高畑裕太の釈放に唖然

いま最も売れているタレントのひとりだった高畑裕太が、先月8月23日、映画撮影のため滞在中の群馬のホテルで、そこの従業員に対する強姦致傷罪で逮捕されたという事件は、かなりのショックをもって世間に受け止められたわけですが、今日9月9日、その事件はあっけない結末を迎えました。
高畑裕太と被害者の間で示談が成立したとのことで、管轄する群馬地検は事件を”不起訴処分”とし、即日釈放となったわけです。
勾留されていた前橋署から出てきた高畑裕太は、「本当に申訳ありませんでした」と大声で叫ぶと、数十秒の間、頭を下げたあと、周囲を見回すようにして車に乗り込み、どこぞへと去ってゆきました。
も彼の姿をテレビで観るのはこれが最後かもしれません。

しかし、もともとの逮捕容疑は”強姦致傷”。
これは親告罪である強姦罪と違って、非親告罪ですから、被害者の意向がどうであれ、逮捕・起訴されるのが通常ですから、示談が成立したとしても釈放はおかしいわけですが、おそらく、高畑裕太側は、被害者との示談とともに、検察・警察との話し合いのなかで”致傷”の部分を取る働きかけをしたのでしょう。
報道によると被害女性の怪我は”指の打撲”とのことでしたから、怪我の程度が低く、”致傷”を付けて立件するのが難しかったのかもしれません。
私も、”致傷”が取れる可能性はあると思っていたので、不起訴にはあまり驚きはありませんでした。

ところが、驚いたのはそのあとです。
高畑裕太の弁護士が報道宛に送った事情説明のFAXを見て、私は本当に唖然とすると同時に、被害女性への配慮のなさに猛烈な憤りを覚えました。

「(前略)知りえた事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも逮捕時報道にあるような電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだなどという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております。」

FAXのなかでは示談も認めているのですが、あくまで「合意のもとに性行為が始ま」り、「途中で、女性の方が拒否した」というのが高畑裕太の弁護士の主張というわけです。
しかし、警察発表によると、高畑裕太は逮捕当日に、自ら容疑(強姦致傷)を認めていたはずですよね?
だからこそ、逮捕されたあとに「不当逮捕だ!」と訴えることもなく、粛々と事情聴取に従い、長きに渡って勾留されてきたわけです。
弁護士のいっていることが正しいとすれば、警察は高畑裕太を不当に逮捕し、自白を強要した可能性も残りますから、これは由々しき問題といっていいでしょう。
群馬県警は反論があるならば、即時にそれを行うべきだと思います。

また、高畑裕太とホテル従業員の間で”合意”があったといっていますけど、事件当夜の被害女性は受付などの業務をひとりで担っていたとのことですから、ことに及ぶ間、業務を放棄することになってしまい、これは常識では考えられません。
しかも、高畑裕太が逮捕されたのは、被害女性側(知人男性を通じて)からの通報なのですから、”合意”だとすれば、女性は当初、”嘘”をついていたことになってしまいます。
被害女性はこの高畑裕太側の主張を認めているのでしょうか?
弁護士のFAXが一方的にメディアで垂れ流されることをよしとしているのでしょうか?
私にはちょっと信じられません。
これでは被害女性の名誉などあったものではありませんし、ホテルの信用も堕ちるところまで堕ちてしまいます。

それにしても、示談が成立した事案だというのに、いったいなぜ高畑裕太側は全方位に敵を作るようなことをしているのか、理解に苦しみます。
世論の受け止めでいっても、「金で解決しておきながら、好き勝手なことをいっている」というものでしょうから、いっそう嫌悪感も強くなるでしょうしね。
事件は結末どころか、新たな始まりを迎えたのかもしれません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード