アメリカはトランプ大統領へ

”世界でも最も影響力のある人物”ともいわれるアメリカ大統領は、その選挙の際、アメリカ人だけではなく、世界中から注目を集めるわけですが、この2016年は、”どちらがましか”というちょっと寂しい観点での接戦のなか、共和党のドナルド・トランプ氏が見事、第45第大統領の座を射止めました(現地11月8日)。
事前の予想では民主党のヒラリー・クリントン氏が優勢といわれていただけに、逆転での勝利ということができるかもしれません。
アメリカでは日本と違って、各メディアがどの党どの候補を支持するかを表明しながら選挙戦が行われるのですが、そのほぼすべてがクリントン支持、反トランプだったというのに、それを跳ね返す形で、全540人の選挙人のうち290人を獲得したのですから、それだけトランプ氏が”声なきひとびと”の思いをくみ取ったといえるのかもしれません。

トランプ氏はこの選挙で、「不法移民対策」「いきすぎたグローバリズムへの反対」「社会保障のための積極財政」「国外における軍事費の抑制」などの”America First”を掲げてきました。
これは富裕層や、能力のあるひとたちではなく、中流にいる多くのアメリカ人のための政策ということができるでしょう。
今回の選挙は”アメリカ社会の分断”がひとつのテーマでしたけど、これまで政府から無視されてきた層がいよいよ我慢できなくなってきたのかもしれません。
日本でもそうですけど、政治というのは、”多額の献金をくれるひとたち”や”明らか弱者やマイノリティ”に優しい政策をした方が票が集まりやすいものですから、ほどほどの層というのはどうしても扱いがおろそかになってしまいがちです。
しかし、経済の自由競争が激化した昨今では、中間層も衰退して、厳し状況にあり、アメリカでもオバマ政権がその対策をしてきたものの、効果が薄かったというのが事実なのでしょう。

選挙後に反トランプの激しい抗議デモを行っているのは、これまで保護されてきたひとたちのように見えます。
そういうひとたちはたいがい声の大きなものです。声が大きいからこそ権利を勝ち取ることもできなわけです。
オバマ大統領も移民やマイノリティ(人種や性)に寛容でした。
しかし、中流にいる多くのひとたちは、”自分たちはそんなに悪い境遇にいるのではない”という幻想を、政治やメディアから与えれ、大きな声を上げることはありません。
しかし、なにか”もやもやした気持ち”は消えない。そこに火を点けたのがトランプ氏だったのでしょう。
アメリカ社会の分断というのは、トランプ氏が勝とうがヒラリー氏が勝とうが変わらなかったのだと思います。

そうしてトランプ氏が大統領に決まったいま、気になるのはこれからのアメリカです。
もちろん、「メキシコとの間に壁を作る」とか「外国の基地を撤退させる」とか「締結中の自由貿易協定を破棄する」とかをいきなりやることはないと思うんです。
”移民反対派”といわれるトランプ氏ですが、よく聞けば反対しているのは”不法移民”ですし、メキシコからそういうひとたちと武器やドラッグが流れ込んでくるので、「壁を作りたい」といっているわけです。
外国の基地だって、もうちょっと当該国から資金を出して欲しい、アメリカの負担を減らしたい、ということですよね。
これも理解できないことではありません。そう考えるアメリカ人も一定数いることでしょう。
日本も負担増は嫌ですけど、これもまたアメリカへの依存と自国の軍事力のバランスを再考するいい機会だと捉えれば、そう悪いことではないと思います。
もちろん、アメリカが日本に基地を置くのは同盟国日本を支援するためだけではなく、アジア地域の安定のためであり、ロシアや中国に睨みを利かせるためですから、アメリカが日本から撤退することはありませんし(トランプ氏もそう明言)、日本が資金をすべて負担する必要もありません。
また、貿易の保護といっても、既存の自由貿易協定にしろ、いま締結に向けて交渉が進められているTPPにしろ、アメリカの中間層に対して、”得がある”と説明できるようなら、トランプ氏も受け入れるわけですよね?”America First”から。
(※「就任初日に離脱を宣言する」などとTPPには強く反対してきたはずなのに、勝利宣言ではTPPへの言及なし。)

政治経験がないトランプ氏には不透明な部分も多いですけど、不動産王としての経営感覚と、アメリカ第一主義だけは本物だと信じるより他ありません。
11月17日にトランプ氏と会談するという安倍晋三総理も、”アメリカの得”を説きながら、色んな交渉を進めていって欲しいものです。
色がないということは、色を付けることも出来る、ということですしね。

アメリカ国内が分断していても、日本とアメリカが分断されてはいけません。
我々も日本第一主義でトランプ大統領と付き合ってゆきましょう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード