レスター優勝で夢見心地

いまや日本のサッカー選手は海外で多くの選手が活躍し、我々も土日になるとその選手たちの残す結果やプレイぶりを大いに楽しみにしているわけですが、”彼らの所属クラブ”の勝敗や順位は、そこまで意識していないと思うんです。それよりも個人の成績ばかりが気になるというわけです。
ところが、今季は違いますよね。
おそらく多くの日本のサッカーファンが、月曜日の朝にプレミアリーグの結果を欠かさずチェックしていたはずです。そうして岡崎慎司の所属するレスター・シティFCの勝ち点が増えていれば喜び、首位に立ってからは下のチームとの勝ち点差にドキドキし、優勝が見えてきたこの春からはソワソワしっぱなしだったと思います。

5月1日の勝てば優勝が決まるというマンチェスターU戦は、多くの日本人ファンの注目を集めたものの、惜しくも引き分け。
しかし、レスターは残り2節で勝ち点を2積み上げるか、2位のトットナムが残り3試合のうちひとつでも引き分け以下ならば優勝という状態だったので、かなり優位なのはいうまでもありません。
そして、5月2日、トットナムがチェルシーと引き分けたことで、レスターの優勝が決定!

人口約30万という小さな町の、2シーズン前までは2部だったチームが、現在世界最高といわれるプレミアリーグを制するというのは本当に夢のようです。
しかも監督は”過去のひと”という烙印を押されていたり、選手だっていびつな個性ばかり。
それが最先端の監督が率いる、完璧な選手ばかりのチーム相手に勝利するのですから、映画か漫画のようです。
この優勝は”世紀の大番狂わせ”とも世界中でいわれていますけど、シーズン前のブックメーカーの予想オッズはなんと5000倍。
ちなみに、”ベッカムがマンチェスターCの監督に就任する”というオッズが750倍(ベッカムはマンチェスターUの人間)、”キャメロン首相がアストンビラの監督に就任する”というオッズが2500倍というのですから、レスターの優勝がどれだけありえないことなのかがよくわかります。

この2015-16のレスターの偉業というのは、プレミアリーグというより、サッカーの歴史においても今後永遠に語られる伝説だと思います。
現代サッカーは、金満クラブとそれ以外の格差が悲しいほどに広がっていることも合わせて考えると、レスターの優勝はそのアンチテーゼであり、痛快なおとぎ話でもありました。
また、いうまでもなくサッカーというのは世界ナンバーワンスポーツなので、この快挙はスポーツ史においてもひとつの事件といっても過言ではありません。我々のプロスポーツに対する常識はこなごなに砕け散りました。資金力をベースにした予定調和はもう存在しないのです。

レスターの優勝は本当に凄いことです。
そして、そのレスターで、我らが日本代表、岡崎慎司がレギュラーとして奮闘し、大いにチームに貢献してきたことも、本当に凄いことです。
世界最高リーグを制したチームで、日本人選手がレギュラーを張っていたことはかつてないので、岡崎のやってのけたことというのは、日本サッカー史においても快挙としかいいようがありません(※ローマの中田英寿やマンチェスターUの香川真司は残念ながら控え)。
しかも、レスターは、何度もいうように、奇跡のチームなんです。
その奇跡の一翼を担った岡崎の偉大さというのは、ひょっとすると、時が経てば経つほど、輝きを増してゆくのかもしれませんよね。

そんな岡崎を通して、我々日本人と日本のサッカーファンは、レスターの快挙を我がことのように喜ぶことができた。
これも本当に素晴らしいことです。岡崎には感謝してもしきれません。
そんな岡崎ですが、いまは日本の宝のような選手ですけど、その経歴を見ればわかるように、決してエリートではありません。本人も「才能はない」といっているくらいです。
そんな選手が、努力と創意工夫で、サッカーの歴史の一部になった。
このことは多くの日本の子供たちに大きな夢を与えているはずです。
日本ではもうすぐ子供の日ですけど、岡崎からの最高のプレゼントではないでしょうか。

私もいま、夢見心地です。
ですけど、最後にこれだけはいいたい。
日本のメディアはもっとこのことを大きく取り上げるべきです。
レスターの優勝はスポーツの素晴らしさそのものです。
そこに日本の選手が強く関わっていることへの興奮や誇りを伝えるのがメディアの役割なんじゃないでしょうか。
いま、世界のスポーツメディアはレスター一色です。
岡崎のいる日本がなぜその流れに乗り遅れているのか、理解に苦しみます。

日本のメディアは現地にがんがん記者を派遣してください。
もちろん、しっかりサッカーを勉強している記者を!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード