説明会見と舛添さんの面の皮

最近巷を騒がしている舛添要一東京都知事の政治資金私的流用問題ですが、昨日5月13日に記者会見をしたことで一区切りはついたものの、内容は完全なる”言い訳会見”で、沈静化には程遠そうです。

前回書いたように、私も世間のみなさんと同様、記者会見といったって、どうせ収支報告書の訂正とちょっとした謝罪をするだけで、知事の座には留まるものと思っていましたから、全体としては予想通りという感想しかありませんでした。
しかし、あの言い訳のこねくり方や態度の酷さははっきりいって予想外でしたね。
舛添さんが認めたのは飲食代の一部の私的流用のみで、美術商への支出については議員外交や都市外交の際に揮毫を頼まれるので、その表装の費用ということで政治活動、自著100冊購入は都政の資料、正月に2年連続で家族一緒にリゾートホテルに泊まった費用も、その部屋で関係者と会って参院選の総括をしたり、都知事選に向けた話し合いをしていたので政治活動。
いやあ365日、24時間、しかも家族ぐるみで政治活動をなさっているようで、本当にご立派です。

という冗談はさておいて、政治資金の大部分を占める政党助成金はいうまでもなく税金から捻出されるものですから、政治資金というのは市民・国民のために使われるのが当然です。
しかし、舛添さんの場合は”隙あらば自分のために使ってやろう”という気持ちがありありです。積極果敢な公私混同です。
それも週刊誌報道がなかったら、そのままで済ませていたわけですから、恐ろしくなってきますよね。
唯一私的流用認めた飲食も、お店のひとが家族のみで来店したのを憶えているからごまかせなかったのでしょうけど、それについても「個人のものと混ざっちゃいましたすみません。会計責任者のミスです」という説明なのですから、責任も何もあったものじゃありません。
ようするに第三者による裏が取りにくいものはあやふやな形の政治活動、裏が取られるものは会計のミスという戦略なのでしょう。
リゾートホテルの説明だって、関係者と会っていたとはいうものの、「政治的な機微がある。相手方のこともあるので名前はいえない」とのことですけど、ホテルの部屋は密室なので、家族以外がいたかどうかを確認する手段は誰にもありません。

そんな舛添さんの説明を、都民のみなさんはまともに信じたのでしょうか?
私は聞いていて失笑を禁じ得ませんでした。
問題を最小限に見せようとして無理筋のストーリーを語ることで、逆に疑惑や不信感が膨らみ、観ているひとが不快になるという、やってはいけない説明会見の典型だったのではないでしょうか。
舛添さんは「説明責任を果たした」と悦に入っているのかもしれませんが、政治家としてはもう終わりです。
次に何か有権者に選択される際に、彼が支持されるはずはありません。

ただ、舛添さんは知事を辞めるつもりは微塵もなく、「都民の信頼回復に努めたい」とのことで、やる気まんまんなんです。
他にも公費をじゃぶじゃぶ使っている”金銭感覚”や、韓国人学校問題での”政治感覚”にも批判を浴びているのに、すごい精神力(面の皮の厚さ)ですよね。
都民のみなさんはげんなりしているでしょうけど。

制度的にいうと、舛添さんを辞めさせる方法は3つです。
ひとつは都民によるリコール。
しかし、知事のリコールというのは手続きが難しく、現実的ではありません。
次は都議会による不信任案決議。
これが可決された場合、知事は10日以内に議会を解散するか、それをせずに失職するかの選択を迫られます。
ただ、いまの感じだと舛添さんは議会の解散を選択するでしょうし、解散後の落選のリスクを恐れた議員たちも二の足を踏むでしょうから、あまり得策とはいえないかもしれません。
最後のひとつは自ら辞めていただくこと。
舛添さんがやる気まんまんとはいえ、辞めざるを得ない状況に追い詰めることは可能です。
都議会が百条委員会(証人喚問)を開いて徹底的に究明して、面の皮をはげばいいんです。
そこで知事が嘘の証言をすれば禁固刑に処せられます。そうなれば辞めざるを得ないんです。
リゾートホテルの一件などは攻め口にもってこいだと思いますぜ。

ようするに都議会が本気になれるかどうかです。
そしてそれが出来るのは都民の本気が後押ししたときだけです。
いま、東京都民の”感覚”が問われています。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード