ガンバのみなさんおめでとう!そして明日は

2年前はJ2降格、去年はJ1昇格、そして今年はJ1制覇。
ガンバ大阪サポーターにとってのこの2年間というのはなんというドラマだったのでしょう。
しかも、今季も一度は降格圏まで順位を落とし、そこから粘りつくような形の逆転優勝なのですから、まさに小説より奇なりです。

ちなみにシーズン直前に放送された『やべっちFC』の優勝予想は、解説者の松木安太郎さんは浦和レッズ、ゴン中山さんはアルビレックス新潟、サッカーダイジェストの谷沢編集長は浦和レッズ、エルゴラッソの寺島編集長はセレッソ大阪、漫画家の高橋陽一先生はサンフレッチェ広島、そして名波浩さんは柏レイソル。
ガンバ大阪を予想したひとは誰もおらず、上位予想でも松木さんが2位、ゴンさんが3位に挙げているだけです。

もちろん昇格組が優勝してしまったことで、J1のレベルを問う声があるのは私も承知しています。
2011年にも柏レイソルが昇格即優勝をしていますし、「J2と大差ない」といわれても反論のしようがありません。
世界各国を見渡せば、財政規模の大きなクラブがリーグ自体の人気や試合内容を引っ張り、優勝争いも独占するという形を取っていますから、こういうドラマはほとんど聞いたことがありません。
「Jリーグのレベルがなかなか上がらないのはビッグクラブがないせいだ」という意見ももっともです。
今季だって普通ならば巨大戦力を持つ浦和レッズや巨額補強をしたセレッソ大阪、連覇中のサンフレッチェ広島が優勝争いをすべきなのでしょう。
そうしうてそこに人気とお金が集まって、ビッグクラブ化して、リーグ自体を盛り上げる、ということです。

それも確かに大切でしょう。
日本サッカー全体のことを考えれば正しいのかもしれません。
しかし、私自身長野市という地方に住む人間として、有力企業と巨大人口を持つ都市のクラブが富も名誉も独占することに、感情的には賛同しかねるのです(大部分がやっかみです)。
私たちだって夢が見たいじゃないですか!

そう、明日12月7日はAC長野パルセイロの夢が叶う日です。
もう断言しちゃいます。
絶対に勝ちますよ、パルセイロは。
目をつむれば選手たちの歓喜の輪が見え、美濃部監督の勝利インタビューが聞こえてきます。
私は丸亀には行けませんが、テレビにかじりついて応援したいと思います。
獅子よ、J2昇格という千尋の谷を駆け上がれ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード