『真田丸』第17話、『再会』

この第17話は、家康を服従させたい秀吉が、あれやこれやと手を尽くし、それを真田源次郎信繁が助けるというのが大まかな筋だったわけですけど、そのなかで信繁と姉との再会、秀吉の妹・旭姫と大政所との再会、そして秀吉と信繁と家康との再会の3つが描かれたことで、『再会』という副題がついていたのでしょう。全体的な流れも綺麗にまとまっていました。
また、定番の名シーンである大政所が人質に出される場面や、家康が上洛して秀吉の陣羽織を求める場面も、演出と演者のチカラによって、質の高いものに仕上がっていたと思います。
秀吉の母である大政所に名古屋弁を使わせたら右に出る者はいないという山田昌さんを起用したのもよかったですね。ぴったりでした。

そしてやはり家康役の内野聖陽さんが出てくると、画面に迫力が漲ります。
ですから、上洛の挨拶のシーンも大いに楽しみにしていたんです。ところがそこで真田信幸の手紙読みをかぶせたのはどういうことなんでしょう?せっかくの名台詞を聞くことができず残念でなりません。
家康を目立たせすぎると”徳川丸”になりかねないと、制作サイドが恐れたのだとしても、あれはないです。
また、この17話の家康は秀吉に真田攻めを許されたかと思ったら、止めさせられ、まるで秀吉の掌で転がされているように描かれていたのも、これだと家康が小さくなってしまって、家康を最大の敵とする真田家までもが小さくなりかねません。
秀吉の思惑を汲んだうえで、家臣や周囲の勢力の手前、真田攻めのポーズだけは取っていた、という感じでよかったのではないでしょうか(※これが私の歴史解釈でもあります)。
とにかく、私は内野家康を大きく描いて欲しいんです。
ドラマというのは敵が大きくなればなるほど盛り上がるものですからね!

もちろん、ドラマというのは細部も大切です。
たとえば、今回ちょこっとだけ出てきた出雲阿国の創作歌舞伎は、よく稽古されていて、強く印象に残りました。
大河ドラマでは出雲阿国は定番キャラクターですけど、たいていがあまり重要な役でないせいか、酷い踊りを見せられることが多いので、いい意味でも裏切られた思いがしています。
『真田丸』での阿国の出番はどの程度あるのかわかりませんけど、たぶんそんなにはないでしょう。それでもしっかり役を作ってくるシルビア・グラブさんの姿勢には感銘を受けました。
失礼ながら私はシルビア・グラブさんという方をあまり存じ上げないのですが、調べてみると舞台を中心にご活躍とのことで、きっと素晴らしい女優さんなのだと思います。『真田丸』でももうちょっと見たいものです。

そして、またその阿国の一座で群舞のひとりとして踊っていた木村佳乃さんの体の使い方の上手いのにも驚きました。どうやら熱心に日舞をやられているみたいですね。
木村さんは第2話でも乗馬部の経験を生かして見事な手綱捌きを見せていましたし、まさに”芸は身を助く”ですよね。若い女優さんはぜひ見習って欲しいものです。
実は私、木村佳乃さんてあまり好みの女優さんではなかったんですけど、この『真田丸』で大いに見方がかわりました。
そのひとが備えている実力というのは嘘をつきませんし、好き嫌いを超えて、認めざるを得ないものだと思います。
また、そうして認めているうちに、少しずつ好きになってゆくのですから不思議なものです。

と、本筋よりもひとりひとりの役者さんの演技に感嘆した第17話でしたけど、石田三成が大政所を家康の人質に送ることを提案したことで、豊臣政権内に軋轢が生じ、今後の伏線になりそうな気配。
ここを上手く描かないと、三成は単なる嫌な奴になってしまいますし、加藤清正らは単なる愚か者になってしまいます。
でも、『真田丸』ではいい感じできていますよね。さすが三谷幸喜さんです。 
やっぱりドラマの基礎は脚本ですよね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード