分断と英雄の歴史

アメリカの南北戦争が”黒人奴隷解放”の是非を理由にしたものというよりも、農業地帯の南部と工業地帯の北部による経済的・社会的立場の違いだということは日本の我々も知っているくらいですが、当時の南部は綿花の輸出が主な産業だったので”自由貿易賛成”であり、逆に工業地帯の北部ではヨーロッパの優秀な製品が入ってきて欲しくないので”保護主義”を求めていたというのは、アメリカ合衆国の歴史が”分断”の上に成り立っていることを教えてくれているような気がします。
そしてその分断でいえば、現代でも形を変えて存続していることはいうまでもありません。
それがトランプ大統領の誕生によって顕在化したのか、顕在化してきたからトランプ大統領が誕生したのかはよくわかりませんが。

「我々は何もしないことから生じる損害と行動して発生するリスクとの間で決断しなければならない」
これは南北戦争で南軍側として指揮を振るったロバート・リー将軍の名言ですが、戦略的な意味というだけではなく、奴隷制に賛成というわけでもなかったリー将軍がバージニア州出身という”郷土愛”で南軍についたことを考えあわせると、とても深い言葉に思えます。
トランプ大統領というひとは、マスコミ不信からツイッターばかりを使って、その内容がしばしば批判を受けているわけですが、リー将軍にいわせれば”行動して発生するリスク”に寄り過ぎなのでしょう。

8月12日(2017年)にバージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者とそれに反対するグループによる衝突は、そのリー将軍の像を撤去するかどうかが発端だったわけですが、白人至上主義者のひとりが運転する車が反対派に突っ込み(理由はまだ不明)、1人の死者と複数の負傷者を出す惨事に繋がってしまいました。
それに対して、リベラル層とアメリカメディアは白人至上主義者たちを厳しく非難したのはいうまもでありません。
ところがトランプ大統領は、15日の記者会見で「双方に責任がある。オルト・レフト(反対派)も棍棒を持って突進していった」といってしまったのでさあ大変。
確かにデモ隊同士の衝突動画を観ると、反対派の方が圧倒的に数が多く、デモ行進している白人至上主義者たちの前に立ちふさがって、近づいて来たら殴り掛かっていますから、好戦的なのはどちらかといえば反対派でしょう。
しかし、それとは別の映像で、猛スピードの車が反対派に次々と轢いていったのは紛れまない事実です。
故意かどうかも、犯行動機もいまだわかっていませんが(18日現在)、はっきりとした映像が残っているだけに、観たひとは許せない気分になるはずです。

それなのにトランプ大統領は17日のツイッターで、「偉大なる我が国の歴史と文化が、美しい彫像や記念碑の撤去によって引き裂かれるのを見るのは悲しい」「歴史を変えることはできないが、そこから学ぶことはできる」と発言。
リー将軍も慌てふためくようなリスクチャレンジです。
ただ、アメリカ人ではない私からすれば、トランプ大統領のいっていることも一理あると思うんです。
彫像を撤去することで歴史が変わるわけではありません。
むしろ思想信条よりも郷土愛を取ったリー将軍の英雄的態度こそ私には”アメリカ人らしさ”に見えて仕方ありませんし、またそこにリンカーンが黒人奴隷を所有していた矛盾を合わせて考えると非常に興味深いものがあります。

アメリカ人はヒーローへの憧れが強すぎるのと同時に、誰かを飛び切りのヒーローにしたがる癖もあるのではないでしょうか?
リンカーンが”人種差別”に反対する真の解放者ならば、1950~60年代の公民権運動など起こらなかったはずです。
いまのアメリカでのリンカーンの評価は聖人君子すぎて、本人も草葉の陰で驚いているかもしれません。
もちろん、白人至上主義の象徴扱いになっているリー将軍も草葉の陰で激しく否定している思いますがね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード