『真田丸』第7話、『奪還』

個人的な感想ですけど、ここまで『真田丸』はどの回もまずまず面白い内容だったと思うんです。
けれども、正直いって、この第7話『奪還』はつまらない回でした。
その原因はいくつかありますけど、大きくいって2つ。
まず、今回は真田幸があまりにも蝙蝠野郎すぎました。
織田信長が死んで、信濃と上州が大混乱に陥るなか、現在の直属の上司である滝川一益を裏切り、次は上杉に付くと見せかけて、裏では北条と通じ、上杉を騙し討ちする計画を立てる。
これは大体が史実ですから、粗筋に問題があるわけではありません。
ただ、昌幸が北条を選んだ理由が話の中でほとんど説明されていないので、単なる蝙蝠野郎にしか見えないわけです。
”北条に付かねば真田は滅びる”とでもいう昌幸の強い思い、そのためにはどんな非難も受け止めるという姿勢が描かれていれば、視聴者は上杉を騙すことも”仕方ない”と感じるはずです。
それがないので今回の昌幸はまったく魅力がありませんでした。

そしてもうひとつは、史実にはない真田源次郎信繁の働きです。
今回の信繁は、滝川一益に人質に取られている”ばばさま”を奪還する任務を父である昌幸から与えられ、小諸城に忍び入り、巧みな芝居によって敵の兵士を欺き、まんまと逃げおおせたかと思ったものの、寸前のところで失敗し、自らも滝川一益に人質に取られてしまいます。
このやり取り自体はコメディタッチの緊迫感があって面白かったのですが、初回以来ずっと失敗が続いてる信繁がまたしても失敗してしまう、それもあっけなく。なので簡単いいってしまうとカッコ悪いんです。
信繁は主人公なのですから、やっぱりカッコよくなくちゃあ痛快活劇にはなりません。
若い頃の失敗を糧に成長するといったってそんな失敗は一度か二度の印象的なものでいいんです。
何度もミスを犯していれば単なる間抜けです。視聴者に好かれるはずがない。
もういい加減にしないと主演の堺雅人さんが可哀想です。

また、今回は女優陣の出番が多かったのですが、信繁の幼馴染役の長澤まさみさんがかなり浮いていました。
最初に出演した回からずっと現代語風にしゃべるのも気になりますし、信繁に対するフランクさも可愛げなものではなく、鬱陶しい感じがするのも残念。
これはもちろん長澤さんのせいではなく、脚本と演出の問題です。おそらく視聴者の好感も得ていないでしょうから長澤さんには同情します。
長澤さんはこの『真田丸』のヒロインなので、出番は最終話まであるけでしょうけど、このままだと本人の評価・人気にまで影響しそう…。

そして今回、私がもっとも気になったシーンがこちら。
滝川一益が領国に逃げ帰る際に通ろうとした信濃木曽福島で、その領主である木曽義昌が道を阻むのへ、見返りとして真田一行が引き渡されるのですが、ばばさまが義昌と旧知の仲で、一発頬をぴしゃりと張ってから、信繁だけは解放するよう命令するんです。
義昌はもともと真田家と同じく武田信玄の家来で、子供時分は甲府で過ごしており、その頃ばばさまが色々と面倒を見てやっていて、義昌はばばさまに頭が上がらないというのが作中の設定なわけです。
ただ、これはかなりおかしいですよね。
木曽氏といえば信濃では名家で、義昌も信玄の娘を妻にして御一門衆に加えられたほどなんです。
真田家とははっきりいって家格が違うといっていいでしょう(※ちなみにばばさまは真田氏の家老の娘)。
その義昌が『真田丸』では山猿のように野卑に描かれ、自分よりずっと身分の低いばばまさにやりこめられる。
なんとも無惨、言葉がありません…。

もちろん、このような”ばばさまの活躍”は史実では確認できません。完全なフィクションです。
では、なぜ唐突にこういうシーンを差し挟んだのか。
間違いなく女性視聴者(中高年の)に媚びへつらうためです。近年の大河ドラマにありがちな手法です。
しかし、こんなことで喜ぶ女性視聴者がいるんでしょうかねえ。
私には作り手が女性をバカにしているようにしか見えません。良識ある日本女性は、大の大人の男に手を上げるような行為を”はしたない”と思うはずです。女性視聴者は逆に離れてしまうんじゃないでしょうか。堺雅人さんもカッコ悪いですし。
大河ドラマの視聴者は、一度離れたら、”奪還”は難しいと思いますぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード