『真田丸』第16話、『表裏』

これまでは上杉家への人質だった真田信繁ですが、上杉が秀吉に服従したことで、預かり先が秀吉に変更。
この第16話『表裏』では秀吉の馬廻り衆に取り立てられ、親衛隊といいますか、近習のような仕事の日々が始まります。
しかし、ここでひとつの難題が。
信繁の前任で、茶々のお気に入りだった馬廻りのひとりが、謎の死を遂げたのです。
「茶々さまに思いを寄せる殿が嫉妬に狂って殺したのだ。もう3人死んでいる」という話を上司から聞いて、震えあがる信繁。
何だか茶々から妙に気に入られているのです。そのため出来るだけ素っ気ない態度で、茶々との距離を取ろうとしますが、向こうはお構いなしに接近してくる。信繁の運命やいかに!
もうこれは完全にホラーコメディ。脚本の三谷幸喜さんも面白がって書いているに違いありません。
茶々役の竹内結子さんの恐怖を感じるほどの天真爛漫さと無邪気さ、秀吉役の小日向文世さんの笑顔の奥の笑ってない目、信繁役の堺雅人さんお得意の顔筋を激しく使った芝居もあって、大いに楽しめました。

そんな大坂城ですが、利休が南蛮からの品を秀吉に見せにきたり、馬廻り衆も暇そうに昼寝したりと、なんだかたるんだ雰囲気。
前にも書いたように、天下統一もされていないのですから、私はちょっとこれは違うように思います。
ただ、秀吉の弟、秀長が「自分たちは身分ばかりが上がってしまって、中身がついてきていない」と漏らしていたように、三谷幸喜さんとしては、豊臣家の綻びがすでに見え隠れしていることを暗示したかったのでしょう。

そしてその暗示でいえば、徳川による真田攻めを心配する信繁に対して、石田三成が「もはや戦でことを決する世は終わった」と宣言するシーンも、後々のことを考えると、ちょっとした哀れを感じさせました。
これまでの『真田丸』を見ていると、どうやら三谷幸喜さんは、三成をかなり評価しているようですね。
豊臣政権の安定のために、将来を見越して様々な手を打って行く、そうしたなかで、色んなところから反発を食らいそうですが、それでも突き進んでゆく、石田三成という有能でありながら不器用な男の生き様から、今後も目が離せません。
演じる山本耕史もいい芝居をしていますよねえ。さすがです。

真田信繁は、その石田三成とかなり近しい間柄になってゆくはずです。
三成の親友であり腹心でもある大谷吉継の娘を正室に迎えますし、おそらく今後の北条攻めでも三成の旗下として働くことになるでしょう。そこから”西軍”に属するようになるという流れだと思うんです。
”真田信繁の大坂時代”というのは記録にはほとんど残されていません。
ですから、ドラマにするときは、こここそ脚本家の腕の見せ所ということができるでしょう。
私個人としましては、石田三成との関係に焦点を当てて欲しいと思いますし、豊臣家や大阪への愛着のようなものがどう育っていったかにも興味があります。

しかし、この第16話の信繁は徳川による上田攻めを止めようと右往左往するばかり。
私も真田家のために働くことが悪いといっているのではありません。
ただ、一般的な歴史解釈でいうと、信繁が大坂に入ったということは、真田家が豊臣方になったということなんです。
ですから、徳川による上田攻めなどというものはもはや存在しません。それこそ豊臣×徳川という大戦に発展してしまいますからね。
『真田丸』での秀吉は「徳川に恩を売るため」とかなんとかいって、徳川の上田攻めを容認するような態度を取っていますけど、そんなことをしたら、徳川の版図が信濃や上野まで広がってしまうわけですから、ここの筋立ては無理やりすぎます。

こういう強引な話にしている理由は、徳川の上田攻めを止めるために大坂で孤軍奮闘する信繁の姿を描きたいがためなんでしょうけど、”無理やり主役を活躍させる”という大河ドラマならではの悪習のせいで、事実関係がめちゃくちゃになってしまっては、作品全体に及ぼす影響はマイナスでしかありません。
大坂編は登場人物が華やかなので、信繁は観察者の立場で十分面白いと思います。おかしな活躍はいりません。序盤で実質上の主役を真田昌幸に譲っていたように、黒子に徹するべきです。
そうして、そこで貯めていた思いのほどを、後半で爆発させればいいんです。
いまは”裏”。
それが一気にひっくり返って”表”になるから楽しいんですよ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード