『真田丸』第37話、『信之』

上田城にて徳川方を撃退し、あとは西軍の勝利を待つだけだったというのに、思いもよらぬスピードで惨敗の報せを受け取った真田昌幸は、なかなかそれを受け入れらないまま、悪あがきに兵を繰り出しますが、大坂が徳川方に占拠され、石田三成も捕えられてしまってはもう白旗を挙げざるを得ません。
そうして、「あとは兄上に任せましょう」という次男・信繁の言葉の従い、粛々と上田城を明け渡した昌幸。
この後は親子ともども処分を待つのみです。

その処分でいうと最も確率が高いのが死罪。
それをさせてはならじと動き出したのは東軍に付いた長男・真田信幸。
舅であり、徳川家の重臣でもある本多忠勝も、娘婿の親を思う気持ちに打たれ、ともに大坂の家康のところに出向き、命乞いをすることに。
家康とその周囲の判断が死罪に傾いているなか、忠勝は数珠を鳴らしながら、「そうなれば婿殿とともに上田城に立てこもり、徳川の兵を相手に討ち死につかまつる」と決死の覚悟で訴えます。
家康は、その忠勝の迫力に、「命までもは取らぬ」と折れたものの、信之に対し、「伊豆守は父親とは縁を切れ。父親から受け継いだ”幸”の字を捨てよ」との交換条件を提示。
信幸はそれをありがたく受け入れ、昌幸と信繁への処分は高野山の麓、九度山村への流罪と決まったのでした。

そうして、真田親子はまず大坂へ移送され、そこで家康に召し出されることになったわけですが、そこで家康は、「なぜ打ち首にしなかったかわかるか?」とニヤニヤしながら聞いてきます。
それに昌幸が「信幸の嘆願があったれば…」と答えるのを否定した家康は、「安房守、お前からすべてを奪ってやる。城も兵も武具も、戦をする機会も。お主は死ぬまで高野山の麓の小さな村におるのだ。この生き地獄、たっぷりと味わうがよい」と高らかにいい放ち、その場を去ってゆくのでした。

大坂での信繁は、合流した妻から舅である大谷吉継の最期を聞かされ、また夜分には密かに訪ねてきた石田三成の妻から、三成の最期も聞かされます。
それによって天下分け目の合戦が本当に終わってしまったことを実感するなか、真田親子とその家族と少数の家臣たちは小雪舞う九度山へ。
新しい暮らしは、うら寂しいものになりそうです。

…というのが第37話『信之』の粗筋だったわけですけど、関ヶ原の合戦をまったく振り返らないのはかなり意外でした(先週もまったくなし)。
動かぬ味方の諸将にいらつく三成、小早川秀秋の裏切り、大谷吉継と宇喜多秀家の奮戦などが描かれるのが”定番”ですからね。
それなのにこの37話でのエピソードは、大谷吉継の「この首を渡すな」という最期の場面のみなのですから、物足りないとしかいいようがありません。
関ヶ原には主人公である真田親子が直接関わっていないとはいえ、天下分け目の大戦ですし、石田三成と大谷吉継という『真田丸』の重要人物が最期を迎えるわけですから、もうちょっとなんとからななかったのか、というのが私の正直な感想です。
切腹シーンだけ登場した三成なんて、例の干し柿を断るエピソードもなければ、セリフすらもないんですから…。

歴史ファンに支えられる大河ドラマにおいて、”関ヶ原”というのは間違いなく吸引力のある言葉です。
ですから、それを蔑ろにすることは、視聴者を蔑ろにすることだと思うんです。
また、この『真田丸』では、山本耕史さんが演じる三成も、片岡愛之助さん演じる吉継も、とても人気があったと聞いています。私もこの2人が大好きでした。”決定版”といってもいい2人でした。
そんな2人の最期が、本当にこれでよかったのか、制作サイドにはもう一度よく考えてもらいたいものです。
武田勝頼や北条氏政の最期は丁寧だったのに、どうしてこうなったのか理解に苦しみます。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード