御開帳の賑わい

今日(5月20日水曜)の昼前、知人が御開帳に行くというので一緒に善光寺に参拝したのですが、ものすごいひとだかりで、結局、回向柱にさわるのを断念してしまいました。係員さんは「15分くらい」といっていましたけど、あの行列はそんなもんじゃない長さに見えました。今日は夏のような日差しでしたし、知人は高齢だったのでちょっと厳しいものがありまた。

私は4月の終わりの平日にも同じくらいの時間に参拝したのですが、そのときは並ばなくても回向柱にさわることができたので、この混雑は想定外。
御開帳期間は4月5日~5月31日なので駆け込み需要みたいなものがあるのかもしれませんが、6年前はこんなでもなかったと思うんです。
今年は過去最高だった前回よりも参拝者の数は増えるんじゃないでしょうか。

善光寺事務局が4月26日に発表したデータによると、4月5日~19日までの参拝者の数は「153万2700人」で、前回を「やや上回っている」とのことです。
その理由については、午後9時まで行っているライトアップやPRの強化、好天の数の多さが挙げられていて、4月20日以降も客足は「かなり伸びている」そうです。
ただ、事務局の発表では、仲見世のお土産屋さんの店主のひとりが「本当に増えているのか?」と疑問を抱いている声も紹介されていて、前回は高速道路の千円乗り放題があったが今回はなく、客単価も低いとのことでした。

しかし、2度参拝した私には前回よりもお客さんは多いように見えましたし、仲見世の活気も前回を上回っているように感じました。とくに今日の賑わいは前回の同じ時期にはなかったものです。私はあらゆる面で前回を上回ると予想しています。
この盛況の理由ですが、5月9日の中日庭儀大法要の真っ最中に起こった〈ドローン落下事件〉のせいではないかと私は
思っています。
嫌な話ですが、全国ニュースでもかなりの量の報道がされていたので、ある意味で宣伝になったのではないでしょうか。
やっぱりメディア露出というのは重要です。

事件を受けた善光寺は周辺でのドローンの飛行を禁止、このこともニュースになりましたが、”善光寺とドローン”の組み合わせが一般にも刷り込まれたのではないでしょうか。
次回の御開帳ではこれは逆手に取って、公式にドローンを飛ばし、その映像をネットで配信するというのもひとつの手段かもしれません。

江戸時代の善光寺は伊勢神宮と並ぶ大観光地だったといいますし、目指すはその頃の賑わいです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード