アジア2次予選対カンボジア、不満の残る34本

”34分の3”。

昨日9月3日に行われたアジア2次予選のカンボジア戦、日本はホーム埼玉スタジアムで3-0と快勝したわけですが、3分に1本以上のシュートを打って、わずかに3本しかネットを揺らさなかったことはテレビで観ていて消化不良としかいいようがありません。
試合後のハリル監督も選手たちもそう語っていましたしね。

試合は序盤から日本が圧倒的にボールを支配して、カンボジアは5バックで全員が自陣に引き籠っての守備。
ただ、シュートを打てども打てども、どれも空砲に終わり、FIFAランク180位の格下(日本は58位)相手に嫌あな雰囲気。前のホームでのシンガポール戦0-0の悪夢が蘇ります。
しかし、それを振り払ったのがエース本田圭佑!
前半28分、バズーカ砲のような無回転シュートで相手GKの腕を弾き飛ばして日本先制!
本田は細かなテクニックもなければスピードもないのに決めるところで決めるのですから、「さすが!」としかいいようがない!
(※スタメンはGK西川周作、4バックに右から酒井宏樹・吉田麻也・森重真人・長友佑都、ボランチは長谷部誠(C)と山口蛍、OMFに本田圭佑・香川真司・武藤嘉紀、ワントップに岡崎慎司。)

これで観ている側としても気分が軽くなりましたし、ピッチにいるサムライたちも余裕を持って追加点を狙いにいってくれるはず。
でしたけど、43分の武藤の左からのクロスを香川が弩フリーで外すなど、重苦しさは変わりません。

前半の日本は全体的にバタバタした感じが否めず、ハリル流の”前へ前へ”にこだわりすぎている印象。
選手にもベンチのハリルにも落ち着きがありません。これはシンガポール戦とまったく同じ。
ただ、この日はサイドを意識した攻撃や、思いきったミドルシュートなど、前より工夫があったのも事実。
あとはクロスとシュートの”質”といったところでしょうかね。

後半の日本は前半よりも相手をよく見ていましたし、落ち着きを取り戻したか。
開始早々の5分、隙をうかがうように相手の守備陣の周りでボール回し、最後は吉田の美しいミドルシュート!
これでいいんです!
16分にも山口が右に展開して、本田がゴール前の岡崎へ、岡崎は反転から強引にシュートにゆくも、相手DFに当たり、そのこぼれ球を武藤が狙うも足が届かず、しかしその後ろに待っていたのは香川!しっかり決めて3点目!
香川はここまでいわゆる”QBK”も含めてシュートを外しまくっていたので、このゴールは本当に大きかった。結果が出ないとネガティブの塊みたいになっちゃう選手ですからね…。

後半20分には武藤→宇佐美貴史、33分には動きにキレがなかった岡崎→興梠慎三、38分には本田→原口元気という交代カードを切るも、その後の追加点を奪えなかった日本代表。
宇佐美は持ち前の振り足鋭いシュートや香川とのワクワクするようなコンビを見せていましたし、原口も短時間のなかで積極性を発揮していたので、得点が生まれなかったのは本当に残念。
格下相手にはもっと肉弾戦で潰しにいってもよかったかもしれません。

この試合を受けて、メディアは盛んに”決定力不足”を嘆き、その原因についてあれやこれやと書きたてていましたけど、私は単純に”岡崎の不調”と、”香川がシュートを外し過ぎた”からだと思います。
岡崎はコンディション不良のようだったので、次は点を取ってくれるでしょうけど、問題は香川です。
彼は代表の、特にトップ下に座ったときは硬くなりすぎるのか、とにかく結果が出ません。
トップ下から外してはどうなんでしょう?
たとえば岡崎と武藤の2トップに、左に宇佐美、右に本田という攻撃陣で一度見てみたいものです。

また、”34分の3”とシュートを外し過ぎた日本代表ですが、香川などは枠内に打っているだけまだましです。
山口などは5本のミドルを放って、すべてがゴールの枠の遥か上なのですから、がっかりしました。
この試合の山口は縁の下の力持ちとして、いい球出しをしていましたけど(蛍だけに陰で光ります)、ボランチのポジションであれだけミドルをふかしていては正直がっかりします。柴崎岳あたりもまだまだスタメンのチャンスがありそうですよね。

山口にしてもそうですし、武藤や宇佐美といった若手がもっとチームを引っ張らねばなりません。
武藤などはまだまだ遠慮しているように見えますけど、もっともっと自己主張して欲しいものです。
いまの中心選手はみんなそうやってポジションを取ってきました。
私はこの試合は決定力不足よりも、若手のアピール不足を問題にしたい。

がんばれプラチナ世代!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード