2014GPF女子FS、余裕綽々のトゥクタミシェワ

GPFというのは世界選手権のように枠取りのない大会ですから、思い切ってやれるという反面、各選手ともに次には国内選手権が待っているので、そこに備えて調子を上げるとともに、”評価”も上げておきたい大会でもあります。
特にロシアから4選手が出場している女子シングルでは、これがまさにロシア選手権の前哨戦であり、3枠しかない世界選手権の切符をかけた戦いの始まりです。
そういう思惑を背景に見つつ、女子FSをテレビ視聴した感想をてきぱきと。

シーズンをゆったりと入った印象のあるアシュリー・ワグナー(アメリカ)も全米選手権に向けてギアが上がってくるかと思ったらSPは6位。まあもうちょっとかかるのかなあ。
なんて思っていたら、このFS『ムーラン・ルージュ』は全体的に流れがあって、気合も入ったいい演技。
まずは足上げ2Aで入り、3F+3Tもパワーで着氷(回転もよさそう)、2A+2Tと素晴らしい立ち上がり、曲調に合わせて回るスピンで前半を締めくくってからの後半冒頭の3Lo+1Lo+3Sの最後が回転不足気味で足が付いちゃいましたけど目に見えるミスはここくらい。
3Fは綺麗に決めて、得意のイーグル3Lo、改造中の3Lzもいい感じ、スピードのあるコレオでクライマックスに突入すると、その流れのままのスピンで堂々たるフィニッシュ。
曲のハラハラした感じもよく出ていて、かなりよかったです。やりますね。たいした繋ぎをやっていないのに流れを作れるところはさすがベテラン。最敬礼!
FSは129.26(65.18・64.08)、合計189.50。
これはもう全米選手権も取っちゃうんじゃないでしょうか!

SPで自己ベストを更新してその本番度胸を見せつけた本郷理華さんはFSでも自分を上手くコントロールしたまさに大人の滑り。序盤は3F+3Tがやや回転不足気味、3Lzはエッジが微妙ながら見た目にはそう問題なし、3Loいい跳躍!
コンビネーションスピンもいま自分の持っている技術はしっかり出せていたでしょうし、物おじしないいいスタートで、それが『カルメン』の雰囲気とばっちり合っていました!
ステップシークエンスは長い手足が映える情熱的な舞踊、キャメルスピンで前半を〆てからの後半は3S、2A+1Lo+3S、3Fと立て続けに豪快に決めて、勢いはまったく衰えません。
しかし、最後のアクセルが1Aになって、残念…、と思ったら、本郷さんはそこから2Aを付けたシークエンスにしたんです。
本来ここは2A+2Tですけど、それが1Aになったことで咄嗟に基礎点の高い2Aに替えたのだとしたら、とんでもなく冷静な判断力です。しびれました。
終盤は何かが迸るようなエネルギッシュなコレオシークエンス、そしてコンビネーションスピンをしっかり回って、どうだ!といわんばかりの決めポーズ!
気合が入った本当にいい演技、堂々としていました。舞台負けしていなかったのは本当に素晴らしい!
FSは115.03(60.14・54.89)、合計176.13。
PCSはもっと高くてもいいと思うんです、ロシア大会では58.96出ていましたしね。
しかし、本郷さん本人はそんなところに不平をいうのではなく、「3F+3T、1Aが悔しい…」とインタビューで薄ら涙を浮かべているんです。
私などは十分な内容だったと思っていただけに、本郷さんの志の高さに、見ていて自分が恥ずかしくなったくらいです。
本郷さんは演技全体がまだまだ磨かれておらず、姿勢という弱点があるので(普段のお辞儀も腰からを意識した方がいいと思います)、世界のトップと戦うためには何か”武器”が必要になると思います。
それがさらにジャンプの基礎点を高めることなのか(ルッツ矯正、ループを2本、後半ジャンプの基礎点を増やすなど)、先輩の鈴木明子さんのように滑りや踊りを磨くのか、そこはわかりませんが、本郷さんならば今後もさらなる成長を見せ続けてくれると、確信が持てる大会でした。

SPではジャンプのバランスの悪さを見せていたアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)ですが、このFSでは勢いのある3Lz+3Tでスタート!久々に決めた!
3Lo+1Lo+3Sは痛そうに転倒してしまいましたけど、豪快なキャメルスピンで『火の鳥』の雰囲気を盛り上げ、ステップシークエンスでも火の粉を散らすような大胆な滑り。スピードとパワーはやはりピカイチ。選曲も大成功、よく似合っていました。
後半も3F(エッジ微妙)、3Lz+2T、2A、2A、3Loというジャンプを彼女ならではの大きさで跳び(苦手の2Aだけは着氷がいまいち)、そのままの勢いで最後まで駆け抜けたいところでしたけど、終盤になるとがっくり動きが落ちてしまいます。
キャメルスピンが崩れ、コレオは青色吐息、最後のレイバックスピンは大きくトラベリング。まさに失速といった印象でした。
演技後は左肘を痛そうに抑えていたので、転倒の影響もあったのかもしれませんね。
キスクラでも痛みからなのか、演技が上手くいかなかった悔しさからなのか、顔をゆがめて涙をこぼすポゴリラヤ。
ロシア選手権に向けても、国内での評価(序列)を上げたかったでしょうから残念でしたね。昨季の世界選手権で取り損ねたメダルを今季は取り返したいでしょうしね。
FSは118.98(62.34・57.61・減点1)、合計180.29(本郷さんより高いんだ…)。

私はこの大会は色んな思いが交錯すると書きましたけど、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)だけはいつも通りの天真爛漫な演技。
素晴らしいスピードからの3Lz+3T、3Fを気持ちよく決めると、3Lzはややバランスを崩したものの抜群のボディバランスで着氷!
ステップシークエンスは靴が重そうでフットワークに課題はあるものの、全身の大きな動きでそれを引っ張ってラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のエネルギーを醸し出し、正確なコンビネーションスピンの後の後半冒頭3Lo+1Lo+3Sも軽々、あまり得意じゃない2Aは丁寧に2本降り、最後の3Lo+2Tはばっちり。
終盤は疲れも見えるなか、技術の高いスピン、笑顔のコレオ、最後はピンとしたレイバックでノーミスフィニッシュ!ラジオも本番に強い!
FSは134.85(70.90・63.95)、198.74。
本当にいつも安定したクオリティの選手で、まだ15歳だというのにプロ意識が高いんでしょうねえ。また好きになりました。

ユリア・リプニツカヤ(ロシア)は3Lz+3Tを小気味よく決めていいスタートを切ったと思われた次の2Aで踏み切りから軸が完全に曲がった大転倒。
それでも得意のスピン、細かな動きを積み上げるステップシークエンスでは高い集中力を見せ、後半も3Loをびしっと決めて入ると、2Aはリカバリーで+3T+2Tの3連続に。このあたりの負けん気がリプニツカヤですね!
しかし、次のジャンプは助走から見るからに不安そうで、1Fと2Fと立て続けに抜けてしまいます。
SPで普段とられなかった3Fにエラー判定があったのを気にしたのでしょう(フリップのエッジは微妙ながらも過去に取られたことはほとんどありません)。
この失敗でがっくりきたリプニツカヤでしたけど、バルセロナのお客さんは温かな拍手、しかし続くジャンプも2Sに。
お客さんの声援もあってコレオでは必死に『ロミオとジュリエット』を演じ、最後は悲しみのキャンドルスピン2本でフィニッシュ。
キスクラでは涙を見せるリプニツカヤ、審判からの精神攻撃に負けてしまいましたね…。ほんとフィギュアって嫌な競技です。
FSは111.55(53.36・60.19・減点2)、合計177.79(本郷さんより上なんだ…)。
いっそのことルッツもフリップも”!”にしてくれた方が、リプニツカヤも気持ちを切り替えれるんじゃないでしょうかね。
このままじゃ両方不安でおかしくなってしまいますよ。いい選手がこんな形で潰れるなんて見たくない!
(※今季から不正エッジはぜんぜんダメだとe判定で基礎点7割GOEもマイナス、微妙ならば!判定でGOEマイナス。)

SP1位は今季2回目のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)ですが、前のアメリカ大会ではFSでミスが出て逆転負け。
あのときは目の前でラジオノワの好演を観て硬くなったに違いありません。キャリアを眺めていてもあまりメンタルは強くない印象の選手ですよね。
しかし今回は直前のリプニツカヤが崩れたので影響はないはず。
17歳だというのに”マダム”と呼びたくなる妖艶な表情で滑り出したトゥクタミシェワ、3Lz+2T+2Lo、3Lz、変わった入り方の3Fとどれも浮き上がるようなジャンプ、レベルはしっかり取るスピンを2本まで惚れ惚れとするような安定感。
そして後半とは思えぬ大きな3T+3Tを跳ぶと揺るがない3Loと3S+2A、今季評価の高いステップシークエンスでは得意の腕の動きと大胆な顔の表情でアラビアンな彩をつけながら、体のキレも抜群。
つなぎのような2Aのあとのコレオでも余裕綽々で、フェロモンを発散するようなコンビネーションスピンで笑顔のフィニッシュ。素晴らしくクリアな内容でした。圧巻といえるでしょう。
これには会場も大盛り上がり、バルセロナのお客さんの心をがっしり掴みましたね!
FSは136.06(70.90・65.16)、合計203.58という高スコアでしたけど、ラジオノワと比べてもうちょっとPCSが高くてもいいと感じるくらいです。
これなら2度目のロシア女王、そして世界女王もあるかもしれません。
とにかくメンタルに余裕のある状態を作ることですね、そうなったときのトゥクタミシェワは本当に強い!
GPF初制覇、おめでとう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード