2015GPSアメリカ大会 男子シングル(前)

2015-16GPS開幕戦アメリカ大会男子シングルにはなかなかのメンバーが揃いました。
五輪と世界選手権の銅メダリストを獲ったことのあるデニス・テン、当代随一の演技派ジェイソン・ブラウン、潜在能力の高い閻涵、日本が誇るパワースケーター無良崇彦、そして昨季の素晴らしい内容でジュニアを制した宇野昌磨。
優勝争いはデニスと宇野くんに絞られるというのが大方の予想でしょうけど、私は「宇野くんが何点出して優勝するのだろう」としか考えていません。
開幕からかっ飛ばして評価を上げてゆき、全日本と世界選手権で羽生結弦と雌雄を決する、それが今季の宇野昌磨の行程表なんです。
羽生結弦は宇野昌磨のシニアデビューについて、「やっぱりこの時代になるか」と語っていました。
その時代とは何か、それは”ユヅショウ時代”に他なりません。
個性の違う日本の若き才能2人が男子フィギュアを進化させてゆく時代なんです!
その幕を開けろ、宇野昌磨!
…と、興奮するのはここまでにしておおいて、冷静にアメリカ大会を振り返ってみたいと思います。

今季の無良くんは、SPの振り付けをチャーリー・ホワイトに、FSをジェフリー・バトルに依頼し、自分の可能性を広げる旅に出ているわけですが、
SP『黒い瞳』の冒頭4Tが回転不足(UR)気味の両足着氷になる不穏な出だし、代名詞の大きな3Aではタイミングが狂いながらも膝で上手く着氷を吸収してことなきを得ました。ふう…。
その後のスピンも不安定で、どうにも流れがつかめないなか、後半の3Lzに強引に+3Tを付けてのリカバリーで一段落つくと、ステップシークエンスはずいぶん練習してきたのか、振り付けもしっかりしていて、自信を感じました。
ブレードが氷に接している時間も増えて、より安定感と美しさが出てきたのではないでしょうか。
しかしSPは71.66(TES32.80・PCS38.86)という思わぬ低さで10位。
プロトコルを見ると、URですんだかと思われた4Tがダウングレード(DG)で、後半の+3TにもURがついていたのが主な原因ながら、ステップのレベル2も気になります。レベル評価のポイントをもう一度確認せねばなりませんね。
FSは水鳥の衣装に身を包んでの『オー』。前に鈴木明子さんが素晴らしいプログラムを作っていましたけど、無良くんがどういうアプローチをするか楽しみ。
だったんですけど、出だしから4Tと4T+2Tが「よく立ったなあ…」というヒヤヒヤものの着氷、3Aはしっかり決めて、これで落ち着いてくれると思ったら次が2Sになるまさかのミス。
スピンはSPよりもなおバランスを乱し、その悪い流れからかステップにも勢いが出てきません。どこか怪我でもしているのしれませんね。
後半は1A、1Loと続いて、3S+1Lo+2Sと3Lzは根性で降りるも、終盤はかなりへばってしまって、プログラムの魅力を表現するところまではいきませんでした。
FSは129.17(56.61・72.56)、合計200.83の10位。
このところの無良くんはシーズン序盤に調子がよくて、後半に失速していましたけど、今季は逆になることを祈りましょう!

毎年どんなプログラムを滑るのか楽しみなデニス・テンのSPは『ミサ・タンゴ』。題名を聞いただけで似合うのがわかります。
そうして独特の緊張感と品のあるスケートから4T!でしたけど豪快な転倒、3Aはやや詰まった感じ、後半の3Lz+3Tも窮屈な着氷。
演技の方も、振り付けや滑りの明確さはさすがなんですけど、動きやエッジワークが乏しくて、味気ないほどあっさり。
最後スピンではバランスを崩して手をつく珍しいミス。この日はまったく集中できていませんでしたね。
SPは79.02(38.24・41.78・減点1)で6位。
こうして辛くもFS最終グループに残った形ですから、普通は優勝争いに絡んでこないものですが、デニス・テンという選手は妙な爆発力があるので、これまでも幾たびかドラマを起こしてきました。
しかし、FSでは完全に回転不足の4T転倒、次の4Tも転倒、3A予定は1Aにすっぽ抜けるという見たこともないような大自爆。
しかも後半も3Aの転倒から始まると、コンボはひとつも付けられないは、2Lzになるは、どん詰まりのジャンプを繰り返すはで、もう人様にお見せできるようなものではございません、すみませんでした、という散々な内容。
気持ちも完全に切れっちゃって演技どころではありませんでした。
FSは122.50(47.78・77.72・減点3)、合計201.52の9位。
宇野くんのための高い壁になってもらうはずだったのに、何をやっているんですか!
カザフスタンが五輪招致に敗れたとはいえ、こんな調子じゃ困りますぜ!

フィギュアスケート・シングルというのは選手寿命の短い競技だったはずですけど、その常識を破って、毎年進化を続けているコンスタンティン・メンショフメンショフ32歳は豪快な4T+3TでSPをスタートさせると、続いて4Sを成功させた!すごすぎる!
メンショフさんといえば、ビッグジャンプの後にポカをするのがお決まりですけど、この日はバランスを崩しながらも3Aを粘っこく着氷すると、変なリズムのステップで独特の空気を醸し出し出し、最後2つのスピンも集中して回って軽くガッツポーズ!
SPは86.15(48.61・37.54)で3位。
いやあ、それにしもてジャンプが若い。NHKの『ミラクルボディ』で特集して欲しいくらいです。
こうしてSPで4回転を2本決めたことで、メンショフさんが手に入れたのはFSと合わせて4回転5本という世界記録への挑戦権。
数々のクワドジャンパーが挑んでは跳ね返されてきたその記録も、メンショフさんならやってくれるはず。
しかももし達成すれば、”最高齢記録”として末永く残ることは確実です!
そうして始まったFSでは4T+2Tをびしっと決めて期待値が跳ね上がるも、次の4Sで転倒して急降下。
しかし、転倒であっても4回転は4回転ですから、記録には残るんでしょうか…?
ちょっとよくわかりませんけど、もし大丈夫なら後半の4Tはしっかり決めておきたいところ。
前半は転倒の後も3Aと3Lzを決めていますし、闘志はまったく衰えていません!
しかし、後半冒頭のジャンプは力んだのか体が開いて悔しい3Tに。うーん残念。
それでも3A+2T、3Lo、2Aをきちんと降りるところに、メンショフさんの誇りを感じました。
その気持ちがあれば今シーズン中に大記録を達成できますよ!
FSは144.64(72.14・73.50・減点1)、合計230.79で5位。
(※メンショフさんが宇野くんの倍近い年齢だということに驚きながら後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード