軽口の代償

自民党の保守系若手議員による勉強会〈文化芸術懇話会〉の6月25日の会合で、出席した議員から「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。経団連に働き掛けてほしい」などといった発言があったという問題ですが、26日に「マスコミを批判するにしても品よく」と苦言を呈するだけだった谷垣禎一幹事長も、今日27日になると、「報道・言論の自由を軽視してはならない」として勉強会代表の木原稔党青年局長を更迭し、1年間の役職停止処分を下したと発表しました。
野党やマスコミからの批判が大きくなる前に手を打ったという形ですけど、どうせなら26日の段階でなんらかの処分をするべきでしたね。
この会合での自民党議員たちの発言は本当に情けないとしかいいようがありません。巨大与党の傲慢さが滲み出るような発言です。
このひとたちは安倍晋三総理を応援する立場のようですけど、足を引っ張っているとしか思えませんよね。

また、この会合では講師として招かれた百田尚樹さんが「沖縄の2つの新聞社は絶対つぶさなあかん」と発言したらしく、百田さんはこれまでも過激発言を連発している有名作家だけに、メディアにも大きく取り上げられていますよね。
私も正直いって百田さんと同じ意見ですし、なにがいけないのかわかりません。
なぜならば自民党議員と違って「経団連に働きかける」などといった威圧はなく、”潰し方”については触れていないからです。
沖縄のひとたちに地元紙の記事を自分自身で精査したり、他の考え方と比べたりすることによって、自然に潰れてゆけばなんの問題もありません。
『沖縄タイムス』と『琉球新報』は「言論弾圧だ」といって抗議していますけど、まったく的外れです。
新聞ならば「潰せるものならば潰してみろ」といって言論で受けて立つのが本当ですし、カッコいいに決まってます。
”言論弾圧”とのみ叫ぶのは、逆に相手の言論を封じる卑怯な戦法です。

その卑怯でいえば、百田さんもそうです。26日に『沖縄タイムス』の電話取材に受けて、「オフレコに近い発言で、冗談として言った。公権力、圧力でつぶすとの趣旨ではない。私も言論人。言論は自由であるべきだ。
私と意見が違う2紙を誰も読まなくなり、誰も読者がいなくなってつぶれてほしいという意味での発言だ」と応えていますけど、この”冗談”は言い訳にしか聞こえません。
あえて”本気だ”というのが、百田さんのキャラクターじゃないですか。ちょっと失望しました。
ただ、「公権力、圧力でつぶすとの趣旨ではない」という部分があまりメディアでクローズアップされていないことには同情します。

大手マスコミの多くは百田さんを”潰したい”のでしょう。
百田さんが生き残るためには一般国民からの支持が必要不可欠だと思います。
例のノンフィクション本のように失望させてはなりません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード