リオ五輪男子サッカー 最終予選宿命の準々決勝へ

リオ五輪アジア最終予選、グループステージ2連勝で早くも首位通過を決めた若きサムライブルーにとって3戦目は完全なる消化試合。
しかしながら相手のサウジアラビアは自力突破のためには勝ちが必要なので「しびれるゲームになる」(手倉森誠監督談)になるはず、…でしたけど、サウジは勝ち点計算でも間違えたのか、執念をまったく感じさせない試合運びで、正直いって拍子抜けでした。
日本はいつもの4-4-2ではなく、4-3-3を試すと同時に、これまで出場機会のなかった選手(第3GKを除くすべて)を起用するなどしたものの、試合は2-1という完勝に終わりました。
1点目(前半31分)の大島僚太のミドルシュートは豪快かつ美しいものでしたし、2点目(後半8分)も右サイドから仕掛けた南野拓実のパスに井手口陽介が右足インサイドで的確に蹴り込むというものの見事な連携でした。
後半12分の失点はアジア特有の不可解ジャッジによるものですから、守備陣はまったく自信を失う必要もなく、実質グループステージは無失点といっていい内容だったわけですから、胸を張るべきです。
ただし、不可解ジャッジはいつ起こるかわからないので、守備陣は常に気を引き締め、攻撃陣は常に追加点を狙わねばなりませんね。

グループステージでの手倉森ジャパンは、選手各々を適宜休養させ、フィールドプレイヤー全員をピッチに立たせたことで、調整と連携もさらに深めることができたと思います。決勝トーナメントに向けて最高の状態といっていいでしょう。
しかし、リオ五輪出場切符はわずかに”3枚”。
ベスト4に進出し、最悪でも3位決定戦に勝たねばならないわけです。
ですから、準々決勝でここで負けてしまえば、もう終わりです。敗者復活はありません。
その運命の試合の対戦相手は”イラン”。
手倉森ジャパンとイランは、昨年1月のU-22アジアカップで3-3という激しい打ち合いを演じています。
実力にはさして差がないといっていいでしょう。
次こそは本当の「しびれるゲーム」です。

そこで勝ち切るためにはやはり”守り”が重要です。
イランは今大会のグループステージではシリアに2-0で勝利、カタールに1-2で負け、中国に3-2で勝利し、グループ2位通過してきましたし、昨年のU-22でもグループステージは日本に3-3、オーストラリアに0-1、クウェートに3-2というスコアでもわかるように攻撃的なチームですが、負けるときは点が取れていません。
そのイランの攻めはカウンターと、裏を狙った長いパス、それにサイド攻撃という中東スタイルになるでしょうから、日本は不用意にボールを失わないこと、そして相手のパスの出しどころを早めに潰すことが重要になってきます。
そのためにも案外、このサウジ戦の中盤を厚くした4-3-3はいいかもしれませんね。
中東の雄サウジをこれで抑えたのは、ある程度の手ごたえになっていると思います。

また、注目したい準決勝のスタメンでいうと、このチームはサブもレギュラーもそんなに差がないのは、面白みには欠けるものの、チームとしての安定感には繋がっていると思います。
核となるのは遠藤航と中島翔哉と久保裕也でしょうけど、あとの組み合わせは自由自在といっていいでしょう。
手倉森監督がどういう采配をを見せるのか本当に楽しみです。
個人的には、中央(ボランチ)の構成だけはグループステージを通してもまだ見えてこないので、そこが最も気になります。
イラン戦は中央での戦いが勝敗を分けると思います!

2020年五輪開催国として、リオ出場は使命であり、その年代に生まれたことは逃れられない運命です。
自らの運命に打ち勝ち、道を開け、若きサムライたち!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード