『真田丸』第34話、『挙兵』

前の週で徳川屋敷への討ち入りを計画したことが露見し、謹慎処分が課せられた石田三成ですが、前々から三成と仲が悪かった加藤清正ら武断派の大名たちは、それだけでは腹の虫が収まらず、「政を意のままにする三成は許せぬ!腹を切らせる!」といって三成を付け狙います。
三成自身は、己に恥じるところがないので堂々としていますが、三成に仕える真田信繁は気が気ではなく、武断派の暴挙を止めるために、方々を当たりますが、清正らの育ての母に当たる北政所からは「しばらくしたら出家をする。もう政には関わりたくはない」といって調停役を断られ、秀頼公の鶴の一声を求めて大坂に行くも、茶々から「三成の肩を持つことで、家康と三成の板挟みになる」といわれ、何もいえずに帰ってくる有様。
そうして最後に信繁が頼った先は、敵であるはずの徳川家康。
家康は、「いまは何でも合議じゃからのう…」と渋りますが、信繁の説得に折れる形で、三成が役職を離れ、蟄居することと引き換えに、清正らを説き伏せてくれるのでした。

居城のある佐和山へと退去することが決まった三成は、「なぜだ、豊臣家のためにすべてを投げ打ってここまでやってきたのに…」と己の運命を呪いますが、引き際にはさばさばとした表情を見せ、わざわざ呼びつけた清正に何事かを囁き、信繁へは「今生の別れだ!」との言葉を残し、伏見を去ってゆきます。
そうして三成がいなくなったことで仕事がなくなった信繁へは、家康から「わしのもとで働かぬか?おぬしを買っておるのじゃ」との誘いがありますが、信繁は断固たる拒絶の姿勢を見せ、家康を怒らせるのでした。
(内野聖陽さんの芝居が凄かった。家康になりきっていましたね。〉

三成が表舞台から去って1年、その間に家康は着々と立場を固め、天下をほぼ手中に収めたような勢力を持つようになります。
そんな折、”会津上杉に謀反の兆しあり”との報が届き、それを家康が詰問したところ、上杉景勝の右腕である直江兼次から、いわゆる〈直江状〉が届いて、家康は激怒。
兼次は、「讒言をする者をよく調べないのは家康様に逆心があるからでしょう」とか「太閤様のご遺言を蔑ろにして天下を取るようなやつは悪人」だのといった嫌味を書き連ね、「いまは何でも家康様の思うがままですが、我々はそうはいきません」という態度を鮮明にしたのですから、家康も我慢がならないというものです。
また、この直江状が読まれる際の、兼次役の村上新悟さんの機械的なセリフ回しが素晴らしかったので、このシーンは際立った出来栄えでした。
私は村上さんの芝居は堅苦しくてあまり好みではなかったのですが、この直江状を読ませるための起用だった思うと合点が行きます。感情を廃することで、逆に家康への憎悪や嫌悪が際立っていました。

また、この直江兼次同様、今話で輝きを見せたのは秀頼の側近・片桐且元です。
上杉討伐に向かおうとする家康が、「秀頼公の名のもとに兵を集めたい」というのへ、且元は「これは徳川と上杉との諍いでござる。秀頼公の名を持ち出すのはご遠慮願いたい」といって、頑として譲らなかったのは印象的でした。
『真田丸』での片桐且元は、「ぬけ作」と渾名されるように、間抜けで頼りにならない男でしたが、これまでのイメージを払拭する一世一代の大仕事だったと思います。
演じる小林隆さんは三谷幸喜作品ではお馴染みの俳優で、だいたいいつもヘラヘラした感じの役をやっていますけど、体育会系出身で、舞台でも長く活躍しているだけに、ここぞのセリフでは素晴らしい迫力でした。
私の持っていた小林さんへの見方も変わったといっても過言ではありません。

そうして大坂を立った”家康軍”ですが、その間隙を縫うようにして終結したのが宇喜多秀家ら反徳川の面々。
「いまこそ徳川内府を討つときじゃ!」と気勢を挙げますが、その背後にいたのは誰あろう石田治部少輔三成。
「万事この治部におまかせあれ」
石田三成を演じる山本耕史の不敵な笑みで、いよいよ西軍の『挙兵』とあいなりました!

…という第34話『挙兵』だったわけですけど、私の今回の記事がそうであるように話自体もとっても駆け足で、慌ただしいものでした。
三成と武断派との対立もしっかり描かれてはいませんし、家康の専横も「それから1年…」というナレーションだけですっ飛ばしてしまったので、どれだけ”悪人”だったのかもよくわかりません。
ですから、せっかくの関が原だというのに、私には緊張感や高揚感というものが伝わってきません。
秀吉の晩年を描いたここ5話くらいは比較的ダラダラしていたので、ペース配分を間違えたとしかいいようがありません。
真田家の物語のクライマックスといえば、第1次上田戦争、関が原に伴う第2次上田戦争、そして大坂の陣なわけですから、ここは本当に大切に扱うべきでした。

この残念な気分を来週以降で取り返して欲しいものです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード