中国の戦勝式典は笑えないジョーク

今日9月3日に北京で行われた中国共産党による〈抗日・反ファシズム戦争勝利70年記念式典〉とやらいうもの。
いやあ、ここ最近でもっとも笑えないジョークでした。
まず日中戦争で日本と戦ったのは共産党ではなく国民党の中華民国ですし、反ファシズムっていいますけど、共産党の中国こそ現代を代表するファシスト国家なんじゃないでしょうか。いまだに民主的な選挙が行われず、共産党の独裁が続いているわけですしね。
あの北朝鮮だって形ばかりの選挙を行っているのに…。

ファシズムの語源はイタリア語の”ファッショ=束”で、ファシズムは日本語では結束主義と訳されています。
ファシズムの定義は世界でも議論があるものの、”強い国家主義、反民主主義と反自由主義”といったところはほぼ一致しているところでしょう。そして、それでもって国家を身勝手に膨張させてゆくのがファシズムだと私は思っています。
その思想はヒトラーやムッソリーニが敗れ去ったのちは完全なる悪とされたため、いまではそれを標榜する国は皆無ではあるものの、現実としてそれで動いている国がいくつかあって、その代表は間違いなく中国です。

そして習近平主席はスピーチで平和を謳いながら、時代錯誤な大規模軍事パレードを閲兵する。
なんとも馬鹿馬鹿しい式典です。
もちろん、まともな国の首脳はこんな式典には参加していません。中国にお金をたくさんもらっている国や同じくらい世界から爪はじきにされている国くらいです。習近平主席のすぐ横の特等席に陣取ったのはロシアのプーチン大統領でしたしね。

そんな式典参加者ですが、最も笑えないのがパク・クネ大統領とパン・ギムン国連事務総長が参加した韓国。
いうまでもなく、韓国がアメリカとともに朝鮮戦争で戦った相手は北朝鮮と中国であり、その戦争はいまだに停戦中なんです。
そして日中戦争当時、朝鮮半島は日本によって併合されていたので、朝鮮人は中華民国とも戦っていたんです。それなのに中国とともに日本と戦ったような顔で大統領が臨席しているんですから、韓国というのはおかしな国です。
中国共産党と同じく、”歴史を修正”したいのでしょうかねえ。
また、パン・ギムンとかいう韓国人は国連事務総長という中立的な立場をすっかり忘れている上に、軍事パレードに出席することで中国の軍拡を事実上認めちゃっているのですから、もう救いようがありません。日本だけではなく世界中から懸念の声が出てくるのも当然です(韓国では賞賛)。

中国共産党は今回の式典で、国内の引き締めとアメリカや周辺国に対する威嚇を意図したと国際専門家は分析しているようですが、それはどの程度成功したのでしょう?
こんなことをしても経済は上向きませんし、大規模な軍事パレードは世界の国々が中国をより危険視しただけだと私は思います。

いつか中国で本当の〈反ファシスト勝利式典〉が行われるといいですね。
そのとき共産党はなくなっているでしょうけど。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード