『真田丸』第44話、『築城』

秀頼と譜代の家臣、そして牢人衆の代表たる5人衆による軍議にて、”討って出る策”が決まるも、茶々の鶴の一声で籠城と決した豊臣方。
牢人衆は口々に不満をこぼしますが、真田幸村だけは、「籠城と決まったのならば、また新たな策を建てるのみ」とばかりに大坂城で最も守りの手薄な南に出城を築くことを考えます。
いよいよ”真田丸”がその全容を明らかにするときがきたのです。
そしてその築城計画を調整役たる大野治長に建白するも、後藤又兵衛が先に同じ要求をしてきた、と教えられた幸村は又兵衛を呼び出して、譲ってくれるよう説得。
出城の絵図面をもとに練りに練った策を披露したことで、又兵衛もこれに納得。

続く軍議では、幸村が主導して5人衆の布陣も決まり、豊臣方の防御態勢は着々と整っていきますが、その布陣を見た織田有楽斎が「ひとりでも裏切者が出たら総崩れとなる」と懸念を示し、大蔵卿局も「左衛門佐こそ怪しい」と有楽斎に同調するので、顧問役と乳母の反対に秀頼も逆らえず、結局幸村の案は破棄されてしまいます。
持ち場を与えられないことになった5人衆たちは「自分たちは信頼されていない」といって、やる気を失い、このままでは決戦を前に内部崩壊してしまうと感じた幸村は、豊臣方の実質的指導者である茶々に直談判。
しかし、茶々は幸村以外の牢人衆を決して信じようとはしません。

困り果てた幸村ですが、大野治長と木村重成が自分たちの責任で、幸村の出城建設の許可を出し、他の5人衆にも持ち場を与えます。
小説やドラマなどでは”奸臣”のように描かれることの多い大野治長ですが、この『真田丸』では男気に溢れていますよね。
しかし、ようやく築城が始まり、着々と工事が進んでいったというのに、その情報が徳川方に漏れたのと同時に有楽斎の猛反対にあって、築城は一時頓挫。
牢人衆たちも持ち場を外されて、完全にやる気を失い、「大坂城を出ないか」と幸村を誘いにきますが、それに対して幸村は「豊臣を見捨てるわけにはゆかぬ」と一顧だにしません。
これを物陰で見ていたのは誰あろう豊臣秀頼。
幸村の忠心に心を打たれた秀頼は、「この出城、仕上げよ、私が許す」と申し渡し、他の牢人衆に対しても「私はそなたらを信じておる」と声をかけると、幸村の手を取り、「頼りにしておる」との一言。
これで牢人衆たちのやる気は全回復。

そしてその晩、このことを茶々に知らせた秀頼ですが、茶々はもちろん反対。
しかし、「この城の主は私でござる!」と茶々を突き放す秀頼。
この息子の”母離れ”に、茶々はどこか満足そうな笑顔を浮かべるのでした。

一方、徳川方も各大名が続々と大坂に着陣し、一触即発の気配。
そんななか、ついに出城が完成し、鹿角脇立之兜を被って、赤備えの真田軍を率いた真田幸村は、「城の名は何とします?」と高梨内記に問われると、「決まっておろう、真田丸よ!」と、声高らかに応えるのでした。

…このように、この第44話は真田丸築城の顛末が描かれたわけですが、そこでの人間模様が本当に興味深かったですよね。
何かと豊臣に不利な方向に持って行こうとして家康と内通していることがバレバレな織田有楽斎。
有楽斎に唆されていることに気がつかないで尻馬に乗る大蔵卿局。
そんな上役や母親に抵抗しながら城をひとつにまとめようと必死になる大野治長(大蔵卿局の子)や木村重成。
周囲の誰を信じてよいかわからず、迷いに迷う豊臣秀頼。
何を考えているのかよくわからないものの、秀頼の成長だけを願っていることは明らかな茶々。
そんなひとびとの思惑が絡み合い、波のようにうねるなかで、幸村が”豊臣家へ忠義”を灯に、粘り強く真田丸完成に漕ぎ着ける。
真田丸は出港前から波乱含みの船であったわけです。
そして、来週からはこの船こそが、豊臣方を導く灯になる。
楽しみになってきましたね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード