2015四大陸選手権・女子FS(前)上々のデビュー戦

2015四大陸選手権女子シングルは、SPが終わって、宮原さんが首位、本郷さんが3位、永井さんが7位という楽しみな並び。複数メダルを獲って世界選手権への弾みにしたいですね!
では、印象に残った選手を中心にFSを振り返ってみたいと思います。

開催地韓国のパク・ソヨンは踏ん張るような3Lz、3S+3Tステップアウト、3Fつまり気味というたどたどしい序盤。
生真面目さがうかがえるステップシークエンスで前半を終わらせ、後半冒頭の3Lz2T2Loを決めて調子に乗るかと思われたものの、3Loで回転不足(UR)の転倒、しかし次の2A+3Tを逃げずに決めたのは立派!コレオシークエンスの後の2Aも成功。地元のプレッシャーにたえてよく滑り切ったと思います。
スピンやステップは苦手そうながら、5種類の3回転が跳べるのですから実力は確かです。演技全体も一生懸命体を動かしていて好感が持てました。
FSは110.28(59.80・51.48・減点1)、合計163.75。
次の五輪開催地の選手なので、盛り上げ役になれるといいですね。

『カルメン』のサマンサ・セザリオは、3L+1Lo+3S、3T、3F、3Lz(エラー気味)、3Lo、3F+2T、2A+2Aというジャンプを全て降りて、相変わらずの安定感。特にFSでは大きくミスしたのを見たことがないくらい。こういう選手が代表にいると”枠取り”も心強いですよね。全米5位だったので世界選手権には出られませんが…。
FSは111.81(56.28・55.53) 合計166.76。
繋ぎがちょっと少ないのと、動きのひとつひとつがスポーツ寄りで、芸能という感じではないので、そのあたりが強化されればもっとスコアは伸びてくると思います。

次世代の代表として今大会に出場した永井優香さんは 冒頭のジャンプが3Lz+1Tになって「やっちゃった」という表情に
なるも、気を取り直して跳んだ次の3Lzに+3Tをつけてすぐにリカバリーしたのはお見事!
エッジの気になる3Fも慎重に降りて序盤はまずまず。
丁寧なレイバックスピン、練習してきたことを出し切ろうという優雅なステップ、そこからの綺麗なスパイラルコレオ、そして勝負がかかる後半冒頭の2A+3T+2Tも決めた!これは大したもの!
ところが次が1Loになってしまってこれは悔しい。ビッグジャンプの後でちょっと気が抜けたのかも。
それでも3Sは気合で決め、スピンの後の、2Aもしっかり着氷。失敗を繰り返さないのが永井さんの良さですね。
全体的にも物語が途切れることない、気持ちのいい『ロンド・カプリチオーソ』でした。潜在能力の高さは十分に見せたと思います。16歳のいいデビュー戦でした。
FSは111.15(59.38・51.77)、合計168.09。
ジャンプの技術は持っていますし、動きに美しさはあるので、今後の課題は全体的なスピードと体のキレでしょうね。
フィジカルトレーニングをがんがん積んで欲しいですね!

同じカナダのチャートランドがジャンプが上手く入らずに161.22とスコアを伸ばせないなか登場したカナダ女王・ガブリエル・デールマンはすごい高さの3Lz2T+2Loをぐちゃぐちゃな感じで着氷すると、珍しい序盤のステップシークエンスを挟んでの2A+3Tを見事に着氷!
しかし後半冒頭が2Lzになってしまい、これで上位進出は難しいか。
それでも大きな3S、やや詰まった3Lo、2A、3S+2Tと集中力を切らさずに成功させたのはカナダ女王の誇りか。
『アランフェス協奏曲』の演技は、持ち前のパワーが迫力になっていながらも、荒々しさが残るといった感じでしたけど、今後はもっと洗練されてゆくといいですね。
FSは111.84(58.19・53.65)、167.09。

最終グループ一番手として登場した本郷理華さんですが、課題の3F+3Tは気になり過ぎているのか回転不足気味、
3Lzも3Loも慎重でした。
ウィンドミルからビールマンへと繋ぐスピン、ステップシークエンスではいつもより緩急はよかったものの勢いは足りません。
それでも後半の入り口となる3S、後半を盛り上げる2A+1Lo+3Sはしっかり着氷するのですから安定しています。
これで気をよくしたのか『カルメン』の演技の方も華やかさが出始めると、会場からも拍手が起こり、それにのって3F、2A+タノ2Tも成功!
こうなるとコレオにも勢いが出て、最後のスピンもダイナミック、スタミナも抜群、さすがのノーミスフィニッシュ!
ほんと、これがチャンピオンシップデビューとは思えません、すごい本番度胸です。脱帽しました。
ただ、この日も、出だし緊張、徐々に良くなってゆくという流れはいつも通りで、序盤のジャンプもキレを欠きました。
もっと最初からずばっと入った方が演技全体も際立つというものです。
姿勢やひとつひとつの動きはとってもよくなってきているので、そこをクリアすればさらに上に行けると思います。
もちろん、努力家の本郷さんのことですから、また驚くような進化をするでしょうけどね!
FSは116.16(59.89・56.27)、合計177.44で暫定トップ。
本人も180点を超えられなかったことを悔やんでいましたけど、理由は最初のコンボと後半の3連続の回転不足、それとステップのレベル2。
世界選手権では、より大胆に、より思い切って攻めていって欲しいですよね。
(白熱した戦いになってきたので後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード