『真田丸』第35話、『犬伏』

徳川家康が上杉討伐のために大坂を立ったその隙に密議を行う石田三成ら西軍の諸将。
しかし、そこに三成が最も頼みにする大谷吉継はいません。
そこで三成は、討伐軍の一員として美濃に留まっていた親友のもとに駆け付け、「勝てるかどうかわかりませんが、お命、私に預けてはいただけませぬか」と懇請します。
渋面を作り、三成を睨みつける吉継は、友の頼みを断るかにも見えましたが、その口から出てきた言葉は、「勝てるかどうかわからぬなどいうな!必ず勝つといいう気概なくしてどうする!」という叱咤。
そして、病を患い起きていることすら苦痛という体にも関わらず、次々に必勝の策を論じ、「わしがお主を勝たせてみせる」と唸るように絞り出すと、家康を弾劾し、自分たちに味方するよう書かれた諸大名宛の手紙を、三成とともに徹夜で書き上げるのでした。
この場面の片岡愛之助さんの気迫が凄まじかった。まるで本物の大谷吉継が乗り移っているかのようでした。
大向こうから、「刑部少輔!」って、声が掛かっても不思議はありません。

その三成と吉継の書状が届く前に、徳川を裏切る、いや、もともと服属したつもりはなかっただけに「表変える」と宣言したのは真田昌幸。
家康軍に属して会津の上杉討伐に向かい、いざ決戦というときに、家康の横っ腹を突いてやろうという作戦を立てるのはさすが表裏比興の者。
しかし、真田の軍が下野・犬伏(栃木県佐野市)に到着したところで、三成から「挙兵し、大坂を抑えたから味方につけ」という書状が届きます。
これを読んだ昌幸は、「早すぎるわ!」と激怒。
三成らが立ったせいで、家康は上杉攻めから引き返さざるをえなくなるので、横っ腹を突く昌幸の策は水の泡になったわけです。

そこで次の策を講じるため、昌幸は長男の信幸と次男の信繁をお堂に呼び、親子三人だけの軍議が始まります。
「この戦は2年、3年、いや10年続くかも知れぬ大戦になる」と予測する昌幸は、「上杉にも加勢せず、上田に籠る。豊臣にも徳川にもどちらにもつかぬ。攻めてきたものが敵じゃ。そうしてしばらくして国々が疲れた頃兄に一気に信濃と甲斐をかすめ取る」という長年の悲願ともいうべき策を息子たちに打ち明けてご満悦。
昌幸の”夢”は、旧武田領の回復というわけです。

これにまず噛み付いたのは次男の信繁。
「父上、小勢力同士が争う時代は終わりました。徳川か豊臣かどちらかにつかねば真田は滅びます。夢物語はもうたくさんだ!」
息子の魂の叫びに言葉を詰まらせる昌幸。
しかも長男の信幸も弟と同意見で、この時点で昌幸の夢はもうお終い。
ただ、信繁と信幸の意見が違うのは、豊臣有利と見る弟に対し、兄はそれに懐疑的なこと。

そうして親子の軍議は「どちらにつくか」というのが焦点になってきますが、答えが出ぬまま重苦しい空気に包まれるなか、昌幸が取りだしたのはいつぞやの”こより”。
「2本のうち、紅い方が豊臣、白い方が徳川じゃ」といって、こよりの尻尾を握り隠したまま、息子たちの前に差し出します。
これを見た信幸が「そういう問題ではありません!」といって、こよりを手で打ち払うと、予想通り2本とも紅。
そうして呆れ顔の信幸は、意を決したように、「私は決めました。源次郎、お前と父上は豊臣につけ。俺は徳川につく」と宣言。
「我らは決して敵味方に分かれるのではない。源次郎、徳川が負けたら、お前はあらゆる手をつかって俺を助ける。逆に豊臣が負けたら、俺もどんな手を使ってもお前たちを助ける。父上、たとえ徳川と豊臣に分かれても、常に真田はひとつでございます」
この場面は本当に良かった。
信幸を演じる大泉洋さんの気迫はもちろん、その言葉の奥にある父と弟への優しさ、そして真田を守るという使命感。
それらが凝縮し、迸った果てのセリフでした。

これには昌幸も、「よき策じゃ」と感心するのみ。
これまで頼りなかった源三郎信幸が偉大な父親を超えた瞬間でしたね。
そして、最後は親子三人での酒盛り。
昔語りに花を咲かせ、大いに飲み、大いに笑っての〈犬伏の別れ〉とあいなりました。

”別れの場面”などといいますと、大河ドラマではどうしてもしみじみし過ぎたくだくだしいものとなるのが定番ですけど、この第35話『犬伏』は脚本も演出も、男らしく、さばさばしていて素晴らしかったと思います。
こういう表現の方が、逆に親子の心情が際立ち、観ている側もぐっとくるというものです。
現代風になりがちな『真田丸』でしたけど、ようやく戦国風になったともいえるでしょう。
おかげで今後が本当に楽しみになってきました。
いままでの緩い雰囲気にも別れを告げ、ここからが本番かもしれませんね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード