『真田丸』第12話、『人質』

信濃小県の国衆でライバル関係にあった室賀正武を返り討ちにしたことで、小県を手中に収めた真田昌幸。
しかし、室賀を背後で操っていた徳川家康、そして真田領である上州沼田を狙う北条氏政の脅威が去ったわけではありません。
そこで昌幸は大国越後の上杉景勝に頼ろうとするのですが、昌幸に裏切られた過去のある上杉は渋りに渋った挙句、昌幸の次男である信繁を人質に出すことを条件としたのです。
昌幸は信頼の証として信繁を越後に送ることを決断。
信繁もまた、父とは違って義を重んじる上杉景勝に魅力を感じ、これに従うのでした。
春日山に到着した信繁(従兄の三十郎も同行)に景勝は、「人質ではなく客分として扱う」といってくれただけではなく、何かと気にかけてくれます。これは以前、真田と上杉が一時的な同盟関係を結んだ際に使者としてやってきた信繁を気に入っていたからです。
信繁はそういう景勝の対応はもちろん、景勝の領民に対する情け深い姿勢に感銘を受け、景勝を尊敬するようになっていたのですが、景勝にはちょっとした悪い癖がありました。
それは頼られれば何でも安請け合いしてしまうこと。
そのため、漁師たちに懇願されていた漁場争いの裁定も、上手い方法が見つからぬまま先伸ばしにして、埒が明かなくなった漁師たちは、”鉄火起請”という神の裁きに頼ることになってしまいます。
これは係争関係にある者同士が、それぞれ熱く焼けた鉄の塊を素手で持ち、それを神棚まで落とさず運んだ方に神託があるという戦国時代の占いで、負けた者は処刑、勝ってもただでは済まないというとんでもない代物です。
景勝との遠駆けでたまたま浜に立ち寄った信繁はこの現場を見て、すかさず止めに入ります。
しかし、行事役の奉行はそれを許しません。
そこで信繁は、「それならば鉄火起請をさせたい奉行とさせたくない私とどちらが正しいか神に占ってもらいましょう!」と奉行に鉄火起請対決を挑みます。
怯んだ奉行は「やめたやめた、漁師たちは互いにもっと話し合え」と問題を先送り。
漁師たちは鉄火起請も嫌だが漁場が確定しないのも困ると頭を抱えていると、信繁が1日交代で漁をすることを提案。
しかしそれでは潮の満ち引きで漁獲量が変わってしまうと漁師たちは納得しません。そこで景勝が新月(大潮)を境にすればよいと助け船を出し、一件落着となったのでした。
このことで景勝が信繁の知略と勇気をより気に入ったことはいうまでもありません。
そしてそんな優秀な息子を人質に差し出した昌幸も信じることに決めた景勝は、真田が上杉の配下となることを了承。
これで徳川と手を切ることを決めた昌幸、しかし徳川はそんな昌幸の身勝手な態度を許さず、信州上田に7000の兵を差し向けることとなったのです。
それを迎え撃つ真田勢はわずか2000。
上杉からは100の援軍、そして景勝の許しを得た信繁も一時上田に戻ることを許されます。
来週はいよいよ上田合戦です!

このような『真田丸』第12話『人質』でしたけど、なかなか内容の濃い回でした。
真田信繁という人物の生涯において、上杉景勝は事実としてかなりの影響を与えていますし(人質、慶長5年の大戦)、おそらく精神面でもそうだと思われます。
今回はそんな2人の関係の深まりを、鉄火起請を使ってかなり印象的に描けていたのではないでしょうか(この挿話は三谷幸喜さんの創作)。
”真田もの”といえば歴史ファンはどうしたって『真田太平記』を思い浮かべてしまいますけど、あちらは”真田家”を描く物語だったので、春日山時代の信繁(源次郎幸村)の描写はあまりありません。
対する『真田丸』は”信繁が主人公”ですから、その違いが出たという意味でも面白い回でした。

ただ、ちょっと残念な点を挙げると、上杉家という大勢力のスケール感がまったく伝わってこなかったこと。城や家臣団の様子、領地の賑わいなどが描かれていないんです。これではなんで真田家が必死に上杉に縋ろうとしているのか視聴者に伝わりません。
大河ドラマは昔からこういうところがおざなりですけど、いまはCG技術も進化しているのですから、もうちょっと努力して欲しいものです。
そして、何よりも問題なのは上田合戦という序盤のクライマックスに向けた緊張感がどこにも見えなかったことでしょう。
そりゃあ勝つのはわかっています。事実がそうですし、大河ドラマは1年間放送するのですから、ここで真田家が滅びるわけがありません。
そりゃあわかっていますけど、演者や制作する側がそういう態度では観ているこっちは白けます。
「もしかしたら負けるんじゃ…」とほんの少しでも思わせてくれなくちゃドラマになりませんよ。

上田合戦に向けて盛り上げるためには、もう1話挟んでもよかったんじゃないかと思います。
ほんともったいない!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード