『真田丸』第21話、『戦端』

初めての子供である”お捨て”が生まれ、完全なる親バカとなった秀吉にとって、天下統一は自分のためだけではなく我が子のため。
しかし、その障壁のひとつである関東の北条はなかなか上洛をしてきません。
苛立つ秀吉は、「潰してしまえ!」といって三成に戦支度を命じますが、その様子を見ていた家康は、密かに北条氏政に会って、説得工作を行います。
家康からすれば、”長年の戦仲間”としての奇妙な友情を感じていると同時に、氏政の息子の氏直には家康の娘が嫁いでいるという事情もあるわけです。
関八州の主としてプライドの高い氏政は、「秀吉ごときに頭を下げたくない」といって始めは渋りますが家康から、「時流は秀吉にある。ここは形だけでも服従すべき」と懇々と説かれると、「沼田領を真田から引き渡してもらう」ことを条件に、上洛に応じる姿勢を見せたのでした。

もちろん、これに納得がいかないのは真田昌幸。
一族が命がけで奪い、守り通してきた沼田領を「なんで北条に譲ってやらねばならんのだ!奪いたいのならば戦でこい!」と激怒します。
しかし、いまは”関白”秀吉が発した惣無事令によって、大名同士が勝手に戦をすることは固く禁じられています。
そこで戦の代わりに開かれることになったのが、秀吉立ち合いのもとでの談判。
真田と北条の両者が、沼田の領有権がどちらにあるのか、その正当性を話し合いのなかで決することになったわけです。
そのために、聚楽第に真田昌幸と北条氏政、そして参考人として徳川家康が召喚されますが、氏政と家康は代理人を立てて、本人は地元から出てきません。
そして、騙される形で上洛していた昌幸も、「あいつらがいないのになんでわしだけ行かねばならんのだ!」とごねて、代理に次男の信繁を使わすこととなったのです。

この談判は言葉による戦。
信繁は血を流さずに領地を守ることが出来るのか、”戦端”が切って落とされたところで、話は来週へと続きます!

というのが、第21話『戦端』の粗筋だったわけですが、戦の本番は来週で、今週はその準備段階だったので、そんなに面白い回ではありませんでした。
そんななか、印象に残った場面を上げるとするならば、氏政を説得した後の家康が、「たまには得にならぬことをしたくなるものだ…」と漏らしたところでしょうか。
この『真田丸』での家康は、真田家の敵役なので、”嫌なやつ”、”ずるいやつ”という位置づけでしたから、ちょっと意外なセリフでした。
今後の家康は、信幸を味方に引き入れるのはもちろん、天下人にもなるわけですから、人間的魅力は必要ですから、そのための布石なのかもしれませんね。

”敵役を強く、悪く、魅力的に描いていって、それに打ち勝つことで主人公が引き立つ”。
というのは物語の王道です。ヒットする少年漫画もほとんどがそうなっています。
ですから、『真田丸』でも家康を思いっきり磨き上げるべきです。
演じる内野聖陽さんならば、とんでもなく大きい家康像を依頼しても、それに存分に応えてくれるはずです。
そして、そういう相手に、真田一族がどうやって一泡吹かせるのか、私も一視聴者としてそれを楽しみたいんです。
この第21話では、家康の”ちょっといいところ”が見られたので、大いに期待したいです。

ある意味、今回切って落とされた”戦端”は、真田×家康かもしれませんね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード