『真田丸』第24話、『滅亡』

降伏をうながす使者として小田原城に乗り込んだ真田信繁ですが、城内には主戦派も多く、命を狙われる羽目に。
そんななか、偶然再会した義兄・小山田茂誠にも助けられ、なんとか北条氏政との対面にこぎつけます。
氏政はうやつれた己を隠すため薄化粧をしているものの、その顔は異様そのもの。目には狂気が浮かんでいます。
そして、信繁を見ると、家臣に「殺せ」の一言。
氏政がこのような対応をするのも当然で、北条はこれまで真田にさんざん煮え湯を飲まされてきているのです。
泡を食った信繁は、「私は豊臣の家臣として参ったのでござる!真田昌幸の息子としてではありませぬ!」との道理を叫んで窮地を脱すると、氏政に北条氏の置かれた状況を滔々と語ります。
いわく、関東の大名で北条の見方をする者はいない、支城は次々と落とされている、そして氏政が頼む伊達政宗も秀吉の軍門に下った…。
これでついに氏政も観念して髷を落とし、息子の氏直(当主)も頭を丸めて降伏。
小田原城は無血開城することと相成りました。

戦後処理の一番の問題は氏政の処分。
秀吉は切腹を命じますが、氏政とは姻戚関係にある徳川家康が除名を嘆願すると同時に、氏政に対しては命乞いをするよう説得に当たります。
しかし、氏政は「生き恥を晒したくない」とそれを固辞。
氏政の胸中にあるのは、華々しい戦をすることなく名家・北条を潰してしまったことへの悔恨でした。
そして氏政の最期は、代名詞である”湯漬け”(汁かけ)を食す場面。
そのかけた湯が一度きりだったところに、脚本家・三谷幸喜さんの氏政への憐憫を感じました。
演じた高嶋政伸さんの気持ちの入った芝居もあって、強く印象に残る北条氏政でしたね。

そしてまたこの24話『滅亡』で印象に残ったのが伊達政宗。
秀吉の発した惣無事令を無視し続けたことで討伐対象になりかけていた政宗ですが、小田原陥落前に白装束で秀吉に頭を下げたばかりか、所領を全て差し出すという思い切った服従の態度を見せ、秀吉の許しを得たのはさすが”伊達男”。
しかも、北条討伐がなった祝いの宴では、道化のような餅つきパフォーマンスを披露して、仙台名物ずんだ餅を秀吉や諸大名らに振る舞うという、絵に描いたような平身低頭ぶり。
秀吉へのゴマすりと太鼓持ちは見ていて恥ずかしいほどで、居並ぶ諸大名を呆れさす始末でした(こんな感じの植木等さんの映画がありますよね〉。
大河ドラマの伊達政宗とえいば『独眼竜政宗』の印象が強いので、これは新しい政宗像といえるでしょう。
宮城県からクレームがこなければいいのですが…。

ただ、この政宗像は、三谷幸喜さんの創作ではなく、徳川政権下での政宗に関する資料をもとにしているのは間違いありません。
徳川から不穏分子と見なされていた政宗は、伊達家存続のために”おべっか大名”と化していたのです。『真田丸』ではそれを先取りした形ですかね。
しかし、もちろんこれは政宗が本心ではありません。
話の終盤で信繁を呼び止めた政宗は、「殿下に気に入られた」と薄く喜びながら、「もしわしがもう20年早く生まれておれば、もう少し京の近くで生まれておれば!」と魂の叫びを上げるのでした。

という感じで、この24話では高嶋政伸さんがいなくなるかわりに、長谷川朝晴さんが演じる伊達政宗がいい味を出して視聴者を慰める回だったといっていいかもしれません。
来週からは天下統一を果たした豊臣家の栄華と、内部での権力争いが描かれることになりそうです。
そこで真田家と信繁がどう立ち回ってゆくのか。
大坂編もいよいよ後半ですね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード