2015NHK杯女子SP 許されざること

羽生結弦の圧巻のSPと世界最高点の更新が終わり、2015NHK杯初日もいよいよ最後の競技、女子シングルSPが始まったわけですが、観客、いや日本国民と世界のフィギュアファンの注目はなんといっても休養明けの浅田真央。
テレビで観ていても、第2グループ先頭で滑走する彼女が6分間練習に姿を現したときの、会場の凄まじい盛り上がりと緊張感がよくわかりました。
浅田さんはベテランらしい落ち着いた風情でひとつひとつの技術を確認し、3Aもしっかり決めた!
その瞬間に会場がドッと爆発するように湧き上がる、これも浅田真央の世界、もう彼女の演技は始まっているのです!

今季の浅田さんは3A、3F+3Lo、3Lzという女子選手の限界といってもいいジャンプ構成に挑んでいるわけですが、前の中国大会では3-3に微妙な回転不足があったのと、ルッツのエッジを厳しく取られたために、一見ノーミスの演技でありながら、思ったよりスコアは伸びませんでした。
しかし、それも”伸びしろ”です。
このNHK杯で課題を修正し、フィギュア史に燦然と輝くSPをやり遂げる布石なのです。
テレビで応援していた私も、不安よりも期待が大きかった。
今季の浅田さんは、余念が消えて、フィギュアスケートとの距離が凄く縮まっているように見える、フィギュアスケートを心から楽しんでいるように見える。
そこからくる気持ちの余裕が演技をより大胆にし、技術の安定感をより高めているように見えるわけです。
以前も、失敗を恐れないとか、ジャッジの判定を気にしないとか、そう自分にいいきかせていたと思うんですけど、もういいきかせなくても自然にそうなっているのではないか、そういう境地に達しているのではないでしょうか。

しかし、この日の浅田さんは最初の3Aでまさかの転倒。
このところ練習でも本番でも転ぶ場面というのはまったくといっていいほど見ていなかったので、私も目の前で起こっていることが信じられませんでした。
ただ、よくよく考えてみれば女子の3Aはちょっとしたメカニックの乱れ、メンタルの浮き沈みで成否が変わる超高難度のジャンプです。いまの浅田さんといえども百発百中というわけではないのです。
むしろ大事なのはこの失敗を引きずらないことです、次のジャンプをしっかり決めることなんです。
そういうなかで跳んだ3F+3Loは気持ちが伝わってくるジャンプ!回転も大丈夫そう!
セカンドジャンプは幅を作るのではなく、高さで跳ぶ浅田さん従来のスタイルで、懐かしさすら感じました。
本当に成功おめでとう!
幅を作るのが昨今の流行ですし、スケートが流れて、その後の演技に繋げる意味でもそのほうがいいのかもしれませんが、セカンドジャンプは自分のスタイルでいいと思います。加点よりも基礎点や自分の跳びやすさの方が大事ですからね。

キャメルスピンは自分の体と相談するように丁寧に回り、ねっとりとした滑りと誘うような表情でリンクを30年代のアメリカのナイトクラブに変えた浅田真央、これで集中力高めての後半冒頭は課題の3Lzでしたけど、1Lzに抜ける手痛いミス。
ここは繋ぎのステップから迷いが見られました。失敗すべくして失敗したといっていいでしょう。
エッジも気になったでしょうし、3Aで転倒していますからもうミスが許されないという硬さもあったかと思われます。
本当に悔しい!
それでも数々のトラブルを乗り越えてきた浅田さんはこの程度で動揺することなく、すぐに滑りのリズムを作り、しなやかで美しいビールマンスピンを披露すると、そこからは攻めに攻めるステップシークエンス。
百人の男どもがあれやこれやと誘いをかけてくるのを、ときには笑顔で、ときにはピシャリとかわしてゆく、そんな情景が思い浮かんでくるなんとも魅力的な連続場面。この部分はもうひとつの映画みたいですよね。
しかも、体の使い方やエッジの使い方も尋常でないくらい技巧的かつ力強いんです。見れば見るほど圧倒的。
演技的にも技術的にも、現在の”世界最高のステップ”は浅田真央だと断言しておきます。

そうしてステップで作ったいい流れのままのコンビネーションスピンで演技を終えた浅田真央。
地元の大観客の前での不甲斐ないジャンプミスに、ポニーテールを大きく振って悔しがっていましたけど、演技面では存分に楽しめる『素敵なあなた』だったと思います。さすがといっていいでしょうね。
今回は3Aと3Lzで失敗してしまったものの、3F+3Loが決まったのは(※認定)本当に大きな進歩だったと思います。
今季でいうと3Aは安定していますし、3Lzだってジャパンオープンで”!”(エッジが不正とはいいきれない)をもらっているので、あとはこの3つをひとつの演技に揃えるだけです。
我々ファンもそいうプラス思考でいきましょうよ!

ただ、心配なのはスコアの方で、FS最終グループに残れないとNHKの地上波放送の予定を狂わせかねません。
浅田真央はそれだけ影響力のある選手です。
そして出てきたスコアは62.50(TES30.80・PCS32.70)。
この時点で首位だったので最終グループ入りは決定。ああよかった。
…と、私も胸を撫で下ろしたわけなんですけど、ちょっと待ってください、このスコアなんかおかしいですよね。
今回だけを見ていてはわかりにくいんでけど、前の中国杯のPSC34.65から激減しちゃっているんです。
確かに前はジャンプミスがなくて流れは切れませんでしたけど、演技全体でいえば、今回がさほど劣っているというわけではないと思うんです。
そもそもこのPCSはよほどのことがない限り上下しません。
たとえば、浅田さんのあとから滑ったワグナーは前の大会で素晴らしいSPを滑ってPCS33.66をもらっていますけど、今回はジャンプに2つのミス(オーバーターンとこらえる形)が出たように全体の演技もやや低調ながら33.46とほぼ変わりがありません。
これが”常識”というやつです。

浅田さんが酷く下げられたおかげで、ワグナーがPCSトップになってしまい、悪目立ちすることとなったわけですが、彼女がおかしいというより、浅田さんへの採点がおかしいです。
浅田さんのSPのPCSは休養前からだいたい34点代~35点代で推移しています。
思い出したくないソチ五輪のSPですら団体戦で33.82、個人戦で33.88なんです。
これより下げるというのはもう意味がわかりません。ジャッジからの嫌がらせと断定してもいいでしょう。
解説の鈴木明子さんと織田信成くんにはここに少しでもいいからふれて欲しかった。
PCSというのは判定基準があやふやなで、誰にも説明できない数字ですけど、”過去の点数に準拠する”というのだけは頑なに守られてきました。
それを今回のジャッジはしれっと蔑ろにした。
踏み越えてはならない一線を踏み越えた。
しかも浅田さんの地元のこの日本で。
日本スケート連盟はなんらかの対応をすべきですし、佐藤信夫コーチは水面下で強く働きかけるべきです。
こんなことを許していたら競技になりません。
心ある選手たちとファンは、いまの馬鹿馬鹿しくて下衆な採点方法に一定の我慢を示しているのですから、愚かで最低な国際スケート連盟ISUも、守るべきところは守ってもらわなければならない。
いま私は怒りに打ち震えています。

こんなことが続くようだったら、日本政府がユネスコへの拠出金の削減を検討するように、日本の企業もISUと日本スケ連への
広告料を渋るべきです。
FSで浅田さんのPCSがおかしなことになったら、私は絶対に許さない。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード