ハリルには情緒で対応

10月11日の最終予選オーストラリア戦(アウェイ)を終えて、私個人は「上手くいけば勝てた試合だったなあ」と思いつつも、「まあ引き分けも妥当か」とある程度満足しているのですが、日本のメディアや解説者の間では「なぜ勝ちにいかなかったのか」「臆病なサッカー」みたいな意見が割と多くて、少々戸惑っています。
確かに前半は完全に日本のペースで先制もしましたけど、後半早々同点に追いつかれると相手が圧力を増してきて、日本はそれをいい組織で凌いでいたものの、セットプレイで危ないシーンがあったように、後半の流れはオーストラリアのものでした。
そんななか、ハリルホジッチ監督は、観てるこっちが焦れるくらい交代カードを我慢し、ようやく37分に足を痛めた小林悠→清武弘嗣、39分に疲労困憊の本田圭佑→浅野琢磨を投入したものの、残り時間は少なく、せっかくの交代もほとんどチャンスを作ることはできませんでした。
しかも、最後のカードはロスタイムに原口元気に代ってDF登録の丸山祐市を入れ、オーストラリアのセットプレイに対応させようとするのですから、石橋を叩いて渡るとはこのことです。
そういうところが批判の対象になったというわけでしょう。

しかし、日本はこの最終予選で初戦にまさかの黒星を喫し、もう負けが許されないという状況であり、このオーストラリア戦は”引き分け=勝ち点1以上”が最重要課題だったわけです。
立ち上がりにいい形で先制し、世代交代したオーストラリアが思ったより強くなかったことで、なんとなく”勝てる雰囲気”があっただけに”もったいない”という感じにはなりましたけど、”勝ちにいったときのリスク”というのも我々は考えねばなりません。

ハリルが批判されるべきは、この試合の采配ではなく、就任当初から掲げている”縦に速いサッカー”へのこだわりと、最終予選を通しての”選手起用”だと思います。
例えば前々任のザッケローニ監督は、自分の好みである”3-4-3”の布陣を代表に押しつけることなく、日本のスタイルや選手の考えを尊重しながら、ときに自分の布陣を試し、ダメだと思えば諦めたわけです。
ハリル監督はいい意味でも悪い意味でも信念のあるひとなのか、そういう柔軟さはありません。
残念ながら最終予選だというのに、ハリルのサッカーはチームに浸透しているとはいえない状態です。
アギーレ監督の問題で就任が遅れたことも理由でしょう。
最終予選で苦境に立たされたことで、選手たちはプレイでも試合後のコメントでも、”脱ハリル”を標榜し始めています。
”ボールを回すところは回す””遅らせるところは遅らせる””選手間の距離も近づける”といったところでしょう。
前のイラク戦で、試合終盤に吉田麻也を前線に残したパワープレイを選択したのも、ハリルではなく長谷部誠を中心とした選手たちであり、「パワープレイの練習はしていなかった」(吉田談)だというのですから驚きです。

”縦に速いサッカー”というのは現在の流行であると同時に、ザックジャパンがブラジルW杯で予選敗退し、”遅攻”と批判されたところから、日本代表にも求められたものです。
しかし、私にはわかりません。
なぜ、日本のサッカー界はいつも”白と黒””0か100”なのでしょう?
試合のなかで、速いときもあれば、遅いときもある、というのがサッカーなのではないでしょうか。
日本選手の平均的な身体的特性からいえば、日本のサッカーの基本は”ポゼッション”になるはずです。
そこに”縦に速い”を付け加えるのが、どう考えたって合理的です。
以前、ハリル監督は「自分は情緒的な人間だが、サッカーに関しては合理的だ」と自己評価していました。
それを信じるならば、選手や協会は理を説くべきでしょうね。

そして選手起用です。
このオーストラリア戦でも「サプライズ」といって本田の1トップに踏み切っていたように、選手起用は合理的ではなく、直感的に見えてしまいます。
そもそも、いまの苦境も、最終予選の最初のUAE戦に、それまでA代表のピッチに立ったことのない大島僚太を先発させたことが発端です。
その後、ハリルが大島を起用していないことからも、それが失敗だったということがわかります。大島はハリルの直感の被害者です。
また、そんなハリルが、不調の香川にこだわり続けているのですから、理解に苦しみます。
直感でいえば外していますよね。
まあ、香川の先発起用が悪い意味でのサプライズでもあるんですけど…。

このように、ハリルホジッチという監督は、頑固に見えてもかなり”ぶれ”がありますし、規律重視に見えても選手たちが自分なりに判断し、プレイすることに罰を与える素振りもありません。
おそらくハリルは”サッカーでも情緒的”なんだと思います。
”ディエル”(格闘)という言葉を繰り返しているように、ハリルが最も重視しているのは”勝利(勝ち点)への執念”なのでしょう。
選手たちがそれさえ出せば文句はないはずです。

よく、日本人は真面目すぎて、常に相手のいうことを100%聞いてしまう、などといわれますよね。
でも、それは世界基準で勝負する分野では、ときにマイナスに作用してしまうことがあるわけです。
ですから、メディアもサポーターも、0か100か、白か黒か、という議論は止めにして、”大切なところだけを押さえて結果を出す”という思考に変わってゆこうじゃありませんか。
その上でハリルを批判すればいいのです。

情緒的な人間というのは、応援や信頼があるときの方が力を発揮するものです。
ハリルに関しても、我々はそういう素振りをすればいいんです。絶望的状況になるまでは。
ハリルをコントロールするのは我々です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード