『真田丸』第33話、『動乱』

太閤秀吉の死後、勝手にすることが禁止されている大名同士の婚姻をなし崩し的に進めたり、諸大名を参加に加えるような動きを見せる徳川家康。
石田三成は、それを合議の場で糾弾するも、すかされたり、一喝されたりと、埒が明かず、ついに”徳川屋敷への奇襲”という実力行使へと舵を切ろうとします。
この内々の作戦に三成が助力を乞うたのは、豊臣の一門衆である宇喜多秀家と小早川秀秋。
しかし小早川の家臣となっていた板部岡江雪斎(元北条家家臣)が徳川と通じており、奇襲作戦は敵に筒抜けで、徳川も守りを固めたため、もはや奇襲にはなりません。

しかも、徳川は諸大名にも加勢を頼み、徳川屋敷には兵が溢れんばかりとなってしまいます。
それを見た三成たちはj自分たちも仲間を増やそうと、上杉や毛利といった老衆、それに旗色を大名たちを仲間に取り込むべく説得工作を行いますが、なかなかうまくゆきません。
また、三成は大坂に出向いて、豊臣秀頼の後見人である前田利家に、豊臣家の馬印である千成瓢箪を貸してくれるよう懇願しますが、それもあえなく断られてしまいます。
そうして万事休した三成は、病に伏せっている親友・大谷吉継に助力を乞うことになるわけですが、吉継は三成を「太平の世に逆らう不埒者」と断じ、「おぬしは徳川内府を討ったあとどうするというのじゃ?秀頼公を徳川内府が盛り立ててこそ豊臣の世が続くのじゃ」といって、徳川屋敷へと去ってゆきます。
この吉継の考え方は北政所(寧)も同じで、「戦のない世を作ったのは殿下。それを乱すものを許してはいけません」といって、身の振り方に迷う加藤清正や福島正則を徳川方につくよう諭したのでした。

ここまでくると石田方にはまったく勝機がありません。
そこで、三成に付き従う真田信繁も一計を案じ、父・昌幸に徳川方につくよう頼みます。
そこまで劣勢になれば、三成も諦めるというものです。
ところが、三成はどこまでも頑なで、「私は惣無事令(勝手に戦をしてはならないという決まり)に背いた。このままでは腹を切らされる。こうなれば徳川屋敷に討ち入って死ぬるのみ」といって、信繁がいくら止めても聞きません。
このままでは関が原を待たずに三成が死んでしまう!?
と、そのとき、忽然と石田屋敷に現れたのは会津中納言上杉景勝。
「誓いを破る者は義を知らぬ者。徳川内府はわしが倒す!」と高らかに宣言した景勝は、「大戦はかならずくる。それまでは命を惜しみ、時を繋ぐのじゃ」といって三成を抱きしめます。
これまで優柔不断だった男の腹が決まった瞬間であり、関ヶ原の戦いの布石が置かれた瞬間といえるでしょう。

こうして石田方は武装を解除することとなり、徳川屋敷に集結していた諸大名も三々五々引き上げてゆくなか、それを眺めていた家康は、「わしは決めたぞ、わしの一声で豊臣恩顧の大名がこれだけ集まった。これはいけるかもしれんなあ」と”天下取り”を決意したのでした。
この第33話のダブタイトルは『動乱』だったわけですが、本当の動乱はこれからになりそうです。

今回は関ヶ原の前哨戦といった内容で、家康の声望に対して、三成の人気のなさが悲しいほどでした。
この『真田丸』の三成は、人間は道理で動く(べき)と考えていて、情けを欠く人物として描かれています。これは通説のままといっていいでしょう。
演じる山本耕史さんも、演技とは思えぬほどにそういう人物像を完成させているので、”決定版・石田三成”とでも呼びたくなる仕事ぶりでです。キャスティングは大正解でしたね。

ですから、今回のMVPは石田三成と、いいたいところですけど、誰がなんといおうと最高だったのは大谷刑部少輔吉継です。
目も見えぬという病の体を押して徳川屋敷へと馳せ参じた吉継が、決して徳川におもねることなく、「それがし、内府殿のために来たのではござらぬ。太平の世を乱すものを正すために来たのでござる。大谷刑部は秀頼公の家臣でござる」と、命を振り絞るように発した言葉。
これには本当に痺れました。これまでの『真田丸』でも最も印象に残る場面でした。
これにはもちろん吉継を演じる片岡愛之助さんの力量もあるでしょう。
吉継の誠実さと気迫をあの短いシーンで存分に表現するなど、凡百の俳優にはできないことです。
大谷吉継は、これからも色んな時代劇に登場し、色んな俳優が演じるでしょうけど、愛之助版を超えるのは難しいと思います。
私のなかでは”決定版・大谷吉継”ですね。
関が原も楽しみです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード