炒めてこそのナポリタン

マイブームという言葉はすでに死後になっているのかもしれませんが、そうとしかいえないものってありますよね。
巷で流行ってなくても、いまの自分はなぜか「これが好き!」というやつ。

いまの我が家でいえばそれは”ナポリタン”、相方がオーマイの〈伝統のナポリタンソース〉というのをどこぞで手に入れてきて、それを使ってからというもの私もハマってしまったというわけです。
私はときどき喫茶店風のナポリタンが食べたくなるのですが、自分で作るとどうも上手くいかなかったんですけど、これを使うとかなりそれっぽい味になるんです。

しかし、それっぽくはあっても、まだまだ完璧でありません。
なぜなんだろうと思ってあらためてナポリタンのことを調べてみてわかったのは、伝統的な日本のナポリタンは、太めの麺を茹でてから油にからませ、いったんおいておくんです。
そして調理の際には、それをフライパンで具材と一緒に炒める、こうすることで喫茶店なんかでは茹で時間を短縮することができますし、ナポリタン独特のもちもちした食感も生まれるというわけです。

そしてここで私が大きく勘違いしていたのは、ナポリタンは”具と麺を炒めてからソースであえる”という調理工程を取ることです。
いつの間にか日本でも一般的になったパスタ料理では、”フライパンでソースを作ってからそこに麺を入れる”という調理工程を取ることが多いですよね。トマトベースでもクリームベースでもそうです。麺→ソースの順番をとるのはカルボナーラくらいじゃないでしょうか。
もっといえば、イタリア流の調理ではパスタを油で炒めるということはしないはずです。カルボナーラでもソースに火が通りすぎないよう、麺を最初にフライパンに入れて、ソースで”あえる”わけですから。

私が当初勘違いしていたのがこれで、麺を具とソースを”あえる”という感覚から脱しきれなかったのです。
しかし、ナポリタンでは麺をしっかり”炒め”なければなりません。
この差は本当に大きくて、出来上がりの香ばしさと食感に、はっきりとした差が生まれます。

というわけで、研究の結果生まれた我が家のナポリタンの作り方をざっくり紹介します。
まず麺ですが、茹で置きにはどうも抵抗があるので、我が家では太めの麺をやや長く茹でて、雰囲気を出します。
麺を鍋から上げる際には湯切りをしっかりするのがポイント。炒めるためには水分は邪魔ですからね。

具材に関していうと、玉ねぎとピーマンは欠かせません。
あとはベーコンでもハムでもソーセージでも、はたまた魚肉ソーセージでもナポリタンになってくれます。
そして、より上を目指すならばマッシュルーム、それも缶詰のものならばより喫茶店に近づきます。

それらと麺をオリーブオイル(等級が下のものがよりよし)とバターで炒め、軽く塩コショウ、味付けはもちろんケチャップが主体になりますけど、隠し味にちょっとだけ牛乳をたらすとまったりしたコクがでます。
食べた後に口のまわりがべちゃべちゃに汚れるのがナポリタンの醍醐味だという方は、ケチャップだけではなく、油を多めに使うとばっちりです。
あとはお好みで粉チーズとタバスコをかけてもらえば気分はもう喫茶店。お供の飲み物もコーラなんかがいいですよね。

今回こうして書いていて、麺を”炒める”ことを忘れていたことに私もちょっと思うところがありました。
そういえ私ももう長らく喫茶店でナポリタンを食べていないんですよね。
注文をするとすぐに炒める音とともに独特の香りが漂ってくる、そしてどんどんお腹も空いてくる、あの流れが本当に懐かしい…。
ナポリタンは油の音と香りの料理です。
これぞ日本のスパゲティ。

あえるんじゃない、炒めるんだ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード