『真田丸』第43話、『軍議』

この第43話『軍議』は、そのタイトルの通り、豊臣方の軍議が話の中心となったわけですが、物語のほとんどが大坂城の広間で進行する一見地味な回でありながら、パズルのピースのようにバラバラだった豊臣家家臣たちと牢人衆の思惑や望みが、真田幸村の導きで少しずつハマっていって一枚の絵になってゆくという、とても充実した内容でした。
視聴者も軍議に加わっているような臨場感があったかもしれません。
こういう作り方は三谷幸喜さんならではという感じがしますよね。

その緊迫の軍議の様子はといいますと、豊臣家では、相談役の織田有楽斎(信長の弟)の主導で”籠城”が決定事項となっているものの、一応軍議で牢人たちの代表たる5人の武将の了承を取ろうとします。
後藤又兵衛ら4人が「承知」と頷くなか、ただ1人「不承知」というのは真田左衛門佐幸村。
「そもそも籠城とは援軍を待つために時を稼ぐための策」との正論をいったあと、「討って出て、大坂、京の都、大津、上方すべてを戦場とすることで敵の戦力を分断します」との思い切った策を披露。
兵力でいうと豊臣方は10万、徳川方は20万なので、正面から激突すれば敗北は必至ですが、秀忠率いる徳川本隊がまだ上方に到着していないいまだからこそ、先手を打つべき、という主張です。
しかし、なぜかこれに賛同する声は少しも聞かれません。
それどころか、織田有楽斎などはこれを無下にし、籠城に決しようとする構え。
それに不満を露わにした幸村は、「ろくに話し合ったもらえないのであれば、九度山に帰りまする」とその場を立ち去るハッタリをかまします。
これが功を奏したのか、豊臣秀頼から「もう少し詳しく話を聞きたい」との裁定があって、軍議が再開。

そこで幸村は地図を広げ、
「まずは伏見を押さえ、秀忠軍と合流する前に二条城の家康を討つ。さらに別の部隊で大津を攻め、瀬田の橋を落とし、徳川の本隊を足止めいたします。そうしているうちに豊臣恩顧の大名に裏切りが出るはずです。その間に上杉と伊達に通じ、徳川本体の後ろを襲わせ、挟撃する」
との詳細な説明を行います。
これは父・昌幸が残した”必勝の策”に己の考えを合わせたものです。
それに絶対の自信を持つ幸村は「負ける気がいたしませぬ」と不敵に微笑むのでした。

ただ、そのようによく練られた策でしたが、秀頼側近も、他の牢人衆もなかなか賛同してくれません。
後藤又兵衛などは「話が大きすぎる」と真向反対。
しかし、「逆に面白い」と毛利勝永だけが幸村に味方します。
実は、有楽斎と大蔵卿局という豊臣家の影の実力者が”籠城”を決定しており、大野治長(大蔵卿の息子)らを使って裏で手を回し、長宗我部盛親と明石全登を抱き込んでいたのです。
長曾我部は名家の再興、明石はキリシタンの布教の自由がそのエサでした。

しかし、軍議の休憩中、幸村は「落ちぬ城などありませぬ。大きな城ほど綻びがある。負ければどんな願いも叶いません」といって粘り強く2人を説得。
そして再開後は、「大坂城は最強の砦であり、最後の砦。けれども、ここが落ちれば豊臣家は滅びます」といって熱弁を振るい、これには大野治長と木村重成という秀忠側近も、ついには幸村の策に賛同することに。
そして、最後まで反対していた後藤又兵衛も、幸村から”死に場所を求めてやってきた”ことを看過され、「我らは望みを持っているから強い。死にたいならば徳川にお付きなされ」といわれ、ぐうの音も出ないのでした。

こうして”討って出る”ことが決まったかに見えた軍議でしたが、裁定者のような立場にいる織田有楽斎は一言、「では籠城ということで」といって話をまとめようとします。
これにはさすがに牢人衆も激しく反発しますが、有楽斎はそれに動じることなく、「お主らはしょせん金で雇われた牢人たちだ。我らの指図に従っておればよいのだ」との本音を暴露。
しかし、ここで漢を見せたのは大野治長。
「いまの言葉は聞き捨てなりませぬ!ここにいるのは豊臣を守るために集まった客人。非礼は許されませぬ。策を決めるのは右大臣秀頼公でございまする!」
一座を支配する圧倒的な気迫でした。これには有楽斎も小さくなるばかりです。
大野治長を演じる今井朋彦さんといえば、”信用ならない嫌な奴”ばかりをあてがわれる俳優なので、今回もそういう感じだと思っていましたけど、いいセリフといいシーンをもらいましたねえ。素晴らしい芝居でした。イメージがいい意味でひっくり返りました。

そうして、幸村の策と、側近たちの思いをくみ取った豊臣秀頼も、「籠城はせぬ。討って出よう!」との最終決断。
前途多難な豊臣方ですが、一縷の希望が見えてきました。
視聴している我々も負ける気がしません!
…という展開だったのですが、秀頼から「討って出る」ことを聞いた茶々は、「牢人たちのなかで信じられるのは真田だけ。他の者たちが裏切らぬといえますか?」といって頑なに籠城を主張。
母上に逆らえない秀頼もこれに従う形で前言を撤回し、漢たちが熱い思いをぶつけ合った軍議も無意味になってしまったのでした。
しかし、その秀頼の判断を知った幸村は、「そういうことならば仕方ありませぬ」といって、新しい策を練ろうとします。
この男にはどこまでも”負けるつもりがない”ようです。

今回は幸村を演じる堺雅人さんの流れるようなセリフ回しが大いに生きていましたし、彼の話ぶりというのは本当に説得力があります。
『新選組!』や『リーガル・ハイ』、『半沢直樹』で人気を博した彼の持ち味がようやく発揮されてきましたね。いままで抑え込まれていたものが一気に解放されてきたといってもいいでしょう。
そして来週はいよいよ”真田丸”が築かれるようですし、これからはカッコいい真田幸村を存分に楽しめそうです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード