fc2ブログ

小林製薬は自社の信頼回復よりも紅麹のイメージ回復を優先するべき

今年2024年の1月は世界規模で過去最高気温でしたし、日本でも季節が早送りされたような暑さだっただけに、春の訪れも早いかと思っていたら、2月からまた寒くなり出して、さらには3月は降雪もけっこうあったり、冬将軍が籠城したような粘り強さでした。
しかしいよいよ3月も終わりに近づき、陽気には落城の気配が漂ってきました。コートもそろそろ必要なくなるかもしれません。

そうなってくると私などは小売店で春っぽい商品を買いたくなってくるのですから、我ながら流されやすいものです。
食べ物でもなんとなく桜色に手が伸びてしまいます。各社ともに季節の新商品を出していますしね。
ところがそんな時期に例の小林製薬の紅麹事件です。

同社が販売するサプリメント〈紅麹コレステヘルプ〉を利用していた消費者が主に腎不全を訴え、そのうちち93人が入院、5人の方が残念なことになってしまったというのですから(29日段階)、社会に与えた衝撃は大きいものがありました。
いまのところその被害を引き起こした原因は小林製薬が生産した”紅麹”にあるとされ、それを使っている同社以外の会社の製品も次々と自主回収されています。
紅麹はサプリメントよりも赤色をつける天然食紅としての方が一般的なので、各ご家庭でも手元にある食品の原材料欄をチェックなさっているかもしれません。

ただ、小林製薬や厚生労働省からの発表を聞けばわかるように、今回、健康被害が出ているのは〈紅麹コレステヘルプ〉の利用者だけであり、小林製薬からの発表によると、2023年に大阪工場で作られたサプリメント用の紅麹の一部ロットから想定外の物質”プベルル酸”が検出されたものの、それ以外のロットには問題はなく、もちろん”色素用の紅麹”は安全とのことでした。
どうしてそのプベルル酸が発生・混入したかはまだ調査中とのことですが、紅麹そのものに毒性があるわけではないといっていいでしょう。一部の製造工程になんらかの不備があったわけです。
そうであればすべてのロットから健康被害が生じているはずですしね。

ということで、私は普通に紅麹入りの食品を食べています。
私以上になにも気にしない相方がコンビニで買ってきたピンクっぽい商品をいましがた食べたばかりですが、見た目も綺麗で美味しかったです。コンビニの開発力には季節ごとに驚かされます。
紅麹は小林製薬以外のメーカーでも作っていますが、どちらにしろ”食紅”については私もさして危険視していません。
現在日本で利用されている紅麹はカビ毒が発生しない種類のものですし、それが広く商品化されて30年以上も経つのに健康問題が発生したのは今回が初めてですしね。
とはいえ、紅麹サプリメントに関しては、毎日ある程度の量を摂取することを考えると、被害原因がわかるまでは控えた方が無難かもしれません。
(私にいわれなくても怖くて飲めませんよね…。)

繰り返しますが、健康被害を引き起こしたのは小林製薬のサプリ用紅麹の一部ロットのみです。
その他の99.99%の紅麹からは問題は確認されていないのです。
紅麹は悪者ではありません。
スーパーに並んでいる赤色っぽい商品を確認していただければわかるように、紅麹は想像以上に広く使われている原料だけに、もしこれが使えなくなるとしたら、業界も我々の食卓も大混乱待ったなしです。
顔を真っ赤にせず、まずは冷静になりましょう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード