『真田丸』第42話、『味方』

茶々との14年ぶりの再会を果たした真田左衛門佐幸村は、その謁見の場で「私は勝つために参りました」と大見えを切るも、同席していた織田有楽斎や大蔵卿の局はその戦の腕前を疑問視。
ただし、浪人たちで溢れる大坂城内にあって、”真田”はひとつの旗頭となることもあって、表向きは大いに煽てるのですから、現金なものです。
もっとも、豊臣秀頼は純粋に幸村を頼りにしていて、扱いも丁重で、その家臣から「ひとり部屋を用意してあります」といわれて案内された先は、石田三成と大谷刑部が豊臣のために粉骨砕身働いていた、思い出の政務室。
「石部さま、刑部さま、源次郎は帰って参りました」
この幸村のセリフにぐっとこなかった視聴者はいないはずです。
この第42話はここに集約されていたといっても過言ではありません。
息子・大助に亡き太閤秀吉のことを聞かれ、「あの天守よりももっともっと大きいお方だった」としみじみ語る場面も良かったですよね。

もちろん、今回の副題は『味方』ということで、この後は後藤又兵衛や毛利勝永、長曾我部盛親や明石全登ら、一癖も二癖もある有力武将が紹介され、話のまとまらない軍議の場が描かれます。
豊臣秀頼は幸村を総大将に推薦するものの、又兵衛らはそれに不満を示し、このままでは埒が明かないと感じた幸村は、「輪を乱していては戦に勝てませぬ」といって総大将を辞退すると、総兵力10万を5つに分けて、それぞれに大将を置く案を提示。
その上に総大将として右大臣豊臣秀頼が立つという形です。
ただし、その5人、後藤又兵衛と毛利勝永、長曾我部盛親と明石全登、そして自分を指定したのは幸村。
主導権は握ったままというわけです。
今後の軍議はこの5人衆の合議によって進めてゆくことが決定するも、幸村の家臣である高梨内記はそれでまとまるのかと不安を漏らしますが、幸村は「あのものたちが我を張るのは、みないまの境遇からはい出そうとしているからだ。やる気が違う。徳川の者とは違うのだ」と断言し、そこに勝機を見ているようでありました。

一方の徳川方は、真田が大坂に入ったと聞いて、「それは父親か息子か?」と怯える駿府の家康とそれをたしなめる阿茶局。
戦のあとの豊臣の殊遇についても、「どこか遠国に追いやるか…」と考える家康に対し、相談役のような位置にいる阿茶局は「先々の不安の芽は摘んでおくものでございます」とアドバイス、これに家康は「こわいおなごじゃ」とこぼしつつ、ついに大坂に向けて出陣するのでした。
この家康の配下となっている幸村の兄・真田信之ですが、腕が痺れる病にかかっていることを理由に、自らは出陣せず、息子の信吉と信政に真田の兵を任せます。

そうして真田家は徳川軍の一員となって大坂に向かうことが決定するも、家臣のなかにはかつての敵である徳川に従うことをよしとせぬ者もいるわけです。
そんななか、そのひとりである堀田作兵衛のもとにやってきた佐助は、幸村が作兵衛を片腕にと求めていることを報せます。
幸村の最初の妻・梅の兄であり、幸村と梅の娘・すえを養育していた作兵衛は、これを待ってましたといわんばかりに快諾し、すぐさま大坂に向かうことを決断。
しかし、その前にどうしてもすえの晴れ姿が見たいと願い、祝言を早めると、それを見かけた信之はこれを怪しみ、出立の日、作兵衛の前に抜刀して立ちふさがります。
決死の作兵衛も槍を抜いて立ち向かいますが、「わしは徳川に忠義を誓ったのじゃ!」と叫ぶ信之の剣術の前に屈し、いよいよ手打ちにされるかと思われたそのとき、信之の腕に病による痺れが!
それを信之による”情け”と勘違いした作兵衛は、涙ながらに「ありがとうございます、ありがとうございます」を繰り返しながら、無事出奔を果たしたのでした。
この場面での、大泉洋さん演じる信之の「いや、待て、これは違う、いやこれは…」は笑えましたね。

そんなわけで、来週はいよいよ天下分け目の大戦の火ぶたが切って落とされそうです。
この42話『味方』の真田幸村は、貫録十分な上に、名だたる浪人衆を手玉に取る智謀も見せ、戦国最後のヒーローの姿が浮かび上がってきました。
”初めての自分の城・真田丸”を舞台にした大活躍に期待しましょう!
三谷幸喜脚本らしい、”笑い”の部分も楽しみに!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード