リオ五輪男子サッカーGL、恥辱のナイジェリア戦

開会式を翌日に控えた今日8月5日、日本選手団の先陣を切ってリオ五輪の舞台に立ったのは男子サッカー日本代表。
手倉森誠監督は、このグループリーグ初戦のナイジェリア戦を「メダル獲得のために最重要」と位置付けていただけに、勝ち点3をもぎとって好スタートをきりたいところ。
栄えある日本のスタメンは、GK櫛引政敏、4バックは右から藤春広輝(OA)・植田直通・塩谷司(OA)、アンカーに遠藤航(CAP)、インサイドハーフが原川力と大島僚太、3トップは南野拓実・興梠慎三・中島翔哉。
手倉森ジャパンには珍しい4-3-3ですが、守備の安定とサイドからの攻撃をイメージしたのでしょう。

相手のナイジェリアはアフリカ王者であり、過去の五輪でも金メダルと銀メダルを獲っている紛れもない強豪ですが、政府関係者や協会の不手際から飛行機が用意できずに、会場であるマナウスに入ったのが7時間前という酷い状態。
合宿地のアメリカで何日も足止めを食らって心身ともにコンディションは最悪といっていいでしょう。
日本はアジア王者として、「五輪をなめるな!」という気迫で叩き潰さねばなりません。

そうして始まった試合でしたが、立ち上がりからアグレッシブだったのはナイジェリア。
日本は受けに回る形になって、前半6分いきなり失点するも、相手も浮足だっているところに9分のPKで同点。
しかし、そのすぐあとに相手クロスの処理を室谷が誤ったところを決められて1-2。
それでも南野の冷静なGK股抜きシュートで2-2。
ここまででわずか12分。このゴールラッシュにマナウスの会場は盛り上がっていましたけど、この”殴り合い”は手倉森ジャパンの戦い方ではありません。

日本は相手の長い脚やしなやかさな瞬発力といった個の力に対応できず、1対1ではやられまくり。左サイドなどは2対1の数的有利でもやられまくり。
ナイジェリアだって連携不足や五輪への緊張感で序盤はバタバタしていましたけど、日本もそれに付き合って、本当に酷い序盤戦でした。
前半15分過ぎくらいからは両者少しずつ落ち着いてきたものの、日本は相手の攻撃力に臆したのかラインが下がるとともに、ビルドアップ時もケアレスミスが続出して、まったくペースが掴めません。
ナイジェリアはサイドからの個の仕掛け、裏を狙ったパス、手詰まりの時には適当に蹴り込んできての個の勝負といったシンプルながらも効果的な攻撃。
42分には藤春の中途半端な対応から左サイドを突破されてのクロス、中央の対応も中途半端になってこぼれ球を8番エテボに決められて2-3。

前半を見てわかるのは、個の能力にかなりの差があるということ。
そして日本の選手はアフリカンへの免疫が少ないこと。これはおそらく国際大会や海外経験の少なさのせいでしょう。オーストリーでやっている南野だけは戦えていました。
後半はとにかく落ち着くこと、攻守ともに連動すること、粘り強く耐えること、そして少ないチャンスを決めること。
そうやってアジア王者になったことを思い出すしかありません!

ところが後半立ち上がりの5分、右サイドから強引に攻めてこられると、塩谷がたまらず相手を引っ張ってPK。
これを簡単に決めれて2-4。
自分たちがアグレッシブにいかなければいけない時間帯に逆にリードを広げられるのですから、日本の選手たちもかなりがっくりきた様子。
対するナイジェリアは「本当にコンディション不良なのか…」と疑わしくなるくらいのりのりになってきて、試合は完全に向こうのペース。
日本は失点直後にジョーカーである浅野拓磨を早くも投入するも(原川→)、後ろからの組み立てがないので、浅野の快足もなかなか生かせません。

後半21分にはナイジェリアが左サイドからのグラウンダーのアーリークロス、GK櫛引が思い切った飛び出しから足でクリアするも(ボールに体をかぶせるべきでした)、それに寄せていったのはまたしてもエテボ。
敗戦ムード漂う5失点。
ナイジェリアは勝ったような喜びようでおおはしゃぎ。
日本ではテレビを消したひとも多いかもしれませんね…。

しかし、ナイジェリアはこの3点リードで気が抜けたのか、動きががっくり落ちます。やはりコンディションも悪いのでしょう。
それを見た日本は野獣のごとく襲い掛かって、25分には左サイドからの藤春のクロスを浅野が合わせて3-5!
まだ試合時間は20分も残っているのにナイジェリアは完全にガス欠。
これはひょっとしたら…。
と思ったものの、高温多湿のマナウスということもあって、日本も終盤は動きが重くなり、ミスもあってなかなか決定機を掴めません。
ナイジェリアのガス欠は予想できたことながら、それまでに失点をしすぎました。
日本はロスタイムに途中投入の鈴木武蔵が意地のゴールを決めたものの4-5の悔しい敗戦。
グループリーグ突破に向けて、もう1試合も落とせないという厳しい状況になってしまいました。

この試合の敗因は誰が見てもGKを含めた守備陣。
ナイジェリアの個の力が予想以上だったのか、五輪の緊張感からなのか、対応が中途半端になったりミスが出たりと、信じられないくらいぐたぐたでした。
ポジショニングや連携の乱れはそんなになかったので、局面における個人個人の問題でしょうね。
いずれにしろ、”びびって負けた”という恥ずかしい試合だったのは変わらない事実です。
遥々マナウスまで応援にいった日本サポーターも、日本でテレビ観戦していた多くの国民も、選手と同じくらい悔しい思いをしたに違いありません。

手倉森ジャパンは、リオ五輪日本代表の先陣を切るという立場で、こんなにも恥ずかしい試合をしてしまった。
きついいい方をすれば、日の丸に泥を塗ったといっていいかもしれません。
しかし、五輪はまだ終わっちゃあいない。
恥を雪げるチャンスはまだあと2試合残されているんです。次は中2日のコロンビア戦です。
そこで日本男児の意地を見せろ!
我々は信じている!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード