2015年2度目の外交失態

12月24日に安倍晋三総理大臣が、いわゆる従軍慰安婦問題を決着させるために岸田文雄外務大臣を韓国に向かわせる、という報道があってから今日28日まで、私のなかはもやもやと不安でいっぱいでした(全日本フィギュアに集中したかったのに!)。
慰安婦問題などというのは単なる民間の商業売春の話ですから、本来日本政府がなにかアクションを起こさなければいけない話ではありません。
ですけど、朝日新聞の捏造記事から生じたこの問題は、悪質なマスコミと政治家によって膨らみ続け、取り返しのつかないところまできてしまったのもまた事実で、もはや無かったことにはできないわけです。
そのため問題を終わらせるためには日本政府としても”なにか”をしなくてはならなくなるのですから、本当に馬鹿馬鹿しいですよね。

そんななか、私だけではなく、多くの国民が不安なのは、その”なにか”について、安倍政権がよからぬ妥協してしまうのではないかというところでしょう。今年(2015年)7月の〈明治日本の産業革命遺産〉の世界遺産登録の際にも、韓国からクレームをつけられ、声明のなかに「forced to work」という言葉を盛り込むという外交失態を犯したばかりですからね。
対中国・対北朝鮮のためには韓国を日米グループの側に引き寄せておきたいとか(アメリカからの圧力もあるでしょう)、隣国である韓国と首脳会談ができない状況を改善したいとかいうのもわかりますけど、妥協したり急いだりする必要があるのか、私には大いに疑問です。放っておけばいいと思いますぜ。

そうして日韓間で下交渉が行われ、日本側は問題を蒸し返さないことや慰安婦像の撤去などを求め、韓国側は日本政府が責任を認め、慰安婦へ謝罪と賠償をするよう求めていたとの報道がありましたけど、双方が満額回答できるはずもなく、交渉内容は落とし所を探る作業だったに違いありません。
私などは密かに決裂を願っていましたよ。
安倍内閣とすれば”交渉をしようとした”という姿勢だけで、アメリカに対して言い訳になりますからね。

しかしながら、今日28日、日韓外相会談は無事行われ、合わせて共同記者会見が開かれました。
その内容はというと、日本側は「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」として、元慰安婦のための基金に10億円を拠出。安倍総理大臣からも「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とのこと。
韓国側は「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」とした上で、慰安婦像についても「関連団体との協議を行うなどして、適切に解決されるよう努力する」と発表しました(NHKニュース)。
双方曖昧な、まさに妥協の産物といっていい外相会談だったわけですけど、日本側が「軍の関与」という踏み込んだ言葉を使ってしまっているのと、10億円もの大金を了承したことは、今後大きな議論を巻き起こすことは間違いありません。
私も”やりすぎだ!”と正直腹が立っています。

「軍の関与」でいえば、慰安所の警備や衛生管理、悪質業者の取り締まりといったことを軍が行っていたという資料もありますし、関与はしていたのでしょう。
しかし、韓国がいう関与というのは日本軍による婦女子の強制連行、いわゆる”慰安婦狩り”です。
もちろん、これを日本政府が認めることは絶対にありません。しかし、共同会見での「軍の関与」という言葉が独り歩きしたり、韓国側にいいように解釈されてしまう危険性は非常に高いわけです。
ここの部分は今後日本国内でも国際社会でも繰り返し説明が必要になってくるでしょうけど、それでフォローできるかどうか本当に疑問です。「forced to work」同様に大失敗だったといっていいでしょう。
そして10億円という”支援金”ですが、傍からは”賠償金”にしか見えません。慰安婦問題に関する”責任”も日本政府が認めたんだかそうじゃないんだかわからないような声明を出していますけど、多額のお金を出してしまえば認めてしまっているようにしか見えないわけです。

対する韓国側はすべて”口約束”です。
慰安婦像は”民間組織”が勝手にやっているということになっているので、政府として権限がないといえばそれまでですし、「最終的かつ不可逆的」という発言だって、キム・ヨンサム政権だってキム・デジュン政権だってみんな同じようなことをいっては反故してきたではありませんか。
政権が変われば、また蒸し返すに決まってます(変わらなくても)。

安倍内閣は世界遺産登録に続く大きな外交失態を犯したといっていいでしょう。
この政権は消費増税のタイミングを誤って経済面でも失敗しているのですから、本来は倒れてしかるべきです。
マスコミも野党も批判の声をより強めなければなりません。いまこそ攻め時です!
…しかし、そうはならないんでしょうねえ。
野党もマスコミも日頃から「韓国とは仲良くしろ」とばかりいっていますし、慰安婦問題だってマスコミが作り出して、野党の一部もそれを熱烈に応援していたんですもの(消費増税ももともと民主党の政策)。

ほんと、年末だというのに気持ちが本当に暗くなってしまいました。
私ももう安倍内閣に期待が持てません。
「安倍さんが一番まし」は2015年で終わりにしましょう。
もっとましなひとが自民党から出てくるか、自民党よりもまともな党が新たに力を持つか、2016年の願いはそれだけです。
がんばれ他のひと!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード