出会いの春

北国の春は梅と桜と桃が一度に咲くと申しますが、それでも少しはずれているもので、私の住む長野市では3月の終わりに梅が、4月に入ってからようやく桜が花弁を風に揺らすようになってきました。桃はまだのようです。
東京では梅の開花が1月の終わり、桜の開花が3月の終わりといいますから、それが一度に咲いている風景というのは驚かれる方も多いかもしれません。
梅と桜が春に出会い、それぞれが満開をずらしながら春のバトンを渡してゆくという風景が私は大好きです。
これからしばらくの長野市は最高です。
4月5日から善光寺御開帳も始まっていますし、ぜひ全国のみなさんに見ていただきたいものです。

その”出会い”でいいますと、この間たまたま会った知り合いから野沢菜の春菜をたくさんもらったんです。
野沢菜といえば、全国的には秋に収穫したものを冬に漬ける〈野沢菜漬け〉が有名でしょうけど、信州ではその〈春菜〉や〈とう立ち菜〉を普通の野菜のようにして、おひたしにしたり、炒めたりして食べるんです。
これがまさしく出会いの味、旬の味で、柔らかくて香りがあって美味しいんです。

その献立として私がお勧めしたいのはパスタ。
ベーコンやアンチョビといった定番はもちろん、この季節ならやっぱりホタルイカを外せません。日本料理でいうところの”出会いもの”ですね。
オリーブオイルにニンニクと唐辛子の香りを移し、それで野沢菜を炒め、パスタとホタルイカを絡ませただけで口のなかは
春爛漫です。
風味づけに日本酒で昆布茶を溶いたものを使えば和風に、白ワインを使えば洋風に、昆布茶+ワインならば和洋折衷に。
長野市で流通しているホタルイカは北陸産のものが多いのですが、それが信州の野沢菜と”出会う”ことで春の景色が膨らむ、素晴らしいですよね。
もし、善光寺参りで長野市に来られる北陸の方がいれば、この野沢菜をちょいとお土産に加えてもらって、ぜひその出会いを試してもらいたいくらいです。
これぞ新幹線で結ばれた長野と北陸の”結縁”の味です。

春は色んな出会いを楽しみたいですよね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード