『真田丸』第23話、『攻略』

23話の『真田丸』はいよいよ北条攻め。
この戦で秀吉が名実ともに天下人となるわけですが、それは単に北条を滅ぼすということだけではなく、諸大名で構成された20万に迫ろうという大軍団の勢威によって、伊達政宗を始めとした東北の大名を従わせることを意味します。
また、この戦が『真田丸』にとって重要なのは、主人公である真田信繁が本格的な初陣を迎えるということです。

真田信繁という人物は若い頃の資料が本当に少なくて、上杉家の人質に行ったり、秀吉の馬廻りとして仕えていたことがわかっているくらいで、どのような働きをしていたかという記録がほとんどないんです。
そんななか、江戸時代の書物などによると、北条攻めでは、石田三成の配下として、父・昌幸とともに忍城攻略に参戦したとされているわけです。それももちろん部隊を動かす立場としてです。
真田家は唐入りでは渡海していないので、かの上田合戦(2次)までに信繁が経験を積む場は、この北条攻めしかありません。
ただし、映画などにもなっているように、忍城攻略は豊臣方の負け戦になります。
しかし、そこで信繁が何を学ぶのか、それもまたドラマですよね。

…なんて私は想像していたのですが、この23話『攻略』での信繁は、黄母衣衆として小田原に赴任し、秀吉とその配下や各大名との連絡役をしているだけなのですから拍子抜けでした。
忍城では甲斐姫との邂逅を楽しみにしていた歴史ファンも多いでしょうに…。

しかも、どういうわけか、話の終盤では、徳川家康や大谷刑部から頼まれて、降伏勧告の使者として、小田原城へ単身乗り込むことになるんです。
でも、ちょっと待ってくださいよ。
小田原無血開城といえば、黒田官兵衛の手柄として有名ですし、一昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』でも岡田准一くんが丸腰でさっそうと交渉役を務めていたではありませんか。
大河の視聴者は昨日のことのように憶えています。
その手柄を盗んでしまえば信繁の男がすたるってものですぜ。
(そういえば『真田丸』って黒田官兵衛がまったく出てきませんよね。)

私は今回の脚本はちょっと無理があると思いますし、今後の信繁の活躍の下地になるべき戦にも関わらせないことへも、強い疑問と不満を感じています。
いったいどうやったら”戦上手の真田幸村”が出来上がるのでしょうね。

と、そんな不満ばかりの23話でしたけど、それを補ってくれていたのは、北条氏政役の高嶋政伸さんの芝居でした。
豊臣の大軍勢に取り囲まれている恐怖や焦り、そして戦国の名家・北条氏のトップとしての頑ななまでの矜持を上手く表現してくれていたと思います。
氏政のスケール感とともに、滅亡にいたった人間性を怪しく、そして哀れに演じていたのはさすがです。
間違いなく今週のMVPです。

そういえば、今週ちょっとだけ出てきた出雲阿国を演じているのは、政伸さんの兄嫁にあたるシルビア・グラブさんですよね。
ですから、ふと想像したんです。
来週、黒田官兵衛役として兄・政宏さんが登場したら…。
めちゃくちゃ盛り上がると思います!
(絶対なさそう。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード