羽生結弦、陰陽の神になる

羽生結弦がこの長野でやってくれました。
世界最高点のSPに続いて、FSでも216.07(TES118.87・PCS97.20)という圧巻の
世界最高点を叩きだし、合計も夢の322.40!
SPとFS合わせて5本の4回転を成功させたというだけではなく、全ての技術要素に加点が付くクリーンプログラム、しかもそのほとんどが目の覚めるような出来栄えなのですから神ががっていました。
羽生結弦はシニアに上がってから、予定のジャンプを全て決める、いわゆるノーミスの演技が一度もなく、たいてい大きなミスをしてしまうので、そういう部分を揶揄する声もあったかと思いますけど、それをついにノーミスを通り越したパーフェクトの演技で跳ね返したのですから、本人もさぞかし満足していることでしょう。
私もテレビで観ていて転げ回るほど喜んでしまったので、今回はチケットが取れなくてよかったかもと思うくらい。
会場にいたら通路のところを走り回って、警備員さんにつまみ出されていたと思います。

それにしても本当に凄い演技でした。
SPに続いて言葉が見つかりません。
なんて凄いやつなんだ羽生結弦は。
彼はもう私の想像を超えて、天高く羽ばたいていってしまっています。
今回の322.40だってもう誰にも破られることはないかもしれません。
破るとすればそれは羽生結弦本人でしょう。
解説の織田くんは、他の選手は今回の羽生くんの演技を見て、「気持ちに火が点いたに違いない」といっていましたけど、私は気持ちが折れていると思います。競うのが嫌になっているはずです。それくらい凄まじい内容でした。

そういう選手が日本にいることに私は心から感謝したいですし、同時代で演技を楽しめることを心から喜びたい。
そしてまた、今回の偉業が長野市のビッグハットで達成されたことも、市民のひとりとして本当に誇らしいんです。
管理運営会社さんには、ぜひ、これを記念したプレート、もしくはゆづるゲートを作って欲しいものです。
これはもう長野市の歴史の一部です。
それを自慢しなくてどうするんですか!

羽生くん、長野での神演技、本当にありがとう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード