『真田丸』第27話、『不信』

豊臣秀吉という人物の一生は、『太閤記』という歴史的ベストセラーになるほどに、痛快で華やかなものですが、そのなかで影を落とす出来事といえば、甥である秀次の粛清でしょう。
謀反の咎で秀次に切腹を申し渡したのみならず、その側室や子供らを三条河原で処刑したことは、秀吉の明るく賑やかなイメージからかけ離れた、信じがたい残虐な所業です。

そして、『真田丸』でもいよいよその時が近づいてきているわけですが、この第27話『不信』ではそこに至る過程が描かれることとなりました。
関白を継いだものの、秀吉に”捨”(後の秀頼)が生まれたことで、立場が微妙になってきた秀次。
「自分はお捨君が元服するまでの繋ぎだと思っている」と公言するも、それが秀吉に伝わっているかどうかが不安でなりません。
秀吉の方も甥がおろおろしていることを察し、安心させるために秀次の1歳になる娘と拾の婚姻を持ちかけたりと、気を使ってやるのですが、秀次の方はあまりの手厚い扱いに、「おじ上は私を疑っている…」と疑心をより膨らませるのでした。

そこで秀次は、秀吉の機嫌を取るために、秀吉が愛好する能を自分も学ぼうとします。
そうして奮闘努力の稽古の末、吉野の花見で能を披露。
その舞は見事なものだったのですが、秀吉は「そんなことをしている暇があったら関白としての仕事をしろ!」との激しい叱責。
この正論にがっくりきた秀次は、観能の後の酒宴でも隅っこでちびちび酒を呑むのみでした…。

しかし、秀吉の方は、捨が生まれて初めての花見ということもあったのか、秀次を叱責した後は機嫌がよく、信繁を近くに呼んで、「そろそろお前にも官位を授けてやろう」と持ち掛けます。
普通は喜んでそれを受けるものですし、お殿様からの褒美を辞退するというのは家臣としてはあるまじき不忠なのですけど、信繁は「兄が官位を持っていないのに弟の私が先というわけにはまいりませぬ」と断りを入れます。これもまた正論です。
ただ、これを聞いた秀吉の表情は一変し、「そういって兄にも官位を寄越せというのだな!さすが表裏比興の安房守の息子よのう!」と大激怒。信繁の首を切らんばかりの勢いです。こうなれば誰も秀吉を止められません。
しかし、そのとき、割って入ったのは豊臣秀次。
叔母であるお寧からの「(秀吉の機嫌ばかりを気にせず)堂々としていればよいのです」というアドバイスを思い出した秀次は、「位は関白である私が授けるものでござる!」と秀吉に対して一歩も引かない気構えを見せたのでした。

太閤と関白との一触即発の空気に酒宴は寸時凍り付きますが、秀吉から発せられたのは「よく申した!さすが関白じゃ!」という褒め言葉。秀吉は「可愛い甥っこ」である秀次の成長を待っていたわけです。
これで叔父と甥との関係も修復された、と酒宴の席のひとびともテレビの前の視聴者もほっと胸を撫で下ろしたわけですが、物語の終盤で、秀吉が計画している伏見城の縄張り図に謁見の間や評定の間があるのを見た秀次は、自分を表舞台から外そうとしている…と再び疑心暗鬼に陥るのでした。

このように今回は豊臣秀次が右往左往してばかりの『真田丸』だったわけですが、秀次を演じる新納慎也さんが、小心者の苦悩とでもいうものを上手に表現していて、思わず味方したくなっちゃいましたね。
『真田丸』の秀次は”誠実だけと抜けているところがある”という人物像で、おそらくそれが原因で身を亡ぼすのでしょうけど、来週以降の展開が本当に気になります。
NHKが発売している『真田丸』本のなかのインタビューで、新納さんは「秀次は”殺生関白”ではなかったのではないか、と(脚本の)三谷幸喜さんに意見をいったら賛同してもらえた」と話をしていましたから、これまでにない最期になりそうですね。

そうして、この27話では秀次の周旋もあって、真田信幸・信繁の兄弟が揃って官位を授かることとなったわけですが、”伊豆守”、”左衛門佐”という呼ばれ方には、私も思わず興奮してしまいました。
『真田丸』もここからが本番です!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード