女子サッカーリオ五輪最終予選 悔しい黒星スタート

2011年W杯優勝、12年五輪準優勝、15年W杯準優勝。
近年のなでしこジャパンは、その結果・内容を見ればまごうことなき世界の強豪。
今回のリオ五輪予選といっても、五輪には3大会連続で出場しているのでまたいつものように通過できる…、と思いがちですが、五輪本番に参加できるのは世界から12チーム、そのなかでアジア枠はわずか”2”しかないんです。
しかも、アジア最終予選に残った6チームのFIFAランキングはというと、日本4位、北朝鮮6位、9位オーストラリア、17位中国、18位韓国、29位ベトナム。
アジア代表は昨年のカナダW杯でも日本が準優勝、ベスト8にはオーストラリアと中国が進出しているのですから、世界的に見てもかなりレベルの高い地域だということがわかります。
アジア王者のなでしこジャパンとはいえ10日間で5試合というタイトな日程のなか、少し歯車が狂えば脱落しかねない厳しい条件なのです。
ただ、今回は”大阪開催”という地の利があります。そこにサポーターの応援というのひとの和が加われば、天も自ずと味方する!

そして今日2月29日は最終予選のスタートの日。
初戦で勢いに乗れば一気に有利になるでしょうけど、逆におかしな負け方をすれば後に響きかねません。
そのなでしこの相手は躍進著しいオーストラリア。色んな大会で接戦を繰り広げている相手だけに、かなり嫌な組み合わせです。
しかし、それだけに勝てば大きい。
スタメンはGK山根恵里奈、4バックは右から有吉佐織・岩清水梓・熊谷紗希・鮫島彩、キャプテン宮間あやと阪口夢穂のWボランチ、右のOMFに川澄奈穂美・左が中島依美、2トップは大野忍と”新10番”大儀見優季。
経験豊富なメンバーは名前を見ているだけで頼もしい。

そうして気温7度で始まった大事な初戦、ホームで戦えるなでしこは国内合宿も上手くいったのか運動量が豊富で、攻守の切り替え、特に守備の寄せが速い。
長いボールを蹴ってくるのが得意なオーストラリアに対し、出し手を早めに潰して、いい感じで試合に入ります。
攻撃面でもサイドからの崩しが見られるなか、21分には中島が左サイドを突破してから中央に折り返し、それを阪口が左足で強いミドルを放つも相手GKがセーブ。
ここは大儀見と大野が潰れ役になっていましたし、連動したいい攻撃でした。

初戦のちょっとした硬さが見えたり、フィニッシュ部分で迫力を欠いてはいたものの、ここまではなでしこのペース。
体が温まってくれば先制点もすぐそこにある!
…そんな気配だったのですが、25分にGK山根のミスキックから相手のボールになると、そこから左から右からの波状攻撃を食らい、何とか凌ごうとするも、オージーの迫力に負ける形で最後はデ・バナのヘッド。
ボールにばかり目がいってしまいましたかね、悔しい!

まさかのビハインドの展開ながら、まだ前半の残り時間はたっぷりあるので早く追いつきたい日本、しかしオージーは引いて守りのではなく、高い位置からの激しいプレスによるショートカウンターを狙ってくるので、一瞬も気を抜くことができません。34分には危ないFKも。
攻撃に手詰まり感を見たのか佐々木則夫監督は39分に大野→横山久美という早目の決断。
横山さんは私が応援するAC長野パルセイロのエース。ここでシンデレラガールになってくれ!

そうして攻撃に新しいチカラが加わったが日本、中盤でボールを回して、相手の隙が見えたところを突くという、彼女たちらしい展開のなか、40分に阪口が判断よくスペースのある左方面にサイドチェンジ!
したはずのボールが主審に直撃し、それが計ったように相手に渡ると、そのまま持ち込まれ、最後はヘイマンに押し込まれて悪夢のような2失点目。なんじゃこりゃあ!
このイタリア人主審は判定の判断が遅い上に、ポジショニングも悪く、まるで12番目の敵のようでした。

しかし、なでしこジャパンは15年アジア杯でオージーと戦って2点ビハインドを追いついた経験があります。何も怖くはない!
そんな自信が形になったのは、前半ロスタイム、左の中島が大きく右にボールを振ると、それを受けた川澄が右サイドを駆け上がってきた有吉へパス、有吉が深くえぐってから中央に折り返し、阪口がシュート!
これはやや中途半端になるも、10番大儀見がしっかり詰めて1-2!日本の執念を感じる攻め!
これで勢いはなでしこだ!
前半も内容は悪くありませんでしたし、落ち着いていけば後半で十分逆転できます。
両サイドバックの鮫島・有吉はなでしこのストロングポイントなのでそこをガンガン生かしたいですね。

後半立ち上がりのなでしこは右CKから分厚い攻めを見せ、最後は阪口のシュートがGKの正面、惜しい。
その後はやや膠着した時間帯に入り、15分にようやくオージーが左サイドから攻めてくるも最後のヘッドは力なくGK山根の正面。
なでしこは16分、宮間のロングシュートから得た左CKも得点には繋がりません。
前半からそうなのですが、なでしこはサイドからいくつか形を作るも、なかなかフィニッシュに繋げられず、じれったさが残ります。
それが焦りに繋がったのか、キャプテン宮間のパス精度が低くなってくるのもまたじれったい。

そんななか明るい材料でいえば22歳の横山の存在。
よくチームにフィットしていましたし、得意の仕掛けはオージーに警戒されてなかなかさせてもらえないものの、ポストプレイでは小柄ながら重たい石のよう。
納まりどころになるという個性があれば、ライバル岩渕との違いにもなりますね。

後半25分頃のになると、日本ベンチは膠着状況を打破するための岩渕真奈の準備し始めます。
ただ、このときのなでしこは攻守ともにバランスは良かったので、誰と代えるのかが難しい。
日本ベンチがなかなか岩渕を投入できないでいると、その迷いが流れを変えたのか、30分頃からオージーがボールを持つ機会が増え始め、
32分には激しいプレスからのショートカウンター、これは防ぐも、33分に右サイドからクロスを上げられると、ファアにいたゴリーが完全にフリーの状態からヘッド、これを簡単に決められてがっくりくる3失点。これで1-3です。
この日のなでしこの最終ラインは足を止めての守備が多く、ボールばかりを見る形で”ひと”に対応できていませんでした。
積極的な守備をしなければフィジカルに劣るなでしこがゴールを守り切れるはずはありません。

2点差という苦しい展開ながら、残り時間は10分強。まだまだ諦めることはない。粘りこそがなでしこの真骨頂だ。
37分には左サイドから鮫島のクロスに大儀見が競って、そのこぼれ球に阪口がシュートに行くもヒットせず。
この日の阪口はまさに決定力不足!
佐々木監督は39分になってようやく鮫島→岩淵、川澄→川村優理という決断。
日本は阪口を前に残して攻めダルマになるも、オージーは全員が自陣に引きこもる必死のディフェンス。
日本はいくつか強引なシュートを放つも、結局は決めきれず、2月の風が冷たすぎる1-3の敗戦。
それにしても本当に流れの悪いゲーム、運のないゲームでした。
相手が強豪のオージーということで、残念ながらそれを跳ね返すだけのチカラはいまのなでしこにはなかったということです。
ここしばらくオージーには負けていなかったので本当に悔しい。

しかも初戦を落としたことで、なでしこはいきなりの崖っぷち。もうここから4試合は負けられない戦いになってしまいました。
ただ、日本・オージーとともに3強を形成する北朝鮮が韓国に引き分けて勝ち点を伸ばせなかったのでまだまだ運はあります。
明後日3月2日の韓国戦できっちり勝って弾みをつけ、そこで再スタートを切りましょう!
そのためにも大阪と関西のひとたちにはもっともっと会場に足を運んでもらいたい!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード