北海道の不可解な男児不明事件

北海道七飯町の山林で、先月5月28日から行方不明になっていた7歳の男児が、今日6月3日の朝に隣町の自衛隊の演習場内の施設で無事発見されたということで、日本中が安堵の色に包まれました。
それにしても、警察・消防だけではなく、自衛隊も大挙して捜索にあたったというのに、まったく見つからず、”山中ではないどこかにいるのでは?”という憶測も広がるなか、親御さんと離れた場所から直線で6キロ、道なりに10キロも離れた演習場にいるとは、誰も予想だにしなかったはずです。
山中で7歳の子が6日間も彷徨い続ければ、おそらく無事では済みません。
しかし、男児によると、演習場内の休憩施設で雨風を凌ぎ、その施設前に設置された水道での飲み水を確保したとのことで、本当にこれは幸運だったといっていいでしょう。

ただ、ちょっと不可解なのは、男児は28日夜から施設で過ごしていたといっているのに対し、自衛隊は「30日に施設を確認したところ誰もいなかった」と証言しているんです。
しかも、その施設はいつもは施錠しているとのことで、外部の人間が入ることは出来ないようになっていたともいいます。
もちろん、自衛隊員の見落としや鍵のかけ忘れの可能性もありますけど、警察は男児の話の”裏”をしっかりとって欲しいものです。もし、何らかの事件性があったりしたら大変です。
(※自衛隊は施設管理の責任を追及されそうですね。捜索にも駆り出されたというのに、同情します。)

そもそもこの行方不明事件は、発生当初から不可解なことが多すぎます。
通報当初、男児の父親はまず、「山菜取りをしていたら子供が行方不明になった」と説明していたんです。
それが次の日になると、「川遊びの最中に他人や他人の車に石を投げるなどの悪戯があり、それを注意しても反省の態度を示さなかったので、躾として置き去りのふりをしようとしたところ、行方不明になった」と話を変えたわけです。
失踪当時の男児の服装も当初の説明から変化がありました。

これで完全に初動の捜査が遅れたといっていいでしょう。
警察や消防はまず、山菜取りをしていたという山中から捜索を開始したわけです。
父親によれば、「虐待を疑われたくなかったので嘘をついた」とのことですけど、私はこれは威力業務妨害罪や軽犯罪法第1条16項に当たるのではないかと思います。
父親は事件発生当初から、顔出しでテレビ取材に応え、今日も大勢のカメラの前で謝罪会見を開くことで、かなりの”社会的制裁”を受けているわけですが、だからといって法的な制裁を逃れていいわけではありません。
もちろん、メディアが父親や男児の画像や映像を垂れ流しにするのも間違っていると思います。それは今後、思った以上に重い罰となることでしょう。法的制裁の方がずっと楽なものになるはずです。

また、父親は会見で、「いきすぎた躾だった」と反省を述べていましたけど、これは行き過ぎというより、やり方を間違ったにすぎません。他人に石を投げる息子を躾けるのは親として当然です。
ただ、置き去りでは周囲に迷惑をかける可能性があるわけですから、そうはならない”厳しい躾”を選べばよかったのです。
たとえ、それが暴力を伴うものであったとしても、親が責任と信念を持って行えば、誰も文句はいわないはずです。
それが日本人の価値観だと思います。
今回の事件は外国でも”躾のやり方”という意味で、大きく報道されているそうですが、その国の躾のやり方は外国人が口を出す問題ではありません。

また、その価値観でいうと、メディアでは6日間生き延びた男児を褒め称えるような雰囲気がありますけど、私はそれは間違っていると思います。
彼はひどい悪戯(父親証言)をした結果として父親から置き去りという罰を受けたわけです。
まずはそれを反省すべきです。
父親も今日の記者会見で、まず最初に「置き去りにしたことを子供に謝った」といっていましたけど、それより先に迷惑をかけた警察消防、自衛隊に頭を下げるべきでした。
彼らはとんでもない迷惑親子です。
それ以外の何ものでもありません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード