタビューで「政治を意識するあまり、ちゃんとできなかった。情けない」と語っていたようですが、そう皮肉られても仕方ありませんね。

ちなみに、トランプ大統領のことを「差別主義者」といって批判するハリウッドですが、昨年と一昨年は2年連続で主演男優・女優賞、助演男優・女優賞の候補がすべて白人、黒人がひとりもいなかったのは記憶に新しいところです。
もちろん、”たまたま”かもしれませんけど、スパイク・リーやジェイダ・ピンケット=スミスが授賞式をボイコットしているように、黒人の映画関係者からの反発は強いものがありました。
そして今年は、スラム街で生きる黒人少年を題材にした『ムーンライト』が最優秀作品賞に、助演男優賞・女優賞も黒人の役者だったのですから、投票権のあるアカデミー会員たちのいやらしい思惑が透けて見えるようです。

セレブにいじめられたマイノリティや貧乏人、イケてないやつらが、それを見返すために頑張って成功を収めるというのはアメリカの映画やドラマのひとつの定番ですが、ハリウッドを支配しているひとたちが、その悪役であるセレブだというのは何ともいえない皮肉です。
映画が大衆の娯楽であるならば、映画関係者は特権意識を捨てて欲しものです。
たとえそれが”演技”であったとしても。
人気ブログランキングへ

業界ルールから守ってくれるのは宗教という悲しさ

”芸能界と宗教”といえば、これまでも人気の芸能人がカルト的な宗教に入信し、その看板になって活動するケースがいくつもあり、そう驚くようなことでもないのですが、それが売り出し中の若手となれば話はまた別です。

今日2月12日(2017年)、15年の朝ドラ『まれ』で人気を博し、その後はバラエティ番組などでも活躍していた女優の清水富美加さんが、「幸福の科学という宗教に出家」して、「芸能界から姿を消」すことを発表しました。
幸福の科学によれば、もともと清水さんの両親が信仰していたこともあって、清水さんも子供の頃から宗教活動に参加していたそうですが、事務所から少ない給料でこき使われていたことと、良心や信条にそぐわない仕事(人肉を食す役など)を強要されたことで、清水さんが精神的に参ってしまい、出家を決断したとのことです。
ただし、芸能活動については”引退”ではなく、幸福の科学の所属で続けるようですね。

これに対し、清水さんが所属していたレプロエンタテインメントは、「適切な報酬を支払っていた」とした上で、今後は信仰を尊重し、仕事量も減らすよう配慮すると本人に申し入れたものの、理解を得られなかったと説明すると同時に、「契約は5月20日までなので、決まっている仕事は最低限して欲しい」との不満を漏らしていました。

そんな両者の主張を聞いても、私にはどちらが正しいとも悪いかもわかりませんし、それを判断するつもりもありません。
ただ、日本の芸能界というのは独特だなあ、と思うだけです。
清水さんは待遇面や仕事内容で不満を抱えていたみたいですけど、普通のマネージメント契約(欧米の芸能界はもちろん、日本でも国際的に活躍する音楽家やスポーツ選手などが行っているもの)ならば、本人がマネージメント会社を気に入らないというのならば、他に変えるだけなんです。
しかし、みなさんご存知のように、日本の芸能界ではそういう自由はありません。
”事務所中心主義”という業界のルールから逸脱したタレントには”干される運命”が待っています。
力のないタレントならば給与も待遇も事務所の意向に従わねばならない、逆らえば仕事をもらえなくなる、そういう不安があったと清水さんも語っていました。
レプロエンタテインメントには”能年玲奈さん”も所属していただけに、彼女がどういう扱いを受けたかを見ていれば、恐ろしくもなるというものです。

日本の芸能界の独自ルールでは、所属事務所と揉めてしまったタレントは他の事務所が引き受けてくれませんし、個人事務所を立ち上げても、前の事務所の圧力でなかなか仕事ができません。
そんななか、清水さんが宗教を避難先に選んでしまったことは日本の芸能界ならではの不幸といえるでしょう。
幸福の科学には芸能部門もあるようなので、今後の清水さんはそこで活動してゆくみたいですけど(法名の千眼美子で)、以前のように色んな媒体で彼女を見ることは少なくなるはずです。
これは本当にもったいないことです。
またこれは、若い才能がそれを発揮する場として、芸能界を見捨てているということなんです。

いまこそ芸能界全体として、何かを見直す時期が来ているのではないでしょうか。
流行りの言葉でいえば、”タレント・ファースト”です。
その上で不満をいうのならば、ただの我がままというものですしね。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード