2015NHK杯を前に思いのたけを

明日11月27日から始まる2015NHK杯は、浅田真央の復帰による宮原知子との新旧全日本女王対決、羽生結弦と中国の金博洋による新旧モンスタージャンパー対決、新しく結成した村元哉中&クリス・リードのお披露目など楽しみが満載。
ペアにも昨季の世界王者、メガン・デュアメルとエリック・ラドフォードの組が出場しますし、 内容の濃い大会になりそうです。

そして今年はその会場が長野市のビッグハットということで、長野駅にはその特別ブースが設置されていて、出場選手たちのパネルやキス&クライのレプリカが展示されているんです。
NHK杯展示1
遠方からいらっしゃる方はここで気持ちを高めてから会場に向かえばより大会を楽しめそうですよね。
いままで長野市ではフィギュアの大会があっても、こういう大きな宣伝を見かけることはほとんどなかったので、今回は街全体が盛り上がるんじゃないかと私も長野市民のひとりとして大いに期待しています。
開催地のウェルカムな雰囲気や熱気というのは、選手やお客さんに伝播して、大会自体の質を上げるものですからね。
NHK杯展示2
いやあ、本当に嬉しいです、地元長野にNHK杯が、浅田真央が、羽生結弦がやってきてくれるのは。
うんうん本当に。
でもね、ないんです。
私と相方の手元にはそのチケットが!
何度かあったチケットの抽選・販売にすべて敗れ、最後の17日のファミリーマートでの立ち見券も逃したとき、私も全身の力が抜け、帰り道で思わずうずくまりましたよ。しばらく立ち上がれませんでしたよ。
今回は浅田さんと羽生くんという両横綱のそろい踏みで、チケット入手がかつてないほどの激戦になるのは覚悟していましたけど、いざ敗れてみるとそのショックはやはり大きかった…。
当初、私は地元の利を生かして、立ち見席は当時並べばなんとかなると淡い期待していたんですけど、今年もファミマでがっかりしていたんです。
しかも以前まであったながの東急や平安堂での”地元枠”もいつの間にかなくなっちゃっていますし、もう長野市に住んでいる地の利はどこにもありません。このために住んでいるのに!(勢いで嘘つきました。)

NHK杯フィギュアの概要を確認すると、主管に”長野県スケート連盟”、後援に”長野市”って書いてあるんです。
これで地元枠がないって、公平に見ておかしいですよね。私が我欲だけでいっているのではないはずです。
『広報ながの』に市長への意見を郵送できる〈みどりのはがき〉なるものが付いているので、そこにこの憤りをぶつけてもいいかもしれません。
もう本当に悔しいんです。
そしてまた真央ファンの相方が不憫でならないんです。
浅田さんが長野入りしたと知ると、深呼吸して、「いま真央ちゃんと同じ空気を吸っている」とかなんとかいって自分を慰めているんですからね…。

でもね、そんなひとが長野市にはたくさんいると思うんです。
派手な歓迎ができないシャイな街ですけど心は熱いんです。
遠方からいらっしゃる方々にはフィギュアスケートとともにそんな長野市も楽しんでいって欲しいものです。
いまはちょうど新蕎麦が美味しい時期です。
選手のみなさんにもぜひ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード