野球賭博はどこまで広がるのか

ジャイアンツの福田聡志投手が協約違反・法律違反である野球賭博に関わっていた問題で、今日21日に記者会見を開いた日本野球機構の調査委員会は、同じくジャイアンツの笠原将生投手と松本竜也投手もこれに関与していたと発表しました。
2人は胴元とされる人物とバカラや麻雀、ゴルフでも賭けを楽しんでいたといいますから、よほどギャンブルが好きなのでしょう。
その胴元が反社会勢力、つまり暴力団と繋がりがあるかどうかは目下調査中とのことですが、違法賭博の背後に暴力団がいるのは常識です。
なぜなら、それが違法なだけに、負けを踏み倒すような客がいたら胴元はそれを警察や司法に訴えることはできないので、法の外にいる人間や集団がケツを持たなければならないわけです。
そうではければ違法賭博は成立しません。

この問題の発端は週刊誌報道で、それをもとにジャイアンツが調査を開始し、10月5日に福田投手が野球賭博を行っており、それを仲介したのが笠原投手だったという記者会見を行いました。
ジャイアンツはその後も内部調査を続け、クライマックスシリーズ前に「福田投手以外にはいない」と発表していただけに、内部調査がどこまで有効だったのか大いに疑問が残るところです。
その内部調査は他のいくつかの球団も行っていて、どこも「うちにはいない」という結論を出していますけど、ジャイアンツの状況を見る限り、誰もそれを信用しないでしょうね。

今後は他に関与していた人間がいないのか、野球賭博だけではなく、その延長線上にある”八百長”があったのかどうかが焦点になるのは間違いありません。
そしてまたこれがジャイアンツだけの問題かどうかも重要です。
いまのところ調査委員会はジャイアンツしか調査していませんけど、これがジャイアンツだけと考える方が不自然です。
かつての〈黒い霧事件〉もプロ野球界全体の問題でした。

まだ記憶に新しい2010年の大相撲野球賭博問題では、相撲協会が全ての部屋の力士や親方、関係者から事情聴取し、処分を決定した後、警視庁が賭博開帳図利の疑いで捜査に入り、そこで押収した携帯電話から、一部の力士同士が白星のやり取りを
する八百長が発覚しました。
内部調査には限界があります。
プロ野球の問題も、全容を解明するためには警察が介入すべきです。
うやむやにせず、徹底的に膿を出さねば、疑惑は”永遠”について回ります。

テレビ中継が激減したいまのプロ野球は球場収入が大切になっています。
つまり球場に足を運んでくれるコアなお客さんが大切なんです。
そのお客さんたちはまさにプロ野球ファンです。
このままではそのひとたちは胸を張って「プロ野球が好きだ」といえなくなってしまいます。
視聴率などいくら低下してもいいのです。
球場からお客さんいなくならない限り。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード