『真田丸』第31話、『終焉』

日本中がリオ五輪というカーニバルで盛り上がるなか、この『真田丸』第31話『終焉』では、ついに戦国一のお祭り男・豊臣秀吉に最期のときが迫ります。
そうなると、残される側としては、”これからの豊臣政権”が心配になってくるというわけで、石田三成は、大大名による5人の老衆(おとなしゅう)と、それを支え、または監視する5人の奉行衆という二重構造を立案し、秀吉の遺言としてそれを確立させようとします。
三成にとって最も気になるのは、豊臣に次ぐ勢力を誇る徳川家康であり、その専横を防ぐための仕組みが必要というわけです。

ただ、嘘か誠か、家康はあまり天下取りに乗り気ではない様子。
「殿が天下を取る番です」と、本多正信や阿茶局が焚きつけても、はっきりとした態度を示しません。
そんな主君に痺れを切らした正信は、五老衆・五奉行体制ではなく、五老衆にもっと権限が集まる体制を作るため、秀吉に新たな遺言を書かせることを画策。
もはやベッドから動けぬ秀吉には死相が見え、判断能力もなく、ただただ「秀頼のこと頼む…」と繰り返すのみだというのに、家康と正信は、そんなよぼよぼの秀吉の手を取って、無理矢理、五老衆が政治を主導する内容の遺言を新たに書かせることに成功。
しかし、その新遺言が発表される前にこれを見つけた石田三成は、秀吉を大声で叱責しながら、その行間に「委細のこと五人のもの(5奉行)に申し渡し候」と書き足させ、難を逃れるのでした。
この一連のシーンは、”遺言状争い”という、現代社会にも通じるブラックコメディのようでしたね…。

ところで、この『真田丸』の家康は、本当に天下を狙う気配がなく、真田信繁に対しても、「わしは生き延びられればいいという思いだけでここまできた。もう戦は嫌いじゃ、命からがら逃げるのは嫌なのじゃ…」と、天下騒乱を望まぬ考えを示します。
秀吉もそういう家康の態度を信じているからこそ、家康を重く扱い、「秀頼を頼む…」と懇願してきたわけですが、死の迫ったある夜、秀吉は血みどろになった秀頼の夢を見ます。
そして翌朝、石田三成を呼ぶと、「家康を殺せ」、そう命じるのでした。

家康を激しく警戒していた三成ですが、さすがに殺すことまでは考えていなかったのか、どうしたらよいのか迷い、ある人物に相談に出向きます。
その相手こそが真田昌幸。
北条討伐での忍城攻めの折、手をこまねいていた三成へ昌幸が的確なアドバイスをしてくれたことで、「私の戦の師匠」と信頼を寄せているのでした。
孫も生まれ、このところは楽隠居を決め込んでいた昌幸は、三成から家康暗殺の相談を受けても以前のような野心を見せませんでしたが、話の最後に、「明日の朝、たとえ家康が亡き者になっていたとしても、真田はあずかり知らぬこと…」と含みを持たせて、三成を帰らせます。

そしてその刺客として徳川屋敷に単身乗り込んだのは、昌幸腹心の忍び・出浦昌相。
出浦は以前から太平の世を嫌っていた男だけに、この仕事にはやる気満々。
しかし、折しも徳川屋敷に出向いていた真田信幸に、屋根裏に忍んでいることを悟られ、暗殺は失敗。
徳川の手勢に囲まれることとなった出浦は、技の限りを尽くして脱出を試みますが、戦国有数の豪の者・本田忠勝との一騎打ちなり、これに苦戦。
どうにか逃げようとしますが、そこにばったり信幸と出くわしたことで、狼狽え、その隙に忠勝の斬撃を浴びてしまいます。
深手を負った出浦は火薬を使ってどうにか徳川屋敷から遁走しますが、昌幸のもとに戻ったときにはすでに虫の息。
「わしとしたことが…」と呟きながら、その闇に生きる生涯を終えたのでした…。

私は出浦昌相がここで死ぬとは思っていなかったので、少なからぬ衝撃を受けました。
第二次上田合戦や、もしかしたら大阪の陣でも活躍すると思っていたので本当に残念です。
これからは誰が真田の忍びを統率してゆくのでしょう?佐助では頼りなさすぎますぜ!
まあ、しかし、出浦昌相を演じた寺島進さんの殺陣は「さすが」の一言でしたね。私はこれをずっと期待していたんです。
しかも、その戦う相手が藤岡弘、さん演じる本田忠勝なのですから、寺島さんも最期の相手として申し分なかったはずです。
この二人の戦いは本当に凄まじい迫力でした。大河ドラマの歴史でも屈指の対決だったのではないでしょうか。
今回のMVPは間違いなく寺島さんで、助演賞は藤岡さんでした。
2人に大きな拍手を!

…、思っていたら、ドラマの最後に秀吉が没するシーンがあって、そこでの小日向文世さんの芝居が凄かった。
どのような人間にも平等に訪れる老いと死。
天下人となり、位人臣を極めた豊臣秀吉といえども、最後は哀れな老人でしかないという冷酷な摂理を、あの涙の一滴によって見事に表現していました。
これには私も脱帽です。

物語から退く2人の名演によって、この第31話『終焉』は『真田丸』でも忘れられない回になったと思います。
本当に名残惜しいです。
残りの20話が心配になるくらい!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード