後藤健二さん、残念です

「今まで日本政府や日本中、それに世界中で応援していただき、ありがとうという思いです。兄としては、健二に無事に帰ってきて、皆さんに感謝を述べてもらいたいと思っていただけに非常に残念です。健二のこれまでの仕事については誇りに思いますが、兄としては今回のことは軽率な行動だったと思います。覚悟は決めていましたが、交渉になったとき、何とか助かるのではないか、もしかしたら帰ってくるかなと思いました。イスラム国は弟の命やいろいろな人の命を奪いながら、自分たちの力を誇示し、勢力を拡大していて、反社会的で許されないと思います。」
(2015年2月1日NHKニュース)

これは昨日2月1日朝、ISIL(※今後は私もこう表記することにします)によってフリージャーナリストの後藤健二さんが殺害される映像がネット上に公開された後、後藤さんのお兄さんがNHKの取材に応えた言葉です。
今回の拘束脅迫事件では、日本国内の一部の人間がこれを政権批判に使ったり、後藤さんの親族の一部が記者会見を自分の主義主張を表明する場に使ったするなか、後藤さんのお兄さんの言葉は真摯な態度と弟への愛情に満ちていて、胸を打つものがありました。
それだけに本当にISILが憎い。

安倍晋三総理も隠し切れない無念の表情で、「ご家族のご心痛を思うと言葉もない。政府として全力で対応してきたが誠に痛恨の極みです。非道卑劣極まりないテロ行為に強い怒りを覚えます。 テロリストたちを決して許してはいけません。その罪を償わせるために国際社会と連携してゆきます。日本がテロに屈することは決してありません。食糧支援、医療支援といった人道支援をさらに拡充していきます」 と述べていましたけど、私もこれに賛成です。
ISILは自分たちと価値観が違うのであれば人間扱いしない、物事はすぐさま暴力で解決するという集団なのですから、我々はそれとは逆のやり方を貫けばいい。
ISILは中東アラブ諸国だけではなく、世界全体を混乱に陥れようとする無法組織です。
同じイスラム教徒からも白眼視される世界の敵です。
日本は現行の法律では有志連合軍に自衛隊を参加させることはできないでしょうから、人道支援、もしくは後方支援が主な役割となることでしょう。
ISILは日本が有志連合軍に加われば「日本人全体を標的にする」と脅していますけど、国際社会は我々の味方です。
世界全体がISIL撲滅に向かって舵を切りつつあるいま、我々も勇気を持って立ち向かわねばなりません。
それが2人の日本人の敵討ちです。

そのためにもまずは今回の後藤さんの事件を精査する必要があると私は思います。
後藤さんは前々から危険地域に簡単に足を踏み入れてはならないと話していましたし、取材においても”自己責任”という
態度を貫いているジャーナリストでした。それなのになぜお兄さんがいうところの「軽率な行動」をしてしまったのか?
後藤さんがISILの支配地域で身柄を拘束されたのは、湯川遥菜さんを救出するためだったといわれていますけど、危険を冒して侵入するほどなのですから、それが可能であるという何らかの判断材料があったはずです。
それにもし何らかの伝手があって、有力な情報がもたらされていたとしても、政府に協力を求めず、単独でISIL支配地域に向かったのも不可解です。あまりにも危険すぎます。
そしてまた渡航費や現地のガイド費用などはかなりの金額になるでしょうけど、後藤さんはそれをどうしていたんでしょう?
後藤さんと湯川さんは昨年5月頃に知り合ったといいますし(後藤さん拘束は10月)、さして深い間柄とも思えませんけど、それなのに体を張って救出に行くというのは、”正義感”だけでは説明ができないのではないでしょうか。
フリージャーナリストとしての”功名心”みたいなものだって否定できないでしょうし、ひょっとすると誰かに依頼されたのかもしれませんし、騙されたのかもしれません。
そういった背景がもしあるとすれば、それを明らかにしなくては、今後のジャーナリストの取材や政府による調査も不安を伴うものになってしまいます。

私はもう二度と今回のような事件は見たくありません。
人気<br />ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード